Rane

The X-EcutionersのオリジナルメンバーがRANE SEVENTYを使ったパフォーマンス映像を公開


Seratoオフィシャルからホットな映像が届きました。RANEから今年発売された2チャンネルDJミキサーSEVENTYを使いMista SinistaRob Swiftの2人がチームルーティンを披露。最新の機材をオールドスクールフレイヴァなネタ使いで乗りこなすレジェンド達のテクニックをお楽しみください。

ターンテーブリズム、DJバトルの歴史を語る上で最も重要なクルーの1つ「The X-Ecutiners」は1989年にアメリカのニューヨークで結成(オリジナルメンバーのRoc Raidaは2009年に他界)。DJバトルにおける輝かしい成績もさることながらスクラッチやビートジャグリングといったそれまでナマモノとして見られていたターンテーブリズムをアート(楽曲)に昇華させたパイオニア的存在。彼らの作品を聴きやすいところでご紹介するとM.O.Pをフィーチャーリングした”Let It Bang” やLinkin Parkとフュージョンした” It’s Going Down“、韻シストのBASIが2018年にリリースした”愛のままに feat. 唾奇”とサンプリングソースが同ネタの”B-Boy Punk Rock 2001“などがあります。

今回の動画ではそのオリジナルメンバーであるMista SinistaとRob Swiftが貫禄のプレイを見せてくれているわけですが、そのいぶし銀なルーティンを少しばかり解説。先ずはRob Swiftが引きの音からスクラッチを静かに始め、Run-DMC 「Here We Go」の声ネタをSinistaと交互に擦りイントロダクションのパートをテンション抑え目に展開。ちなみに拳を作り腕をクロスするポーズ(動画のサムネにもなっている)はX-Ecutionersの”X”を意味し、DJ界においては彼らのシグネチャー。

00:35~「We are The X-Ecutioners」のフレーズをキッカケにギアをアップ。オールドスクール、エレクトロヒップホップを代表するプロデューサーKurtis Mantronik(カーティス・マントロニク)のサウンドが前面に出ている「T La Rock / Back To Burn(1987年リリース)」をドロップ。曲中のどこをチョイスしても2枚使いしたらそれなりに聞こえそうなアタックの強い音ばかりですが、前半は「Annihilating」のフレーズとスネアを使って構成。後半は過去この曲の最も2枚使いされてきたポイント(A-TRAKも1997年のDMC世界大会優勝時に使っていたパート)であるビートボックスのブレイクで息の合ったトリックをメイクし、ラストはX-Ecutionersのフレーズでフィニッシュ。

テクノロジーを駆使したルーティンというわけではないけど、レコードタッチやカメラに向けたアクションなど2人の所作が昔と変わらずとにかくシブい。365度のアングルを使ったカメラワークやスローモーションなどの映像効果もカッコイイですね。そしてレジェンドを起用したRANESeratoにもBIG UPな動画です。流行りのDJ/アーティストや曲もチェックしつつ、カルチャーを作ってきた先人達やその歴史もディグってみるとPlayに深みが出てくるかもしれないので、たまに調べてみることをオススメします。

関連: DMC最年少世界王者DJ RENAによるRANE TWELVE MK IIとTRAKTORを使ったパフォーマンス

Serato DJ Pro 2.3.8がリリース、RANE SEVENTY-TWOミキサーとRANE TWELVE MKIIコントローラーをサポート


(Source: Serato)

先日、RaneがSEVENTY-TWOミキサーとTWELVEコントローラーの新モデルを発表しました。それに続きSeratoが、Serato DJ Pro 2.3.8をリリースしました。これにより、RANE SEVENTY-TWOミキサーとRANE TWELVE MKIIコントローラーが公式にサポートされます。

Serato DJ Pro 2.3.8はこちらから。

関連: RaneがSEVENTY-TWOミキサーとTWELVEコントローラーの新モデルを発表

RaneがSEVENTY-TWOミキサーとTWELVEコントローラーの新モデルを発表


(Source: RANE)

RANEは、主力製品であるSEVENTY-TWOミキサーとTWELVEコントローラーの新しいモデルを発表しました。

RANE SEVENTY-TWO MKIIは、Serato DJ Proソフトウェア対応の2チャンネルのパフォーマンスミキサーです。RANE SEVENTY-TWO MKIIは、パフォーマンス中に重要な情報が表示されるフルカラーのタッチスクリーンを搭載。エフェクト部分ではミキサーに搭載のFlexエフェクトとSeratoのソフトウェアエフェクトが同時使用可能です。

新たに採用されたMAG FOURフェーダーは、軽量化され、クロスフェーダーの部分はテンション調節が可能となりました。インスタントダブルボタンはサイレントキュー/Syncパラメータコントロールに変更可能です。デュアルDVS入力、16個の多機能トリガーパッドがも搭載されています。

TWELEVE MKII はSerato DJ Proとの統合に加えて、TRAKTORVirtualDJコントロールにも対応し、全てのプラットフォームでアナログ・ターンテーブルの操作性を可能としました。また楽曲のブラウジング、インスタントダブルス、USBコントロール、DVSオーディオコントロール、従来スタイルのスタート/ストップボタン、BPM表示とUSBコントロールステータスを表示するOLEDディスプレイ等が搭載されています。

下記でMojaxxのレビューも見ることができます。Raneのオフィシャルサイトはこちらから。

関連: Rane SEVENTYミキサーが公開、Serato DJ Pro 2.3.4の公式サポート

inMusicがStantonを買収

inMusic Stanton
inMusic and Stanton Logos

Denon DJ、Numark、RANEのDJ機材メーカーを傘下に置くinMusicがアメリカを拠点とするGibson Brands, Inc.が持つDJブランド、Stantonの買収が発表されました。Stantonは70年以上の歴史があり、DJ/ターンテーブリスト向けのプロフェッショナルオーディオ製品のブランドです。業界初のDVSであるFinal ScratchのリリースやなどDJシーンへと技術的に貢献をしているのは間違い無いでしょう。

inMusicのCEOであるJack O’Donnellは

「inMusicは常に革新的な開発と改善を続け、顧客のニーズに応えることでDJパフォーマンスの世界を支えてきました。弊社はDJブランドの設計、デザイン、テクノロジー、とその将来に向けての希望を持っています。Stantonがファミリーの一員となり共に良いDJカルチャーを築き上げるのを大変嬉しく思います。」

とコメントしています。詳しい詳細はこちらから。

関連: BeatsourceがDJストリーミングサービス、Beatsource Linkのベータ版を公開

Rane SEVENTYミキサーが公開、Serato DJ Pro 2.3.4の公式サポート


Rane SEVENTY mixer. (Source: Serato)

RaneSeratoSEVENTYミキサーを公開し、最新のSerato DJ Proにオフィシャルでサポートしていることを発表しました。

2チャンネルミキサーであるSEVENTYではSerato DJ Pro 2.3.4、Serato DVSを使用できます。16のパフォーマンスパッドはSerato DJ Proの様々な機能に使えることができ、Sync、サイレントキューなどの切り替えを素早く行えるクイックアクセスボタンが搭載されています。

SeratoのNick Maclarenは「素晴らしい機能を兼ね備えたミキサーです。幅広いDJスタイルに適しており、Serato DJ Pro 2.3.4、Serato DVSも対応しているのも大きなプラスです。様々なタイプのDJが使用してくれるのを期待しています。」とコメントしています。

Raneのウェブサイトからミキサーについて詳しく見ることができます。Serato DJ Pro2.3.4のダウンロードはこちらから。

関連: レビュー:Rane SEVENTYミキサー

レビュー: MojaxxがSolidCutzのRane SEVENTY-TWO交換フェーダー

今週のTips and TricksではMojaxxがRane SEVENTY-TWOのフェーダー取り替えについてを語り、SolidCutzのRane SEVENTY-TWO交換フェーダーをレビューしました。

関連: MojaxxがCrazeとテクノロジーなどについて語る

DJ CRAZEがRaneの新しいミキサーSEVENTYを使ったルーティン動画を公開


DMC World Championshipsにて前人未到の世界王者3連覇を成し遂げ、現在地球上で最もカリスマ性と技術を兼ね備えたターンテーブリストDJ CRAZEがRaneの新しいミキサー”Rane SEVENTY“を使ったルーティン動画を公開しました。ナイトクラブではありがちなリクエスタを皮肉った内容からスタートしています。

<ルーティン解説>

ルーティン本編は動画01:00〜から。先ずはTygaとDrakeの“Still Got It”のフレーズ、「You want that feeling back?」 から始まります。そこにサンプラーボタンで自らの名前を差込み「You want CRAZE back」にしてスタート。続いてYBN Cordae 2019年のアルバム「The Lost Boy」からAnderson. Paakを迎えた曲”RNP“を、「all y’all ain’t got nothin’ on me」のフレーズからカットインし、ドラム部分だけで4小節のビートジャグリングをします。ポイントとしては動画01:32秒のところで一瞬45回転にした音を1音だけ足しているところがオシャレ。再び「all y’all ain’t got nothin’ on me」のフレーズに戻るんだけど、その時にもフェーダーを使わない高度なテアースクラッチを使って次の展開へ。

(※テアースクラッチについてはコチラの動画で解説!)

次はミキサーのパッド(モードはHOT QUE)にアサインしてあるベース音 + ドラムス + フレーズ を叩いて手動ライブリミックス。ここのポイントはそれぞれの音にフィルター、スクラッチ、縦フェーダー等を使って変化をつけている点と、このパートの最後に入るボディトリックもさりげなくてクールです。8小節終わると”Strapped Ready For War“をドロップしてブレイクタイム。ちなみに同サンプルはバトルブレイクス(DJバトル用に作られた音源集レコード)にも使用されていて、有名どころだとDJ ie.merge がI.T.F 2002 World Finalでスクラッチルーティンに使っています。

さて・・・後半に突入!

ターンテーブルを45回転にした状態からスタートし片方のチャンネルだけでフィンガードラム。左手を顎に当てワンハンドでプレイしている事をアピールしています。そして途中からもう片方のチャンネルのパッド(モードはサンプラー)を使って音を増やしていきます。8小節演奏したところで序盤から使ってきた「all y’all ain’t got nothin’ on me」のフレーズも加え、クロスフェーダーも使いながらビートジャグリングの要素を取り入れた展開になっていきます。驚くべき点は、これだけスクラッチやフィンガードラム、ボディトリックを同時にこなしつつリズムキープが完璧なのです。全てのトリックの基本とも言えるリズムキープ。それをこの次元で保てるところに世界最高峰のターンテーブリストの所以を感じます。

ラストパートはベース音にミキサー内蔵エフェクトのPhaserをかけて、その上にフィンガードラムを被せていきます。(ドラム音にもたまにReverbをかけていますね!)最後は今回のルーティンのキーフレーズ「all y’all ain’t got nothin’ on me」をドロップして終了!

いかがでしたでしょうか。ミキサーの凄さよりCRAZEの凄さに感服する動画でした。というのも今回発売されたRane SEVENTYは既存のRane SEVENTY-TWOの後継機という位置づけ。液晶モニターが縮小しボタンの数もスッキリした模様。強みとしてはSEVENTY-TWOに引き続き左右のチャンネルのパッドモードを別々にコントロールできる点でしょうか。あとはやはり値段が気になります。このところ20万円超えのDJミキサーが当たり前になってきている中、SEVENTYだけはお手軽な値段で販売してくれる事に期待しましょう!

関連: R.O.A.D Podcast: Spyda T.E.Kが出演、Crazeとの新しいユニット、Mete Manoについて語る

レビュー:Rane SEVENTYミキサー

今回のTips and TricksではDJcityのテクノロジー王、Mojaxxが2チャンネルのSEVENTYをレビューしています。SEVENTYはRaneからリリースされた同系統のモデルSEVENTY-TWOの後継モデルで、Seratoに順応しており、DJバトルに特化されたミキサーです。

関連: レビュー:Rane SEVENTY-TWOミキサー

Rane SEVENTY-TWO ファームウェア1.3ベータ版

いかなるDJ機材を使用していてもファームウェアのアップデートは必要です。今週のTips and TricksではMojaxxがRane SEVENTY-TWOミキサーのファームウェアのアップデート、ベータ版について解説しました。今回のアップデートは、Serato DJ Pro 2.1のパブリックベータ版と合わせて最近リリースされました。

関連: Serato DJ Pro 2.1 ベータ版が公開

レビュー:Rane SEVENTY-TWOミキサー

先日RaneのTWELVEをレビューしたMojaxxですが、今週のTips & TricksではSEVENTY-TWOミキサーを解説しています。

上記でレビュー動画動画を視聴できます。

関連: レビュー: Rane TWELVEコントローラー

Popular