Yuki

MV: N.C.B.Bの”ミライ”

iTunes StoreのHip-Hopチャートで1位を獲得したN.C.B.Bの最新EP、LIVING SIX。本日、彼等が収録曲の一つ、”ミライ“のMVを公開しました。映像ではメンバーが緑の森の中で黒のハードなアウトフィットに身を包んでいたり、白い防護スーツを着た怪しいラボのシーンが、収録されていて色彩的に印象深いです。

今週末からEPのリリースを記念したN.C.B.Bのライブツアー「N.C.B.B “LIVING SIX” TOUR」がスタートします。日程等の詳細はオフィシャルサイトで。

楽曲、”ミライ“はDJcityでダウンロードすることができます。

関連: MV: N.C.B.Bの新曲”Dirt Off”

DJ TAKATO がTwerkの楽曲を中心に構成したMixを公開


DJ TAKATO at Riviera Sapporo (Source: Instagram @yukihomma.jp)

札幌のKING XMHUで開催されているDJcity Japan TakeoverやBootyで活躍するDJ TAKATOがTwerkトラックを中心に構成したMix、その名もTWERK TAPEを公開しました。サンプリングソース、そしてナイトクラブでかかるアンセムが収録されています。

DJ TAKATO曰く、「一番の狙いはこれをきっかけにClubで楽しんでガンガン踊ってくれる女の子が増えてくれたらいいなぁーと思ってます。Twerkていう文化を伝えるのもそうですが、まずはHip-Hopが好きな女の子が増えてくれる事が狙いです。(曲を)知らないから乗れないというのがあるのでこのMixをきっかけにもっとClubを楽しんでくれるようになって欲しいと思い作りました。」

トラックリスト:

1. Ambjaay – Uno
2. Saweetie – My Type
3. Blueface ft. Rich The Kid – Daddy
4. French Montana ft. City Girls – Wiggle It
5. Khia – My Neck, My Back
6. Saweetie – ICY GRL
7. Megan Thee Stallion – Big Ole Freak
8. O.T. Genasis – Look At That
9. Blac Youngsta – Booty
10. Cash Out – She Twerkin
11. Juvenile ft. Wacko and Skip – Nolia Clap
12. Crime Mob ft. Lil Scrappy – Rock Yo Hips
13. D4L – Laffy Taffy
14. Big Sean ft. Nicki Minaj – Dance (A$$) Remix
15. Kstylis – Booty Me Down
16. O.T. Genesis ft. 2 Chainz – Thick
17. Cardi B ft. YG – She Bad
18. Lizzo ft. DaBaby – Truth Hurts Remix
19. Drake – Childs Play
20. Jeremih ft. 50 Cent – Down On Me Remix
21. Trillville & Cutty – Some Cut
22. Birdman & Rick Ross – Pop That Pussy
23. Project Pat & Juicy J – Twerk
24. Rae Sremmurd ft. Juicy J – Shake It Fast
25. A$AP Ferg ft. City Girls & ANTHA – Wigs
26. Big Tymers – Get Your Roll On
27. Speaker Knockerz – Freak Hoe
28. Megan Thee Stallion ft. Juicy J – Simon Says
29. City Girls – Act Up
30. YBN Nahmir ft. City Girls & Tyra – F**k It Up
31. Sage The Gemini ft. IAMSU – Gas Pedal
32. Travis Porter – Bring It Back
33. Shardaysa – Dats Bae
34. Ms. Tee & Magnolia Shorty – Money On That Dick
35. Chris Brown – ft. Nicki Minaj & G-Eazy – Wobble Up
36. V.I.C. – Wobble
37. Juvenile ft. Lil Wayne & Mannie Fresh – Back That Azz Up
38. Kstylis – Trampoline Booty
39. Megan Thee Stallion – Shake That
40. Amine – REEL IT IN
41. Ty Dolla Sign ft. The Weekend, Wiz Khalifa & DJ Mustard – Or Nah Remix
42. Juicy J ft. 2 Chainz & Lil Wayne – Bends a Make Her Dance
43. Travis Porter – Make It Rain
44. Megan Thee Stallion ft. DaBaby – Cash S**t
45. Melii – See Me
46. LouGotCash – Thing For You
47. Meek Mill ft. Jeremih & PnB Rock – Dangerous

DJ TAKATOをフォローのInstagramTwitter、そしてMixcloudをフォロー

関連: DJ MITCH a.k.a RockstaのMixシリーズが100作目に到達

DJcity Top 50 August 2019 Mix by A4

DJ 4RESTとACKOから成る2人組ユニット、A4が2019年8月のDJcity Top 50にランクインしている楽曲を使い84分のミックスを公開してくれました。イントロはACKOプロデュースの”FLY HIGH”から始まり、Hip-Hop、Latin、House、そしてPop等様々なジャンルの39楽曲をクイックに繋いだ作品となっています。

Mixcloud

トラックリスト:

1. NO NAME’S (Prod.ACKO) – FLY HIGH
2. Megan Thee Stallion ft. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign – Hot Girl Summer
3. Saweetie ft. Jhene Aiko & City Girls – My Type Remix
4. Blueface ft. Lil Pump – Bussin
5. Tyga, YG & Blueface – Bop
6. YBN Nahmir ft. City Girls & Tyga – F#ck It Up
7. T-Pain ft. G-Eazy – Girlfriend
8. Kent Jones – I Like It
9. Davido & Chris Brown – Blow My Mind
10. Chris Brown ft. Tory Lanez – Lurkin’
11. Rick Ross ft. Drake – Gold Roses
12. Ty Dolla $ign – Hottest In The City
13. Chance The Rapper feat. MadeinTYO & DaBaby – Hot Shower
14. DaBaby – Suge – Nicki Minaj Remix
15. Snoop Dogg ft. Swizz Beatz – Countdown
16. Snoop Dogg ft. Jermaine Dupri, Ozuna & Slim Jxmmi – Do It When I’m In It
17. Pitbull – 3 To Tango
18. Afro B ft. Busy Signal – Go Dance
19. Beyonce, Shatta Wale & Major Lazer – Already
20. Swae Lee ft. Drake – Won’t Be Late
21. Destiny’s Child – Bootylicious – Le Boeuf Remix
22. Teriyaki Boyz – Tokyo Drift – Richastic Remix
23. Flo Rida ft. T-Pain – Low – D’Maduro Remix
24. DJ Snake ft. Tchami, Malaa & Mercer – Made In France
25. Sisqo – Thong Song – J Rythm Puro Pari Remix
26. Afro B – Drogba (Joanna) – Anthem Kingz Coolie Riddim Blend
27. DJ Snake, J Balvin & Tyga – Loco Contigo – Cedric Gervais Remix
28. DJ Snake, Sean Paul, & Anitta ft. Tainy – Fuego – Da Phonk Club Edit
29. DJ Snake, Sean Paul, & Anitta ft. Tainy – Fuego
30. ROSALÍA & Ozuna – Yo x Ti, Tu x Mi
31. Sean Paul – Get Busy – Tall Boys Drop It Bootleg
32. Sean Paul vs Cutty Ranks – Get Busy vs Limb By Limb – Da Phonk Kijken Mag Bootleg
33. Akon – Lonely – Kevin D Remix
34. Mase ft. Total – What You Want – DJ Serg Remix
35. Brandy & Monica – The Boy Is Mine – DJ Serg Remix
36. Ariana Grande & Social House – Boyfriend
37. Big Sean – Single Again
38. Khalid ft. A Boogie Wit Da Hoodie – Right Back Remix
39. YBN Cordae ft. Anderson Paak – RNP

DJ 4RESTをフォロー: Instagram | Twitter

ACKOをフォロー: Instagram | Twitter

関連: DJcity Top 50 July 2019 Mix by A4

MV: DJ RYOWが¥ELLOW BUCKSを迎えた”We Runnin”

自らを“ヤングトウカイテイオー”と名乗り、ラップスタア誕生で優勝するなど、着実に東海エリアを代表するラッパーとなった、¥ELLOW BUCKSDJ RYOWとコラボレーションした”We Runnin“。リリックの内容は元メジャーリーガーのイチローと自身を重ね合わせ、大きな世界に羽ばたいていくということが表現されています。

スマートフォン仕様の縦長の映像では、東海地方の主要都市のシーンが収録されています。また、¥ELLOW BUCKSのInstagramアカウントからライブ配信されたフッテージも組み込まれています。

当楽曲はDJ RYOWの10月2日にリリースされる11作目のスタジオアルバム、DREAMS AND NIGHTMARESに収録予定です。

We Runnin“はDJcityでダウンロード可能です。

関連: MV: DJ RYOWがHideyoshi、 Young Dalu、そしてVILLSHANAをフューチャーした”Celebration””

DJcity Podcast Mix: FUMMY


Red Bull 3Style, 2019, World Final – Taipei, Taiwan (Source: Red Bull Content Pool)

DMCとRed Bull 3Styleの2つのJapanチャンピオンのタイトルを持つ、ターンテーブリスト/DJの、FummyがDJcity Podcastに30分のミックスを提供してくれました。新旧のHip-Hopヒット曲にスクラッチとジャグリングを心地良いバランスで配置した内容となっています。

iTunesSpotifyStitcherTuneInでも視聴が可能です。

1. Intro
2. ScHoolboy Q – CrasH
3. Amine ft. YBN Cordae – BLACKJACK Remix
4. NLE Choppa – Shotta Flow
5. Dreamville ft. J.I.D, Bas, J. Cole, EARTHGANG & Young Nudy – Down Bad
6. Chance The Rapper – Hot Shower
7. Denzel Curry – RICKY
8. Dipset Intro
9. The Diplomats – I Really Mean It Remix
10. Araabmuzik – Whistle
11. E-40, Lil Jon, Sean Paul & YoungBloodZ – Snap Yo Fingers
12. T-Pain ft. Yung Joc – Buy You a Drank
13. Young M.A – OOOUUU
14. Ella Mai – Boo’d Up Live Intro Edit
15. Amber Mark ft. DRAM – Put You On
16. Amber Mark – Mixer
17. YBN Cordae ft. Anderson .Paak – RNP
18. Anderson .Paak – Come Down FS Green & ROMderful Remix
19. Kito & Reija Lee – Sweet Talk Lazerdisk Remix
20. The Notorious B.I.G. – Hypnotize Uki Remix
21. Beyonce ft. JAY Z & Childish Gambino – MOOD 4 EVA

関連: DJcity Podcast Mix: DJ MR. SYN

MV: DJ RYOWがHideyoshi、 Young Dalu、そしてVILLSHANAをフューチャーした”Celebration””

日本のリビングレジェンド、DJ/プロデューサーのDJ RYOWがDJcityに”Celebration“を提供してくれました。ファンファーレの音が印象的なタイトルに相応しい幸福感あるビートに、フューチャーされているHideyoshiYoung Dalu、そしてVILLSHANAのRapが気分を上げてくれます。

公開されているMVでは、もちろんDJ RYOWが冒頭で登場。そして金銀の紙吹雪が舞うシーンを中心に、各々がバースを道の真ん中で歌う場面も収録されています。

楽曲”Celebration“はDJcityでダウンロード可能です。

関連: MV: DJ RYOW feat MIYACHIのシングル”24″

DJ Yuskayが新たにオープンする六本木のナイトクラブZENでミュージックディレクターとして就任

DJ Yuskayは2010年にニューヨークへ渡米し、Club Marquee New YorkでのレジデントDJを始め、セレブリティが集う数々のパーティーで活動するなど、アメリカでのDJ経験が豊富なDJの一人です。現在はWARP SHINJUKUでの毎週水曜日のパーティー、DJcity Japan Wednesdayでもレジデントを担ってくれています。

その彼が、新しくオープンするナイトクラブZEN Tokyoにて、DJ/ミュージックディレクターとして抜擢されました。今回のインタビューではDJとミュージックディレクターの視点の違いや、ナイトクラブで音楽性を確立させる方法等を語ってくれました。

ミュージックディレクターというポジションについた経緯を教えてください。

元々の経緯は、この店舗(ZEN Tokyo)ではなくて、別の系列店舗で音楽面を含めたナイトライフ空間を作りたいから、協力をして欲しいというお話を頂いたのがはじまりです。そこから話が発展して、新店舗のZEN Tokyoというお店を、新しく立ち上げるので音楽面のプロデュースをして欲しいというお話しを最終的に頂いたのが経緯です。

DJではなくミュージックディレクターというオファーが来た時はどう感じましたか?

正直悩んだ部分はありました。というのは、この日本のナイトクラブのマーケットに対して僕はDJという立場以外では、ほとんど知識がゼロに近かったので。自分が今まで経験してきたものって、ニューヨークだったりアメリカのナイトクラブシーンだったので、果たしてその経験だったり知識が日本におけるナイトクラブで通用するのかという部分がありました。本当に日本のナイトクラブで、ミュージックディレクターとして自分の存在価値を見いだせるのかっていうのは凄い考えた部分ではありますね。

悩んだ中で、決意した決定打は何でしたか?

クラブDJとしてやってきて、もちろんクラブDJとしての可能性を突き詰めるというスタイルには全く変わりはないんですけど、それだけではどうしても、ナイトクラブに関わる人間という大きな枠で考えると、成長出来ない部分があると思って。今まで僕が見てきたものとか、感じてきたものを生かせるのは、もちろんDJをすることなんだと思うんですけど、それ以外にナイトクラブの経営側であったり、お店側に立つ事っていうのは、自分にとっても今後プラスになる部分かなと思ったので、オファーを引き受けようという気持ちになりましたね。

これまではDJとして一個人で音楽面を見ていた部分が多いと思うのですが、ミュージックディレクターとして他のDJと一緒に組織として音楽を展開し提供していかなければならないと思うのですが、違いはどんなことですか?

もう既にブッキングの件とか、僕が全部管理してやらしてもらってるんですが、その過程で気が付いたことがありました。これまでは自分の感性だったり、自分のDJスタイル感で他のDJを見ていたという部分が多かったと思うんですよ。でも今はミュージックディレクターとして「クラブとしてどういうDJが必要なのか?お店としてどういうブランディングでやっていくのか?」っていうことを多分第一に重きを置いていかないとダメな部分だと思うようになりました。なるべく他のDJがプレイしているところへ聴きに行くようにはしているんですけど。自分の感性と好きなスタイルで、良いな、悪いな、とかではなく、どちらかというと「こういうスタイルであれば今の日本のクラブシーンに必要だとか、こういうスタイルのDJであればうちの店にフィットするな」っていう基準で今は見れるようになっていますね。そこの観点が凄い変わった部分ですかね。もちろん自分の好きなDJスタイルだったり、自分の好きなDJっていうところは変わりはないんですけども。

DJのスタイルに対して意見を出す立場のミュージックディレクターとして、お店のブランディングというところから各DJのスタイルはどのように統制を取っていくのでしょうか?

現時点では模索中っていうのはあるんですけどでも、お店のブランティングとしてはアメリカのクラブスタイルの音楽をプレイするDJを集めました。僕が週末に入れているDJ HIROだったり、木曜日のレジデントを任しているDJ SEROは、僕の耳では彼等のスタイルは凄くアメリカ的な音楽をプレイするDJだと思っています。なので、そういうスタイルのDJを中心に、オープンを任せる若い子達にその音を聞いてもらって、クラブっていうものをもう一回再認識して欲しいと思っています。それこそ、今はいろんなスタイルのDJがいて、いろんな情報をインターネットですぐ手に入れることのできる世界なので、単純にただ曲をかけたらいいとか、何の考えもなくDJをしてるDJもいると思うんです。でも、さっき挙げたDJは、そういう部分でしっかりとアメリカのナイトクラブという雰囲気を出せるセンスと考えを持ったDJだと思うんです。なので、彼等を中心にオープンを担当する若いDJ達にはそういう部分を吸収して共有してもらいたいですね。あくまで、DJっていうのはこうした方がいいとか口で説明するのは本当に難しいし、そういう世界でもないと思うので。感じとってほしいです。僕の理想はそういう感じですね。反対に僕はプレイした楽曲のリストをとって、それを元に話し合ってとかそんなやり方は全然望んでいないので。DJならリストからプレイする曲を決めるのではなく、他のDJのプレイのセンスの部分を感じ取ってもらいたいと思っています。例えばDJする時に今日のお客さんどうなのかっていうのをいち早く察して感じ取るのがDJの仕事の一つでもあるので。みんなでスタイルを統制していくのも同じで、感じ取る作業だと思います。そして、それを出来るDJを今後、更にここに集めていきたいと思っています。

具体的にどんな形でDJを配置するとか教えてもらえませんか?

毎週木曜日に関しては一人でも多くの人に、このお店を知ってもらいたいので、いろんなDJを入れていきたいと思っています。週末に関してはより音楽にこだわってスタイルを確立する為に、最小の人数で一晩の音楽を作れたらと思っています。4人のDJで一晩を盛り上げたいと思っています。理想的なメインとなる時間は2人とかでいいと思うんです。だから週末に関してはレジデントのDJ HIROと僕で24時以降は2時間づつで交代して音楽を作りあげることが出来ればと思っています。

中々DJ一人が2時間通しでプレイするというフォーマットはこれまでのクラブではない感じですよね?

僕は正直、一晩にDJを沢山入れるというところにメリットをあまり感じていないです。もちろん沢山DJを入れて集客に繋げるというやり方はあると思います。僕はその集客という面では、お店としては別な方法で集客をまかなうべきだと思っています。DJは音楽に、より集中出来る環境を作るべきだと思っています。また、色んなDJが多く入ると、その一人一人のDJの感性だったりスタイルが異なることから、どうしてもお店として音楽のスタイルを確立できないっていう部分もあると思うんです。僕は出来るだけDJは少数にして、ここのお店はこういう音楽というのを作り上げたいという部分がありますね。現にアメリカでは、一晩で一人とか多くても二人とかで、DJをやっていましたし、そこでクラブの音楽を確立することが出来ていたと思います。また、DJとして音楽の流れを作るためには1時間では作りにくいよねという話をDJ HIROとしたりしています。一人のDJが長くやることによって流れを組み立てることが出来ると思っています。

DJブースの機材はどんなものを用意するのですか?

個人的にはターンテーブルが好きなんですけど、海外のアーティストだったり海外のDJを呼ぼうと思っている中で、CDJっていうのは海外では定番化していると思うんです。なので、そのスタイルで僕らもやろうかと思っています。

ということは海外のアーティストやDJを多くブッキングしていくことを想定しているんですね?

そこは積極的にしていきたいと思っています。というのは僕達、日本人だけでやっていってしまうと、僕も含めてDJとして刺激が必要な時が出てきます。海外のトップクラスのDJを呼んで、そこから得れる感覚ってすごい大きいと思うので、定期的に僕は入れていきたいと思っています。

海外アーティストやDJをブッキングする最大の目的はお客さんに向けてというよりは内部のDJの為というところですかね?

海外のDJをブッキングするのは正直そこですかね(笑)。実際問題、今は「DJ誰々を呼ぶからといってお客さんが入るか?」というと、そこには疑問点があります。ナイトクラブの根底として多くのお客さんが入っていないと成立しないものだと思います。お客さんが沢山入っていないナイトクラブはつまらないですからね。現状の日本のナイトクラブは集客というのが常に課題となってきているので、どうしてもそこはクリアーしないといけないのですが、僕はDJで補うものではないと思います。さっきも言いましたが、DJはもっと音楽に集中するべきだと考えています。ですので、どちらかといったらここのDJブースに立つ人間にとってモチベーションが上がり、良い音楽を生み出せる力となることを考えて、海外のDJを呼ぶといったスタイルになるかもしれないですね(笑)。

関連: YBが自身の経験談とCDJへの挑戦について語る

DJ MITCH a.k.a RockstaのMixシリーズが100作目に到達

DJcityにもEditを複数提供してくれている、広島のパーティーロッカーこと、DJ MITCH a.k.a Rocksta。彼が毎週リリースしているMIXシリーズ”Weekly BTNC”が100作目に到達しました。記念すべき最新作は、2019年上半期にヒットしたHip-HopやLatin楽曲をベースに構成されています。もちろん彼のRocksta Editも随所に収録されています。

プレイリスト

1. A Boogie Wit Da Hoodie – Look Back At It
2. Saweetie Lee – Emotional Rocksta Hype Intro
3. G-Eazy ft. Blueface – West Coast
4. YG ft. Tyga – Go Loko Rocksta Edit
5. Black Eyed Peas ft. NAS – Back To Hiphop Rocksta Edit
6. Bhad Bhabie ft. Megan Thee Stallion – Bestie Remix
7. City Girls – Act Up
8. Megan Thee Stallion ft. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign – Hot Girl Summer
9. Lil Pump ft. YG & 2 Chainz – Stripper Name
10. Tyga ft. YG – Bop Rocksta Get Paid Intro
11. Post Malone ft. Tyga & Roddy Rich – Wow. Remix
12. Lil Jon & Mac Dre – Ain’t No Tellin’ Rocksta Edit
13. YBN Nahmir ft. City Girls & Tyga – F#ck It Up
14. A$AP Ferg ft. MadeinTYO – Wam
15. A$ap Ferg – Wigs Rocksta Intro
16. Megan Thee Stallion ft. Juicy J – Simon Says – BeatCity Hype Intro
17. Ski Mask The Slump God – Foot Fungus
18. Snoop Dogg ft. Swizz Beatz – Countdown
19. Snoop Dogg ft. Jermaine Dupri, Ozuna & Slim Jxmmi – Do It When I’m In It
20. Daddy Yankee ft. Flow – Con Calma – MFresh Hype Intro
21. J Balvin vs Don Omar – Reggaeton – J Medina Dale Don Dale Toneplay Edit
22. Ayotemi – Omo Lomo
23. Ed Sheeran & Justin Bieber – I Don’t Care
24. Ed Sheeran ft. Camila Cabello & Cardi B – South Of The Border
25. Khalid – Right Back
26. Big Pun ft. Joe – Still Not A Player
27. DJ Khaled ft. Chris Brown, Lil Wayne & Big Sean – Jealous
28. Chris Brown ft. Nicki Minaj & G-Eazy – Wobble Up – BeatCity Hype Intro
29. DaBaby ft. Offset – Baby Sitter
30. DaBaby – Suge
31. DaBaby – Carpet Burn
32. Schoolboy Q ft. 21 Savage – Floating
33. YBN Almighty & YBN Nahmir ft. Gucci Mane – New Drip
34. Lil Nas X – Rodeo Rocksta Intro Edit
35. Megan Thee Stallion – Sex Talk
36. Chanti McCoy ft. Juicy J – Slay
37. JUMEX – Trapped
38. Mix Master Mike ft. flowdan – RUDE KILLER
39. DJ Louie Styles ft. Rich The Kid – Fruity Pebbles
40. Dreamville ft. JID, Bas, J. Cole, EARTHGANG & Young Nudy – Down Bad – MarkCutz Acap Intro
41. Bad Bunny – Tenemos Que Hablar
42. Anuel AA, Mambo Kingz & DJ Luian ft. Karol G & Arcangel – Tu No Amas
43. Ty Dolla $ign ft. J. Cole – Purple Emoji
44. Kane Brown – Good As You
45. Chance the Rapper ft. En Vogue,Ari Lennox & Kierra Sheard – I Got You (Always and Forever)
46. Lil Duval ft. Ty Dolla $ign – Pull Up
47. Kygo & Whitney Houston – Higher Love
48. Madeon – All My Friends
49. Casanova ft. Fabolous – So Brooklyn

関連: DJcity Podcast Mix: DJ Mitch a.k.a. Rocksta

MV: N.C.B.Bの新曲”Dirt Off”

N.C.B.Bが活動15周年を記念して4曲が収録されたEP、LIVING SIXを発表しました。その中から、恵庭のシュウ、YOUNG DAIS、1-KYU、DAI-HARD、SPOCK、そしてHOKTのフルメンバーがフューチャーされている”Dirt Off“をDJcityレコードプールに提供してくれました。

楽曲と同じタイミングでリリースされたMVでは、地元札幌の様々なシーンで6人のMCがバースを次々と回していく、疾走感あるマイクリレーが映し出されています。

楽曲、”Dirt Off“はDJcityでダウンロードすることができます。

関連: MV: MIYACHIの”MY CHAIN”

DJcity Japan 10周年 イベントが決定

DJcity Japanが今期で10周年を迎えます。節目のアニバーサリーを記念して総勢33名のDJがイベントに参加してくれることが決まりました。

詳細を随時DJcity Japan Newsでアップデートしますので、お見逃しなく。

DJcity JapanのInstagramFacebook、そしてTwitterをフォロー。

Popular