DJcity Japan

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (9/21)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

WizKid – Bad To Me
Ayra Starr – Rush
EST Gee ft. Jack Harlow –  Backstage Passes
Kodak Black – Walk
Fred again… – Danielle (smile on my face)
James Hype – Crank
BAD HOP ft. Benjazzy & Yellow Pato – No Stylist

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (9/14)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (9/14)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

Roddy Ricch ft. G Herbo & Doe Boy – Ghetto Superstar
Bryson Tiller – Outside
DJ Snake, Summer Walker, Spinall, Äyanna – Power (Remember Who You Are)
EST Gee ft. Future – Shoot It Myself
Hitkidd & Glorilla ft. Latto & JT – F.N.F. (Let’s Go) Remix

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (9/7)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (9/7)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

Justin Bieber – Beautiful Love (Free Fire)
Kali Uchis – NO HAY LEY
Lil Baby – Detox
Dillon Francis – Goodies
FISHER feat. MERYLL – Yeah The Girls
AKLO, Leon Fanourakis, ¥ellow Bucks & DJ Hazime (prod. Bach Logic & DJ Hazime) – LEGACY

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/31)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

DJ Khaled ft. Future & Lil Baby – BIG TIME
DJ Khaled ft. Latto & City Girls – BILLS PAID
Offset ft. Moneybagg Yo – CODE
Davido & Pheelz – Electricity
Quavo, Takeoff & Birdman – Big Stunna
Alok – Always Feel Like

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/24)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/24)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

BLACKPINK – Pink Venom
Missy Elliott & Anitta – Lobby
42 Dugg – IDGAF
Davido, Pheelz – Electricity – Electricity
John Summit – La Danza

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/17)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/17)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

Megan Thee Stallion ft. Key Glock- Ungrateful
YG – Toxic
Ozuna, Michie One, Louchie Lou, Tokischa – Somos Iguales
Nicki Minaj – Super Freaky Girl
David Guetta & Benny Benassi – Satisfaction
Afrojack & Black V Neck ft. Muni Long – Day N Night
eyden ft. Candee- Reach

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/10)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/10)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

DJ Khaled ft. Drake & Lil Baby – STAYING ALIVE
Jnr Choi ft. Fivio Foreign – AMUSED
Fireboy DML – Ashawo
Calvin Harris ft. Charlie Puth & Shenseea – Obsessed
Tiësto, Charli XCX – Hot In It – Tiësto’s Hotter Mix
MasionDe, Shurkn Pap, Taiyoh – GLASSES

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/3)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (8/3)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

Beyoncé – SUMMER RENAISSANCE
Beyoncé – MOVE
NAV & Travis Scott ft. Lil Baby – Never Sleep
Rauw Alejandro & Lyanno, Brray – Lokera
Calvin Harris ft. Normani, Tinashe & Offset – New To You
Tiësto – Baila Conmigo

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (7/27)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (7/27)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

Lil Uzi Vert – Space Cadet
Megan Thee Stallion ft. Future – Pressurelicious
King Combs & Kodak Black – Can’t Stop Won’t Stop
Joey Bada$$ – Make Me Feel
Central Cee – Doja
Chris Lorenzo, & COBRAH – MAMI

インタビュー: DJ KEKKEがDJ VICEに6つの質問

今、日本で最も活躍するDJの1人であるDJ KEKKEも、ラスベガスを始め世界トップクラスのナイトクラブで活躍するDJ VICEをフォローし続けている1人です。そのDJ KEKKEが、オープンフォーマットDJの代名詞でもあるDJ VICEと、RAISE Tokyoで共演することが決まっています。今回はDJ KEKKEからDJ VICEに、6つの質問が投げかけられました。質問の中では、日本のDJ業界でも話題となった、一晩のパーティーに出演するDJの人数についても率直な意見が語られています。

DJ KEKKE: 仕事(DJ)とプライベートのオンオフをどのように切り替えていますか?これまで何十年も世界の第一線でプレイしてきて、DJを辞めたくなったタイミングはありましたか?そして今も高いモチベーションをキープしている、DJとして生きるコツがあれば教えください。

DJ VICE: 仕事とプライベートの切り替えは凄くシンプルにやっているよ。家族とリラックスすること、充分なバケーションを取ること、自分に刺激をくれる場所に行ったりとかね。オフの時でも耳に飛び込んでくる音楽から新しいトレンドにも触れて、人生の全てが自分のDJプレイにインスピレーションを与えてくれる。たとえ音楽を聴いていなかったとしても、自分がDJをしていない時にでも、色々な事からインスピレーションを得ることは可能だと思う。シンプルな話で、ビーチでリラックスしてモチベーションを高めて、仕事に戻れば、最高のマインドでパフォーマンスができるんだ。それから、確実に言えることは、今まで一度もDJを辞めたいと思ったことはないよ。肉体的にDJができなくなるまでは、ずっとDJを続けたいと思っている。

DJ KEKKE: ラスベガスでDJプレイする際の選曲と、それをパフォーマンスすることをどう感じていますか?ロサンゼルスやニューヨークなどでプレイする時よりも、観光客がメインになるラスベガスでは、選曲も大衆向けな音楽に偏りがちと想像しますが、それに対してのストレスはありますか?

DJ VICE: どの都市でDJしても、それぞれ違うスタイルが必要とされているのは当たり前で、ラスベガスでのDJは、100%の大きなエナジーでスタートから最後まで臨む必要があるよね。オーディエンスは世界各地から、最高の音と照明、ナイトライフを楽しむために来る観光客だからね。それに、みんな出身地やバックグラウンドも異なるから、音楽的は必然的に共通項のあるヒット曲が中心になるよね。それに比べると、例えばマイアミのE11EVEN ナイトクラブはヒット曲だけでなく、ReggaetonやHip-Hopがかかっている。Bad BunnyやRick Rossをプレイしても、ヒットしているHouseの曲だって挟むこともできる。ロサンゼルスでDJするときにはThrowbackのHip-Hopや、初期のKanye West、JAY-Zとかの曲と、Afrobeatなんかの楽曲と織り交ぜることができる。西海岸という土地柄、Dr. Dreのクラシック、Nuthin’ But A G Thangだってオーディエンスの受けが良いし。幸運なことに僕は色んな都市でDJをする機会に恵まれてきたからね、色んなジャンルの曲で、自分らしいDJプレイすることができるから、シンプルに楽しんでいるよ。それに、その場所ごとに異なる音楽のテイストを、どんな曲をプレイして上手くオーディエンスをロックすればいいかをわかっているから、特にストレスは感じてないよ。

DJ KEKKE: 海外でクラブDJとして成功するコツなどを教えてください。自分の様に日本でずっとDJしてきたDJが、海外でクラブDJ(プロデューサーではなく)として成功するためのアドバイスがあれば聞きたいです。

DJ VICE: 世界中どこのナイトクラブでも同じだと思うけど、何が起きているのかが大事なことなんだと思う。その土地のDJが何をプレイしているかが、本当に大切な情報だと思う。つまり、その土地のDJ達が、僕のDJプレイに注目せざるを得ない要素が重要になってくる。それって、SNSなんかで盛り上がっているクールなパーティーの写真を見せることじゃなくて、僕がプレイした楽曲のプレイリストを見せることなのかなって。DJ KEKKEが実際にどんな楽曲を、どの現場でプレイしたかを見せることだと思うよ。KEKKEがどんな曲をプレイして、どの曲がオーディエンスに受けるのかがわかるプレイリストを示してくれたら、今の自分には思い付かないような、新鮮で驚きが溢れる何か発見があったりする。そうなると、僕がそれらの楽曲をプレイする度に、自然とDJ KEKKEのことを思い出すよね。だってKEKKEからのインスパイアで自分のプレイリストが広がることになったわけだから。ひょっとするとその楽曲はKEKKEがサポートしているローカルのアーティストの曲かもしれないし。実際に自分の耳で聴いて「コレだ!」って思えたら、その楽曲を自分のプレイリストに入れてロサンゼルスやラスベガスでプレイすることだってある。だから鍵となるのは、DJとしてどんな曲を、自分の地元でプレイしているかを見せることだと思うよ。

DJ KEKKE: 今までプレイしてきて過去最高だった(クラウドの反応)クラブやパーティーはどのシチュエーションですか?土地や食べ物とかの好き嫌いは関係無しに、世界中でDJしてきてクラウドの反応や雰囲気がベストだった場所など、具体的に教えてください。

DJ VICE: これに関しては、僕がみんなにいつも話しているのは、初めて日本でDJをした時のことだよ。オーディエンスが一体となって歌っていたんだ。自分のプレイする一曲一曲に対して、本当にみんなが歌ってくれたんだ。でも後でオーディエンスの1人と喋ろうとしたら、英語が喋れるわけではなかったことに本当に驚かされたよ。プレイしていた曲は英語だったのに。この体験はDJとして最も驚いた瞬間だったよ。どれだけ音楽を愛していのるかが、本当に伝わった瞬間だったから。だって、実際には英語を喋ることができないのに、リリックを曲と一緒に歌うことができるんだ。だから日本のオーディエンスの前でプレイするのは、本当に自分にとって一番インスパイアされる瞬間だと思っている。日本を除いた場合はやっぱりラスベガスかな。常にエナジーレベルが他のどんな都市よりも最高だし。みんなパーティーをしに来る姿勢で、心から楽しもうとしている。

DJ KEKKE: DJは少数精鋭 vs 大人数のどちらが良いと思いますか?日本のナイトクラブでは、一晩に8-10人(持ち時間30-45分とか)ものDJが一つのパーティーにブッキングされていることがあります。これは各DJがプロモーター(集客)としての役割を果たしている部分もありますが、一方で大人数のDJが一貫した音楽性でパーティーを盛り上げるには、時にこれが弊害になることがあります。DJ KEKKEとしては、VIPの売り上げや滞在などを考えた時に、少数精鋭でやった方が良いという意見ですが、DJ VICEはどう考えますか?

DJ VICE: 全く持ってKEKKEの考えに賛成だね。だって、DJは音楽でそのパーティーのストーリーを作る役割なんだから。そしてそのストーリーでダンスフロアを盛り上げる旅を、オーディエンスと一緒になって導くんだから。30分や45分間のDJプレイではそれをやるのは難しいよね。個人的な意見だと最低でも90分は必要なんじゃないかな?「最低」でだよ。最低でも90分間、それで辛うじてストーリーを伝えることができると思う。ダンスフロアーのエナジーレベルの波を、上げたり下げたり、徐々に最高潮に持っていくんだ。だから少数精鋭で、エナジーの波をコントロールできるDJ達だけで、1人最低90分のセットでやるのが正解だと思うかな。

DJ KEKKE: クラブDJは何歳まで続けますか?またその先のプランなどあれば、言える範囲で教えてください。

DJ VICE: DJはスポーツとは違ってアートだからね。アスリートは年齢による引退が必ず訪れて、ベストの状態でパフォーマンスできない日が必ず来てしまう。でもDJはアーティストだから、肉体的にDJブースの前に立つことができる限り、いや立つことができなかったとしても、機材の前で操作ができる身体能力があるうちは、DJを続けることができると思うんだよね。個人的にもDJはずっと続けたいと思っている。これから先ずっと、老人になっても、ダンスフロアーに向けてDJをする人間であり続けたいと思っているよ。そうすることによって、音楽の素晴らしさや愛情を、人に伝えることができると思ってる。そして、自分のDJとしてのブランドと方向性を、何か他のビジネスに活かすことが出来ないか?そこは常に探し続けているよね。DJを通して経験してきたことや、DJとしての音楽的な創造力を活かせるビジネスだね。ひょっとしたら、それは音楽が要素として入ってくる、レストランやラウンジを経営することかもしれないし。DJとして培ってきたものを、何か別の形でビジネスとして将来実現できたらいいなと思ってるよ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by RAISE Nightclub (@raisetokyo)

Popular

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • ABEMAMIX Awards 2022ノミネートDJ・MC

    今年もABEMAMIX Awards 2022の開催がアナウンスされました。今回ノミネートされたDJ・MCは計32名。受賞者には賞金総額100万円が贈呈されます。過去に優勝したのは、DJ HAL(2018年)、FUJI TRILL(2019年、2021年)、MARZY(2020年)。果たして2022年の栄冠は...

  • MonyHorseの「Look Up」

    日本を代表するHip-HopクルーのYENTOWNに所属するラッパーのMonyHorseが新曲「Look Up」のMVを公開しました。プロデュースには同じくYENTOWNのU-LEEが担当、Chillな雰囲気のトラックの中でMonyHorseのラップや歌を楽しむことができます。またナイトクラブに限らず様々な現...

  • Playssonの楽曲がDJcityに掲載

    REAL TRAP 名古屋を拠点に全国的に活動するギャングスタラッパーのPlayssonがDJcityにてHip-Hopパーティーではマストなクラブバンガーを中心に掲載してくれました。ハイエナジーな作品が多く、Playsson本人がストリートこれまで経験してきた内容のリリックに注目です。Hip-Hop DJs...

  • 13ELLのニューシングル「STAR」

    京都を中心に全国的に活動するHip-Hopクルーである「DCAの奴ら」を代表するアーティストの13ELLがニューシングルである「STAR」をDJcityに公開してくれました。今回の映像では自身のクルーに加えて、WILYWNKAや孫GONGなどの人気ラッパー達がカメオ出演しています。楽曲もキャッチーな内容となっ...

  • DJcity Podcast: DJ BULLSET

    今月のDJcity Podcastは大阪を拠点に活動し、HIBRID ENTERTAINMENTに所属するDJ BULLSETが担当してくれました。今回は新譜のHip-Hopを中心に先日DJ BULLSETがSANTAWORLDVIEWとタッグを組みリリースしたEP、In The Neihborhoodに収録...

  • Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/23)

    このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。 主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。 プレイリスト:...

  • DJcity Top 50 October 2022 Mix by A4

    2022年10月のTOP50ミックスを公開しました。今回もA4 (ACKO & DJ 4REST)がミックスを担当してくれています。 DJcityの2022年10月のTop 50にランクインしている楽曲をベースに30楽曲が収録されています。まだダウンロードしていない最新楽曲やリミックスなどをチェックす...

  • 楽曲の一括ダウンロードを可能にしたDJcityのデスクトップアプリ公開

    DJcityはレコードプールクレート内の楽曲を一括でダウンロードする事が出来る、無料のデスクトップアプリケーションを開発しました。これにより、ダウンロードにかけていた手間と時間を大幅に短縮する事が可能となりました。 デスクトップアプリの主な機能: - クレート内の楽曲を一括でダウンロードする事が可能 - DJ...