Serato

Serato DJ Pro 2.2ベータ版が公開

SeratoがSerato DJ Proの2.2ベータ版を公開しました。今回のアップデートでは”Play Count”と”Day Mode”2つの機能がつきました。Play Countとは自身がプレイした楽曲の回数を見ることができます。Day Modeとは野外でDJする際にスクリーンの表示が見やすくなる機能です。

今週のTips and TricksではMojaxxのSerato Dj Pro 2.2ベータ版の解説を見ることができます。

関連: KutcornersがSerato Studioでリミックスの制作過程を公開

Serato Studio Betaに新しい機能が追加されました

Serato Studio
Master Waveform in Serato Studio Beta (Source: Serato)

Seratoが音楽制作ソフトウェア、Serato Studioのベータ版の公開を再開しました。今回のベータ版には新たに、Master Track Waveform、Library Preview、Stem Exportなどの機能が追加されました。

SeratoのNick Maclaren氏はプレスリリースにて「Serato Studioは、コミュニティと共に構築し続けるにつれて、絶えず進化しています。」

アップデートに加えて、Serato Studioの価格も公開されました。登録すると毎月14.99ドルまたは毎月9.99ドルのプランで使用することができます。

また今回ベータ版の利用者はDusty Cratesのサウンドパックがフリーでダウンロードできます。Soul、Funk、R&B調のインストルメンタルやサンプルが含まれています。

Serato Studioのベータ版についてはこちらから

関連: Seratoが音楽制作ソフト”Serato Studio”を公開

DJ RoyaleがSeratoでミックスを公開

フィラデルフィアを拠点に活動するDJ RoyalがSeratoのIn The Mixシリーズで18分のミックスを公開しました。今回のセットにはHip-Hop、R&B、Latin、Jazz、などのジャンルで構成されています。

上記でセットを見ることができます。

関連: ビデオ: Live EvilがSeratoからミニミックスを公開

ビデオ: Brandon Duke the DJが”King’s Dead”を使用したルーティンを公開

12才の若きDJであるBrandon DukeがSeratoからルーティンを公開しました。今回はJay RockKendrick LamarFutureJames Blakeのグラミー受賞作である”King’s Dead“を使用しています。

Brandon Dukeは2018年に行われたGoldie Awardsで2位にランクインしており、6歳の時には世界最年少ナイトクラブDJとしてのギネス記録を持ちました。

上記で彼のルーティンを見ることができます。

関連: Bedroom Sessions: Brandan Duke the DJ

Seratoが音楽制作ソフト”Serato Studio”を公開

Serato Studio
Serato Studio. (Source: Serato)

Seratoが音楽制作ソフトである”Serato Studio“を公開しました。

今回のアプリケーションは音楽制作に興味があるDJ達がより入りやすいようなソフトとして公開されています。Serato StudioにはSerato DJのライブラリに連動し、波形の表示、キューポイント、Pitch’n Timeなど様々な機能が使用できます。

Serato StudioははSerato対応のミキサーやコントローラー、またMIDIコントローラーにも対応しています。

現在、Serato Studioはベータ版を限定で公開しています。Serato Studioは正式にリリースするタイミングでサブスクリプションサービスも開始します。それにより、定期的なソフトウェアアップデートと追加のサンプルコンテンツを楽しむことができます。

ベータ版を利用はこちらから。下記でMojaxxの解説を見ることができます。

関連: レビュー: Serato DJ Pro 2.1.1

ビデオ: Live EvilがSeratoからミニミックスを公開

DJ/プロダクションのユニットであるLive EvilがSeratoのIn the Mixシリーズからユニークなセットを公開しました。

Live EvilはDJcity CanadaのDJ MarvelとSeratoのKutkornersの2人で構成されているチームです。

上記でルーティン動画を視聴できます。

関連: ビデオ: ThugliがSeratoからミニミックスを公開

レビュー: Serato DJ Pro 2.1.1

今週のTips and TricksではMojaxxがSerato DJ Pro 2.1.1を解説しています。新しい機能としてMIDI機能を持つOSA(Official Serato Accessory)デバイスを再マッピングできるようになりました。その中にはRoland製TR-SYNCデバイスであるTR-08、TR-09、TR-8、TR-8SやReloopのRP-8000 MK2などが含まれています。

関連: ビデオ: TrazeがRoland TR-08とSerato DJのTR-SYNCモードを使用したルーティンを公開

ビデオ: TrazeがRoland TR-08とSerato DJのTR-SYNCモードを使用したルーティンを公開

TrayzeがHouseの名曲である”Percolator”を使用したライブリミックスを公開しました。今回彼はRoland TR-08とSerato DJのTR-SYNCモードを組み合わせたパフォーマンスを行っています。

パフォーマンス後、TrayzeはTR-08とターンテーブルのセットアップ、Serato DJを使用し、TR-SYNCの機能を説明しています。

今回使用されたGreen VelvetのChicago Houseのアンセム”Percolator“は1992に公開され、ダンスミュージックのDJには欠かせない楽曲として知られています。

関連: DJcity Exclusive : Trayzeが90年代のブレンドパックを公開

ビデオ: SpydaT.E.KがE-40の楽曲を使用したルーティンを公開

Mad DecentのDJ/プロデューサーであるSpydaT.E.Kがベイエリアにインスパイアされたルーティンを公開しました。今回はE-40の名曲である”Tell Me When To Go”を使用しています。

Spyda T.E.KはSiriusXMの番組であるGlobalization Sessionのクリエイターであり、DJcityのPuro Pariシリーズのリミキサーでもあります。

関連: Miles MedinaがSeratoでミニミックスを公開

Serato DJ Proでmixを録音する際にセーブするのを忘れた場合

Serato DJでミックスを録音する際にセーブボタンを押し忘れた場合、皆さんはどうされていますでしょうか?しかし幸いにも、セーブを忘れた場合、されてない途中経過のデータを保存してくれる機能がついているそうです。

今回のTips & Tricks上記の映像でMojaxxが保存し忘れたデータを修復する方法について語っています。

関連: Tips and Tricks: DJ TechのHandy Katzポータブルミキサー

Popular