Serato

Seratoが20周年を記念にしたドキュメンタリー映像を公開


Source: Serato

Seratoが20周年を記念にしたドキュメンタリー映像を公開しました。Seratoの歴史を記録した3部構成のドキュメンタリーとなっています。また、限定版のアニバーサリーボックスセットが販売されています。セットには20周年限定のコントロールバイナル、1999年から2019年までのSeratoの物語をたどる20周年記念の写真集が含まれています。Seratoのホームページで購入可能です。

Seratoは、ニュージーランドを拠点に、2人のコンピューターサイエンスの学生が立ち上げ現在は世界的な製品と技術の定番に成長しました。 A-TrakJazzy JeffRich MedinaMix Master Mike、DJ Spinnaなどの著名DJ達がドキュメンタリーに出演しています。

下記でドキュメンタリーのパート1を見ることができます。

関連: SeratoとDJcityがBeat Making Challengeをスタート

ビデオ: Seratoの‘Serato 2019 Routine of the Year’アワードでDJ Revolutionが選ばれる

ウエストコーストの重鎮でもあるDJ/プロデューサーのDJ RevolutionSeratoの‘Serato 2019 Routine of the Year’アワードに選ばれました。DJ RevolutionがIn The Mixシリーズで披露したHip-Hop, Rap, Funkなどのセットが評価されています。

DJ RevolutionはSway & King Techがホストを務めるラジオ番組、Wakeup ShowでレジデントDJを担当。また、ロサンゼルスのScratch DJ Academyで講師として活動しています。

関連: Nick BikeがSeratoからMini Mixを公開

SeratoとDJcityがBeat Making Challengeをスタート

Serato Studio 1.4のリリースを記念し、SeratoとDJcityがBeat Making Challengeをスタート。期限は2020年1月28日まで、勝者には$4000ドル相当のPioneer DJ製品、Serato StudioとSerato DJ Suiteのライセンス、DJcityレコードプール1年間のフリーパス、そしてBeatsourceで使用できる$50ドル分のギフトカードが贈呈されます。

参加方法としてはSerato Studioを使用し、1分間のDJエディットを制作します。アカペラ音源はDJcity Recordsから公開されているMakasi & Gregoir CruzTima Deeを迎えた“Manos En Mi”を使用してください。そこから制作過程を撮影し、自身のInstagramでその様子を投稿すれば完了です。(※注 @seratostudioをタグ付け、ハッシュタグ#seratostudioを必ず加えてください。)

詳細はこちらから。

関連: マスタリングソフトウェアのiZotopeがSerato Studioで利用可能に

SeratoがSerato DJ Lite 1.3.2をリリース

Seratoが新しくSerato DJ Lite 1.3.2をリリースしました。

今回のアップデートではBeatgridやミックスで使用できるフリーのデモ楽曲、また様々な機能を学習できるアプリが搭載されています。

CSOのNick Maclaren
「我々はいつもDJを初めたばかりのユーザーに向けて、ソフトウェアをより使いやすく、そして楽しく学べるように工夫をしています。BeatgridがSerato DJ Liteに統合されたことにより、よりSerato DJ Proを使いこなせるようになるのではないでしょうか。これをきっかけにどのような新しいDJ、Seratoユーザーが現れるのかが楽しみです。」とコメントしています。

Serato DJ Lite 1.3.2はSeratoのホームページから。

関連: Serato DJ Pro 2.3.1からDenon DJ PRIME 4とSC5000Mのサポート機能が追加

Pioneer DJがXDJ-XZコントローラーを発表

Pioneer DJ XDJ-XZ
Pioneer DJ XDJ-XZ controller (Source: Pioneer DJ)

Pioneer DJが新しくコントローラー、オールインワンDJシステムであるコントローラーXDJ-XZを発表しました。

USBまたは、rekordboxが搭載されているPCで使用できます。Mojaxxは「CDJ-2000NXS2とDJM-900NXS2をそのまま使用しているみたいだ、Pioneer DJのNXS2シリーズを3分の1の値段で手に入れることができる。」とコメントしています。

Serato DJ Proのサポートは2020年初めに追加されるとの事です。詳しくはPioneer DJのホームページから、Mojaxxのファーストレビューは下記から視聴できます。

アムステルダム ダンス イベント(ADE)中にDJcityとBeatsourceがイベントを開催

パートナーシップを結ぶDJcityBeatsourceが先月のアムステルダム ダンス イベント (ADE)にて2つのイベントを企画しました。10月15日に行われたイベントはSerato社とのブランチミーティング、そして10月20日はBeatsourceのDJがパフォーマンスを披露しました。

関連: Beatsourceがロサンゼルスで記念パーティーを行う

Serato DJ Pro 2.3.1からDenon DJ PRIME 4とSC5000Mのサポート機能が追加

SeratoがSerato DJ Pro 2.3.1をリリースしました。今回の更新によりDenon DJ PRIME 4コントローラーとSC5000Mメディアプレーヤーがサポートされるようになりました。 DJ ProとDenon DJのファームウェアをアップデートすることで、Hot Cue、FXなどの拡張機能を備えたOfficial Serato Accessoriesとして機能します。

今週のTips and TricksではMojaxxが初めてSerato DJ Pro 2.3.1を解説しています。ダウンロードはこちらから。

関連: Serato DJ ProがmacOS Catalinaのサポート対象に

Serato DJ ProがmacOS Catalinaのサポート対象に

SeratoよりSerato DJ Pro 2.3Serato DJ Lite 1.3がリリースされました。これによりmacOS Catalinaがサポート対応が可能となりました。この最新バージョンではiTunesからmacOS CatalinaでMusicとなったアプリがサポート対象となりました。

しかしながら、全てのSerato DJハードウェアがCatalinaに対応できている状態ではない為、こちらから対応ハードウェアを確認することをお勧めします。

Catalinaに対応しただけではなく、最新のSerato DJ Proは以下のアップデートも含まれています:

– Rane TWELVEをはじめとしたその他電動プラッターの改善

– Windows 7で使用されるハードウェアのHIDプラッターオーディオ再生の改善

更に、SeratoはSerato Studio 1.3.1をリリースし、こちらもCatalinaに対応しています。

関連: マスタリングソフトウェアのiZotopeがSerato Studioで利用可能に

マスタリングソフトウェアのiZotopeがSerato Studioで利用可能に


Source: Serato

SeratoとiZotopeのパートナーシップにより、Serato Studioユーザーはマスタリングのプラグイン、Ozone 9 Elementsを使用できるようになりました。

Ozone 9 Elementsには、ビートメーカーがプロフェッショナルなサウンドの楽曲を作成できるマスタリングプリセットが付属しています。より調整されたサウンドを得るには、“Master Assistant”というプラグインが楽曲を分析し、そのスタイルに基づいてカスタムプリセットを作ります。

下記にてSerato Ozone 9の解説動画を見ることができます。Serato Studioについてはこちらから。

MojaxxがSerato DJ Proの便利な機能を紹介

今週のTips and TricksではMojaxxがSerato DJ Proで使うショートカットキーを紹介しています。今回はソフトウェアのあらゆるパラメーターをリセットする方法を見せてくれました。

関連: SeratoがmacOS Catalinaのアップデートに関して警告

Popular

  • Beatsourceの‘TBT Hits’(Feb. 14)

    Rihanna 今週のTBT HitsはValentine's Day向けの楽曲を紹介しています。 LL Cool J - I Need Love LL Cool Jのメインストリームで流行った曲の1つ Color Me Badd - I Wanna Sex You Up バレン...

  • sgdmgznからDJcity Japan 10thを記念したマガジンが発刊

    DJのカルチャー誌を発行するsgdmgznからDJcity Japanの設立10年を記念したマガジンが発刊されました。DJcity Japanと関わりの深い33名のDJがインタビューに答えています。各々のDJが赤裸々にDJをはじめたきっかけ、DJとして影響を受けた出来事、そしてDJ観等を語ってくれてい...

  • Awichのアルバム、“孔雀”がDJcityで公開

    NEBUTA ft. kZM (Prod. Sam Tiba) 日本を中心にアジア各地でも注目を集めるYENTOWN所属のシンガー/ラッパーのAwichがアルバム、孔雀を1月11日にリリースしました。アルバムは日本を代表するプロデューサーであるChaki Zuluがトータルプロデュース。また海外からもB...

  • DJcity Podcast Mix : YUKIBEB

    今月のDJcity Japan Podcast Mixでは東京を拠点に活動し、LA発のサウンドレーベルであるSOULECTIONに所属するDJのYUKIBEBがミックスを担当してくれました。今回のミックスはR&Bなどの歌物を中心としたバレンタインシーズンには相応しい聴き心地の良いミックスとなっておりま...

  • JazadocumentのEP“Wax & Wick”

    DJcity Takeover札幌のレギュラーメンバーのJazadocumentが先月EP、Wax & Wickをリリースしました。そこから収録されている3曲をDJcityに提供してくれています。 上記のMVは同郷のシンガーソングライターのFurui Rihoが客演で参加している“I don't...

  • Weekly Hot Tuesday (Feb 18)

    大阪で絶大な影響力を持ち、日本を代表するDJ MINAMI。これまで大阪の主要な大箱で活動範囲を広げ、国内外問わず継続的に活動の幅を広げ続けている。現在はGIRAFFE、OWL、Ammona、GHOST ultra loungeにてレジデントをつとめる。その彼が現場目線でおすすめ新曲を毎週紹介。 ...