Mojaxx

Seratoが音楽制作ソフト”Serato Studio”を公開

Serato Studio
Serato Studio. (Source: Serato)

Seratoが音楽制作ソフトである”Serato Studio“を公開しました。

今回のアプリケーションは音楽制作に興味があるDJ達がより入りやすいようなソフトとして公開されています。Serato StudioにはSerato DJのライブラリに連動し、波形の表示、キューポイント、Pitch’n Timeなど様々な機能が使用できます。

Serato StudioははSerato対応のミキサーやコントローラー、またMIDIコントローラーにも対応しています。

現在、Serato Studioはベータ版を限定で公開しています。Serato Studioは正式にリリースするタイミングでサブスクリプションサービスも開始します。それにより、定期的なソフトウェアアップデートと追加のサンプルコンテンツを楽しむことができます。

ベータ版を利用はこちらから。下記でMojaxxの解説を見ることができます。

関連: レビュー: Serato DJ Pro 2.1.1

レビュー: Serato DJ Pro 2.1.1

今週のTips and TricksではMojaxxがSerato DJ Pro 2.1.1を解説しています。新しい機能としてMIDI機能を持つOSA(Official Serato Accessory)デバイスを再マッピングできるようになりました。その中にはRoland製TR-SYNCデバイスであるTR-08、TR-09、TR-8、TR-8SやReloopのRP-8000 MK2などが含まれています。

関連: ビデオ: TrazeがRoland TR-08とSerato DJのTR-SYNCモードを使用したルーティンを公開

Mojaxxがアプリ、TableBeats3.0をレビュー

ターンテーブリスト向けのスクラッチ練習時に使用できるアプリ、TableBeats 3.0が公開されました。このアプリ自体は無料で使用可能であり、多くのプロデューサーが作った3000以上のビートが利用できます。今回のアップデートでピッチのアジャストやシャッフルモードが可能となりました。

今回、DJcityTVのTips and TricksではMojaxxが解説しています。

関連: Tips and Tricks: DJ TechのHandy Katzポータブルミキサー

Serato DJ Proでmixを録音する際にセーブするのを忘れた場合

Serato DJでミックスを録音する際にセーブボタンを押し忘れた場合、皆さんはどうされていますでしょうか?しかし幸いにも、セーブを忘れた場合、されてない途中経過のデータを保存してくれる機能がついているそうです。

今回のTips & Tricks上記の映像でMojaxxが保存し忘れたデータを修復する方法について語っています。

関連: Tips and Tricks: DJ TechのHandy Katzポータブルミキサー

MojaxxがMacからWindowsへ切り替え?

現在Mojaxxが使用しているMacBook Proは古くなり、交換が必要となっていますが新しいMacBook Proはかなり値段が高いです。DJのみで使用するパソコンを購入するためだけに大きな出費をするのはどうなのかと考えています。

そこでMojaxxはWindowsのデバイスをリサーチしているそうですが、彼にとってそれは勇気のある行動なのではないでしょうか?Mojaxx本人も「10年以上Macユーザーであり、WindowsはWindows XPから使っていないよ。だから機種を変更するのは少し恐ろしいことなんだ。」と述べています。

今週のTips and TricksではMojaxxがドイツのSCHENKERが出しているSLIM 14 Audio Editon Laptopを説明し、今後使用して様子を見るとコメントしています。

関連: DJに最適なキーボードカバーとは