Mojaxx

Numarkが新しくミキサー”Scratch”を発表

Scratch

Numarkが新しくSerato DJ Proに対応した2チャンネルのミキサーとなるー”Scratch”を発表しました。

今回発表された”Scratch”にはmini Innofaderクロスフェーダー、ハードウェアフィルターなどが搭載されています。

“Scratch”はSerato DJ ProのDVS機能を使用することができます。左右に4つ付いているパフォーマンスパッドでのHot Cueの使用や、ループ機能、SP8のサンプラー、楽曲の選択なども行うことができます。

Numarkのウェブサイトはこちらから。Mojaxxのレビューは下記から見ることができます。

Serato DJ Pro 2.2ベータ版が公開

SeratoがSerato DJ Proの2.2ベータ版を公開しました。今回のアップデートでは”Play Count”と”Day Mode”2つの機能がつきました。Play Countとは自身がプレイした楽曲の回数を見ることができます。Day Modeとは野外でDJする際にスクリーンの表示が見やすくなる機能です。

今週のTips and TricksではMojaxxのSerato Dj Pro 2.2ベータ版の解説を見ることができます。

関連: KutcornersがSerato Studioでリミックスの制作過程を公開

レビュー: Pioneer DJのDDJ-200コントローラー

今回のTips and TricksではMojaxxが初めてPioneer DJのDDJ-200コントローラーを試しました。

今回の機材はDJをはじめたての人でも使用しやすいデザインとなっており、”スマートDJコントローラー”と言われています。ワイアレスのコントローラーであり、Bluetoothを通じてスマートフォンのDJアプリと連動できるようになっています。またBeatport LINKSoundCloud Go+Spotifyなどにも対応するとのことです。

上記でMojaxxのレビューを見ることができます。

関連: レビュー: Pioneer DJ DDJ-800コントローラー

レビュー: Raiden RPM-100のポータブルミキサー

フェーダーやポータブルターンテーブルで有名なRaidenが新しくRPM-100のポータブルミキサーを公開しました。今週のTips and TricksではMojaxxは今週のTips and TricksではMojaxxRPM-100ミキサーをレビューしています。

関連: Tips and Tricks: DJ TechのHandy Katzポータブルミキサー

Seratoが音楽制作ソフト”Serato Studio”を公開

Serato Studio
Serato Studio. (Source: Serato)

Seratoが音楽制作ソフトである”Serato Studio“を公開しました。

今回のアプリケーションは音楽制作に興味があるDJ達がより入りやすいようなソフトとして公開されています。Serato StudioにはSerato DJのライブラリに連動し、波形の表示、キューポイント、Pitch’n Timeなど様々な機能が使用できます。

Serato StudioははSerato対応のミキサーやコントローラー、またMIDIコントローラーにも対応しています。

現在、Serato Studioはベータ版を限定で公開しています。Serato Studioは正式にリリースするタイミングでサブスクリプションサービスも開始します。それにより、定期的なソフトウェアアップデートと追加のサンプルコンテンツを楽しむことができます。

ベータ版を利用はこちらから。下記でMojaxxの解説を見ることができます。

関連: レビュー: Serato DJ Pro 2.1.1

Popular