DJcity Japan

CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」PT.2

CH419の新しいエピソードが公開されました。今回は前回と同様1990年〜2000年前半のHip-Hop名曲達を2枚使いやスクラッチは勿論、ワードプレイなど様々なテクニックを使った30分ほどのミックス映像となっています。下記にてDJ IKUの解説を読みながら映像を楽しむことができます。

今回の動画は前回エピソードの続き(第2部)になります。HipHop史に残る東西抗争でも有名なBiggieと2 Pacも登場。DJは勿論、ひと昔前にCLUBで遊んでいた方も懐かしみながら楽しめるかもしれません。
また、HipHopを語る上で欠かせないサンプリングの面白さもMIXの中で感じて頂けたら幸いです。温故知新という言葉がありますが、あるいは、”新しきを知り古きを知る”でもいいでしょう。HipHopの歴史を遡る作業も楽しいので何かのタイミングで是非足を踏み入れて見て下さい。

セットリスト
1. Mary J. Blige – Real Love (HipHop Mix)
2. AZ ft. SWV – Hey AZ
3. Mary Jane Girls – All Night Long
4. LL Cool J – Around The Way Girl
5. Freddie Foxxx ft. Queen Latifa / So Tough
6. Notorious B.I.G – Party & Bullshit
7. Mase – Feel So Good
8. DJ Kool – Let Me Clear My Throat
9. Showbiz & A.G. – Party Groove
10. Showbiz & A.G. – Soul Clap
11. Naughty By Nature – HipHop Hooray
12. Arrested Development – People Everyday
13. Snoop Dogg ft. Pharrell – Beautiful
14.Jay-Z ft. – I Just Wanna Love U
15. Busta Rhymes – Pass The Courvoisier
16. Missy Elliot ft. Ludacris – One Minute Man
17. Royce da 5’9″ – Boom
18. A Tribe Called Quest – Scenario
19. Eve – Who’s That Girl?
20. Jay-Z – La-La-La
21. Missy Elliott – Work It
22. Run-D.M.C. – Peter Piper
23. DJ Spinbad – HipHop vs Rap
24. Skee-Lo – I Wish
25. Jurassic 5 – The Influence
26. Rebirth of Slick (Cook Like Dat)
27. EPMD – It’s My Thing
28. Pete Rock & C.L. Smooth / They Reminisce Over You
29. A.D.O.R. – Let It All Hang Out
30. Marlena Shaw – California Soul
31. 2 Pac ft. Dr. Dre & Roger Troutman – California Love
32. Dr. Dre – Still D.R.E
33. The LOX – Money, Power, Respect
34. Junior M.A -Get Money
35. Sylvia Striplin – You Can’t Turn Me Away
36. Sylvester – Was it Something That I Said
37. Lil’ Kim ft. Jay-Z – Big Momma Thang
38. Funkmaster Flex – Biggie, Tupac Live Freestyle
19. The Notorious B.I.G. – Hypnotize

関連: CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Dynamix

DJcityとコラボ中の匠の手シリーズでは新エピソードにDJ Dynamixが出演しました。DJ DynamixはRed Bull 3Styleアメリカファイナルに5度の出場経験があり、現在はBeat Junkies Institute of Soundの講師で講師を務めているベテランDJです。また今回の映像ではDJコントローラーを使った内容となっています。下記のTOYODA-STYLEによる解説と共に映像をお楽しみください。

【TOYODA-STYLE解説】

シーズン3第04弾はDJ Dynamixの登場です。彼はRedBull 3Style LAのチャンピオンです。3StyleのUSファイナルに5回出場。Beat Junkies Institute of Soundの講師を務めています。今回彼が使用している機材はPioneer dj DDJ-1000STの様です。匠の手が始まって初めて?のMIDIコンでのルーティン!どうぞご堪能ください。

入りから0:26のワードでのスクラッチですがchirpの切れ味が凄いですね。その後のtwidlleもバチキレですね。前半フックの部分ですが数々のフレーズにCueをセッティングしてあり、通常のヴァイナルを送りながらワードをハメていくやり方と異なりデジタルならではのコンビネーションを見せてくれています。テンポがよく細かくて繊細ですね。
使用してる技は0:29Twiddle,0:36~Baby,Foward,stubs。

0:49からヴァースですがフローがまずかっこい良いです。0:54の送りながらOG Flareは技ありです。1:08から展開は更に変わり1:12辺りでのワードにAutobahnをうまくハメています。1:19辺りからはCueを使用したスクラッチが絶妙ですね。1:30ではJogを上手く利用したスクラッチですね〜これは面白いです。見たことありません。

数々の大会を経験しているだけあってフックやヴァースでの展開、作り込みが一味違いますね。ルーティン作りの模範例になるんじゃないでしょうか。みなさんも何度もみて真似しましょう!

* Twiddle Scratch
* Autobahn Scratch
* Backward Jog Tear Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Stresh

Weekly Hot Tuesday (July 27)

Belly, The Weeknd & Young Thug – Better Believe
カナダで活動するラッパーBelly。彼と言えば2015年リリースのアルバム、Up For Daysがバズったので知ってる人も多いかと思いますが、そのAlbumの中でのThe Weekndとの曲「Might Not」がヒットした訳ですが・・・今回自身名義としては久しぶりな一曲が発表されたのでここでピックアップ。しかも今回もそのThe Weekndとの合作で自ずと期待が湧いてきますね。今回はそれに加えて”Young Thug”も参加してナイスなバースを披露してますね。プロデューサーに最近ではMigosやFutureとLil Uzi Vertとのプロジェクトなどを手がけるベテランZaytoven。ミュージックビデオも既に公開となってるので合わせてチェックしてみて下さい。

Smiley ft. Drake – Over The Top
こちらも同じくカナダ出身のラッパーSmiley。24歳となる彼は最近Drake主催のレーベル、OVO Soundと契約してこれからの動向が気になる一人ですね。今回はそのニューリリースとしてDrake自身が共演に入り新曲を発表となりました。プロデュースはDJ KhaledとCardi Bとの「Big Paper」が今かかりまくってるヒットメーカーTay Keith・・・Drakeに関してはこの夏の終わりまでにはNew Albumがリリースか?とされててそちらも楽しみで仕方ないです。。カナダ勢もかなり熱いですね!

Valentino Khan & Nitti Gritti – Your Body
今週の自分的ハマり曲。Deep Down Lowで有名なValentino Khanの新曲ですね。一聴して気にって昨日日曜日のアウルでもPlayしましたがフロアの反応も良かったです。彼のノリとか主流な感じになってきてますね。聞いてみて下さい。

大阪で絶大な影響力持ち、日本を代表するDJ MINAMI。これまで大阪の主要な大箱で活動範囲を広げ、国内外問わず継続的に活動の幅を広げ続けている。現在はGIRAFFE、OWL、Ammona、GHOST OSAKAにてレジデントをつとめる。その彼が現場目線でおすすめ新曲を毎週紹介。

DJ MINAMIのSpotifyを下記からチェックできます。

関連: Weekly Hot Tuesday (July 20)

最新&注目の楽曲 7/26

Swedish House Mafia ft. Ty Dolla $ign & 070 Shake – Lifetime
復活したSwedish House Mafiaが新たなシングルをリリース。暗い夜にぴったりな仕上がりに。

DJ Snake & Malaa – Ring The Alarm
DJ SNAKEとMalaaによるフェスティバル仕様の新曲。

Dave & Wizkid – System
イギリスの大人気ラッパーとナイジェリアのスターWizkidが、Vibeを感じさせるシングルをリリース。

Belly, The Weeknd & Young Thug – Better Believe
ヒットメーカーのBellyがスーパースター達とコラボしたメロディックなコラボ楽曲。

13ELL – AMAMI
京都の人気ラッパー13ELLが奄美大島でインパイアを受け、完成した作品。

DJ CHARI & DJ TATSUKI ft. BLOOM VASE & week dudus – Bubble
ヒットメイカーのDJ CHARI & DJ TATSUKIの新しいシングル。今話題のBLOOM VASEとweek dudusを迎えフロアヒット間違いなし。


関連: 最新&注目の楽曲 7/19

DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません: DJ KEKKE

DJcity JapanのDopeOnigiriによるインタビューシリーズ、「DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません」第5弾が公開されました。この企画ではDJとしても活動するDopeOnigiriが同じく国内で活躍しているDJにインタビューを行い、現状について様々な質問を行っていくという企画です。

今回のエピソードに出演してくれたのは、国内外で幅広く活躍している日本のスターDJの1人、DJ KEKKEが出演してくれました。パート1ではDJ KEKKEのDJとしてのキャリアについて、初めて東京の現場をみた時について、また若いDJへ向けてこれからどのようなDJとして活動すべきかについてのアドバイスなどを語ってくれています。

パート2は来週公開予定。

関連: DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません: DJ CHARI

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Stresh

DJcityとコラボとなっている匠の手シーズン3の新しいエピソードが公開されました。今回はDJcity Franceの代表であり、Red Bull 3Styleフランス大会でも優勝した経験を持つDJ Streshが出演。TOYODA-STYLEの解説と共にスキルフルな映像をお楽しみください。

【TOYODA-STYLE解説】

シーズン3第03弾はDJ Streshの登場です。彼はRed Bull 3Style 2016 France ChampionでDJcity Franceのオフィシャルメンバーです。Red Bull 3Style 2016に行われたChileでの世界大会の動画もYoutubeにアップされてますのでそちらもチェックですよ!

先ずはベースがブンブンに唸ったビートにワードでのフック。0:30辺りではChirp 2Click Flareを綺麗ににメイクしています。ワードの「I need scratch」の最後の部分0:38だけをエフェクトトリガーでエコーを効果的に使用しています。非常にカッコ良いいですね。
0:51からはチェンビの音にチェンジ。頭からChirp 2Click Flare、0:58での跳ねたスクラッチ、1:02Reverse OG FlareにDelayed 2Clickへ。1:12では一瞬だけ1Handでの1Click Taps Flareを入れています。Qbertが昔から両手で良くやるんですが、彼は片手でやっていますね。僕にはできません。ちゃんとした技の名前もある筈ですが…わかりません。笑 知ってる方はコメントして下さいね!通して聞くとスクラッチスキルの高さが伺えますね。
またルーティンでは彼の色が出ていたと思います。

そういえばよく見ると彼もPhaseを使用してますね。最近ではだいぶ見かける様になりましたが。カートリッジが無くなると針跳びのストレスから解放されるのはスクラッチするDJにとってはありがたい事ですが、寂しく思う方もきっと少なくはないでしょうね〜。

* Chirp 2Click Flare Scratch
* Delayed 2Click Flare Scratch
* 1Hand 1Click Taps Flare Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – Matsu

DJ CHARI & DJ TATSUKIがBLOOM VASE & week dudusを迎えた「Bubble」をDJcityに公開

3週連続でシングルリリースを行ったDJ CHARI & DJ TATSUKIの第2弾となったシングル「Bubble」がDJcityに公開されました。客演には今大人気を誇るBLOOM VASEweek dudusが参加しこの季節にぴったりなサウンドとなっています。プロデュースしたのはお馴染みの人気プロデューサーZot on the WAVE。これからの夏のパーティーや配信ではマストな内容です。

関連: DJ CHARI & DJ TATSUKIがHideyoshi, OSAMI, Young Dalu & Big Mikeを迎えた「Buttobi」をDJcityに公開

CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」

CH419の新しいエピソードが公開されました。DJ IKUは30分ほどのミックス映像を公開。今回は1990年〜2000年前半のHip-Hop名曲達を2枚使いやスクラッチは勿論、ワードプレイなど様々なテクニックを使いミックスしています。下記にて本人の解説を読みながら映像を楽しむことができます。

【DJ IKU解説】

今回は90年代〜2000年前半あたりにリリースされた有名曲や隠れた名曲の数々をミックス。2枚使いやスクラッチは勿論、ワードプレイやサンプリング・ソース(元ネタ)などを絡めて料理しています。ゴールデン・エイジと言われる90年代のHipHop / R&Bは遊べるポイントが満載なのでDJのスキルを盛り込みやくPlayしていても楽しいです。往年の名曲だとしても、まだ誰もやっていない繋ぎ方がきっとあるはず。新譜をチェックするのと同じような気持ちで旧譜も掘り続けたいと思います。

「オールドスクール」や「ヒップホップ・クラシック」という言葉も時代と共に(又は現場の客層で)移り変わっていくと思うので、そこの見極めもDJスキルの大切な部分ですね。次回はこの動画のミックスの続きからお送りします。

【SETLIST】

1. The Roots – Live at the T-Conection
2. Das EFX – Mic Checka
3. Das EFX – Real Hip Hop
4. Figees – Nappy Heads (Remix)
5. A Tribe Called Quest – Award Tour
6. The Beatnuts – Props Over Here
7. Dred Scott - Back In The Day
8. Troubleneck Brothers – Back To The Hiphop
9. A Tribe Called Quest – Check The Rhyme
10. Black Moon – Who Got The Props
11. Crooklyn Dodgers – Crooklyn
12. Common – The 6th Sense
13. Pitch Black – It’s All Real
14. Marley Marl – Dropppin Science ft. Craig G
15. The Beatnuts – No Escapin’ This
16. Kool G. Rap – My Life (Remix)
17. Mary J Blige – Family Affair
18. Ja Rule ft. Vita – Put It On Me
19. Destinys Child – Jumpin Jumpin
20. Eve ft. Gwen Sterani – Let Me Blow Ya Mind
21. 50 Cent – 21 Questions ft. Nate Dogg
22. Barry White – It’s Only Love Doing Its Thing
23. Bob James – Shamboozie
24. Rakim – Guess Who’s Back
25. Public Enemy – Bring The Noise (ACAP)
26. Ugly Duckling – Turn It Up
27. Ali Dee – Who’s Da Flava
28. Mary J. Blige – Real Love (Hip Hop Mix)

関連: CH419: DJ IKUによる2020〜2021年のJapanese Hip-Hop MIX

Weekly Hot Tuesday (July 20)

Post Malone – Motley Crew
今回のコロナ禍が始まってそう言えば最近Post Malone新曲出てないし少しパーティなんかでもその声を聞く機会減った様な気がするな〜って思ってたら出ましたね新曲。実に2019年にリリースしたアルバム、Hollywood’s Bleeding以来という事みたいで2年ぶりになるみたいですね。プロデュースに一番最近ではDababyの「Masterpiece」や同じくDababyがMeganの楽曲に参加してる「Cry Baby」等ずっとヒット曲を量産しまくってる売れっ子プロデューサーD.A. Got That Dopeが担当。リリース同じく発表されたミュージックビデオではレース場にて祝いの様子を撮影されてますが多くの有名なアーティストが出てきますね。こちらも要チェックです。彼は今年は数々のフェス出演も予定されてるみたいで自分もどっかのタイミングで見に行きたいす・・・とりあえず今曲聞いてみて下さいね。 

Pop Smoke feat. Chris Brown – Woo Baby
Post Maloneのニューアルバム、Faithが先週発表となりましたね・・・(どんなけ曲残しとってん・・・まるで2 Pacの様ですが・・・)。前回の遺作(のはずだった)アルバム、Shoot For The Stars Aim For The Moonが好評すぎたのか、今回のゲスト陣がとにかく凄いことになってますね。Kanye Westが参加してる「Tell The Vision」や21 Savageと42 Duggが参加してる「Bout A Million」等パーティでも即使えそうな曲もありましたが自分的にはNe-Yoの”So Sick”のメロディサンプルで見事に今な感じに仕上げた今曲をここでピックアップです。プロデュースはKanye WestのG.O.O.D Music所属のBoogz。2000年初頭のリメイクが最近多い中でもこれはかなり良い出来かなと・・・チェックしてみて下さい。

Swedish House Mafia – It Gets Better
今週の自分的ハマり曲。復活新曲出るみたい的な情報は入ってたけど今日発見したとこで・・・今回はハマりというよりどうでしょう?って感じです。結構意外な曲調だったので一聴で判断しずらいとこもあって・・・でも彼らの復活って明るいニュースだなって、思いました。一度聞いてみて下さい。

大阪で絶大な影響力持ち、日本を代表するDJ MINAMI。これまで大阪の主要な大箱で活動範囲を広げ、国内外問わず継続的に活動の幅を広げ続けている。現在はGIRAFFE、OWL、Ammona、GHOST OSAKAにてレジデントをつとめる。その彼が現場目線でおすすめ新曲を毎週紹介。

DJ MINAMIのSpotifyを下記からチェックできます。

関連: Weekly Hot Tuesday (July 13)

最新&注目の楽曲 7/19

Pop Smoke ft. Chris Brown – Woo Baby
フロアヒット間違いなし、Chris Brownを迎えた故Pop Smokeの最新アルバムに収録されている楽曲。

Daddy Yankee, Myke Towers & Jhay Cortez – SÚBELE EL VOLUMEN
Reggaeton界のキングが今人気上昇中のアーティスト2人と組んだエナジーが高い新曲。

Reynor ft. Rhia – Like A Prayer
Madonnaの1989年にリリースされたPopクラシックをオランダのプロデューサーがリメイク版。

Bingo Players – Rattle – HÄWK Remix
Bingo Playersの代表的な楽曲をHÄWKがTech-House調にアップデート。

DJ KANJI ft. JAGGLA, Merry Delo & TOFU – Smash Remix
オリジナルバージョンがタイトル通りSmash Hitしている最中、関西勢の人気ラッパーを主体としたRemixバージョンを公開。#音を上げろDJ KANJI!

Leon Fanourakis ft. SANTAWORLDVIEW – Tryna Be The G.O.A.T
ここ最近ナイトクラブでも人気なフロアバンガーがDJcityに登場。メインタイムには必須な1曲となっています。


関連: 最新&注目の楽曲 7/12

Popular