DJcity Japan

DJcity Podcast Mix: DJ YUTARO

今月のDJcity Podcastを担当してくれたのは東京を中心に活動し、オンラインプラットフォーム、17LIVEでも多くのリスナーの前でDJプレイを披露することで知られているDJ YUTAROが担当してくれました。今回は新譜やヒットしたHip-Hopを中心に、スクラッチやジャグリング、トーンプレイ、ワードプレイなど多くのテクニックをバランス良く取り入れた聞き心地の良いMixとなっています。

Apple Podcasts, Stitcher, TuneInでも視聴が可能です。

1. Fredo ft. Summer Walker – Ready
2. Fredo Bang feat. Lil Durk – TOP Remix
3. Chris Brown & Young Thug ft. Future, Lil Durk & Mulatto – Go Crazy Remix
4. G-Eazy ft. Mulatto – Down
5. Mulatto ft. City Girls – In n Out
6. Reyanna Maria & Tyga – So Pretty
7. Saweetie ft. Doja Cat – Best Friend
8. Busta Rhymes – Break Ya Neck
9. Kanye West – Can’t Tell Me Nothing
10. Dr. Dre Feat. Eminem & 50 cent – Crack a Bottle
11. DaBaby ft. Young Thug – BLIND
12. Luh Kel – All In You
13. Arizona Zervas – Roxanne
14. KidCutUp – I Can Make The Party Hot Acap Loop
15. Cardi B – Up
16. Quality Control, City Girls & Stefflon Don ft. Renni Rucci & Mustard – Like That
17. BRS Kash ft. Mulatto – Kash App
18. CJ ft. French Montana – I’m Lit
19. Pop Smoke ft. Tyga & Quavo – West Coast Sh#t
20. Ericka Banks vs Nelly – Buss It – KidCutUp Hot In Herre Wordplay Transition
21. Erica Banks ft. Travis Scott – Buss It Remix

関連: DJcity Podcast Mix: MARZY

Denon DJ Engine OS 1.6とSearto DJ PROをMojaxxがレビュー

今週のTips and TricksではMojaxxDenon DJEngine OS 1.6を試しています。今回はSerato DJ ProSC6000シリーズを使ってレビューしています。Mojaxx曰く、ベータ版よりも機能性が向上し、使用時の安定感が増したとコメントしています。上記の映像でMojaxxの解説を視聴できます。

Denon DJ 1.6のファームウェアアップデートはコチラから。

関連: Beatsource LINKがDenon DJで利用可能に

【匠の手 シーズン2】Scratch Skills – DJ PRIMO

今回のBattle Aveとのコラボ企画である匠の手シーズン2ではオープンフォーマットDJ/ターンテーブリストのDJ PRIMOが登場しました。ここ最近ではDMC USAのスクラッチファイナリストとしても活躍。下記にてTOYODA-STYLEが今回のスクラッチルーティンを細かく説明してくれています。

【TOYODA-STYLE解説】

シーズン2第11弾はDJ PRIMOの登場です。Original SkratchpadSFメンバーである彼は、カリフォルニア北部のターンテーブリスト/ラジオ局Wild 94.9/iHeartradioのオープンフォーマットDJです。 彼は複数のターンテーブリストチャンピオンシップで優勝し、最近はDMC USAスクラッチファイナリストでした。

ベースが印象的なビートで始まりワードでのフックをシンプルにメイクしてます。Forwardを細かく使用しながらBackwardの際に少しTransformer0:36を入れてグルーブを上手く出していますね。ワードの一部をスクラッチしているので音が短く、細かく音を切るには熟練者でないと綺麗な出音になりません。シンプルなフックですがカッコ良いですね。0:45​~ではスクラッチネタをYeahに変更してヴァースです。Transformer、Drag、Crab、Crescent Flare0:49にClover Tearを入れています。1:00​~ではClover Tearにボリュームフェーダーの組み合わせ技。綺麗にフェードアウトしていますね。2つ共Q-bertがこの技を良く取り入れてたと思います。1:04​~ではAutobahnですがレコード側をリリースしたパターンで歯切れの良いサウンドになっています。ホールドしても良い所かなと思いますがこちらのパターンの方が小節の切り替わりもあって技ありな落とし方ですね。1:28​~でフックに戻ります。最初のフックの作り方と少し変えてますね。パターンは一緒かと思われますが、頭出しがキューボタンに変更してます。しかしこのワードでリズムキープ、とっても難しそうですが。外しそうで外さないですね。うーん、素晴らしい。

そういえば触れてませんでしたが彼は今回のルーティンでPhase(わからない方は下記に詳細のリンク貼ってます。)を使ってますね。匠の手で使った方は初めてでしょうか。スクラッチする際に少しもタイムラグが無さそうなので調子良さそうですね。まだ日本での発売もされて無いですがいつするのでしょうかね…。

関連: 【匠の手 シーズン2】Scratch Skills – DJ Dan One

DJ KANJIがTAEYOとMUDを迎えた「Over Night」

東京を中心にDJ/プロデューサーとして活動するDJ KANJITAEYOとKANDYTOWNのMUDを迎えたニューシングル「Over Night」のミュージックビデオを公開しました。BPM 90であるこの楽曲はTAEYOのメロウな歌声とMUDのアグレッシブなラップがマッチしています。プロデュースにはもちろんDJ KANJIが担当しています。Hip-Hop DJsにとってはマストなシングルとなっています。上記でミュージックビデオを楽しめます。

Over Night」はコチラから。

関連: DJ KANJIがGottzとJin Doggを迎えた「Toros」

DJcity Lounge Essentials: March 2021

DJcity Lounge Essentials: March 2021

新型コロナウイルスによるパンデミックで世界中のナイトクラブが影響を受けている中でこれまでのようなダンスフロアで踊り、パーティーを行うよりはソーシャルディスタンスを保ちやすいダイニングやラウンジのようなイベントが主流となっています。DJ達にとっても選曲スタイルは全体的に変わりつつあるのではないでしょうか?今回は世界中のDJcityスタッフにどのような楽曲をプレイしているのかを当レコードプールをベースにリストを公開してもらいました。

各国DJcityスタッフの選曲リスト

S T R G H T – Dresden (ドイツ)

1. Abra Cadabra – Mixed Emotions
2. Freddie Gibbs ft. ScHoolboy Q – Gang Signs
3. Ghetts ft. Stormzy – Skengman
4. Brent Faiyaz & DJ Dahi ft. Tyler, The Creator – Gravity
5. SG Lewis & Rhye – Time

Supertyyli – Helsinki (フィンランド)

1. Tainy & Miguel – Sunbathe – Da Phonk Reggaeton Edit
2. Rema – Dumebi – Vandalized Remix
3. 50 Cent ft. NLE Choppa & Rileyy Lanez – Part Of The Game
4. Idris Elba & Inner City ft. Steffanie Christi’an – No More Looking Back
5. Black Coffee ft. Pharrell Williams & Jozzy – 10 Missed Calls

Volatile – London (イギリス)

1. Blxst – Overrated
2. Kranium – Won’t Judge
3. Jhené Aiko – Born Tired
4. Ne-Yo & Jeremih – U 2 Luv
5. Joeboy – Police

関連: DJcity Lounge Essentials: February 2021

DJ CELORYがリードマンちゃんねるの選曲術に出演

DJ/プロデューサー、そして有名ラッパーのバックアップDJをつとめるDJ CELORYDJ LEADDJ MARTINリードマンちゃんねるの選曲術シリーズに登場しました。収録時ではUS/日本のHip-Hop双方がプレイできるナイトクラブでDJ MARTINからLudacrisの「Move B#tch」で交代すると言う前提でのDJプレイ(選曲)を見せてくれました。

またトークの方ではコロナ前と現在のナイトクラブにおける外国のオーディエンスについての違い、今注目している日本のHip-Hopアーティストについてなどを語っています。

選曲された楽曲は:

Big Tymers – Get Your Roll On
BAD HOP – KAWASAKI Drift
Awitch ft. ANARCHY – WHORU?
ZORN ft. Maccho – REP
Denzel Curry – SHAKE 88
DABABY ft. Offset – Baby Sitter

関連: DJ RYOWがリードマンちゃんねるの選曲術に出演

GENRE BNDRがレーベル始動。Ry-laxとMARZYを迎えた「PARTiES」を公開

DJカルチャーに特化してきたカルチャーブランド 「GENRE BNDR」が、音楽レーベルとしても始動することを発表しました。第1段のリリースとして、Ry-laxMARZYを迎えた「PARTiES」をDJcity Exclusiveにて一足早く公開しました(各社プラットフォームでの配信は3月3日から)。

「PARTiES」は、タイトル通りDJカルチャーと密接なパーティーを軸として制作された楽曲です。サウンド、リリックの内容はナイトクラブや様々なパーティー・シーンでDJがプレイすることを想定した仕上がりになっています。またGENRE BNDRのレーベルミーティングで楽曲のコンセプトやキャスティングが決定し、今後はミュージックビデオの制作もレーベル内で行って行くとのことです。。またレーベルで行われたミーティングの内容もGENREBNDRのYouTubeチャンネルから公開されるそうです。

「PARTiES」はコチラから

関連: DJcity Top 50 January 2021 Mix by A4

Weekly Hot Tuesday (March 2)

Lil Yachty feat. Kodak Black – Hit Bout It
DRAMの「Broccoli」への共演は彼のキャリアを確実な物にしたし実際当時のクラブでかからない日がないほどのヒットでしたね。そのLil Yachtyが常にサポートしてて、最近出所してきて話題なKodak Blackとのコラボ曲を発表したのでここでピックアップ。プロデュースはTory LanezやTaliban等も手がけるアトランタのプロデューサーCarlo Anthony。自分はこの曲一聴してすぐに気に入って良く聞いてますね。緊急事態宣言も解けてきて大阪のクラブでも聞ける様になりそうで楽しみです。ミュージックビデオも公表されてるので同時にチェックしてみて下さい。

Tory Lanez & Chris Brown – F.E.E.L.S.
上記のTory Lanezも新曲発表となっていてこれまた良い感じなのでここでピックアップ。今回は共演にみんな大好きChris Brown。プロデュースはLAのプロデューサーCHAZZZ MUSICが名を連ねる・・・Tory Lanezも歌手活動以外でも何かと色々と問題あったりで話題に事欠かさない人たなと思いますが、歌声はホントやばいくらいええ声してますよね・・・こちらもミュージックビデオ公表されていて雰囲気バッチリなんで見てみて下さいね。

Jazmine Sullivan – Pick Up Your Feelings
今週の自分的ハマり曲。彼女のニューアルバム、Heaux Talesからのカット曲。Apple Musicで最近良くかかって自分も気に入り出してる一曲。とてもソウルフルな一曲。聞いてみて下さい。

DJcity Japanファミリーの一人で、大阪で絶大な影響力持ち、日本を代表するDJ MINAMIが現場目線でおすすめ新曲を毎週紹介。DJ MINAMIのSpotifyを下記からチェックできます。

関連: Weekly Hot Tuesday (Feb 23)

最新&注目の楽曲 3/1

Joel Corry, RAYE & David Guetta – BED
David Guettaが今勢いのある2大アーティストとコラボしたDance Musicコラボ。

Pop Smoke – AP
Pop Smokeが俳優として初出演した映画、Boogieのサウンドトラック。

Daddy Yankee – PROBLEMA
プエルトリコ出身のスーパースターが急遽サプライズでソロ楽曲をリリース。

Brandy – I Wanna Be Down – Blookah Remix
1994年にリリースされたBrandyのR&BクラシックをBlookahがファンキーなリミックスに。

week dudus – PUT YOUR HANDS UP!!
Trap City Himeji出身の若手人気ラッパーの最新アルバムに収録されているリードシングル。

N.C.B.B ft. 翔之介 – MUSE
N.C.B.Bが1年ぶりに北海道の若手注目アーティストを迎えた新曲を公開。

関連: 最新&注目の楽曲 2/22

N.C.B.Bが翔之介を迎えた新曲「MUSE」

15年以上のキャリアがある6人編成のヒップホップアーティストグループのN.C.B.B翔之介を迎えたニューシングル「MUSE」をDJcityに公開してくれました。今回の楽曲はBPM87のHip-Hopな作品となっており、DJにとってフロアメイクやストリーミング時のメインタイムでもプレイできるような内容となっています。

「MUSE」はコチラから。上記ではミュージックビデオも視聴できます。26日の21:00からプレミア公開となっております。お楽しみください。

関連: week dudusの新曲がDJcityに公開

Popular