Beatport

レビュー: Serato DJ Pro 2.4、Lite 1.4のベータ版

本日、SeratoがSerato DJ Proの2.4とLite 1.4のパブリックデータ版を発表しました。今回のTips and TricksではMojaxxがSeratoの新しいベータ版を試しており、BeatsourceとBeatport LINKなどの機能を試すことができます。

Serato DJ Pro 2.4と1.4のパブリックデータ版はこちらから。Beatsource LINKはこちらからお試しできます。

上記でMojaxxの解説動画を見ることができます。

BeatportがSiriusXMのエレクトロミュージックchにて新しい番組をスタート


DJ Drew. (Source: DJ Drew)

BeatportがSiriusXMのエレクトロミュージックch、BPMにて新しい番組をスタートさせました。“Pitch Control: Powered by Beatport,”という名前の番組であり、日曜日の午後11時(EST)からスタートします。ホストを務めるのは、BeatsourceのDance CuratorであるAndrew “DJ Drew” Ortizが努めます。Drewはロサンゼルスのダンスミュージックのラジオ局、KISS FMで20年以上のキャリアを持つDJです。

「アメリカで主要な衛星ラジオの1つであるSiriusXMとパートナーシップを結べたことがうれしく思います。米国を拠点とするElectro音楽ファンの多くは、次の大きなダンスフロアヒットとなる可能性が高い音楽を探し続けています。私たちの世界クラスのキュレーションチームとBeatsourceのエキスパートスタッフ達のコンビは最高毎週これから最高の音楽を届けます。」

※SiriusXMは現在日本国内では視聴できません。

関連: Beatportが24時間のライブストリーミングとチャリティーイベントを掛け合わせた’ReConnect’を発表

Beatportが24時間のライブストリーミングとチャリティーイベントを掛け合わせた’ReConnect’を発表

BeatportがTwitchとのパートナーシップによる24時間のグローバルDJマラソンであるReConnectの開催を発表。このストリーミングイベントの目的は、グローバルなコミュニティを統合するプラットフォームを提供すると同時に、チャリティー団体を支援することです。

日本時間3/28の午前5時から3/29の午後3時までTwitchで生放送予定。出演はCarl Cox, Bonobo, Nina Kraviz, GRiZ, RÜFÜS DU SOL, A-Trak, Nicole Moudaber, Chris Liebing Nora En Pureを含めた24のアーティスト達です。彼らは自身の家、またはスタジオから生放送で出演してくれます。BeatportはTwitchで再生された楽曲のトラックIDを表示するため、視聴者は聴いた音楽を購入でき、アーティストやレーベルコミュニティを直接サポートできます。Beatportは更に主要な業界パートナーと協力して、ライブイベント中にランダムに選ばれたリスナーにアーティストのグッズをプレゼントするとのこと。

Twitchのライブ配信中に視聴者は寄付をすることができます。その資金AFEM(Association For Electronic Music)によって管理され、前線で健康問題を管理する世界保健機関のCOVID-19連帯対応基金、またAFEMメンバーのCOVID-19困難基金として分配されます。

ライブストリーミングはこちらから。全ての視聴者へDJcityは心から感謝します。

関連: 世界で活躍する著名DJ達は今の状況とどう向き合うのか?

rekordbox djがBeatport LINKやSoundCloud Go+などのストリーミング音楽配信サービスに対応

Pioneer DJがrekordbox dj 5.6.1のアップデートを配信しました。これによりrekordbox djの使用時にBeatport LINKSoundCloud Go+(※日本では未対応サービス)で提供されている楽曲のプレイが可能になります。

DJ中にBeatport LINKやSoundCloud Go+で公開されているチャートやプレイリストの楽曲をそのままrekordbox djに直接取り組むことができます。

Beatport LINKはサブスクリプションサービスです。rekordbox djに対応している全Pionner DJの製品はBeatport LINKに対応しています。

レビュー: Pioneer DJ Rekordbox 5.6.1 ベータ版

BeatsourceがA-Trakを役員として迎え入れる

A-Trak
A-Trak at 1015 Folsom in San Francisco on April 26, 2019 (Source: Facebook)

オープンフォーマットDJを中心に向けた新しいデジタルミュージックサービスであるBeatsourceがA-Trakを役員メンバーとして迎えました。

Beatsourceは2月に発表されたBeatportDJcityによるジョイントベンチャーです。

A-Trakのコメント

「ジャンルが固定されている音楽ストアはDJにとって必要なものでは無くなってきている。今オープンフォーマットDJ達が必要としているのは、必要とする全てのジャンルの音楽が手に入り、更に同じマインドでリスペクトされている人たちが音楽をキューレーションしている場所が必要だと思う。BeatportとDJcityは長年にわたってDJカルチャーに貢献している。彼らと仕事ができることはすごく誇りに思う。」

View this post on Instagram

Here we go! I'm excited to join the board of managers at @beatsourceofficial, the new venture between @beatport & @djcity. There are some challenges that need to be met to improve DJs' experience in shopping for music. On one hand there is curation, and Beatsource will be an open format store. The idea of genre-specific stores is dated. Beatsource is built by Beatport + curated by DJ City's trusted team, followed by DJs around the world. On the other hand there is tech: as the music industry fully embraces streaming, DJs will need solutions to play songs from lockers where their song library is stored offline. This new technology opens the door to a bunch of other advancements: new types of promo pools with tracked plays; even tackling the problem of performance royalties for songs played by DJs. There is a lot at hand here. By joining the board, my role is to give input that represents the entire DJ scene. I'm happy to be involved!

A post shared by A-Trak (@atrak) on

Beatsourceの代表であるBrian “DJ Quickie” Wongのコメント

「A-Trakがこの組織のアドバイザーとしてかなり適任の人物だと思います。私達は彼が最高のDJであること、そしてオープンフォーマットDJに対して情熱的であることを知っています。またビジネス面における彼の創造性が組織を革新し、DJの世界をストリーミング時代に導くのではないでしょうか。」

Beatsourceのベータ版は9月から利用できるようになります。ストリーミングサービスであるBeatsource LINKは2019年末にリリースされる予定です。Beatportの特許技術に基づいて、Beatsourceミュージックストアの楽曲がDJソフトウェアとハ​​ードウェアに同期します。また、オフラインでもストリーミングが可能です。

先日、BeatportのCEO、Robb McDaniels氏がBeatportとDJストリーミングについてのインタビューを行なっています。

関連: BeatportがBeatport LINKのサービスを発表

ストリーミングは’DJコミュニティに大きな飛躍をもたらす’と語るBeatportのCEO、Robb McDaniels


Beatport Link in Pioneer DJ’s rekordbox (Source: Beatport)

BeatportのCEO、Robb McDanielsがMusic Weekマガジンにて自社の未来について語りました。Q&Aで形式で語られている中でBeatport Link(BeatportのDJ向けにスタートしたストリーミングサービス)についても述べられています。

Beatportのダウンロードからストリーミングへの移行:

“私達は現在もダウンロードに委ねている。まだ成長し続けるビジネスであると信じている。今現在もバイナルレコードでプレイするDJがいる様に、今後5年位はDJの中でも楽曲をダウンロードし、USBスティックに入れて使うフォーマットを好むDJが存在し続けると思う。顧客であるDJ達に、既存のフォーマットとしてあるバイナルレコード提供という形ではなく、別の音楽を手に入れる方法を様々な形で提供しようと考えている。”

Beatportにとってグローバルなチャンス:

“[中国、インド、南アフリカ、ロシア、そしてラテンアメリカ]はそれぞれ特徴的な個別のマーケットである。私達は価格設定に対して慎重にアクションを起こさないといけないと考えている。しかし同時に、DJとして機材を揃える費用や、それをどの様に習うかといった部分は大きな障壁であると考えている。パートナー企業はハードウエアとソフトウエアの費用とユーザビリティの面でビギナーDJに向けて競争を行なっている現状があると見ている。”

BeatportはSpotify等のプラットホームと競合しない:

“AppleとSpotifyについてだけれど、彼らがレーベルと結んでいるライセンスはあくまでも個人使用に限られている。私達のビジネスはプロとして人前でパフォーマンスするDJに楽曲を提供することを目的としている。私の見解では大手ストリーミング企業はこのビジネスに介入しようとは考えていないと思う。何故なら、レーベルや出版者の権利を一から新たに、同意を得て契約することを行わなければならないからだ。反対に、私達は15年間そこに特化してやってきた、とてもユニークなポジションにいると考えている。”

バイナルレコードはDJのフォーマットとして生き続けるか?:

“生き続けるだろう。私個人としてバイナルレコードが大好きだ。重たい沢山のバイナルレコードを持って飛び回るのはちょっとした苦痛だけどね。バイナルレコードからCDへ、CDからダウンロードというのは大きな移り変わりだった。ストリーミングは所有とは異なるアクセスという新たなフォーマットだ。ナイトクラブに何も持っていかなくても良いだけでなく、事前に全ての楽曲をチェックしてキュレートすることが可能で、パフォーマンス前に全ての情報を準備することができる。これはDJコミュニティに大きな飛躍をもたらす。私が思うに、頑張っているDJを大きく後押しすることになると信じている。”

関連: BeatportがBeatport LINKのサービスを発表

BeatportとLoopmastersがパートナーシップを結ぶ

Loopmasters
Source: Beatport

DJ向けオンラインミュージックストアの大手Beatportが、Beatport Soundsビジネスをサウンドパックおよびプラグイン向けの大手オンラインストア、Loopmastersに売却しました。この取引には、BeatportによるLoopmastersへの投資が含まれています。

2003年に始まったLoopmastersは、サウンドパックのダウンロードストア、Loopcloudと呼ばれるクラウドベースの購読サービス、そしてPlugin Boutiqueを含んでいます。来年以降、BeatportのサイトでもLoopmastersの製品を見ることができます。

BeatportのCEO、Robb McDaniels氏は次のように述べています。

“Loopmastersとのパートナーシップや投資は、忠実な顧客および世界のDJ/プロデューサーのコミュニティに最高の製品を提供したいです。世界基準の製品と、これまでお客様サービスを提供してきたLoopmastersの長い歴史は、年間3600万人を超えるビジターにとって今後の貴重な資産となるでしょう。”

Loopmasters、CEO Matt Pelling氏のコメント。

Loopmasters製品をBeatportサイトに統合し、サウンドライブラリとライセンスのあるサウンドのカタログが強化され、過去15年間に彼らが培ってきた素晴らしいアーティストとレーベルの関係へのアクセスを伸ばします。この2つの大企業の組み合わせは確実に世界中のプロデューサーのため、これまでに無い製品を生み出すでしょう。

関連: BeatportがBeatport LINKのサービスを発表

Denon DJが世界で初めてDJハードウェアにストリーミング機能を搭載

Denon DJ
Source: Denon DJ

Denon DJがPrimeシリーズのハードウェアが近いうちにインターネット対応になり、さまざまな音楽ストリーミングサービスと統合されることを発表しました。これはDJがストリーミングでそのまま楽曲をプレイできるようになり、パソコン等が不要になります。

今回、対応するストリーミングサービスはSoundCloud Go+、TIDAL、そして先日発表されたBeatport LINKやBeatportとDJcityの新しいBeatsource LINKのサービスに対応するとのことです。

Denon DJのクリエイティブディレクターであるPaul Dakeyne氏によると

「現在、Wi-Fiとインターネット接続の両方がPrime Seriesハードウェアを介して行われており、様々なストリーミングサービスからのたくさんの音楽へアクセスが可能となります。DJはもうパソコンを持って来る必要はありません。この機能とサービスが全てを変えます。」

とコメントしています。

Beatport Linkは楽曲データをDJハードウェアにそのまま保存でき、オフラインでも楽曲のプレイが可能となるサービスです。オフラインのストレージのプランは2通りあり、Beatport LINK PROを使用すると50曲までの保存が可能に、Beatport LINK PRO+100曲まで保存ができるようになります。

関連: BeatportがBeatport LINKのサービスを発表

BeatportがBeatport LINKのサービスを発表

Beatport LINK
Beatport LINK in Pioneer DJ’s WeDJ app (Source: Beatport)

DJ向け音楽配信サイトBeatportが月額制の新サービスであるBeatport LINK、Beatport CLOUDについて発表しました。

Beatport LINKは、Pioneer DJのiPhoneやiPad向けDJアプリ、WeDJでBeatportのカタログをストリーミングすることが可能となりました。2019年の秋頃からPioneer DJのrekordboxでもBeatport LINKが使用できるようになる予定、キュレーションされたプレイリストにアクセスできるなど新しい機能が追加されると言われています。

一方Beatport CLOUDでは、楽曲のどの部分でも購入前に視聴できるNeedle Drop Player、購入日やアーティスト、楽曲のキーなどで購入済み楽曲を検索できるMy Libraryを利用できるようになります。

“Beatport LINKの発表はDJ達の可能性をより広げるためのものであり、我々も責任をもって関わることを約束します。そのためにPioneer DJとのパートナーシップは大事であり、それ以上の相手が見つかりませんでした。近々Offline Performance Modeについても発表します”

とBeatportがコメントしています。

BeatportLINKとBeatport CLOUDはそれぞれベータ版での利用が可能となっています。Beatport LINKはこちら、Beatport CLOUDはこちらから。

関連: Serato Studio Betaに新しい機能が追加されました

Popular