Shure

MojaxxがShure MV7マイクをレビュー

今回で300回目となるMojaxxTips and TricksではMojaxxがShure MV7マイクをレビューしています。SHUREはスタジオマイク、ステージマイクと双方で多くのユーザーから支持を得てるブランドです。今回のMV7は初めてPodcastやライブストリーミング向けに設計されています。またUSBとXLR双方の接続が可能となっています。

上記で映像を視聴できます。

関連: Denon DJ Engine OS 1.6とSearto DJ PROをMojaxxがレビュー

ビデオ: ShureのM44-7カートリッジに使用できる交換用針

およそ1年前にMojaxxはJicoが販売しているM44-7とM44-Gカートリッジに対応している交換針を紹介しました。しかし紹介した当時はオリジナルの交換針も購入可能であったため不可欠なものではありませんでした

しかし、オリジナルの交換針が生産中止となった今、今回のTips and TricksではMojaxxはJicoの交換針の重要性を改め、再びJicoの交換針を新しいシリーズと共にレビューしています。

Jicoの新しい交換針はJicoホームページPLANT RECORDSまたはScratch Pro Audioで購入可能です。

関連: Shure、フォノグラフカートリッジの生産終了を発表

Shure、フォノグラフカートリッジの生産終了を発表

Shure

多くのDJ達に愛用されてきたと言えるShureのフォノカートリッジですが、昨日Shureが今年の夏に生産を終了させる事を発表しました。

以下がShureによる発表です。

Shureは、90年以上の間、最高の品質・信頼性・価値を持つ製品の製造販売に取り組んでまいりました。こうした取り組みを続けるためには材料、製造工程、試験の一貫性はもちろんのこと、需要の変動に対応する能力も求められます。近年、フォノグラフカートリッジ製品部門では、Shureの厳しい基準を維持することが困難になっており、その結果、コストや納入という点でShureブランドへのお客様の期待に応えることができなくなってまいりました。このような状況を踏まえて、検討に検討を重ねた結果、2018年夏よりShureフォノ製品の生産を終了するという苦渋の決断をするに至りました。

これまでの何十年にもわたるフォノ部門の活動より、この決断が大切なチャネルパートナーやエンドユーザーの皆様のご失望を招くであろうことは重々承知しておりますが、ご理解を賜りますよう何卒お願い申し上げます。長年にわたるShureフォノ製品に対するご支援とご愛顧に深く感謝申し上げます。フォノ製品がお客様の人生の一部を共にできたこと、ひいてはShureブランドを築き上げる一端を担ったことを誇りに思います。しかしながら、検討の結果、厳しさを増す状況の下で生産を続けるよりも部門を閉鎖することが、「Shureフォノ」の輝かしい歴史を守る上で最善の方法であるとの結論に達しました。

Shureは、これからもお客様の信頼に応える高品質の製品をお届けしてまいります。そして、現行および今後の製品において、お客様のご期待にお応えしてまいりたいと存じます。Shureは、新たな市場やオーディオファイル向けの製品分野に事業を展開していますが、その根底には卓越したパフォーマンスと技術革新に対する揺るぎない取り組みが常にあります。今後とも変わらぬご愛顧を賜りたくよろしくお願い申し上げます」(Shureのホームページから引用)

Shureのカートリッジは生産終了となりますが、新しいOrtofonのConcorde Mk2が今後DJcityTVで登場予定、またPhaseなどの新しいテクノロジーも今後ターンテーブリスト達にとって期待できるものなのではないでしょうか。

Shureの発表はこちらから。

関連: レビュー: JICO(日本精機宝石工業株式会社)のSHURE N44-7用交換針

レビュー: JICO(日本精機宝石工業株式会社)のSHURE N44-7用交換針

今週のTips and TricksではMojaxxJICO(日本精機宝石工業株式会社)のレコード交換針を紹介しています。

1960年代にリリースされたShure M44-7と言えばDJ業界では昔から愛用されている代表的なカートリッジではないでしょうか?このカートリッジは90年代にターンテーブリスト集団のInvisibl Skratch Piklzが日本へ行き、予備のストックを買いに行っていることをきっかけに復活しました。

カートリッジは消耗品であり、針の交換が必要であります。Mojaxxによると様々な格安の非正規品である交換針は多く存在していますがM44-7やM44-G向けではなくジュークボックスで使用されることが多く、DJ向けではないとのことです。しかし全てハンドメイドで生産されているJICOの交換針はクオリティが高く、ネクストレベルの交換針となっているとレビューしています。

関連: ビデオ: 壊れたOrtofonのCocordeカートリッジを復活させるには

Popular

  • 最大の特典!150円でDJcityをご利用出来ます!

    今年最大のチャンスをお見逃しなく! DJcityメンバーシップが90%オフで、最初の月は¥150でご利用できます(通常価格¥1,500)。チェックアウト時にプロモコードDJCITY2024を使用してください。 最新のリミックスやDJエディット、イントロバージョン、クリーンエディット、アカペラなどをダウンロード...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • DJcityがSpliceとパートナーシップを結びサンプルパックをリリース

    DJcityが音楽制作の為のクラウドプラットフォームSpliceとコラボしてサンプルパックのシリーズBootleg Bodegaをリリースしました。今回のパックの内容はDJcityのおかかえDJがオープンフォーマットDJに役立つような音源をピックしています。 楽曲はロサンゼルスのDJ/プロデューサー、Tall...

  • 最新&注目の楽曲(7月12日)

    Notable tracks that were added to DJcity on the week of July 12, 2024. 2024年7月12日の週にDJcityに追加された注目の楽曲 是非ダウンロードを! (*マークはDJcityエクスクルーシブ楽曲です。) 1. Ice Spice &a...

  • DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました

    DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました。今回の大きなアップデートとしてはユーザーはダウンロードしたファイルのアーティスト、タイトル、バージョン、bpm、ジャンル、キー、年を編集することができるようになりました、 アップデートとしては ・ダウンロードしたファイルをアーティスト、タイトル、バージ...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...

  • ビデオ: 楽曲における、Cleanバージョン vs. Dirtyバージョン

    DJが楽曲をレコードプールでダウンロードする際、放送禁止用語をカットしたラジオ向けのCleanバージョンとオリジナルであるDirtyバージョンの選択肢があります。今週のShare The KnowledgeではDJ TLMが2つのバージョンをどう使い分けるのか、そして両方ダウンロードするべき理由を語ってくれて...

  • Tokyo Young Visionのアーティスト達がDJcityに楽曲を公開

    東京を拠点に活動するHip-Hop クルーのTokyo Young Visionが所属アーティスト達の音源をDJcityで公開してくれました。今年の2月に1st アルバムを公開したNormcore Boyz、Normcore BoyzのDJを務め、クラブDJ/プロデュース双方で活躍中のDJ NORIO、そして...

  • 「BAD HOP HOUSE 2」がDJcityに公開

    神奈川県川崎市を拠点とする、8MCによるヒップホップ・クルー。双子であるT-PablowとYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkのメンバーで構成される日本で最も勢いのあるクルーBAD HOP。そんな彼らがDJcityに先日リリー...

  • これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? – Pioneer DJ 編-

    古くはターンテーブル2台とミキサー、そしてバイナルレコードと高額な機材を揃えないとスタートできなかったDJ。近年ではPCDJやUSBなどデータでDJをする事が主流となり、様々なDJ機材メーカーがテクノロジーを駆使し、安価ながらも有能な機材を数多くリリースし、初期投資を最低限に抑えDJをスタート出来るようになり...