Tidal

Denon DJが世界で初めてDJハードウェアにストリーミング機能を搭載

Denon DJ
Source: Denon DJ

Denon DJがPrimeシリーズのハードウェアが近いうちにインターネット対応になり、さまざまな音楽ストリーミングサービスと統合されることを発表しました。これはDJがストリーミングでそのまま楽曲をプレイできるようになり、パソコン等が不要になります。

今回、対応するストリーミングサービスはSoundCloud Go+、TIDAL、そして先日発表されたBeatport LINKやBeatportとDJcityの新しいBeatsource LINKのサービスに対応するとのことです。

Denon DJのクリエイティブディレクターであるPaul Dakeyne氏によると

「現在、Wi-Fiとインターネット接続の両方がPrime Seriesハードウェアを介して行われており、様々なストリーミングサービスからのたくさんの音楽へアクセスが可能となります。DJはもうパソコンを持って来る必要はありません。この機能とサービスが全てを変えます。」

とコメントしています。

Beatport Linkは楽曲データをDJハードウェアにそのまま保存でき、オフラインでも楽曲のプレイが可能となるサービスです。オフラインのストレージのプランは2通りあり、Beatport LINK PROを使用すると50曲までの保存が可能に、Beatport LINK PRO+100曲まで保存ができるようになります。

関連: BeatportがBeatport LINKのサービスを発表

Serato DJ Pro 2.1 ベータ版が公開

先週、音楽ストリーミングサービスのSoundCloudとTIDALが今後発表されるSerato DJ Pro、Serato DJ Liteと結合したサービスが開始されるという発表がありました。

今回のSerato DJ Pro 2.1ベータ版ではTIDALのユーザーは自信のプレイリストの楽曲をSeratoでプレイすることができるようになります。

また、Serato PlayのExpansionパックではPracticeモードがレベルアップしており、新たに4つまでのデッキで使用可能、ピッチの変更、フェーダー、ショートカットキーなどの機能が追加されました。

なお、本ソフトはベータ版のため、DJギグの使用の際にトラブルが起きる可能性が高いので使用は個人で行うときのみがふさわしいとMojaxxはコメントしています。

関連: SeratoがSoundCloudとTIDALとのストリーミングサービスを開始

SeratoがSoundCloudとTIDALとのストリーミングサービスを開始

音楽ストリーミングサービスのSoundCloudとTIDALが今後発表されるSerato DJ ProSerato DJ Liteと結合したサービスが開始されるという発表がありました。

ストリーミングされている楽曲がSerato上でも操作することが可能になります。ストリーミングのプラットフォームにある音楽プレイリストなどはSerato DJのライブラリに自動的に現れるとのことです。

SoundCloudではGo+に登録、TIDALはPremiumもしくはHiFiのメンバーシップに登録する必要があります。(※日本では双方が未対応)

今後もSeratoはTIDAL、SoundCloudとのサービスについてさらに発表する予定です。

関連: SeratoがSerato DJ Proをリリース

JAY-Zがアルバム”4:44″のメイキングについて、またNo I.D.やKanye Westと仕事をすることについてなどを語る

Rad Radar
JAY-ZとRap RadarのホストであるBrian MillerとElliott Wilson(Rap Radarから引用)

JAY-Zが今年の6月にアルバム”4:44″をリリースしてから初めてとなるインタビューがRap Radarのポッドキャストから公開されました。

およそ70分になるTIDALエクスクルーシブのインタビューでは様々なトピックについてJAY-Zはコメントしています。”4:44″の制作時、何からインスピレーションを受けたか、なぜ全トラックをプロデューサーのNo I.D.に任せたのか、またアルバムのマーケティングについて、 脚注を追加した理由、TIDALの批評、なぜ彼がLaver Ballをサポートしているのか、”The Story Of O.J.“、”Kill Jay Z“の意味、Kanye Westとの確執について、そしてエレベーターでSolangeとの揉め事についても語りました。

今回のインタビューを行ったのはElliot WilsonとBrian “B.Dot” Millerであり、今回のエピソードがパート1となっていますが、どれだけ続くかはまだ述べられていません。

下記でインタビューを視聴できます。(TIDALに未登録でも視聴できます)

関連: MV: JAY-Zの”Kill Jay Z”

Popular