DJcityTV

レビュー: MojaxxがSolidCutzのRane SEVENTY-TWO交換フェーダー

今週のTips and TricksではMojaxxがRane SEVENTY-TWOのフェーダー取り替えについてを語り、SolidCutzのRane SEVENTY-TWO交換フェーダーをレビューしました。

関連: MojaxxがCrazeとテクノロジーなどについて語る

Bedroom Sessions : DJ Sparkbox


今回のDJcityTV Bedroom Sessionsはアメリカ・サウスカロライナ州のDJ/プロデューサーDJ Sparkboxの登場です。オリジナリティ溢れる選曲で独特な世界観のルーティンを披露してくれています。

<ルーティン解説>

イントロはドラムンベースの代表的なアーティストであるNetskyAloe Blaccをフューチャリングに迎えた2019年リリースの”snitch(Instrumental)”からスタート。そこに2007年リリースのBirdman (ft. Lil Wayne) “Pop Bottles”のアカペラフレーズを「Poppin Champaign」→「 So I Scratch」の順に乗せていき定番フレーズ「Ahhh」で擦ります。次にフレーズ「Poppin Champaign」と2019年リリースのToryBoi”Papi Chulo”冒頭のフレーズ「Pa, Pa, Pa, Pa,」 を2枚使いで交互に聞かせます。

動画01:03〜「Papi Chulo」のフレーズ後はミキサーPioneerDJ M-S9のキューボタンを使って”Pop Bottles”のフレーズ「Pop」を小刻みに2小節乗せていき、次はスクラッチで同様の音を出し2小節。(おそらくワードプレイ的な事なのでしょう)その後は再び”Pop Bottles”のコーラスを乗せつつ”Papi Chulo”の冒頭「Pa, Pa, Pa, Pa」をループさせます。その上にSoulelyの”Act Right”を挿入。近年のガールズ・ラップの中心的存在City Girlsの2018年リリース”Act Up”のアカペラをスクラッチを織り交ぜながら短めにブレンドした後、”Act Right”のコーラス部分にさしかかった所でオーストラリア・シドニーのDJ・プロデューサーXNYWOLFの”XANDHI PT.Ⅱ”をMIXしていきます。”Act Right”のフレーズ「DJ」で簡単に擦り完全に曲をスイッチ。

次にBeatnutsの2004年リリース曲”Hot”のコーラス「This shit is so damn hot, hot」のアカペラを乗せます。途中で”XANDHI PT.Ⅱ”をミキサー内蔵エフェクトのReverbをかけてカットアウトしアカペラだけにします。ラストはYoung Thugの2019年ヒットチューン”Hot”を挿入し「Hot」のワードプレイでフィニッシュ。

Tracklist:

1. Netsky & Aloe Blacc – Snitch – Instrumental
2. Birdman ft. Lil Wayne – Pop Bottles – Acapella
3. Troyboi – Papi Chulo
4. Soulely – Act Right
5. XNYWOLF – XANDI PT. II
6. Nelly vs. DJ Katch & BrainDead – Hot In Herre – Deville Moombah Bootleg
7. Young Thug ft. Gunna & Travis Scott – Hot Remix

いかがでしたでしょうか。紫色の室内も相俟って独特な雰囲気からスタートしたのが良かったですね。こういったライティングや空間の雰囲気は動画撮影するうえでの参考にしたいところです。

DJ Sparkbox の FacebookInstagramTwitterSoundCloud.をフォロー。

関連: Bedroom Sessions : DJ D.o.G

MojaxxがCrazeとテクノロジーなどについて語る

Mojaxxが今週のTips and TricksではMojaxxがロサンゼルスで行われたNAMM Showにて、RANE SEVENTY TWOミキサーのデモンストレーションを行なっていたCrazeとインタビューを行いました。2人はミキサーのテクノロジーに、練習の取り組み、そしてアーティストとのコラボレーションについてなどを語りました。

Crazeは「ルーティンを1週間ほどしない時があるんだ。その間は脳を休ませたり音楽のことをするんだ。そして久々に練習するといきなり出来なかったことができるようになるんだ。練習のメリハリは大事だと思う。」とコメントしています。

関連: DJ CRAZEがRaneの新しいミキサーSEVENTYを使ったルーティン動画を公開

ビデオ: Homie Depotsの“All Access”にDJ Wonderが出演

カナダを拠点に置くライフスタイルブランドのThe Homie DepotがDJcityTVとリンクし新しい番組、All Accessがスタートしました。このシリーズはラジオDJの1日に焦点を当てた映像となっています、

第1話目となるAll Accessではニューヨーク市で活動するDJ Wonderが出演しました。彼がSiriusXMの“Sway in the Morning”に出演、また自身の番組である“DJ Wonder Presents: AnimalStatus”での収録の様子が映されています。

下記ではDJ Wonderが公開したPodcast Mixを視聴できます。

The Homie DepotのFacebook, Instagram, and Twitterをフォロー。

関連: ビデオ: “My DJcities with DJ Spryte”どうすれば自分の作品がレコードプールに掲載されるのか?

最年少DMC世界王者DJ RENAがスキルフルなルーティン動画をDJcityTVにて公開

その歴史は古く世界的に最も権威のあるDJバトル”DMC World DJ Championship“において12歳の若さで史上最年少優勝を果たした日本ターンテーブリスト界の至宝DJ RENAが新旧Hip Hopを織り交ぜたスキルフルなルーティンをDJcityTVにて公開。

現在15歳の彼は2018年にKame World Classic優勝。そして2019 IDA World Show CategoryにてK-Swizzとのタッグチーム、Superbeast DJsとして準優勝と素晴らしい経歴の持ち主です。

トラックリスト:

1. The Black Eyed Peas ft. Nas- BACK 2 HIPHOP
2. Nas – Nas Is Like
3. Kanye West – All Of The Lights
4. Shy FX – Carnival Culture
5. Dead Prez – Hip Hop
6. House Of Pain – Jump Around
7. RUN DMC – It’s Tricky

〈ルーティン解説〉
イントロはBlack Eyed PeasがフューチャリングにNasを迎えた2018年リリースの“Back 2 Hip Hop”を頭から流します。ドラムスが入ってきた所でジャグリング開始。最初のキックを1拍の短さまでループさせた後、2番目と3番目のスネアを軸にした崩しの展開。次にクロスフェーダーをオープンにしたまま半拍ずらしの状態を作り、背中を使ったボディートリックでフェーダーをスイッチしていきます。ミキサーTRAKTOR CONTORL Z2のフィルターノブで音を絞っていきキューボタンを使って再度イントロ部分へジャンプ。(動画00:53秒のところで縦フェーダーを両手で摘むよう細かく上げ下げして音を切っている技、意外と簡単なのでオススメ!) さて、次の展開はブレイクダウン。曲を進めながらの高度なブレイクダウンをいとも簡単にメイクしていますね。ラストは「Bring It Back」のフレーズをドロップしてブレイクダウン終了。続いてフレーズ「It’s a Resur-Re-Reaction Bring It Back」のアカペラに合わせたフィンガードラミング を2小節。次にNas繋がりで90’s HipHopの名曲“Nas Is Like”をドロップしつつ「It’s a Resur-Re-Reaction Bring It Back」のフレーズで3小節スクラッチしたところで“Nas Is Like”のサビに突入します。キューボタンでフレーズ「Before my number’s called, history’s made」にジャンプしてエコーアウト、これでルーティン第1部が終了。

ルーティン第2部は、2010年グラミー賞ベスト・ラップ・ソング部門にもノミネートされたKanye Westの名曲「All Of The Lights」のメロディーからスタート。その上にSHY FXの“Carnival Culture”のメロディーをスクラッチとフィルターを交えながら乗せていきます。ドラムスのフィルイン終わり(動画02:17秒〜) で”Carnival Culture”の印象的なメロディーフレーズでガッツリ擦ります。ターンテーブルのストップボタンを使いながら間を空けて擦るあたり、流石です。次にループ機能とフィルターを使って”Carnival Culture”の音でフィルインを作りながらフェードアウト。続いて、もう片方のターンテーブルでベース音を鳴らしていきます。ベース音はフィルターで遊びつつ、たまに”Carnival Culutre”の音を差込むところがお洒落。動画02:54秒のところでターンテーブルの電源をOFFにしDead Prezの2000年リリースの名曲”Hip Hop“から名フレーズ「It’s Bigger Than Hip Hop, Hip Hop…」をアカペラで挿入。と同時にベース音で”Hip Hop”のベースラインを再現します。まさに”ターンテーブル・リミックス”と言えるでしょう。

さて、ルーティンも第3部(動画03:38秒〜)にきました。いわずと知れた往年のパーティーアンセムHouse Of Painの“Jump Around”からスタート。(DJcityレコードプールではHouse Of PainをはじめTommy Boy Recordsの楽曲も取扱っているので是非チェックしてみて下さい!!) 誰もが1度は聞いたことがあるであろう有名なホーンのイントロから入り期待感を煽ります。先ずは同曲のフレーズ「Jump Up, Jump Up and Get Down」のアカペラでスクラッチ。ここはビートをクロスフェーダーで上手く消しつつ、縦フェーダーを巧みに使ってフォワードスクラッチを高速でメイク。8小節スクラッチし終わると一旦サビのコーラス部分にジャンプします。次は「Jump Up, Jump Up Get Down」のフレーズで高速ビートジャグリング。ターンテーブルを33回転から45回転にし「Jump」のフレーズを徐々に増やしていきます。最後はバックスピンをしつつサンプラーの効果音を鳴らしてこのパートは終了。ポイントとしては最後サンプラーで爆発音を鳴らした時のRENAのアクションです。DJブースに隠れるように一瞬しゃがんでいますね。こうする事でより派手なステージパフォーマンスに見えるので効果的です。(これはDJ松永が得意とするアクションでもあります) これでルーティン第3部が終了。

いよいよ最後の第4部。ここまでで既に内容盛り沢山ですが最後までお付き合い下さい。第4部はオールドスクールHipHopの代名詞的アーティストRUN-DMCの1986年リリース曲“It’s Tricky”から始まります。歌い出しからの「Here We Go」をキッカケにスクラッチ。最初のスクラッチネタ終わりにHIJACK “Airwave“のメロディーを一瞬流しているんですが、ターンテーブリストやターンテーブリズム好きだったら反応して欲しいです。2003年にリリースされたドキュメンタリー作品「SCRATCH」の本編は勿論トレイラー映像でも使われた名曲です。さて、ルーティン解説に戻ります。スクラッチを終えると再び曲の歌い出しに戻り今度は「It’s Tricky is the title」で高速ジャグリング。さながらDJ AKAKABE “King Kut ルーティン”のようです。次に「Here We Go」のフレーズをボディトリックで繰り返し、最後はサビのコーラスを聞かせて終了!

いかがでしたでしょうか? 今回のルーティンは大きく4つのパートに分けて説明しましたが、どのパートにも隙間無く技術が盛り込まれていて個人的にはお腹いっぱいです。ある程度のレベルのテクニックが身に付いてくると、音楽性を重視してあえて簡単にこなす部分やテクニックを出し惜しみするケースも出てきますがRENAの場合はその次元が高いです。そしてまだ15歳という若さ。今後のさらなる活躍も大いに期待されます。

DJ RENAの FacebookInstagram, Twitter, Youtubeをフォロー。

関連: DJ RENAがRANEの機材を使ったルーティン

DJ NDの’Made From Scratch’ エピソード8

今週、DJcityTVのMade From ScratchではDJ NDがスクラッチをする際、レコード側の手をコントロールすることの重要さについてレクチャーしています。またベイビースクラッチ、チャープス、トランスフォーマーとの組み合わせを紹介しています。

スクラッチ音源はこちらから。

DJ NDのFacebook, Instagram, Mixcloud, SoundCloud, YouTube, Twitterをフォロー。

関連: DJ NDの’Made From Scratch’ エピソード7

R.O.A.D Podcast: Silent AddyがDJコントローラーの使用についてなどを語る

Miamiを拠点に活動するDJ/プロデューサーのSilent AddyR.O.A.D Podcastに出演しました。

Silent Addyは学生の時に成績が悪くターンテーブルを母親に取り上げられたため、VirtualDJを使用してDJのノウハウを学んだと語っています。また、大きなナイトクラブなどの現場でDJコントローラーを使用する事は見栄えが悪くオススメしないとコメントしています。

また、Diploを観察して学んだ仕事への取り組み方についてや、自分のパーティーをスタートさせるメリットについてを語りました。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. PodcastのFacebook, Instagram, SoundCloud, Twitter, and YouTubeをフォロー。

関連: R.O.A.D Podcast: NYナイトライフのパイオニアであるBill SpectorがDJがパーティーの中心的存在であると語る

ビデオ: “My DJcities with DJ Spryte”どうすれば自分の作品がレコードプールに掲載されるのか?

ロサンゼルスを拠点に活動するDJ/プロデューサーのDJ Spryteが“My DJcities with DJ Spryte”のエピソード3をDJcityTVで公開してくれました。

今回のエピソードではDJ Spryteがモンタナ州、ホワイトフィッシュへ行きスキーリゾートにあるCasey’sナイトクラブでDJを行う様子を見ることができます。また、Seartoでどのように楽曲の準備をしているのか、そしてDJcity/BeatsourceのディレクターであるKidd Spinと対談し、どうすればレコードプールに楽曲を掲載できるのかについて語りました。

上記で映像を見ることができます。

SpryteのFacebook, Instagram, SoundCloud, Twitterをフォロー。

MojaxxがNAMM Showの様子を公開

先日カルフォルニアのアナハイムで行われたNAMM showMojaxxが初めて訪問。今後2020年に公開されるDJ機材を紹介してくれます。

上記でフル映像を見ることができます。

関連: ビデオ: PhaseがSerato DJ Proとコラボ

DJ NDの’Made From Scratch’ エピソード7

ドイツを拠点に活動しているDJ NDとDJcityTVのチュートリアルシリーズ、Made From Scratchの最新エピソードが公開されました。今回はスイングフレアとオートバンのコンビネーションについて解説しています。

スクラッチ音源はこちらから。

DJ NDのFacebook, Instagram, Mixcloud, SoundCloud, YouTube, Twitterをフォロー。

関連: DJ NDの’Made From Scratch’ エピソード6

Popular