Drake

MV: Drakeの”In My Feelings”

Drakeが今全世界で話題になっていると言っても過言ではない、楽曲”In My Feelings“のMVを公開しました。ニューオリンズで撮影された今回の楽曲は7月のDJcity Top 50にランクインしており、Billboard Hot 100で1位にランクインしています。

今回7分間あるMVはDrakeの元恋人役のKekeをLa La Anthonyが演じ、また#InMyFeelingsChallengeを広めたShiggyがカメオ出演しています。

“In My Feelings”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Drakeの”I’m Upset”

BlocBoy JBとDrakeによる”Look Alive”のプロデューサーがその制作過程を語る

メンフィス出身のプロデューサーであるTay KeithBlocBoy JBとDrakeの楽曲、”Look Alive“の制作過程についてGeniusのDeconstructedシリーズで語りました。

“Look Alive”はBillboard Hot 100にて最高5位にランクインし、ダブル・プラチナにも認定されました。今回なぜDrakeとコラボすることになったのかについて語っており、”Look Alive”をFL Studioでどう制作したかを語っています。

21歳の彼はすでにYo GottiBlac YoungstaMoneybagg Yoなどのアーティストの楽曲をプロデュースし、またBlocBoy JBの”Rover 2.0″や世界的に有名になった”Shoot Dance“で知られる”Shoot“のプロデュースも行なっています。またDrakeの新しいアルバム、Scorpionに収録されているスマッシュヒット”Nonstop“もプロデュースしています。

関連: Lil BabyとDrakeの”Yes Indeed”のプロデューサーがその制作過程を語る

Lil BabyとDrakeの”Yes Indeed”のプロデューサーがその制作過程を語る

アトランタのプロデューサーであるWheezyLil BabyとDrakeの”Yes Indeed”の制作過程についてGeniusのDeconstructedシリーズで語りました。この楽曲は5月のDJcity Top 50で21位にランクイン、またBillboardのHot 100ではピーク時に6位にランクインし、プラチナム認定もされています。

GeniusによるとWheezyはKanye Westとの仕事中にDrakeと繋がる機会を得ました。

Wheezyは2015年にYoung Thugのミックステープ、Barter 6の楽曲のほとんどをプロデュースしたことで知られており、他にもYoung ThugがOffset、QuavoYoung Scooterを迎えた”Guwop”、MigosTravis Scott、Travis Scott、Ty Dolla $ignBig Seanを迎えた”White Sand“、をプロデュースしています。

“Yes Indeed”はLil Babyのデビューアルバム、Harder Than Everに収録されています。

関連: Michael BrunがJ Balvinとの楽曲”Positivo”の制作過程について語る

DJcity Premire: Junior SanchezがDrakeとMichael Jacksonの”Don’t Matter To Me”をハウス調にリミックス

Junior Sanchez
Junior Sanchez (Source: Facebook)

House DJ/プロデューサーとしてベテランのJunior SanchezがDrakeとMichael Jacksonのコラボ楽曲”Don’t Matter To Me”をHouse調にリミックスしました。このオリジナル楽曲はDrakeの新しいアルバム、Scorpionに収録されており、DJcityのHot Boxチャートにて3位にランクインしています。

Junior SanchezはこれまでMadonnaShakiraDaft PunkGorillaz、Giorgio Moroder、New Orderなどのアーティストの楽曲をリミックスしています。

“Don’t Matter To Me”のリミックスはこちらから。

Junior SanchezFacebookInstagramSoundCloudTwitterをフォロー。

関連: MV: Drakeの”I’m Upset”

MV: Drakeの”I’m Upset”

Drakeが最新曲”I’m Upset“の映像を公開しました。この楽曲はDJcityのHot Box チャートで11位にランクインしており、BillboardのHot 100チャートでは19位にランクインしております。

Karena Evansによって制作された今回のMVではカナダで放送されている有名なドラマシリーズ、Degrassi High Schoolの出演者が登場しています。まだ22歳のKarena EvansはDrakeの”God’s Plan“や”Nice For What“などの映像制作にも携わっています。

DrakeはInstagramで彼の新しいアルバム、Scorpionの公開を6月29日の金曜日に行うと発表しました。

“I’m Upset”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Drakeの”God’s Plan”

Boi-1daがDrakeの”Diplomatic Immunity”をどうプロデュースしたか語る

グラミー賞受賞歴のあるプロデューサーのBoi-1daDrakeの新曲”Diplomatic Immunity“をどうプロデュースしたかを語る様子がGeniusのDeconstructedシリーズで公開されました。この楽曲は1月のDJcity Top 50で19位にランクインしました。

“Diplomatic Immunity”はDrakeのEP、Scary Hoursに収録されているシングルの1つです。リリースされた週にはBillboardのHot 100で7位にランクイン、同じ週にリリースされた”God’s Plan“は1にランクインしました。これによりDrakeは2つ同時にリリースされた作品がBillboard Hot 100チャートにて、トップ10にランクインする初めてのアーティストとなりました。

OVOの専属プロデューサーであるBoi-1daは10代の頃にDrakeと出会い、共に仕事を共に行うきっかけについて、また今回のビートをFL Studioを使用してどう制作したかについて語っています。

関連: ビデオ: BuckwildがThe Notorious B.I.G.の”I Got a Story To Tell”プロデュースについて語る

MV: MigosがDrakeをフューチャリングに迎えた”Walk It Talk It”

Migosが先日公開したアルバムCulture IIに収録されているシングル”Walk It Talk It“のMVを公開しました。Drakeをフューチャリングに迎えた今回の楽曲のMVではアメリカで人気のテレビ番組”Soul Train“のパロディとなっており、ラッパー4人全員が登場しています。

“Walk It Talk It”は2月のDJcity Top 50で2位にランクイン、BillboardのHot 100チャートでもピーク時で18位にランクインしました。

関連: “Krippy Kush”のプロデューサーであるRvssianがMigosとBad Bunnyのコラボについて語る

DrakeがN.E.R.DとRihannaの”Lemon”をリミックス

DrakeN.E.R.DRihannaのシングル”Lemon“のリミックスを公開しました。Drakeは現在”God’s Plan“がBillboardのHot 100チャートで1位にランクインしています。

11月にリリースされた”Lemon”のオリジナルバージョンはBillboard Hot 100チャートで最高46位にランクインしました。

Drakeのリミックスバージョンのダウンロードはこちらから。

関連: MV: Drakeの”God’s Plan”

MV: Drakeの”God’s Plan”

Drakeが先日公開した楽曲”God’s Plan”のMVを公開。本人も自身のInstagramで「自分のキャリアで1番大切なことを成し遂げたよ。」とコメントしています。

マイアミで撮影された今回のMVではDrakeが生活に困っている人々を助けている様子、また現地の高校に訪れたり、消防署に寄付をしている様子などを見ることができます。

God’s PlanはBillboardのHot 100チャートにて1位にランクインしており、また1月のDJcity Top 50でも4位にランクインしました。

“God’s Plan”のダウンロードはこちらから。

関連: DrakeがLil Wayneをフューチャリングに迎えた”The Motto”の制作についてT-Minusが語る

DrakeがLil Wayneをフューチャリングに迎えた”The Motto”の制作についてT-Minusが語る

GrammyにノミネートされているプロデューサーのT-Minusが先日自身がプロデュースしたDrakeLil Wayneによる2011年にヒットした”The Motto”の制作を語る映像がGeniusのDeconstructedシリーズで公開されました。このシリーズはヒットした曲を制作したプロデューサーが語るという内容となっています。

“The Motto”はDrakeのアルバムTake Careに収録されており、2012年4月のBillboard Hot 100ではピーク時で14位にランクイン、また2012年度のBillboard’s Year-end Hot Rap Songsでは1位にランクインしています。この楽曲はダブルプラチナムに認定されており、「You Only Live Once」の略で「人生一度きり」という意味であるYOLOというスラングを広めたきっかけになる楽曲となっています。

カナダ出身のT-Minusは2010年初期、他にもLudacrisの”How Low”、Nicki Minajの”Moment 4 Life”、DJ Khaledの”I’m On One”、Kendrick Lamarの”Swimming Pools”そしてLil Wayneの”She Will”などをプロデュースしています。その後数年間は活動を控えていましたが、また2017年からBryson TillerPartyNextDoorBellyLecraeLana Del Rey、Drakeのプロデュースを行なっています。

関連: ビデオ: Drakeの”Passionfruit”のプロデューサーがその制作について語る

Popular