DrakeがLil Wayneをフューチャリングに迎えた”The Motto”の制作についてT-Minusが語る

GrammyにノミネートされているプロデューサーのT-Minusが先日自身がプロデュースしたDrakeLil Wayneによる2011年にヒットした”The Motto”の制作を語る映像がGeniusのDeconstructedシリーズで公開されました。このシリーズはヒットした曲を制作したプロデューサーが語るという内容となっています。

“The Motto”はDrakeのアルバムTake Careに収録されており、2012年4月のBillboard Hot 100ではピーク時で14位にランクイン、また2012年度のBillboard’s Year-end Hot Rap Songsでは1位にランクインしています。この楽曲はダブルプラチナムに認定されており、「You Only Live Once」の略で「人生一度きり」という意味であるYOLOというスラングを広めたきっかけになる楽曲となっています。

カナダ出身のT-Minusは2010年初期、他にもLudacrisの”How Low”、Nicki Minajの”Moment 4 Life”、DJ Khaledの”I’m On One”、Kendrick Lamarの”Swimming Pools”そしてLil Wayneの”She Will”などをプロデュースしています。その後数年間は活動を控えていましたが、また2017年からBryson TillerPartyNextDoorBellyLecraeLana Del Rey、Drakeのプロデュースを行なっています。

関連: ビデオ: Drakeの”Passionfruit”のプロデューサーがその制作について語る

Popular