• 現在でもプレイされる名曲で起きたビーフの背景とは

    Posted by on | No comments

    Be Faithful

    現在でも世界中でプレイされる楽曲である、Fatman ScoopとCrooklyn Clanの名曲”Be Faithful”はDJではない人も知っていると言えるのではないでしょうか。ナイトクラブからスタジアム、ウェディングや映画でも使われる楽曲となっています。

    EDMのスター達もこの楽曲を使用しているアーティストは多いのではないでしょうか、リリースされてから16年経った今でも大人気です。

    しかし多くの人はこの楽曲に参加しているFatman ScoopとCrooklyn ClanのメンバーであるSizzahandsの間でこの楽曲を巡る話があったとのことです。今回放送されたR.O.A.D Podcastではそれぞれをゲストで招いており、両サイドからのストーリーを聞くことができます。

    Listen to the full episode on SoundCloud

    Listen to the full episode on SoundCloud

    関連: TJRとReece LowがFatman Scoopを迎えたパーティーアンセム”Check This”

  • VICEが”Reflections of a DJ”のインタビューに出演

    Posted by on | No comments

    Vice
    Vice (Source: Instagram)

    レジェンドとも言えるDJ/プロデューサーのViceがReflections of a DJに出演し3時間ほどのインタビューを行いました。今回は彼のキャリアがどう成長していったかについて、また現在のDJシーンについて語りました。

    DJ AMのハリウッドのナイトクラブでパフォーマンスをする様子を見てどのような影響を受けたか

    「最初見たときはなんだこれは!と驚いたよ。ウェディングで披露するセットをカッコよく更にクレイジーにしているように思えたよ。彼は当時シカゴでは普通にプレイされていたJoan JettsやJourneysをプレイした後にJAY Z、そしてA Tribe Called Westをかけるんだ。”なんじゃこりゃ?”しかもこれでお客さんを踊らすことができるんだと驚いたね。僕はロサンゼルスでかなり長くDJをしていたけど、まさか同じロサンゼルスでこのような光景を見るとは思いもしなかったよ。僕はAMに対してこいつはとんでもない奴だ、DJとして次のレベルにいて違う世界を経験していると思いそれを学ぶためにハリウッドのナイトクラブに通い始めたんだ。」

    なぜHip-HopじゃなくてDance Musicをプロデュースしているのか

    「いつもラッパーと仕事をしたいと思っているし、毎度自分が仕事したいラッパーとやり取りをする度に1曲歌うのに莫大な金額を条件に出してくるからそんな余裕は流石になかったよ。またラッパーとセッションをした時、自分はHip-Hopが好きなんだけど、常に平和な心を持っていて、クサも吸わないしスタジオでも飲まない。またバイブスもあげてセッションするんだけど自分に刺激を与えたラッパーがいなかったんだ。自分は本当のMCを求めていたんだ。Andre 3000と本当に仕事をしたいと思ったよ。けど正直彼にリーチする気力も無かったのが事実だね。その面に関してはA-Trakを本当に尊敬するよ。彼はいつもラッパーと仕事をして、誰だこいつは?どこで見つけたんだ?みたいなアーティストと仕事をしているからね。だから僕はダンスミュージックを中心にプロデュースをしようと思ったんだ。Erick MorilloやRoger Sanchez、Kenny DopeなどのリアルなHouse Musicをね。」


    現在のシーンでの流行がEDMからHip-Hipに戻った時どう思ったか

    「自分はすでにその事を知っていたしどう対処すべきか、どのようなパフォーマンスをするべきかなどは分かっていたね。どのような状況でもその場に合った曲をプレイするスキルは身についていたよ。」

    ラジオDJ vs ナイトクラブDJ

    「ラジオDJ達は本当にすごいと思う。ナイトクラブでDJをすると、外に出て、お客さんを踊らせて、そのエナジーを感じることができるんだ。でもラジオだと1つの狭い部屋でDJをして何も感じないまま何万人の人がプレイを聴いているという状況なんだ。人のリアクション、フィードバックがないままDJをするのはすごいプレッシャーだと思う。」

    下記でインタビューをフル視聴できます。iTunesのPodcastチャンネルはこちらから。

    関連: Viceが自身についてインタビューで語る

  • Four Color Zack: ラスベガスでDJをする際の政治について

    Posted by on | No comments

    Four Color Zack
    Four Color Zack at Holy Ship! 10.0 on Jan. 7, 2018. (Credit: Rukes)

    Four Color ZackReflections of a DJ (a.k.a. R.O.A.D. Podcast)にゲスト出演し、インタビューに答えました。この番組でホストを務めているのはラスベガスのDJである、CrookedD-MilesNevaJaime Da Greatです。

    今回の番組で議論された内容はラスベガスでDJをする時にあたっての政治についてDJ達が語っています。その中でZackはホスト達にベガスのナイトクラブシーンの内側を評価するとコメントしています。また、ラスベガスでDJをすることがどういうことか、そこでレジデントのパーティーを持つか持たないかの違いは何か、について語られています。

    Reflections of a DJのFacebookInstagramTwitterYouTubeをフォロー。

    関連: DJ AMが世界で最も高額なDJになった理由

  • DJ AMが世界で最も高額なDJになった理由

    Posted by on | No comments


    Jonathan Shecter aka “Shecky Green.” (Credit: L.E. Baskow / Las Vegas Weekly)

    The SourceマガジンとMediumのCuepointにてチーフエディターをつとめるJonathan Shecterこと”Shecky Green”がReflections of a DJ (R.O.A.D.)ポッドキャストに出演しました。

    Wynnホテルにてディレクターを担っていたShecky Greenは、2006年のラスベガスにあるPURE Nightclubでのブレイクとなった契約商談にて重要な役割を果たしました。

    ポッドキャストショーのホストをつとめるCrookedがShecky Greenに契約においてどのような手助けをしたのかを尋ねました。Shecky Greenは交渉がどのように進み、そしてDJというものが、どのようにネクストレベルに達したかを語りました。さらに、DJ AMの死がEDM時代のはじめのきっかけとなったかについても語りました。

    Reflections of a DJはラスベガスのDJ、Crooked、D-MilesNeva、そしてJaime Da Greatが中心となって放送する番組です。

    インタビューの完全版は下からライブストリーミングで聞くことができます。新しいエピソードは水曜日にiTunesSoundCloudに公開予定です。

    Related: DJ Scooter: Open Format DJingとは?

  • DJ Scooter: Open Format DJingとは?

    Posted by on | No comments

    DJ Scooter
    DJ Scooter at at 1 OAK in Las Vegas on Sept. 20, 2017. (Source: Facebook)

    サンディエゴで活動し、Scooter and LavelleのメンバーであるDJ ScooterがReflections of a DJにゲスト出演しました。

    今回の放送ではOpen Format DJingとはどういうことか?という質問に対して多くの意見が出ています。その中司会を務めるCrookedとScooterの考え方が違うようです。

    今回のポッドキャストシリーズでホストを務めているのはラスベガスのDJである、CrookedD-MilesNevaJaime Da Greatです。

    このシリーズでは毎週木曜日にiTunesSoundCloudで新しいエピソードを聞くことができます。

    関連: DJ Franzen: DJは未だにヒット曲を生産するのか?

  • DJ Franzen: DJは未だにヒット曲を生産するのか?

    Posted by on | No comments

    DJ Franzen
    DJ Franzen at Drai’s Nightclub in Las Vegas. (Source: Instagram)

    ベイエリア出身のベテランであるDJ FranzenThe Notorious B.I.GJAY Zの楽曲を90年代の西海岸で放送されたいたラジオやナイトクラブでプレイしました。その結果、彼らの楽曲を西海岸でも広めたDJとして知られています。また彼はLunizのクラシック”I Got 5 on It”を初めてプレイしたDJでもあります。

    2001年にラスベガスへと拠点を写したDJ Franzenは15年間ほど活動をし、Dari’s Nightclubのレジデント、そしてラジオショーであるHot97.5のホストを務める事になりました。

    そんな彼が今回新しいポッドキャストシリーズReflections of a DJ (R.O.A.D.)に出演しています。今回は彼がどのようにしてラジオを通してヒット曲を生産させたのか、また今と昔での楽曲の流行り方の違いなどについて語っています。

    今回のポッドキャストシリーズでホストを務めているのはラスベガスのDJである、CrookedD-MilesNevaJaime Da Greatです。

    このシリーズでは毎週木曜日にiTunesSoundCloudで新しいエピソードを聞くことができます。

    関連: A-Trakが自身についてインタビューで語る