DJ Ram

これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? -DENON DJ 編-

本企画はDJ機材メーカーが直々にオススメするスタートアップDJ機材を、現役で活躍するDJ達が実際に使用し、使用感や機能性など、生の声をレビューして頂きました。これからDJをスタートしたいと考えている皆様の参考資料として是非ご活用ください。

【DENON DJ編】
DENON DJが推奨するスタートアップDJ機材は↓

DENON DJ ポータブル・2デッキ DJシステム 【PRIME GO】(¥128000税込) ※価格変動有

スタンドアローン対応の2デッキ・スマートDJコンソール。ミキサー部にタッチスクリーン(7インチHD)を採用。ENGINE OSを搭載しており、楽曲を保存したUSB/SDカードを使用しDJプレイが可能です。本体に充電式バッテリーを搭載し、最大約4時間の連続稼働が可能。アウトドア、レジャー、野外イベントでのDJにオススメのDJシステムです。本機のレビューを都内で活躍するDJ RAMさんにレビューして頂きました↓

Q : まずは普段お使いになられてるPCDJソフトウェアやDJ機材を教えてください

RAM : ソフトウェアはSerato DJ Proで、クラブの現場だと基本的なPioneer DJの標準セットが多いです。個人的な営業とかだとDENON DJのPrime 4を使っています。

Q : 初めて買ったDJ機材と、2022年現在自宅の使用機材を教えてください

RAM : 最初はTechnicsのターンテーブルとミキサーでした。現在自宅ではミキサーがDENON DJ X1850で、プレーヤーがSC6000というCDJタイプのコントローラーを使っています。

Q : 普段現場でDJされる時、お店によってバラバラだと思うのですが、現在1番多いまたは1番快適と思う機材環境を教えてください

RAM : クラブだとどこでも基本的に置いてるPioneer DJのフルセット(MIXER & CDJ2台)が1番ですかねー。型番などに特にこだわりはないですが、DVSで今もやっているので、ミキサーに直挿しできるタイプのDJM-900NXS2とかが障害もなくやりやすいです。

Q : 過去に現場で1番困った機材セットを教えて下さい

RAM : 国内で、しかもそんなに昔の話でもないんですけど、自分が初めて買った機材のようなTechnicsの初期のミキサー(SH-EX1200)で、ターンテーブルもアースが繋がっていなくて、インターフェースがRANE SL3とかで…、USBが1本しかさせないタイプなので、前のDJから交代の時点でどうしよ?と困ってしまうみたいな時がありました(笑)。

Q : PRIME GOを実際に使ってみてもらって、これからDJをスタートする皆さん目線でこの機材の魅力を教えてください

RAM : まずは凄くコンパクトで軽い。実際、この撮影場所に来るまで、電車移動に1時間半ぐらいかかるんですけど、普通に手持ちで来ました(笑)。それぐらい持ち運びに便利なサイズ感です。このサイズながら出力がキャノンケーブルでも出せる上に、ブースアウトも別途ついていますし、マイク入力も2系統備わっています。音声出力もクラブで使って遜色ないほどクリーンな音質で出ます。あとは通常よく使うCUEボタンだったり、FXなどの全て付いてますし、実機(CDJ & MIXER)をギュッと小さくしたみたいな感じです。

Q : PRIME GOはPCDJコントローラーではない?

RAM : PRIME GOはSerato DJ ProみたいなPCDJソフトウェアをコントロールするものではなく、USBメモリやSDカードにエクスポートした楽曲データを再生できるスタンドアローンDJシステムになります。

Engine DJの楽曲管理ソフトEngine Desktopを使ってCUEポイントなどを付けれます。あとSerato DJ Proをお使いの方でもクレート(プレイリスト)やCUEポイントなどの情報なども、ENGINE PRIMEを介してUSBメモリやSDカードにそのままエクスポートできます。あとrekordboxでエクスポートしたUSBメモリやSDカードでも、PRIME GOでそのままCUEポイントも反映され読み込みます。なので、現場でUSBメモリを使用してDJしたい方にオススメの機材です。

あとWi-Fiも受信できるし、LANケーブルの有線でも接続できるのでBeatsourceTIDALなどのストリーミング音源も再生できます。

Q : 液晶タッチパネルが搭載されていますが感度は?

RAM : めちゃくちゃ良いです。PRIME GOに限らずDENON DJは初期の頃からタッチパネルを搭載していて、楽曲のロードなどもタッチパネル操作でできるのでとても便利です。

Q : バッテリーが内蔵されているとの事ですが、バッテリー駆動で使用されたことはありますか?

RAM : 去年、海で撮影しようと思ってPRIME GOを持って行ったんですけど、そういった野外などでは、電源を借りることが難しかったりしますよね。でもPRIME GOは最大4時間ほど内蔵バッテリーで可動できるので、とても重宝しました。4時間も使えたら十分ですし、このサイズで、このクオリティーで、バッテリーも内蔵って本当に凄いと思います。

あとワンプッシュで、挿しているUSBメモリやSDカードにDJミックスを録音できます。しかも録音データの音質がめちゃくちゃいいです!

Q : Prime Goと、実機であるCDJ & MIXERセットの違いは?

RAM : ガシガシとスクラッチをしたいって方にとっては、少しプラッターが小さいかなってのはありますけど、クロスフェーダーも切れは良いのでスクラッチも全然可能です。やはりサイズ感の違いぐらいで、あとはそんなに実機と変わらないと思いますね。

Q : PRIME GOのお値段は¥128000税込となっていますが、この値段は率直にどう思いますか???

RAM : フルセット(CDJ & MIXER)だとどのメーカーも80万ぐらいになると思うんですけど、PRIME GOはクラブ用に作られているわけではないし、自宅やちょっとしたホームパーティー用に開発されているので、プロDJじゃない方でも気軽に触れるし、これまで説明した機能がついていて、¥128000はかなり安いと思います。

Q : 何か機能的な事などでメーカーに期待したい要望はありますか?

RAM : メーカーさんにもお伝えした事あるんですけど、やはりプラッターが比較的小さいので、どの型ももう少し大きくなったら嬉しいですね。

Q : では最後にこれからDJを始めようと思っている皆様へメッセージを

RAM : デジタル化が進んでアナログからPCDJが一般的になった時に、凄くDJの数って増えたと思うんですけど、コロナ禍になって辞めていく方も多かったりして、今はDJの数自体が減ったように思うんですけど…。今回レビューしたようにDJ機材に数十万出さなくてもスタートできるいい機材が沢山出ています。とりあえず始めてみようって所からでもスタートしてみて欲しいです。これからコロナ禍が落ち着いていけば、全国各所にナイトクラブも増えていくだろうし、どんどん活性化されていくと思うので、そういった意味ではプロの世界に入り込みやすい時代だと思います。どんどんプロDJを目指して頑張ってもらいたいです!

購入はこちら↓
Amazon
楽天市場
Yahoo

関連: これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? – Pioneer DJ 編-

【THE HITS】国立競技場 F.C.TOKYOのスタジアムでプレイした楽曲は?by DJ RAM

これまでのTHE HITSはナイトクラブで実際にかかっている楽曲を紹介してきましたが、今回はスタジアムで実際にプレイされている楽曲を紹介します。F.C.TOKYOのスタジアムDJを担うDJ RAMがその選曲を公開してくれました。このリストは4月29日(金)に行われたF.C.TOKYO 対 ガンバ大阪戦のDJタイムでの楽曲になります。

地域やナイトクラブごとで流行っている楽曲は異なりますが、実際に足を運んでチェックするのは、時間の制限や物理的な問題で難しかったりすることがあります。このTHE HITSではマンスリーで全国各地のレジデントDJにそのクラブ・イベント単位でどんな楽曲が今ヘビープレイされているかを紹介したいと思います。

THE HITS by DJ RAM at 国立競技場 F.C.TOKYO Game  

1. Queen – Don’t Stop Me Now
2. Pharrell – Happy
3. Taylor Swift – Shake It Off – DJ Midnight Hype Edit
4. Avril Lavigne – Girlfriend
5. Magic! – Rude EIKEN Remix
6. Sigma – Nobody To Love
7. Swizz Beatz ft Alicia Keys – New Day
8. Bad Bunny ft. Drake – MIA
9. Luis Fonsi & Daddy Yankee ft. Justin Bieber – Despacito Remix – DJ Smerk Club Edit
10. Daddy Yankee – Dura – DJ Serg Sniper Hype Intro
11. Sergio mendes – Mas Que Nada
12. DJ Snake, Ozuna, Megan Thee Stallion, & LISA – SG
13. Los del Río – Macarena
14. Tyga – Ayy Macarena
15. Justin Bieber ft. Daniel Caesar & GIVEON – Peaches – DJ Serg Sniper Return Of The Mack Edit
16. DJ Khaled ft. Rihanna & Bryson Tiller – Wild Thoughts
17. Justin Bieber – Sorry
18. DJ Snake ft. Justin Bieber – Let Me Love You
19. 変態紳士クラブ – YOKAZE
20. Official髭男dism – 宿命
21. Little Glee Monster – ECHO
22. Queen – We Will Rock You
23. Eminem – Lose Yourself
24. AK-69 – Flying B
25. DJ Snake & Lil Jon – Turn Down For What
26. Dillon Francis & DJ Snake ft. Lil Jon – Get Low – Tall Boys Hype Edit
27. Chumbawamba – Tubthumping
28. Run-D.M.C. –  Walk This Way
29. The Jackson 5 – I Want You Back – DJ Smerk 24K Magic Blend
30. Bruno Mars – 24 Magic
31. KC & The Sunshine Band – Thats The Way I Like It
32. James Brown The Famous Flames – I Feel Good (I Got You) 
33. Dua Lipa ft. DaBaby – Levitating (Remix) – Saule I Feel Good Intro
34. ONE OK ROCK – We are
35. ONE OK ROCK – Stand Out Fit In
36. Avicii – The Nights
37. Mightyfools – Footrocker (Studio Acapella)
38. Freejak –  Sandstorm – Anthem Kingz Hype Edit
39. Avicii – Levels
40. Debonair Samir – Samir’s Theme – ZIGGY & Replay M Remix
41. Showtek – Booyah – Noizekid Remix
42. Farruko – Pepas – DJ Klutch Remix
43. Don Omar – Danza Kuduro
44. Seven Nation Army x Zombie Nation DJ RAM FCTOKYO EDIT
45. Journey – Don’t Stop Believing (House Mix)
46. Fedde Le Grand ft. Denny White – Cinematic
47. Zedd ft. John Bellion – Beautiful Now
48. 春畑道哉 – J’S THEME
49. The Weeknd – Blinding Lights
50. Shouse – Love Tonight (Acapella)
51. Pitbull ft Ne-Yo, Afrojack, & Nayer – Give Me Everything (Tonight) – Davey B Hook First Intro
52. BIGBANG – BANG BANG BANG

 

関連: 【THE HITS】GHOST Osaka のEN:CORE(土曜日)でヘビープレー中の楽曲は?by DJ B=BALL

【DJ RAM】DJとして最もPLAYした曲


2001年より地元湘南、横浜にてCLUB DJとしてキャリアをスタート。若くして横浜の老舗CLUB LOGOSの週末レジデントDJに抜擢されたことをキッカケに頭角を表す。その後、活動拠点を東京に移し、都内各ナイトクラブのレギュラーや日本各地にゲストDJとして招かれるようになる。2015年からは日本プロ野球チーム、横浜DeNAベイスターズのOFFICIAL STADIUM SOUND DJに抜擢され、ホームゲーム全試合スタジアムサウンドDJとして活動の幅を広 げ、 2016年には日本プロ野球オールスターゲームのSOUND DJにも抜擢される。日本ではまだ結び付きのイメージが低い「スポーツとDJ」を結びつけるキーパーソンとなったDJ RAM。そんな彼がDJキャリアにおいて最もPLAYした楽曲は

Dr. Dre & Snoop Dogg – Nuthin’ But A G Thang
RAM : Hip-Hop好きなら誰もが知っているWest Coastクラシック!2人のラップの掛け合いが最高です。是非LIVE動画もチェックしてみて下さい。

Naughty By Nature – Hip Hop Hooray
RAM : こちらはクラシックパーティーチューンの王道ですね!現在もどのパーティーでPlayしても外さない。NYヤンキースのホームゲームでホームランの際にもいつも鉄板で流れるほど。

The Notorious B.I.G. – Juicy
RAM : ビギーの曲は外せないかなと!NYに度々行った際、どのCLUBでもアーリーはみんなビギーセットを挟んでた記憶がすごいあります。もちろんメインでも頭からカットインも!クラシックセットの現場ではPete Rock Remixもよくかけてました。

関連: 【DJ K.DA.B】DJとして最もPLAYした曲

DJ RAM : DJcity Japan Playlist

横浜DeNAベイスターズのオフィシャルDJ RAM。スタジアムDJとして観客を盛り上げる役割と、Celavi TokyoやVoyager ShibuyaでのナイトクラブDJとしても活躍する彼。その彼ならでは19曲をプレイリストとしてDJcityに提供してくれました。

今回のプレイリストに関して本人より
『今回のプレイリスト内容は、先日行われたTokyo 2020 Olympicsの野球、ソフトボールのゲームDJやプロ野球の横浜DeNAベイスターズのホームゲームDJ、海外の人が多く集まるCLUBのセットリストになります。スポーツ会場での選曲はあまり知る機会もないと思いますので、一部ですがよくかける曲をピックアップしました。』
とのことです。

プレイリスト:

Megan Thee Stallion – Thot Shit – MarkCutz Club Edit
Drake ft. Future & Young Thug – Way 2 Sexy – MarkCutz Clap Intro
DJ Chose & Megan Thee Stallion – THICK Remix
iann dior & Lil Uzi Vert – V12
Drake ft. Travis Scott – Fair Trade
Drake ft. Lil Baby – Girls Want Girls
Red Hot Chili Peppers – Dani California – Anthem Kingz Peaches Edit
Justin Bieber ft. Daniel Caesar & GIVĒON – Peaches – DJ Serg Sniper Return Of The Mack Edit
WILYWNKA & Brasstracks – Our Style
Pop Smoke ft. Chris Brown – Woo Baby
DJ Snake – Run It – Tall Boys Hype Intro
D-Nice ft. Ne-Yo & Kent Jones – No Plans For Love
Pitbull ft. Anthony Watts & DJWS – I Feel Good – DJ Serg Sniper Hype Intro
Axel Rulay & Verbo Flow ft. Farruko & El Alfa – Si Es Trucho Es Trucho – BROSS Re-Drum
J Balvin & Skrillex – In Da Getto
Ed Sheeran – Bad Habits
Coldplay & BTS – My Universe
Bruno Mars, Anderson Paak & Silk Sonic – Skate
Olivia Rodrigo – good 4 u

関連: DJ REVOLVER : DJcity Japan Playlist

DJcity Japan 10周年ファイナルイベント

AbemaMixとの企画大阪Piccadilly Umeda、そしてファイナルは東日本のDJcity JapanファミリーとWARP SHINJUKUでパーティーします。DJcityの本部があるアメリカとUKからもスタッフが訪れます。

尚、“22VISION”や“Temptation”をDJcityレコードプールに提供してくれているRy-Laxの出演が決定しました。もう一人も現在調整中ですので当日を楽しみにしていて下さい。

日時 2019年11月3日(日) 22:00-4:30
会場 WARP SHINJUKU

出演
DJs:
Braize / Caujoon / Hal / Hazime / Hiro / Iku / Kekke / Koya / Mr. Syn / Ram / Revolver / Yuskay

MC: Ricky

横浜DeNAベイスターズのSound DJをつとめるDJ RAM

湘南出身で横浜と東京でマルチジャンルをプレイするDJとして活動するDJ RAM。今シーズン惜しくも優勝は逃したものの大健闘した横浜DeNAベイスターズのホームスタジアムでSound DJとしてつとめている彼が、その役割や重要性を語ってくれました。

DJcity : ベイスターズのスタジアムでDJをやっているけど、具体的にどういうポジションで仕事をしてるんですか?

DJ RAM : 横浜DeNAベイスターズのスタジアムSound DJっていうポジションですね。

DJcity : どんな経緯で横浜DeNAベイスターズのSound DJになったんですか?

DJ RAM : もともと僕の先輩がこの仕事に関係していて、その紹介で最初に関わり始めて。始めは補佐という形で1年間やって、2年目からは引き継ぎみたいな形で、僕一人でやるようになって、今に至る感じですね。

DJcity : Sound DJって具体的にどんな仕事内容なんですか?

DJ RAM : 簡単に言ってしまうと、全体のサウンドプロデュースですね。と言うのも、スタジアムで流れる全ての音楽を現場リーダーと僕できめているんで。横浜DeNAベイスターズの球場では、全部DJが音楽を出しているんですよ。試合の2時間前くらいに開場して始まるんですけど、まずそこから音楽をスタートさせますね。それと、選手の登場曲とか、試合中のメンバー交代とか、演出の部分とかも含めて、球団との話し合いで決めているんで。横浜DeNAベイスターズが試合に勝った場合は、試合終了後に花火を上げるんで、1分から1分半の尺で、事前に僕が選んだ曲を渡しておいて、照明さんや花火の担当者と擦り合わせをして盛り上げたりしてます。とにかく、球場の音楽に関することは全て担当しているという感じですね。

DJcity : それって使っているのはターンテーブルとかCDJなんかのDJ機材ですか?選手入場曲とか、野球ならではの演出とか、専用の機材が球場にあるんですか?

DJ RAM : 僕は全部ターンテーブルっていうか、SeratoのCDJのセットで全部やってますよ。選手の登場曲も含めてDJのセットで音楽を流してますね。

DJcity : ナイトクラブのDJとは色んな意味で違ってくると思うけど、野球場でDJをする1番の面白さって何ですか?

DJ RAM : まず、横浜DeNAベイスターズが凄く人気があるチームで、12球団の中で最もチケットが手に入りにくい状況なんですが、平日にファンが3万人に入るんですよ。試合直前の盛り上げタイムは、ガンガンDJをやるんで、ナイトクラブとは完全にキャパが違うところが面白いですね。音楽のジャンルに関しても、横浜DeNAベイスターズにお話をもらった当時から「洋楽にしなさい」って言われていて、球場の全体イメージを洋楽でという指示で。他の球場にも勉強のために視察に行ったんですけど、やっぱり他の日本の球場は、邦楽Popが流れることが多いですよね。勿論、選手の登場曲で、その選手から邦楽Popを指定された場合は邦楽をかけますけど、演出だったり、DJプレイっていう部分では、横浜DeNAベイスターズは全部洋楽なんですよ。Rockだったり、Hip Hopだったり。最近、横浜DeNAベイスターズの選手が気に入ってるのはLatinですね。

DJcity : どうして横浜DeNAベイスターズは洋楽中心の方針になったんですか?

DJ RAM : 球団として、とにかく、お客さんに楽しんでもらおうというコンセプトが根底にあるんです。単純に野球の試合を観に行くのではなくて、ボールパークを楽しんでもらうということですね。野球を観るだけじゃなくて、遊びに来る感覚の、エンターテインメントの会場にしようというアイデアがベースにあって。そのコンセプトの中で、音楽も当然エンターテインメントの一部なんで、DJに任せようという話が上がったみたいで。演出に関しても、例えば音楽と花火は、毎回一緒に盛大に上げようとか、DeNAが一気に球団の方針を変えたタイミングで、丁度良くDJのポジションが僕にまわってきた感じですね。お客さんを楽しませるっていう、当たり前のアイデアですけど、実際に5000人しか来ていなかったスタジアムが、今は3万人の来場ですからね。凄いことだと思います。

DJcity : そのポジティブな結果に、少なからずDJ RAM効果が出ているってことだね。

DJ RAM : そうですね(笑)。

DJcity : ところで、さっき言っていたLatinがお気に入りっていう話ですが、どうしてLatinなの?

DJ RAM : 流行っているっていうのもありますけど、単純に選手がLatinミュージックを好きなんですよ。そっち系出身の選手も多いですからね。

DJcity : 選手の入場曲って選手から指定されるものなの?それとも相談されたりもする?

DJ RAM : それは選手によりますね。DJに任せるって言ってくれる選手もいますし。白崎選手は僕のところに来て「なんかいい曲ないですかね?」みたいな相談もくれましたし。「みんなが歌える曲がいいと思うんだけど、何かそういうのでないですか?」っていう要望を聞いて、僕が曲を決めました。

DJcity : 「どんな音楽?」っていう部分に対して、まず、音楽自体をプレゼンするところから始まると思うけど、どうやって選手や関係者に音楽を聴いてもらっているんですか?

DJ RAM : ミックスを作って、それを渡したりしてますね。それと、開場前の時間帯があるんですけど、選手がグラウンドで練習している時間なんですね。そこは僕が作ったミックスを流してますね。それを聴いた選手が「今日のミックスの、あの曲なんていうの?」みたいに聞いてくるパターンが結構多いですかね。他にも色々と試行錯誤があって、例えば、横浜DeNAベイスターズのクローザーの山崎選手は、Zombie Nationの曲を使っているんですけど、イントロが長いんで、イントロ部分をカットしたエディットバージョンを使ったりしてますし。山崎選手の「康晃ジャンプ」って球界で有名なんですけど、あそこの曲もエディットしてあって、あるタイミングで全員が一斉に歌い出して盛り上がれる、そういう工夫とか、編集は結構入れてあります。

DJcity : DJ RAM発信の音楽的な提案が通ることもあるんですか?

DJ RAM : ありますね。結構大きな提案だと、横浜DeNAベイスターズの年間を通したテーマ曲っていうのがあるんですね。球団の方から「誰かアーティストを紹介して欲しい」と頼まれて、どういうアーティストを探しているのかヒアリングして。それまでの感じでいくと、日本の有名Popアーティストに依頼をするという流れになると思うんですけど、僕的には横浜って港町じゃないですか?そういう背景もあってHip Hop文化が根付いてきた経緯もあるんで「Hip Hopのアーティストにしましょう」っていう話になって、OZROZAURUSに曲を依頼する流れになりました。企画提案から、アーティストへの依頼まで、全部自分でやりました。依頼をした後も、どんな曲にするのかと言う打ち合わせもあって、完成したのが今年の初めだったんですけど、自分が横浜DeNAベイスターズに提案をして、しっかり形に出来た案件ですね。12球団の年間テーマ曲にHip Hopアーティストが起用されたのは初めてですし、スタジアムで生ライブもやってもらいました。

DJcity : DJというキャラクターや才能がしっかり活かされた音楽演出ですね。

DJ RAM : そうですね。これからもっと、こういう仕事が一般的に広がっていったらいいなと思います。アメリカだと、プロスポーツチームにはDJがいて、DJが音楽全体の演出をプロデュースしていくのが普通だと思うんですよ。音響さんじゃなくて、DJがするっていう。そこに日本で一番最初に目をつけたのが、横浜DeNAベイスターズで、たまたま僕にオファーをしてくれたという話ですけど、横浜DeNAベイスターズに限らず、どの球団にも、どんなスポーツチームにも、DJや音楽を含めたエンターテインメントが浸透してくれればいいなと思います。

DJcity : 今回は残念ながら、横浜DeNAベイスターズはファイナルで優勝を逃してしまいましたが、優勝を想定した演出の話し合いはあったんですか?

DJ RAM : 細かな曲までは決めていませんでしたけど、準備をしなければという話は出ていました。

DJcity : 優勝パーティーの絵で、DJがいるのはあまり見たことありませんが、横浜DeNAベイスターズだったらありえますよね?

DJ RAM : そうですね、それはあったかもしれないですね。でも、今後パーティーがあるんですよ。横浜DeNAベイスターズのファンクラブ限定なんですけど、200~300人規模のホテルでのパーティー会場で、1年間応援ありがとうございましたという挨拶も含め、選手との交流をする場なんですが、そこの会場では僕がDJをやりますよ。

DJcity : DJの仕事を通して、選手とも仲良くなったりしますか?

DJ RAM : 横浜でDJをする時には、選手がクラブに遊びに来てくれることはありますね。でも、プロ野球選手なんで、スケジュールもハードですから、東京の現場でDJってなると、遊びに来てもらうことは難しいですけど。横浜DeNAベイスターズは選手がみんな若いんですよ。平均年齢も25-26前後で。やっぱり、みんな音楽が好きですよね。それに海外から来ている選手は、ナイトクラブよりの選曲を好みますよね。凄く嬉しかったことが1つあって、試合前の時間帯でDJをする時に、Hip-Hop、Rock、Reggaeとかを中心にかけるんですけど、相手チームの選手が「ここの音楽は誰が担当してるの?」って球団を通して聞いてきたんですよ。最近だとヤクルトのValentine選手とか「ここのスタジアムDJが入ってるよね?ライブミックスだよね?DJ誰なの?」っていう感じで、僕がやっていることが、内情を知らない相手球団の選手にも伝わっているのが嬉しかったですね。「来年はヤクルトに来てくれ!」って言ってくれて(笑)。本当にみんな音楽が好きなんだなって感じましたね。

DJcity : ナイトクラブのDJと違って、チャレンジだと感じるところはありますか?

DJ RAM : 球場に限らず、ナイトクラブにも言えることですけど、やっぱり選曲をあまり突っ込めないっていうところですかね。演出の音楽に関しては、一般的なお客さんが理解出来る洋楽を中心にしてますけど、DJプレイの際には、ある程度、僕が好きな選曲で、自分の色を出してはいますけどね。

DJcity : 試合前の、選手の練習時間はどんな感じの選曲なんですか?

DJ RAM : 試合前の練習時間はLatinの曲を使ってます。ホームゲームの時は毎回決まったLatinoの2曲を使っていて、ルーティンのウォーミングアップがあるんですけど、みんな踊りながら、2曲で6分間くらい、踊りながらウォーミングアップするんです。ロープを引いて、その曲にパッと切り替えると、選手はそれを聴いて次の動きに移る感じですね。最初、トレーナーから「毎試合ウォーミングアップの時間には、同じ曲で、全員踊りながらウォームアップするようにしたい。楽しい空気感を作りたい。」って相談されて。毎回、試合前にやっているので、お客さんにも浸透してきてますよね。結構キャッチーな曲なんですけど、それでも日本のプロ野球チームが、毎回必ずこの決まった2曲をウォーミングアップルーティンに使うっていうのは、他の球団ではないと思いますね。

ウォーミングアップ曲
Charly Black & Luis Fonsi – Gyal You a Party Animal (Remix)
Marc Anthony – Vivir Mi Vida (Versión Pop)

DJcity : 選曲のアップデートの頻度ってどのくらいなんですか?

DJ RAM : 今期だと、日本シリーズに入った際に変更しようという話になりましたね。日本シリーズではRock調の「これから戦うんだ」みたいな雰囲気の曲にしました。それまでは踊れるとか、ハッピーな曲が多かったんですけど、球団のスローガンも「This is my era」から「Our time is now」に変えて、それに合わせて球場の雰囲気も変えていこうという話をして、Rockの強い感じを中心にアップデートしましたね。

DJ RAMのTwitterInstagramFacebook、そしてMixcloudをフォロー

関連: ALAMAKIが自身のキャリア、そしてパーティーやDJに対しての考えを語る

DJcityポッドキャスト DJ RAMのジャンルベンディングミックス

DJ_RAM_feat

横浜DeNAベイスターズ Official Studium Sound DJをつとめるDJ Ramがミックスを提供してくれました。Hip-HopやFuture系の楽曲、新しい曲からクラシックまでが網羅され、アップダウンがあるグルービーな構成です。

[podcast]

 

プレイリスト:

1. DJ Khaled ft. Nas – Nas Album Done
2. The Fugees – Fu-Gee-La
3. DJ Mustard ft. Nicki Minaj & Jeremih – Don’t Hurt Me
4. Problem ft. 2 Chainz – My Squad Remix
5. YG & Nipsey Hussle – FDT – DJ Primetyme Just Drop Edit
6. Rae Sremmurd ft. Lil Jon – Set The Roof – DJ Bens Hype Edit
7. Blackbear ft. P-Lo – Shake Ya Ass
8. Wale ft. Sam Sneak – My PYT – Mr. Collipark Remix
9. Jonn Hart & Clayton William ft. Mr. Vegas & Joelii – Beat Bust Down
10. Janet Jackson – That’s The Way Love Goes – Bobby French Remix
11. Chris Brown – What Would You Do – Tall Boys 100-118 Transition
12. Cheat Codes & Kris Kross Amsterdam – Sex – Gregor Salto Remix
13. Ne-Yo – So Sick – Dean-E-G Remix
14. Earth, Wind & Fire – Let’s Groove – Mystique Remix
15. Kent Jones – Alright
16. Travis Scott ft. Kendrick Lamar – Goosebumps
17. Schoolboy Q ft. Kanye West – That Part – Steve1der Remix
18. Chamillionaire – Ridin’ – Chris Royal Anthrax Bootleg
19. Big Gigantic ft. Logic & Rozes – All Of Me
20. Afrojack ft. Ty Dolla $ign – Gone

DJ Ramをフォロー: Instagram | Facebook | Twitter

関連: DJcityポッドキャスト DJ KRAのメロウミックス

Popular

  • 最大の特典!150円でDJcityをご利用出来ます!

    今年最大のチャンスをお見逃しなく! DJcityメンバーシップが90%オフで、最初の月は¥150でご利用できます(通常価格¥1,500)。チェックアウト時にプロモコードDJCITY2024を使用してください。 最新のリミックスやDJエディット、イントロバージョン、クリーンエディット、アカペラなどをダウンロード...

  • DJ KANJIのアルバム「THE VOICE」をDJcityに掲載

    DJ KANJIがアルバム「THE VOICE」をリリース。全16曲が収録されたアルバムのなかからDJcityには「Intro」を除いた15曲を掲載しました。DJ KANJIのこれまでのヒット曲をRemasterした楽曲に加えて、新曲も収録されています。 また7月20日にはDJ KANJI初のワンマンライブが...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました

    DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました。今回の大きなアップデートとしてはユーザーはダウンロードしたファイルのアーティスト、タイトル、バージョン、bpm、ジャンル、キー、年を編集することができるようになりました、 アップデートとしては ・ダウンロードしたファイルをアーティスト、タイトル、バージ...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...

  • これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? – Pioneer DJ 編-

    古くはターンテーブル2台とミキサー、そしてバイナルレコードと高額な機材を揃えないとスタートできなかったDJ。近年ではPCDJやUSBなどデータでDJをする事が主流となり、様々なDJ機材メーカーがテクノロジーを駆使し、安価ながらも有能な機材を数多くリリースし、初期投資を最低限に抑えDJをスタート出来るようになり...

  • レビュー: MasterSounds Radius 4 ロータリーミキサー

    MasterSoundsのRadius 4は4チャンネルのアナログロータリーミキサーです。イギリスでAndy Rigby-Jonesの協力をもとに手作りにより作られました。Andy Rigby-JonesはAllen & Heath Xoneミキサーのデザイナーです。 今回のTips and Tric...

  • Tokyo Young Visionのアーティスト達がDJcityに楽曲を公開

    東京を拠点に活動するHip-Hop クルーのTokyo Young Visionが所属アーティスト達の音源をDJcityで公開してくれました。今年の2月に1st アルバムを公開したNormcore Boyz、Normcore BoyzのDJを務め、クラブDJ/プロデュース双方で活躍中のDJ NORIO、そして...

  • ビデオ: 楽曲における、Cleanバージョン vs. Dirtyバージョン

    DJが楽曲をレコードプールでダウンロードする際、放送禁止用語をカットしたラジオ向けのCleanバージョンとオリジナルであるDirtyバージョンの選択肢があります。今週のShare The KnowledgeではDJ TLMが2つのバージョンをどう使い分けるのか、そして両方ダウンロードするべき理由を語ってくれて...