DJ Iku

CH419: DJ IKUがオススメする撮影アイテム Gopro編

今のご時世自宅で撮影するDJプレイ映像をSNSでアップする人も増えた中で、実際どのような機材を使っているのか?GoProなどのカメラを使うとしても有効に使える便利なアイテムがあるのか?と考えてる方もいると思います。今回のCH419ではDJ IKUがGoProを使うにあったってどのようなアイテムが有効に使えるのかについてレクチャーしてくれています。下記のDJ IKU解説を見ながら映像をご覧ください。

【DJ IKU解説】

昨今、プレイ動画をSNSなどにUPする方も増えてきたかと思います。なかでも撮影機材としてGoProを使用している人も多いのではないでしょうか。

今回はプレイしている本人の目線に近いアングルで臨場感のある動画を撮影できるGoProアクセサリーをご紹介します。取り付け方法も簡単なので誰でもすぐに使えると思います。他のDJと違いをつけたい方は是非参考にしてみて下さい。

関連: CH419: DJ IKUによる新譜を使ったトリックミックス

CH419: DJ IKUによる新譜を使ったトリックミックス

今年1発目のCH419ではDJ IKUが様々なテクニックを取り入れた新譜のDJ MIXを公開してくれました。見どころ満載の作品となっています。下記の本人解説を読みながらお楽しみください。

【DJ IKU解説】
今回は久しぶりのトリッククイックミックス。昨年リリースされた楽曲を中心に2枚使い、ワードプレイ、トーンプレイを盛り込んでミックスしました。ワードプレイの部分はオリジナルの楽曲を使うよりもアカペラを使ってブレンドしながらミックスすることによってワードを引き立たせています。流行りの曲やよく使う曲はインストやアカペラも探してゲットしておく事をオススメします。

トラックリスト:

1. Silk Sonic – 777
2. Gwen Stefani – Hollaback Girl (Acapella)
3. Dream Doll – Oh Shhh
4. Fergie – London Bridge
5. Young Thug ft. J. Cole & Travis Scott – The London
6. Ckay – love nwantinti
7. Major Lazer ft. Sia & Labrinth – Titans
8. Major Lazer & DJ Snake ft. MO – Lean On

関連: CH419: DJ IKUが教えるSeratoの便利機能「Serato Flip」

DJcity TakeoverをSPACE KUMAMOTOで開催

DJcityのリアルコンテンツの一つ、DJcity Takeoverが1年半ぶりにカムバックします。もちろんGENRE BNDRとのコラボレーション開催に加えて、AbemaTVのHip Hopチャンネルでの番組、AbemaMixがサポート。今回は初の熊本、SPACE KUMAMOTOでの開催になります。出演するDJはDJcity Japanのアンバサダーを担う面々。

パーティーの詳細

日程: 2021年12月11(土) 
場所: SPACE KUMAMOTO
Special Guest DJs: BRAIZE, B=BALL, IKU, YB
MC: BULL

また、このイベントを記念してのGENRE BNDRとのコラボレーションTシャツが期間限定販売されています。
12/8(水) 17:00をもって販売終了ですので、お求めの方はコチラから。

関連: DJcity Takeover: 札幌CLUB KING∞XMHU (2/29)

CH419: DJ IKUとスクラッチセッション (90BPM)

DJ IKUのスクラッチセッション用の動画第4弾が公開されました。今回はBPMは90!皆さんの多くはスクラッチを練習する時に定番フレーズであるAhhhという長い音を使っているのではないでしょうか。
しかし、実際の現場であの音を使うことはDJバトル以外では滅多にありません。むしろアカペラやドラムパーツなどの短い音(キックとかスネアなど)で擦れた方が実用的だと思います。そこで今回は「ワン、ツー、スリー、フォー」というフレーズを使用したスクラッチセッション動画をお届け。

先攻でDJ IKUが4小節スクラッチするので、その後の4小節をスクラッチして下さい。それを交互に繰り返します。スクラッチは真似してもいいしフリースタイルで擦っていただいても構いません。それでは一緒にスクラッチセッションを楽しみましょう!!!

スクラッチセッション 75BPM はコチラから
スクラッチセッション 80BPM はコチラから
スクラッチセッション 100BPM はコチラから

関連: CH419: DJ IKUとスクラッチセッション (75BPM)

CH419: DJ IKUが教えるDJ動画撮影のポイント

DJ IKU解説】

今回のCH419では、DJ動画の撮影時に使っている機材についてと、撮影時にしている事を少しお話しします。前置きとして、自分は動画撮影やカメラ関係はド素人なのであくまでも参考程度にご覧下さい。

誰でも簡単に動画を発信できる時代になったからこそ他と差をつけたいと思っている人も多いと思います。機材やソフトウェアに頼る部分と、ちょっとした心掛けで動画のクオリティを上げてみてはいかがでしょうか。

関連: CH419: DJ IKUとスクラッチセッション (75BPM)

CH419: DJ IKUとスクラッチセッション (75BPM)

今回のCH419ではDJ IKUが第3弾となるスクラッチャー向けにセッション動画を公開しました。先攻でDJ IKUが4小節スクラッチするので、その後の4小節をスクラッチして下さい。それを交互に繰り返します。スクラッチは真似してもいいしフリースタイルで擦っていただいて構いません。それでは一緒にスクラッチセッションを楽しみましょう!

関連: CH419: DJ IKUとスクラッチセッション (80BPM)

CH419: DJ IKUが教えるDJルーティンの作り方

これまで数々のハイレベルなDJルーティンをCH419をはじめ、自身のインスタグラムなど様々なところで披露しているDJ IKU。今回のCH419の新しいエピソードではDJ IKUがどのような考えをもとにルーティン制作を行なっているのかを本人が徹底的に披露しています。

下記に記載されているDJ IKUのコメントを見ながら映像をお楽しみください。

【DJ IKUコメント】
ルーティンを作る時にどういったことを意識して、何を工夫するのか。
今回は簡単なショートルーティンを題材に、そのヒントをお伝えしていきます。

・起承転結を意識した構成
・完成を完成だと思わない (スパイスを加える努力)
・ソフトウェア(Serato DJ Pro)の機能を駆使

全般的に言えることは、見ている人に対して “分かりやすく伝える”という工夫が大切です。

【使用トラック】

1. DJ Aristocat vs Douster – Circle Of Life – 98 Transition Stinger
2. Toto – Africa
3. Fat Joe, DJ Drama & Cool & Dre ft. Lil Yacthy & French Montana – Africa (DJcity Intro)

関連: 【CH 419】IGTV限定!DJ IKUの”知ってて損は無い日本語ラップクラシックス”が公開

【CH 419】IGTV限定!DJ IKUの”知ってて損は無い日本語ラップクラシックス”が公開

今回のCH419ではDJ IKUIGTV限定で日本語ラップクラシックのMixを公開しています。是非IGTVのインスタグラムでお楽しみください。

【DJ IKU解説】

今回は、日本語ラップ歴代の名曲&オススメ曲をミックスしました。サンプリング感の強い90年代後半から2000年初頭の楽曲を中心にZEEBRA、BUDDHA BRAND、MICROPHONE PAGER、SOUL SCREAMなど日本語ラップの第一次黄金期を代表するアーティストをセレクト。(ちなみに第二期黄金期は現在だと思っております。) ラストパートには2013年に逝去したレジェンドMAKI the MAGIC関連の曲を並べています。日本HIPHOP史の年表も少しづつページが刻まれています。

今聴いても色褪せない名曲達をお楽しみ下さい。

【トラックリスト】
1. ZEEBRA – I’m still NO.1
2. SOUL SCREAM – 蜂と蝶
3. MURO feat. SUIKEN – W STEAL
4. MICROPHONE PAGER – 改正開始08
5. DABO feat. KREVA, DJ TATSUTA – TOKYO Shit
6. SOUL SCREAM – 問う今日
7. SOUL SCREAM – TOu-KYOu
8. DABO, MACKA-CHIN, SUIKEN & S-WORD – 東京弐拾伍時
9. Maccho, NORIKIYO, 般若 & DABO – Beats & Rhyme
10. 韻踏合組合 – 一網打尽 REMIX
11. Tuff Crew – Going the Distance
12. F.U.T.O., MUMMY-D, NANHA MAN, MASSHO – BAY SQUAD
13. OZROSAURUS – Area Area
14. OZROSAURUS – KOCO KOCO
15. RHYMESTER – 報復 (PAY BACK) ’95
16. RHYMESTER – 口から出まかせ
17. BUDDHA BRAND – DON’T TEST DA MASTER
18. MICROPHONE PAGER – 病む街
19. MURO – Pan Rhythm
20. PUSHIM – SET ME FREE feat. DJ Premier
21. 漢 a.k.a. GAMI – 紫煙 feat. MAKI the MAGIC
22. David Newman – Symphonette
23. キエるマキュウ – トップランナー

関連: 【CH419】DJ 宮島が新たにスクラッチコンテストを主催!?自分の実力を数値化せよ!

【CH419】DJ 宮島が新たにスクラッチコンテストを主催!?自分の実力を数値化せよ!

今週のCH419ではDJ IKUが日本を代表するスクラッチャーであるDJ宮島氏から新しく、シンプルなスクラッチの技術や限界を競う大会を考案していると伝えられたとのこと。その中でDJ IKUが宮島氏の考えに沿ったコンセプトで基礎的なチャープ、チョップ、馬スクラッチをどれだけキープできているかに挑戦しています。皆様もどれだけ基礎的な技術を長時間保つことができるのか、試してみませんか?

【DJ IKUコメント】

今回はスクラッチチャレンジ企画です。皆さんは自分の実力を数値化したことはありますか?

日本が世界に誇るスクラッチャーDJ宮島が構想しているスクラッチバトルのルールに則り、1つの技をどのくらいの時間キープできるか計測してみました。結果はいかに!?シンプルかつ本質を突いたこのスクラッチ・タイムトライアル、皆さんも是非チャレンジしてみて下さい!

関連: CH419: DJ IKU 新譜の遊び方!ワードプレイ・トーンプレイ・2枚使いなど

CH419: DJ IKU 新譜の遊び方!ワードプレイ・トーンプレイ・2枚使いなど

DJ IKUがCH419にて新譜のHip-Hopを中心に使ったトリックプレーを公開してくれました。今回も得意なワードプレイ・トーンプレイ・2枚使いを披露してくれています。下記のDJ IKU本人の解説を読みながら映像をお楽しみください。

【DJ IKU解説】

久しぶりのトリック・クイック・ミックス。今回も新譜とDJcityエクスクルーシヴ音源に旧譜を交えながらお届けします。1曲目は2021年8月27日公開の映画『スペース・プレイヤーズ』のサウンドトラックからKirk FranklinとLil Babyの「We Win」。そこから王冠を意味するChikaの「CROWN」へ。私HipHop × ゴスペルの組み合わせは大好物であります。

French Montanaの大ネタ使い「FWMGAB」からPop Smoke「Woo Baby」へメロディー繋ぎでMIXした後、2 Chainzの2012年特大ヒット「I’m Different」のピアノを使ってトーンプレイ。後半はTyler, The Creatorの「RUN IT UP」とDJ SNAKEがRick Rossをフィーチャーした「RUN IT」、Missy Elliott「We Run This」をワードで遊んでからオールドスクールの名曲De La Soul「Roller Skating Jam」→Silk Sonic「SKATE」へと遊びながらクイックにミックスしています。

【トラックリスト】

1. Lil Baby & Kirk Franklin – We Win
2. CHIKA – CROWN
3. French Montana – FWMGAB
4. Pop Smoke ct. Chris Brown – Woo Baby
5. 2 Chainz – I’m Different
6. Kash Doll ft. Juicy J – Like A Pro
7. Tyler, The Creator – RUNITUP
8. DJ Snake – Run It – Tall Boys Hype Intro
9. Missy Elliott – We Run This
10. Kanye West – Touch The Sky – Tall Boys vs Hyalyte Edit11. De La Soul – A Roller Skating Jam
12. Bruno Mars, Anderson Paak & Silk Sonic – Skate

関連: CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」PT.3

Popular

  • DJcity Top 50 Year 2021

    下記のランキングはDJcityが毎年発表している、2021年に最もダウンロードされた楽曲のTop 50になります。この順位はDJcityユーザーのダウンロード数を元に集計したランキングです。(楽曲はDJcityが選んだものではありません) DJcityレコードプール内で2021年に最多数ダウンロードされ...

  • 【DJ 8MAN】DJとして最もPLAYした曲

    1990年代半ばからDJキャリアをスタートしたDJ 8MAN。横浜、都内を中心に数多くのビッグパーティーに参加し、様々な著名海外アーティスト(Ne-Yo、T.I、The Game、Yung Joc等)のフロントアクトを務め、シーンに一目を置かれる存在となる。のちに、いかに観客を盛り上げるかを競うDJコンペティ...

  • 【DJ SN-Z】DJとして最もPLAYした曲

    1992年にDJキャリアをスタートさせたDJ SN-Z。1994年に渡米し、様々なレジェンド級アーティストのツアーDJやフロントアクトを経験。その後LIME LITE、MARS2112、JIMMY'S CAFE などNYのナイトクラブやラジオなどでレギュラープレーするようになる。ストイックにスキル面を突き詰め...

  • DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました

    DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました。今回の大きなアップデートとしてはユーザーはダウンロードしたファイルのアーティスト、タイトル、バージョン、bpm、ジャンル、キー、年を編集することができるようになりました、 アップデートとしては ・ダウンロードしたファイルをアーティスト、タイ...

  • DJcity Podcast Mix : DJ NORE

    大阪のDJ NOREはSAM&DAVEやMADAM WOOにて活躍するHip-Hop DJ。アクセサリーショップVANITYの店長でもあります。最近はYouTube Liveにて配信したりと多岐に渡って精力的に活動中。 31分間のミックスには23曲のHip-Hop楽曲が収録されています。最後のトラックは...

  • 【DJ KEKKE】DJとして最もPLAYした曲

    2002年頃から札幌を中心にキャリアをスタート。2009年に上京し、現在では年間400本を超えるパーティーに出演する絶対的な現場主義者DJ KEKKE。幾多の世界的なメジャーアーティストの重要なフロントアクトを務め、Hip-Hop DJとしては異例の世界最大級ダンスミュージックフェスULTRA JAPAN、E...

  • 2022年のDJcity Japan Brand Ambassadors

    2022年のDJcity Japan Brand Ambassadorsが決定しました。総勢32名のDJは国内外でDJやプロデューサーとして前線で活躍しているプレイヤー達です。アンバサダーの中にはヒット曲をリリースしているプロデューサーや、大きなナイトクラブで活躍しているDJ、海外でも高く評価されているDJと...

  • DJcityのサイトがアップデート、また日本語でのチュートリアル動画が公開

    DJcityのウェブサイトに大幅なアップデートが行われました。それに伴い、ウェブサイトの新しい使用方法や新機能についての解説動画が公開されました。 新しいウェブサイトはデスクトップアプリ、そしてスマートフォン向けのモバイルアプリとの連動を推奨します。特に移動時間にモバイルアプリで楽曲を確認し、PCをイン...