DJ Iku

DJ IKUが全国各地でブッキングされている理由について語る

ターンテーブリスト/DJとしてもはや説明不要の、DJ IKU。彼は東京を拠点に活動していますが、日本全国各地そして海外と様々な場所で活躍しています。今回はDJcity Japanのインタビューにて、彼がどのようにして様々な地域からオファーを得てDJをすることができているか、そんなシークレットな部分を教えてくれました。

毎週、日本全国のどこかに行ってますよね?日本中から支持を受ける理由ってどういう部分だと考えてますか?

DJ IKU : そうですね、もうここ5~6年くらい、毎週日本のどこかにゲストDJとして呼んで貰っているサイクルっていうか、そういう生活をしていて、逆に東京ではレギュラーパーティーが1個も無いっていう(笑)。自分で言うのも変ですけど、珍しいタイプのDJで(笑)。内心は、みんなに呼んで貰っているばかりで、自分もみんなを東京に呼んでみたいっていう気持ちはあるんですけど、まぁ実際、レギュラーパーティーがない以上、それは出来ないワケで、じゃあ、お返しにじゃないですけど、いつも呼んでくれる人達に、俺から何を提供出来るのか?って考えたら、1つは言わずもがな、DJプレイですよね。そこは勿論なんですけど、それ以外の部分で俺が出来る事と言ったら、各地で会うローカルのDJ達と本当に仲良くなるっていう部分ですかね。だから、色々な土地に行く時に気をつけていますけど、変なゲスト感は絶対に出さないように心掛けてますね。でもまぁ、どんな土地でも一番最初の時って、先方が空港や駅で待ってくれている中でゲートから出て行くと、変にゲストっぽい登場になっちゃうな~とは思ってますけど(笑)。

確かに(笑)、スーツケース持ってさ~っと出て来たら「東京のDJ来たぞ」みたいな雰囲気になるかもしれないですね。

DJ IKU : 最初はなっちゃうんですけど、そこからの車での移動時間だったり、違和感無くみんなの懐に入って行く感覚っていうか、別に特別な努力とかを要する事じゃないのかもしれないですけど、この5~6年を経て思うのは、そういう「人との自然な付き合い」が出来ているのかなって思ってますけどね。まぁ、本当に他愛もない事を話したり、時にはお喋りクソ野郎な時もあるんでしょうけどね(笑)。今はSNSもあるんで、自分に興味を持ってくれた人達はどんな人達なんだろう?っていうのを、特に初対面の場合は気になるじゃないですか?実は既に過去のどこかで会った事があるのか、どこかで俺のプレイを聴いてくれたのか?それとも本当に全くの初めましてなのか。DJなのか、DJじゃないのか?とか、SNSを見れば俺を呼んでくれた人、それと共演者のDJも見つけられますし、みんなの近況を確認するって言うか、自分の気持ちをみんなに向けるっていう事が、自然とお互いの会話のきっかけになったりしますよね。

呼ばれる時って言うのは、新規のケースが多いですか?それともおかわりの方が多くなってきましたか?

DJ IKU : そうですね、全体で見るとおかわりのケースが多くなってきてますかね。新規だとしても、過去に行った事があるクラブが打っているイベントですね。

そうなると、やっぱり求められる部分は、パーティーDJと言うよりは擦れるエンターテイナーっていう部分ですよね?

DJ IKU : そうですね。確実にそっちの部分ですけど、それは俺がSNS上で発信しているもの自体が、ターンテーブリストとか、スクラッチとか、2枚使いみたいな表現にフォーカスしているんで、自然とそれらを求められますよね。それと、俺を呼んでくれる人達の中に、自分の周りの若手DJだったり後輩に、ターンテーブリストや、このカルチャーを見せたいっていう強い想いがあるのかな?っていう部分は最近感じてますね。特に地元の先輩が後輩達に見せておきたいっていうケースが多いのかなと思います。この前は北海道のClub Brooklynに行ったんですけど、オーナーのB.I.G.JOEさんがMCで入ってくれて、俺を紹介する時に「旭川のDJ達の活力となっているDJ IKUが登場!」みたいな事を言ってくれて、ワーオみたいな(笑)。やっぱり呼んでくれた事に対して、何を残せるのか?良い刺激をもたらすって言うか、俺が求められている役割っていうのはありますよね。

何度も同じイベントに呼んでもらえる理由って何だと思いますか?

DJ IKU : そうですね、プレイで見せるっていうのは当たり前ですけど、それ以外に、その地域とコミュニティー全体を好きになる事も大切だなって思ってます。地域と言っても、単純にその土地の飯が美味いっていうケースもありますし。呼んでもらった時には時間を作ってでも現地の風土だったり、そういうものに触れたいと思ってます。俺の場合はポータブルターンテーブルっていうオモチャがあるんで、現地に行って撮影して、SNSで発信すると反響も良いですし、各地との繋がりにもなって、みんな喜んでくれますし、次に会った時に話しても、また楽しいですしね。

東京と地方で比較すると、やっぱり地方の方がポータブルターンテーブルだったり、擦る系の風土は強いんですかね?

DJ IKU : 実際に多いかどうかの実数値はわからないですけど、毎回地方に行って感じるのは、そういうコミュニティーの結束力が強いっていうのを凄く感じますね。「DJ IKUが来たからには、一緒にセッションしておきたい」っていう熱意は、絶対に地方の方が強いですよね。結構前なんですけど、九州のイベントで、当日のパーティーに来た知り合いの人数よりも、翌日の昼に「一緒にセッションしましょう」って言って集まって来たDJの人数の方が多かったですからね(笑)。お前ら「昨日来いや!」っていう(笑)。

一同(爆笑)

DJ IKU : わからないですけど、俺が来るに際して、そこに照準を合わせたんでしょうね(笑)。「昨日のパーティーよりめっちゃ集まったなぁ」みたいな、そういうこともありましたね(笑)。やっぱり一緒に何かセッションをしたいっていう気持ちは強いんでしょうし、逆にみんなが来てくれる事で、少しの効果かもですけど、俺のSNSを介して各地のDJ達の露出にも多少貢献出来るのかな?とは思ってます。

とは言え昨今ターンテーブルからCDJへのシフトは顕著で、先日の新宿WARPで行われたDJcity TakeoverではCDJでプレイされてましたが、ターンテーブルを置いてるクラブは確実に減ってきてますよね?

DJ IKU : そうですね、大阪や福岡はもうCDJの方が多いですよね。ターンテーブルを常設してる箱って、だんだん中箱/小箱クラスに限られてくるのかな?っていうところですね。でも、俺の場合はゲストで呼ばれる際に「機材の確認」っていうのがあって、「ターンテーブル必要ですか?」っていうやりとりが必ず事前にあって、その質問に対しては「ターンテーブルがあれば嬉しいですけど、CDJでも大丈夫です!」っていう風に返してるんですけど、現場に入ると、皆さんしっかりターンテーブルを用意してくれるんですよ(笑)。

手厚いですね(笑)。

DJ IKU : やっぱり現場でCDJが増えてきたあたりで、その流れに対応するためにも、かれこれ1年以上は俺も自宅でCDJを触ってはいるんですけど、ただこれが、みんなの手厚い対応のお陰もあって、なかなかCDJデビュー出来ないって言う(笑)。行く先々でターンテーブルを用意して頂くんで、それならそっちを使うし、俺もその方が絶対にやり易いし。そういうのがあって、CDJを持っているのに、現場で使えないっていう状態が本当に1年以上も続いてて、で、この前の新宿WARPであったDJcity Takeoverの時に、俺の確認ミスもあって勝手に「タンテあるだろう」って思い込んでいたんですよ。で、現場に向かうタクシーの中で「あ、CDJしかないよー」って言われて(笑)。同じタクシーの中にHAZIMEさんもいて「イク。頑張れ(笑)!」ってエール貰って(笑)。

一同(爆笑)、その状況であのプレイ内容って素晴らしいですね?

DJ IKU : もう「やるしかない」って言う感じと「あぁ、遂に今日がCDJデビューの日なんだぁ」って思ってましたね(笑)。なので、多少の緊張感はありましたけど、家で1年以上も触っていたんで、技術的にテンパったりとかは無かったですね。CDJで出来る事っていう部分では、ターンテーブルでプレイしている時と比べると、俺の中では制限されてしまう部分ってまだまだあって、やっぱり複雑な2枚使いとかはCDJだと難しいのは事実ですよね。単純なスクラッチとかは全然いけるんですけど。でも別な視点で考えると、CDJで出来る範囲内のプレイでも、充分に俺らしい見せ場は作れるんだっていうのは実感出来ましたね、この前のDJcity Takeover(2019年1月)で。

平成が終わり新しい時代が来ますが、DJ IKUが新たに挑戦しようとしている事はありますか?

DJ IKU : チャンネルを増やしたいなと思ってて。そのチャンネルって言うのは、今DJスクールをスタジオで、生徒さんに直接来てもらって教えてますけど。例えば、オンラインだったりとか、YouTuberを目指すわけじゃないですけど、YouTubeを使ったチャンネルだったりとか、今以上に発信できるチャンネルを増やしたいなっていうのはありますね。地方と繋がる中で「オンラインスクールとかやらないんですか?」っていうリクエストがちょいちょい来るんですよね。現状、東京まで来てもらうしか術がないんで。もしくは、呼んでもらった時にワークショップをするみたいな形か。時代の流れに的にも、オンラインスクールっていう方法はあるのかなと考えてます。

関連: DJ IKUが語るDJと自身について

AbemaMix SPECIAL “DJcity Japan Takeover”タイアップナイトクラブと出演DJ決定

先日アナウンスしたAbemaMix SPECIAL “DJcity Japan Takeover”は日本5大都市のナイトクラブとそこで活躍するDJとのタイアッププロジェクト。今回はこのプロジェクトの協力者を発表します。

今回協力してくれるナイトクラブは東京のWarp、大阪のPiccadilly、名古屋のOrca、福岡のInfinity、札幌のKING XMHU、そしてDJcity Japanになります。

そして上記のナイトクラブから次のDJが代表としてパフォーマンスを見せてくれます。6時間のライブストリーミングで各DJが1時間のDJプレイを披露してくれます。放送予定日は2019年1月13日(日)19:00から25:00。AbemaTVにて。

更に、新宿のWarpにてアフターパーティーが決定しました。もちろんAbemaMixに出演した全DJが登場します。

DJ IKUが語るDJと自身について

DJ IKUがYAHOO! JAPANのオフィシャル動画であるフィルムディレクター酒井達成氏の映像シリーズart seriesに出演しました。6分弱ある今回の映像でDJ IKUはDJとの出会いについて、またバトルDJとして活動している中でパーティーやナイトクラブDJと出会い、現在どのような考えを持ってDJを行なっているのかについて語りました。

DJ IKUは自身がパーティーやナイトクラブでDJを行う際の考えについて

「スクラッチや2枚使いなどターンテーブルを使ったテクニックを盛り込んでプレイしている。大会とは違う形でパーティー感を保ちながらパフォーマンスをすることが大事で、それがオリジナリティなんだと思う。」

とコメントしています。

上記でフル映像を視聴できます。

関連: ビデオ: DJ IKUのGENRE BNDRルーティン

DJcity Podcast Mix: DJ IKU

Red Bull 3Style JapanチャンピオンのDJ IKUがDJcity Podcastミックスでミックスを公開してくれました。先日のGENRE BNDRルーティンでもそのスキルを披露してくれた彼が、今回は33分の新譜を中心にした構成になっています。

[podcast]

トラックリスト:

1. Trobi & Boaz Van De Beatz ft. ADIKA & Kalibwoy – U Don’t Know – DJcity Club Edit
2. Uki – GION
3. Jerry Folk ft.Rainsford – Purple Feelings
4. Falcons ft. TZAR – All Over Again
5. Fat Joe ft. Dre – So Excited – Scissors Remix
6. Don’t Look Any Furter – Dennis Edwards
7. DJ Khaled ft. Rihanna & Bryson Tiller – Wild Thoughts – Guiter First Edit
8. Liam Payne ft. Quavo – Strip That Down
9. Charlie Puth – How Long
10. DJ Overule ft. Zak Downtown – Take It All
11. Konshens – Turn Me On – Intro
12. Kevin Lyttle ft. Spragga Benz – Turn Me On
13. Chris Brown – Questions – DJ Smerk Hype Edit
14. DJ Kool – Let Me Clear My Throat – Selecta Mi Gente Party Break
15. Ed Sheeran – Shape Of You
16. Soulja Boy – Crank That
17. Cardi B – Bodak Yellow
18. Migos – Get Right Witcha
20. Lil Pump & Smokepurpp – Ok
21. Yo Gotti & Mike Will Made It ft. Nicki Minaj – Rake It Up – DJ Edit Jersey Club Remix
22. Next – Too Close – The 1989 Remix
23. Sigma ft Quavo & Sebastian Kole – Forever
24. The Americanos ft. D.R.A.M. & Kyle – Everyday
25. YFN Lucci ft. PnB Rock, Lil Yachty & Wiz Khalifa – Everyday We Lit Remix – Intro
26. Lil Uzi Vert – 444 + 222 – KidCutUp Club Edit
27. Post Malone ft. 21 Savage – rockstar
28. Post Malone ft. 21 Savage – rockstar – Panic City Valhalla Bootleg
29. Bone Crusher – Never Scared – Wellman Remix
30. Tyga – My Way – Intro
31. Kap G – Freakin N Geekin – Intro
32. 50 Cent – I Get Money
33. O.T. Genasis – Everybody Mad
34. G-Eazy ft. ASAP Rocky & Cardi B – No Limit
35. Faith Evans & The Notorious B.I.G. ft Jadakiss – NYC
36. Alicia Keys ft. Jay-Z – Empire State Of Mind – Frank Sinatora Intro
37. Kesha – Praying – KidCutUp RE-Drum

DJ IKUのOfficial SiteTwitterFacebookInstagramMixcloudをフォロー。

関連: ビデオ: DJ IKUのGENRE BNDRルーティン

ビデオ: DJ IKUのGENRE BNDRルーティン

Red Bull 3Style Japanチャンピオンのタイトルを持つDJ IKUのGENRE BNDRルーティンが公開されました。収録場所は先日のDJ B=BALLのショートルーティンバンコクのDJcity Cutting Roomと同じくKreatah DJ Skoolです。

10分間のジャグリング、スクラッチ等を含んだセットはワンテイクで撮影されました。また使用されている楽曲も新旧の様々なジャンルが使われています。

トラックリスト:

1. Mac Miller – Party On Fifth Ave
2. Big Gigantic – Get On Up
3. James Brown – Get Up
4. Kurtis Blow – The Breaks
5. Fatman Scoop – Be Faithful
6. Lil Jon ft. T-Pain, Problem, & Snoop Dogg – My Cutie Pie (Jordan Crisp Rapper’s Delight Intro Edit)
7. Anderson Paak – Come Down
8. DJ Khaled ft. Rihanna & Bryson Tiller – Wild Thoughts
9. Run Dmc – Walk This Way
10. Joan Jett – I Love Rock’N’Roll (MAKJ Remix)
11. Survivor – Eye Of The Tiger
12. DJ HERO – Robot Rock vs Queen

関連: DJ IKUがPioneer DJのDJM-250MK2を使いルーティーンを披露

DJ IKUがPioneer DJのDJM-250MK2を使いルーティーンを披露

2010年のRed Bull 3Style日本チャンピオンのDJ IKUがTrap系の楽曲を使ったルーティーンをPioneer DJから公開しました。撮影は東京の屋外で行われターンテーブリストとしてPioneer DJのDJM-250MK2を使いパフォーマンスをしています。さらに彼はPLX-500 turntable、DDJ-SP1サブコントローラー、そしてRekordbox DJソフトウェアも使用しています。

Pioneer DJはDJM-S9ミキサーのサポートを含んだRekordbox 5のベータ版を公開したばかりです。

関連: Pioneer DJがRekordbox5のベータ版が公開されました

ビデオ: DJ HedspinとDJ Ikuのスクラッチセッション

Red Bull 3Style 2011世界チャンピオンのDJ Hedspinと2010年日本チャンピオンのDJ IKUKendrick Lamarの”Humble.“でスクラッチルーティーンを披露しました。撮影当日にて軽い打ち合わせのみを行いできたルーティーンですが完成度はかなり高いのではないでしょうか。

関連: ビデオ DJ Ikuのジャンルベンディング ルーティーン

Red Bull 3Styleエントリーが開始しました

DJ Youki 600

Red Bull 3styleのエントリーが開始しました。今回で開催8度目になる3style、ジャパンファイナルは10月13日に札幌で行われ、勝者はポーランドのクラカウにて行われるワールドファイナルに出場することができます。

DJの出場エントリー方法は、5分間のパフォーマンス映像をサイトにアップロードすることによってエントリーが完了になります。

エントリー方法:
受付期間:2017年5月1日〜30日まで
募集条件:5分間のDJパフォーマンス映像サイトにアップロード

大会ルール:
※15分の時間内で3つのジャンルの曲をプレイ
※CDJ、Serato Scratch Live、Traktorは利用可能(MIDIコントローラーも使用可) ※マイク及びHOT SYNCの使用は禁止
※詳細はこちらから

下記で世界チャンピオンを含む、過去大会にて成績を残したDJ達のドキュメンタリー映像をご覧頂くことができます。

DJ YOU-KI (2016 Japan Champion)

DJ REN (2014 Japan Champion)

SHINTARO (2013 World Champion)

DJ IKU (2010 Japan Champion)

関連:Red Bull 3Styleの情報が公開されました

360°映像にDJ Ren、DJ Iku、DJ Rina、そしてDJ Yutoがフューチャー

Red Bull Thre3Style JapanチャンピオンDJ Ren(2014年)、JapanチャンピオンのDJ Iku(2010年)、2016年のJapanファイナリストのDJ Rina、そして2016年のDMCワールドチャンピンのDJ Yuto。日本を代表するパーティーロッカー/ターンテーブリストが日本の趣を感じさせる都内の邸宅に集結。DJが交互に奏でる音楽に合わせダイナミックにブレイクダンスが行われる様子を臨場感あふれる360°映像のビデオがNikonから公開されました。

撮影は、Red Bull Thre3Styleのフォトグラファーやアクションスポーツカメラマンとしても活躍中のJason Halayko

映像で使用されているカメラはNikonのKeyMission 360で収録されている為、PC・スマートフォンの設定を4Kに選択し最高画質での360°動画を見ることが可能です。(Wi-Fi推奨)

関連: DJ YutoがNative Instrumentsから新しいルーティーンを公開

DJ Ikuワークショップ – 2枚使い基礎編【9/24】

IKU WORK SHOP SEP2

2010年のRed Bull Thre3Style JapanチャンピオンのDJ Ikuワークショップがバージョンアップして戻ってきます。今回は具体的にどんなテクニックを習えるのかという要望に応え以下の点にカリキュラムが絞られました。

中心となる部分はナイトクラブプレイで活用できるテクニック「2枚使い」の基礎編として、DJ Ikuが音の選び方、その原理、そして練習方法をレクチャーしてくれます。そして実技は2枚使いの4カウントループと2カウントループ。そしてそのテクニックを組み合わせたコンビネーションを数パターン学ぶことができます。今回は基礎編ですが応用編も現在企画中です。

日時: 2016年9月24日 (土) 16時~(2時間)
場所: DJcity Japan Office (東京都中野区 最寄駅: 中野坂上駅or東中野駅)
料金: 7,000円
定員: 6名程度

関連: ミックス DJ Iku – T.G.I.F – WEEKEND PARTY MIX

Popular

  • SeratoがSerato DJ Pro 2.2をリリース

    Serato DJ Pro 2.2 (Source: Serato) Seratoが新しくSerato DJ Pro 2.2をリリースしました。 今回も様々な機能が追加されましたが、主に長年ユーザーからのリクエストがあった2つの新機能が注目されるのではないでしょうか?、Day ModeとPla...

  • DJcity Top 50 – June 2019

    下のリストは2019年6月にDJcityにてダウンロード回数を元に集計したチャートです 1. Tyga ft. J Balvin & Chris Brown - Haute 2. Chris Brown ft. Drake - No Guidance 3. DJ Snake & J Ba...

  • DJcity Podcast Mix: HERO from SKYGREEN

    大阪を拠点に活動し、SOCAやREGGAE色の強いカリビアンコミュニティに日本人DJとしてその身を置くHERO from SKYGREEN。これまでトリニダード・トバコで開催されている世界三大カーニバルにも出演した経験がある彼が今回のDJcity Podcast Mixを担当してくれました。主にSoc...

  • DJcity Top 50 June 2019 Mix by A4

    DJ 4RESTとACKOから成る二人組ユニット、A4が2019年6月のDJcity Top 50にランクインしている楽曲を元に組み上げたしたミックスを公開してくれました。Hip-Hop、Latin、House、そしてPop等のクラブバンガーで構成された76分間のMixになっています。 Mi...

  • HIJIRI-XがサマータイムVIBEのMixを公開

    毎週水曜日のWARP SHINJUKUでのイベントDJcity Japan Wednesdayのレジデントの一人、HIJIRI-X。また、TOKYO POSE POSSEのメンバーでもある彼が、CLUB HARLEMのSoundCloudでのプロジェクトシリーズ、THE MIXからMixをリリース...

  • Weekly Hot Tuesday (July 16)

    大阪で絶大な影響力持ち、日本を代表するDJ MINAMI。これまで大阪の主要な大箱で活動範囲を広げ、国内外問わず継続的に活動の幅を広げ続けている。現在はGIRAFFE、OWL、Ammona、GHOST ultra loungeにてレジデントをつとめる。その彼が現場目線でおすすめ新曲を毎週紹介。 ...