DJ HAZIME

サウンドプロデュース にMURO & DJ WATARAIによるKODP黄金タッグを迎えた「Checkmate Pt.2 – Double Check- SUIKEN ft. GOCCI」をDJcityに期間限定公開


2021年6月11日にリリースされたSUIKENのニューシングル「Checkmate Pt.2 – Double Check-」 がDJcityに期間限定(6/25まで)でインストと共に公開されました。この曲は2002年リリースの日本語ラップクラシックで、MUROと故DEV LARGEのコラボ曲「Checkmate」のパート2として制作されたもので、DEV LARGE主宰レーベルEL Dorado Recordsのレーベルメイトである盟友GOCCI(LUNCH TIME SPEAX)がFeaturingで参加。サウンドプロデュースにはMURO & DJ WATARAIが担当し、世代を超えたHip-Hopの魅力を改めて感じさせてくれる作品となっています。

この作品の制作に関してSUIKEN、DJ WATARAIとExecutive ProducerのDJ HAZIMEcherry chill will.を交えたインタビューをGENREBNDR Youtubeに公開

「Checkmate Pt.2 – Double Check-」はコチラから

関連: インタビュー: DJ HazimeとDJ Wataraiが共同プロデュース楽曲“Do It”について語る

【DJ HAZIME】DJとして最もPLAYした曲

“Hip-Hopの聖地”として今日では日本はもとより海外でもその名を知られるようになった東京渋谷 CLUB HARLEMにて、約20年に渡り土曜日のレジデントを務めている日本のリビングレジェンドDJ HAZIMEが土曜日のCLUB HARLEMで最もPLAYした曲3選。

1. Kanye West & Jay-Z – Ni**as In Paris
DJ HAZIME : たぶん、人生で一番クラブでかけたのはこの曲なんじゃないかなぁ。一曲の中に展開が色々あって、かけ飽きない。

2. Lauryn Hill – Can’t Take My Eyes Off Of You
DJ HAZIME : 朝方のフロアで、世代問わず人気がある。古さを感じさせないのがいいよね。

3. Serani & Ding Dong – Skip to My Luu
DJ HAZIME : 数あるDancehall Hitsの中でも、かけた回数が一番多いのはこれかな。あまりDancehall Reggaeに馴染みが無い人でも踊ってくれる。

関連: THROWBACK JAPANESE HIP-HOP (Mar. 18)

イントロクイズ「良〜く聞いてください」: ACKO vs DJ HAZIME

DJcity JapanがGENRE BNDRのYouTubeチャンネルから、イントロ曲名当て対決番組である、「良〜く聞いてください、THE FAST AND THE KNOWLEDGEABLE」を公開しました。

前回の対決では見事リバーザーとして出場したDopeOnigiriが勝利しています。今回の対戦では神戸を拠点にDJ/プロデューサーとして活動し、DJcity Top 50 mixを担当するACKOと東京を代表するDJ HAZIMEの対決となっています。

関連: イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DopeOnigiri VS BULLSET

THROWBACK JAPANESE HIP-HOP (Mar. 18)

DJ HAZIMEに大きな感謝です。JAPANESE HIP-HOPのTHROWBACK楽曲をDJcityレコードプールに掲載することが出来ました。通常掲載されている楽曲はプロモーションを目的としている為、リリースされて間もない楽曲を中心となっていますが、DJプレイにエッセンシャルな2010年代初頭のタイトルを手に入れるチャンスです。いずれの楽曲もManhattan Recordsよりリリースしている『The Exclusives Japanese Hip Hop Hits』シリーズに収録されています。

DJとして、そしてプロデューサーとしても今尚活躍しているDJ HAZIMEがプロデュース等に携わったクラシック作品、5タイトル(リミックスを含めると6タイトル)をDJcityレコードプールからダウンロードすることが出来ます。尚、これらの楽曲の掲載期間は本日から1ヶ月間ですのでご注意ください。


DABO, ANARCHY & KREVA – I REP

今も最前線で活躍する3人が2012年にコラボレーションしたクラシック作。

DABO, MACKA-CHIN, SUIKEN & S-WORD – 東京弐拾伍時
NITRO MICHROPHONE UNDERGROUNDのメンバーをDJ HAZIMEが招集し完成させた楽曲。

Maccho, NORIKIYO, 般若 & DABO – Beats & Rhyme
Maccho, NORIKIYO, 般若 & DABO – Beats & Rhyme – Cookin Soul Remix
DJ HAZIMEのスクラッチから始まるイントロに豪華ラッパーが各々のバースで繋ぐマイクリレー。そしてCookin Soulのサンプリングが効いたリミックスバージョン。

AKLO, PUNPEE & AK-69 – My Style
タイプの異なるアーティストがそれぞれのスタイルをテーマにした楽曲。

DJ HAZIME ft. RHYMESTER & PUSHIM – そして誰もが歌い出す
キング・オブ・ステージのラップにクイーン・オブ・レゲエのソウルフルな歌声が哀愁感漂わすメロウなスタイル。

関連: BULLとDJ HAZIME & K LARK a.k.a KOTAの「Save The Night」

BULLとDJ HAZIME & K LARK a.k.a KOTAの「Save The Night」

BULLの「Save The Night」がDJcityのレコードプールに掲載されました。この楽曲はイエガーマイスター主催のナイトカルチャーを守るというコンセプトを掲げたSAVE THE NIGHTというオンラインフェスのために製作された楽曲とのことです。

プロデュース陣はイエガーマイスターとパートナーシップで配信を続ける、説明不要のDJ HAZIMEとABEMA TVハイスクールダンジョンのブレイクDJとしても活躍し、数々の楽曲を手がけるK LARK a.k.a KOTAがプロデュースで参加しています。

楽曲「Save The Night」のダウンロードはコチラから。

関連: DJ HAZIME : DJcity Japan Playlist

DJ HAZIME : DJcity Japan Playlist

様々なシーンのナイトクラブで活躍するDJからプレイリストを公開してもらうコンテンツ、その名もDJcity Japan Playlist。今回はDJそしてプロデューサーとしても活躍するDJ HAZIMEが日本語楽曲が多数収録されたものを提供してくれました。AbemaMixやナイトクラブのレジデントDJで活躍する彼のプレイリストは興味深いです。

今回のプレイリストに関して本人より
「自分のパーティーで推してる15曲!!」
とコメント。

プレイリスト:

Big Sean – ZTFO
CJ – Whoopty
Internet Money & Gunna ft. Don Toliver & NAV – Lemonade
NLE Choppa ft. Mulatto – Make Em Say
Drake ft. Lil Durk – Laugh Now Cry Later
¥ellow Bucks ft. Eric.B.Jr. – Yessir
DJ CAPITAL-T ft. L+key – EREMA
SIMON ft. RYKEY – どうってことねえ
BULL – It’s all about
NOLIEL.ののの ft. SHOW_Schott – インターナショナルストリートアンセム
De La Ghetto & Nicky Jam – Sube La Music
Bad Bunny & Mora – Una Vez
Anitta, Cardi B & Myke Towers – Me Gusta
Haraca Kiko – Los Bobo Son Mio
Pereira, Daniel Parranda & Messiah – Que Tu Quiere

DJ HAZIMEのInstagramTwitterをフォロー。

関連: DJ Braize : DJcity Japan Playlist

DJリレーチャレンジ”#DoItScratchChallenge”

先日、DJ HazimeDJ Wataraiが共同プロデュースで¥ellow BucksZeebraをフューチャーしHarlem Recordingsからリリースした楽曲“Do It”。ただいま様々なDJが、“Do It”のイントロを使ってのスクラッチチャレンジ“#DoItScratchChallenge”がInstagram上で行われています。

今回、DJ 4REST / DJ B=BALL / DJ FUMMY / DJ HAL / DJ KEKKE / DJ MITCH a.k.a Rocksta / DJ REN / DopeOnigiriなど何名ものDJが“#DoItScratchChallenge”に参加しています。それぞれのInstagramアカウントより動画を確認することが出来ます。
上記のDJを含めた全動画は、Instagramにて“#DoItScratchChallenge”を検索で見ることが出来ます。

興味がある方は、“Do It” イントロのスクラッチを自己流にアレンジしてSNSに投稿てみてはいかがでしょう。スキルはもちろん、ネタ選びにもセンスが問われる #DoItScratchChallenge を是非チェックしてみてください。

素材は、DJcitySoundcloudにてダウンロードが可能です。

関連: インタビュー: DJ HazimeとDJ Wataraiが共同プロデュース楽曲“Do It”について語る

インタビュー: DJ HazimeとDJ Wataraiが共同プロデュース楽曲“Do It”について語る


MONSTER 02/08/2020 Photo by @cheesy_tats (Source: Instagram)

レジェンドDJ/プロデューサーでありClub Harlemで長年にわたりレジデントDJをつとめるDJ HazimeDJ Watarai。その2人が共同プロデュースで¥ellow BucksとZeebraをフューチャーした楽曲“Do It”をHarlem Recordingsからリリースしました。

楽曲はAcapとInstバージョンを含めてDJcityでダウンロードすることが出来ます。

今回はDJcityのインタビューで制作過程や共同で制作を行うことについて語ってくれました。

今回のプロジェクトはどの様な経緯から誕生したのですか?

HAZIME: Club Harlemが20周年の時にスタッフの方からもHarlem Recordingsを動かして「何かやりたいよね。」みたいな話が出たんだけど、ずっとそのままで具体的に何か動くわけでもなく、曲をリリースというよりはHarlem Recordingsを再始動するっていう話だけが出ていた感じだね。

そこからどうして楽曲プロデュースになったのですか?

WATARAI: 最初はHarlemでレギュラーDJをしている僕だったりHazimeだったりAlamakiだったりに、それぞれのDJ名義で楽曲を出していこうっていう感じだったんだけど。途中でHazimeからの提案で2人でやろうってなったんだよね。2人でどんどん進めていこうって。

楽曲制作に着手したのはいつぐらいからですか?

HAZIME: 去年の10月くらいだっけ?
WATARAI: うん結構前だよね。
HAZIME: 実は1月くらいには完成していたんだけど、タイミング的にずれ込んだんだよね。本当は4月1日くらいに出す予定もあったんだけど、新型コロナウィルスの影響でライブとかも出来ないし、少し様子をみましょうってことで4月22日変えたんだけど、状況も好転しないから最終的にただ様子見ただけになっちゃったんだけど。

楽曲制作の内容的にはどんなところから始めたのですか?

WATARAI: ビートが先でしたね。今回のビートに関してはHazimeのイメージで作りましたしラッパーのキャスティングもHazimeですね。

¥ellow BucksとZeebraというラッパーを起用することになったのはどんなところからなんでしょうか?

HAZIME: 俺もワタさんも20年選手じゃ済まないくらいこのシーンの中にいて、ベテランだけで一緒にやるっていうのは、もう面白くないと思ったんだよね。馴染みのメンバーで固めてやっても、俺達らしくはあるかもしれないけど、今それが面白いか、やるべきことなのかって思ったのと、俺達でしかやることの出来ないことをやるべきなんじゃないかと。一緒に切磋琢磨してやってきたラッパーと、イケている若手を組ませるって、これは俺等しか出来なくないかなっていうのがそもそもあって。俗に言うところの日本語ラップっていう意味では若手の20代前半から中盤の世代の子達が今人気あるけど、そこに俺らが完全に寄せて曲を作るのは、それこそCHARIがもうやっている事だし、俺等がやる必要はないなって思っていたので、シーンを引っ張ってきたZeebraとこれからシーンを引っ張っていくであろう¥ellow Bucksみたいなコンビがいいかなと思ったんだよね。

2人の名義の楽曲ですが、役割分担がオーガナイズされていますね。

HAZIME: リリックとかはラッパーに歌って欲しい内容を伝えたけど、俺がトラック作れるかって言ったら今は全く作れないし。アイデアをワタさんに伝えてさ、実際のトラック作るのもワタさんで、俺はもうそこは口出しだけ(笑)。俺はワタさんが普段やらない部分をやってまとめるっていう感じだよね。プロデュースっていうよりは2人で曲を一曲作りましょうよって感じ。

楽曲のビートの部分ではどう言ったところから作り上げたのですか?

WATARAI: 順番までは覚えていないんですけど、Hazimeからのこういう感じでっていう、割と細かく指示というか内容が伝えられていたんですよ。ギターメインの上ネタは嫌だとか、何個か注文があって。あとはお互いずっと同じ様な音楽を聴いてきて、こういうイメージなんだろうなっていうのが、要望から伝わるし、共通してわかる部分が多いから、どこから作っていったかは覚えてないですが、多分こういう感じなんだろうなって(笑)、想像して作りましたね。
HAZIME: いつもワタさんに曲をお願いする時も、あの曲のドラムでBPMをいくつで、ネタはあの曲でっていう注文の仕方をしている。めっちゃ楽なのが、それ以上言わなくても作ってくれるのよ。例えば3つ言ったら完璧以上にそれが返ってくるの。本当に俺はそれにめっちゃ助かっているのよ。

チームとして感覚がしっかりと共有されているんですね。

HAZIME: 俺はめっちゃそう。
WATARAI: こちらこそ。

曲をリリースした後のプロモーション的な展開はどう考えているのですか?

HAZIME: こういう時期だから、これまでの展開と変わってきちゃうよね。みんなが今携帯みているから、それが良く出るかもしれないし、反応がないかもしれないし。従来のライブでのプロモーションが出来ないしPVも集まって撮るとか不可能だから。これまでのプロモーションのボリュームには足りないし、もしくは形が違うプロモーションになるから、どうなるかだよね。本当は5月2日辺りにHarlemの周年があって。そこでお披露目Liveやる予定だったんだけど。延期だから。で、その映像を編集して後出しPVにしようっていう風に予定してたんだけどね。まあでもね。でも逆に規制かかってるからさ。この中でやろうになって。 諦めてっていうか、割り切ってやるしかないからね。じゃあやらないはないからさ。もうやれることをやろうしかない今は。

SNSでの展開等はどう考えていたりするのですか?

WATARAI: インストを公開してDo Itチャレンジ的なものを考えています。あとはHarlem Recordingsからなので、Harlemに携わっているDJ等にはたくさん協力してもらいたいなと(笑)。

インストが出回ると出来上がってくるRemixのクオリティーがピンキリになると思うのですが、制作者としてこのクオリティーをコントロール出来ない部分は嫌だったりしないのですか?

WATARAI: それをきっかけにオリジナル楽曲を聞いてもらえるならいいと思います。言っていいのかわからないですが、自分たちの作品より良いのは出てこないと思っているので(笑)。わからないですけどね。
HAZIME: ¥ellow BucksとZeebraだから、中々それを上回るものは出てこないよね(笑)。
WATARAI: みんな簡易的にiPhoneでとったやつをSNSとかにアップするだろうから、話題作りとしてはいいのかなと。

もしも物凄い高いクオリティーのモノが出てきたら、オフィシャルとしてリリース的なことってあったりしますか?

HAZIME: もし凄いのがあったら、ひょっとしたら、改めてレコーディングするかもしれない。

プロデューサーという言葉は一昔前まではトラックを作る人がそうでしたが、現在はその言葉の意味がより細分化されて変わってきていると思いますが、どう捉えていますか。

HAZIME: 俺は一切自分でトラックは作らないからさ。見る人が見たら自分で曲も作ってないし、何がHazime名義だって思う人がいるかもしれない。でも、作品のクオリティーを高めるためにワタさんとやったりしているわけ。
WATARAI: 笑。いやいや。昔に比べるとプロデューサーっていう立場の人がやる仕事っていうのが明確になってきたかなと。昔はね曲を作れる人をみんなプロデューサーって呼んでいたから。けど今はHazimeみたいにちゃんとキャスティングもしてトラックメーカーも選んで、曲の内容から何から選んでパッケージをしっかり組める人がプロデューサーっていうんだと思う。僕は所詮トラックメーカーなんですよ。プロデューサーってよりは。もう20年以上こういうことをやってきて自分にはプロデューサーとしての才能はないなと感じていて、そこはもうあんまり追求しないで、自分はトラックメーカーとしてもっとどんどん追求していこうとやってきて今もそれを続けているんですけど。なので、今回みたいにプロデューサーとしてやっているHazimeとやることに意義があるし。

凄いいいチームですね(笑)。お互いもっとこうだったらよりやりやすいのにみたいな部分はありますか?

WATARAI: 全然ないですね(笑)。
HAZIME: 僕達仲良しだから全然そういうのないよ(笑)
WATARAI: 変な話、どんなアーティストと一緒に作品を作りたいですか?と聞かれても僕わかんないんですよね。自分のトラック作ることしか普段考えていないから。この曲に誰のどんな声やリリックが合うかとか想像して普段から作ってないんですよ。あくまで自分の好きな世界で作っているんで。単純にインストとしてかっこいいものを作ろうとしているだけなんで。結構頼まれて作ったりすることあるんですけど、仕事をしていて一番話が早いのがHazimeなんですよね。毎回毎回、何も障害がないっていう感じなんですよね。やっぱり価値観が近いのかな。

価値観のすり合わせじゃないですけど、確認作業みたいなことしたりするんですか?

WATARAI: 全然しないですけど。やっぱこう聴いてきた音楽も同じだし。同じ現場で毎週DJもしてて。 なんとなくお互い多分この辺いいんだろうなみたいな。
HAZIME: ABEMAが結構デカくて。クラブプレイはどうしてもお客さん目の前にしてるから好きなようにいかないけど。ABEMAってリスト内でも、ある程度自分の世界観が作りやすいから。ワタさんのABEMAでのプレイとか聴いていると、あ、最近この辺も聴いてんだみたいなのもすぐわかるの。

最後に今回の楽曲“Do It”について。

WATARAI: この曲に関して言わせてもらうと、あくまで僕らは90年代からDJしてて。 Old SchoolのBoomboxが好きで。ただそれをやりたいとかっていうことよりは、もう昔からずっとDJやってきて、今のメインストリームも知りつつ、自分達が本当にドープだと思うものを今回表現できたかなっていうところがあるので、そこはすごい意識して聴いて欲しいなっていうのはあります。
HAZIME: 俺達のこの活動自体がね、ヒップホップDJ、クラブのDJとして、みんないつが引退の時期なのかとも全然わかってないわけ。 誰もね。 俺らの先輩でも自然とやめちゃったなとか、最近聞かないよねっていう人はもちろん山ほどいたけど。いつが引退の適齢期ですとか定年ですとか無いわけよ。だから、こうやってやり続けてれば、全然できる余裕だぜ。でも逆にここまでやらないと、こうはならないぞっていうのをやっぱ俺ら見せてかなきゃいけないと思うわけね。それをだから逆に、なんだ年寄り2人が揃ってリリースして、全然話題にもならないじゃん、売れないじゃんとかっていうのは、自分自身達にもマイナスだけど、でもちゃんと2人が組んだらすげえいい曲作るよね、これよくねっていうのが俺らのその現役の長さとか強さとかをどんどん変えてくれるわけ。そういうのも俺はちょっと意識して、こういうプロジェクトを進めていってる。

関連: DJ HAZIME & OZworld a.k.a R’kumaの新曲”She Iz”

DJcity Japan 10周年ファイナルイベント

AbemaMixとの企画大阪Piccadilly Umeda、そしてファイナルは東日本のDJcity JapanファミリーとWARP SHINJUKUでパーティーします。DJcityの本部があるアメリカとUKからもスタッフが訪れます。

尚、“22VISION”や“Temptation”をDJcityレコードプールに提供してくれているRy-Laxの出演が決定しました。もう一人も現在調整中ですので当日を楽しみにしていて下さい。

日時 2019年11月3日(日) 22:00-4:30
会場 WARP SHINJUKU

出演
DJs:
Braize / Caujoon / Hal / Hazime / Hiro / Iku / Kekke / Koya / Mr. Syn / Ram / Revolver / Yuskay

MC: Ricky

DJ HazimeとDJ InoのReggaeton Mix 2019


DJ Ino & DJ Hazime (Source: Instagram @djinojp)

DJ HazimeDJ Inoが毎年リリースしているReggaetonで構成されたミックスシリーズの最新作が公開されました。Reggaeton Mix 2019は前半のパートをDJ Hazime、そして後半をDJ Inoが担当し、今旬のReggaeton楽曲が40曲収録された68分の内容となっています。

トラックリスト:
DJ HAZIME

1. Sech & Darell – Otro Trago
2. Bad Bunny & Tainy – Callaita
3. Jhay Cortez, J Balvin & Bad Bunny – No Me Conoce Remix
4. Lunay ft. Chris Jeday & Gaby Music – Soltera
5. Lunay, Daddy Yankee & Bad Bunny – Soltera Remix
6. Daddy Yankee ft. Snow – Con Calma
7. Nicky Jam & Ozuna – Te Robare – DJ Santarosa Club Edit
8. Maluma – HP
9. J Balvin & Bad Bunny – Que Prentendes
10. Sean Paul & J Balvin – Contra La Pared
11. DJ Snake & J Balvin ft Tyga – Loco Contigo
12. DJ Luian, Mambo Kingz & Anuel AA ft Nicky Jam, Darell & Brytiago – Verte Ir – Jesus Fernandez Club Edit
13. Myke Towers & Farruko – Si Se Da
14. Ozuna – Baila Baila Baila
15. Tito El Bambino – Pega Pega
16. Zion & Lennox, Anuel AA & Haze – Guayo – BROSS Club Edit
17. Guaynaa – Rebota – DJSteveC Hype Edit
18. Luigi 21 Plus & J Balvin – Siempre Papi Nunca Inpapi
19. Wisin ft Jon Z & Don Chezina – 3G

DJ INO

20. Ozuna ft. Lunay. Rauw Alejandro. Y Lyanno – Luz Apaga
21. Lunay – Fin De Semana
22. Amenazzy, Nicky Jam & Farruko – Baby
23. Alex Sensation, Anitta, & Luis Fonsi – Pa’ Lante
24. J Alvarez, Pusho & Benny Benni – Baila Mami
25. Zion & Lennox – Hola
26. Anuel AA & Haze – Amanece
27. Anuel AA & Karol G – Secreto
28. Bad Bunny ft. Drake – MIA – Salsa Ver
29. J Balvin & Bad Bunny – Mojaita
30. Farruko & Bad Bunny – La Cartera
31. Chencho Carleone & Miky Woodz – Impaciente
32. Akon ft. Becky G – Como No
33. Dalex ft. Nicky Jam, Justin Quiles, Sech, Lenny Tavarez, Feid, Rafa Pabon – Cuaderno
34. Dalex, Rafa Pabon, & Khea ft. Sech, Cazzu, Feid, & Lenny Tavarez – Pa Mi – Remix
35. ROSALIA & Ozuna – Yo x Ti, Tu x Mi
36. Daddy Yankee & Wisin & Yandel – Si Supieras
37. Anuel AA, Daddy Yankee & Karol G ft. J Balvin & Ozuna – China
38. Daddy Yankee & Anuel AA – Adictiva
39. Tito El Bambino, Pitbull & El Alfa – Imaginate
40. Pitbull, Daddy Yankee, Natti Natasha – No Lo Trates

DJ HazimeをInstagramTwitterでフォロー
DJ InoをInstagramTwitterでフォロー

Popular

  • 【DJ ALAMAKI】DJとして最もPLAYした曲

    新しい音楽や情報をいち早く捉えては自らの解釈で吸収し、豊富な音楽知識から縦横無尽にまとめ上げるスタイルには国外からの支持も厚く、類を見ない新たなDJスタイルを作り上げ、日本そして世界へと提示し続けているDJ ALAMAKI。約12年間レジデントを務める金曜日のCLUB HARLEM(現在BORN FREE...

  • 最新&注目の楽曲 6/14

    Yung Bleu, Chris Brown & 2 Chainz - Baddest 新鋭の人気アーティストがChris Brownと2 Chainzを迎えた新曲。 Troyboi & Destructo - You're the One for Me TroyboiとDestruct...

  • DJcity Top 50 May 2021 Mix by A4

    2021年5月のミックスが到着しました。ミックスを担当してくれているのはA4(ACKO&DJ 4REST)。 DJcityの2021年5月のTop 50にランクインしている楽曲をベースに30楽曲が収録されています。ダウンロードをしていない楽曲をチェックするにも良いですし、ミックス自体もと...

  • DJ KANJIがLEX, HIYADAM & Y’Sを迎えた「Smash!!!」を公開

    数々のヒットをプロデュースしてきたDJ KANJIがLEX, HIYADAM & Y'Sを迎えた新曲、「Smash!!!」をDJcityに公開してくれました。若手からベテランの人気ラッパーを迎えた今回の新曲DJ KANJI自身でプロデュースしています。フロアヒット間違いなしのエナジー高いビートとラッパ...

  • 【DJ MR.SYN】DJとして最もPLAYした曲

    日本在住のDJとして初めてロサンゼルス発、西海岸最大のヒップホップ専門ラジオ局POWER106のJumpoff Mixに抜擢されるなど、そのミックスセンスを日本から世界へと立証し続けるDJ MR.SYN。地元北海道で長きに渡るDJキャリアの中で最もPLAYした曲3選 Usher ft.Lil Jon &...

  • Weekly Hot Tuesday (June 15)

    Migos - Avalanche Migosのニューアルバム、Cuture 3が遂に先週リリースとなってその全貌が明らかになりましたよね〜。自分も全体ザクっと聞かせてもらったんですが、先行でカットされてた「Straightenin」や「Need It」はもちろん収録されてますが、他に自分的に耳...

  • 【DJ GEORGE】DJとして最もPLAYした曲

    2002年に大阪から全国へと多大なる衝撃を与え、関西ヒップホップパーティー新時代の基盤を作ったと言えるであろう伝説のビッグパーティー「OSAKA SAFARI」(ex. GRAND CAFE)をプロデュースし、2016年FINALまで10数年ヒップホップパーティーシーンを引率し、さらなる進化をし続けてきた...

  • 最新&注目の楽曲 6/7

    Roddy Ricch prod. Mustard - Late At Night Roddy RicchとDJ Mustardの新しいR&B調なシングル。 Bad Bunny - Yonaguni プエルトリコ出身の世界的スターがスペイン語と日本語を交えたメロウなReggaeton作品...

  • 🇹🇭タイのクラブヒット

    DJcityにタイのナイトクラブでヒットしている楽曲が掲載されました。楽曲をキュレートしてくれたのはDJcityタイのリージョナルディレクターBomber Selecta。彼はRed Bull 3Style Thailandチャンピオンを2度取得し、バンコクを中心に東南アジア等で活躍をしている ワ...