DJ Kekke

DJ KEKKE : DJcity Japan Playlist

4月に第一弾を発信をした、全国で活躍を見せているDJを中心に毎月プレイリストを公開するDJcity Japanよりの新しいコンテンツ。第二弾目は、東京を拠点に活動しており、国内外問わず年間を通し圧倒的な場数をこなし国内トップクラスのDJとして活躍を見せるDJ KEKKE

今回のプレイリストに関して本人より
「Mellowだからこそ!クラブのピーク時のど真ん中でかけたいR&B(オリジナルver.に限る)。流れも良く上手くかければキャー!(女性歓声)が貰える優れもの^^」
とコメント。

プレイリスト:

Summer Walker & Usher – Come Thru
Jhené Aiko ft. H.E.R. – B.S.
Mahalia feat. Ella Mai – What You Did
Inayah – Best Thing
Justin Bieber ft. Quavo – Intentions
Khalid – Talk
PARTYNEXTDOOR & Rihanna – BELIEVE IT
Trey Songz ft. Summer Walker – Back Home
Summer Walker – Playing Games
Ella Mai – Trip
Chris Brown ft. Drake – No Guidance
The Bonfyre ft. 6lack – U Say
Khalid – Better

DJ KEKKEのホームページMixloudInstagramTwitter、をフォロー。

関連: DJ B=BALL : DJcity Japan Playlist

イントロクイズ“良〜く聞いてください”: DJ KEKKE VS MC MOGGYY

DJcity JapanGENRE BNDRのYouTubeチャンネルから、イントロ曲名当て対決番組である、良〜く聞いてください、THE FAST AND THE KNOWLEDGEABLEを公開しました。

前回の対決では見事DJ BRAIZEが勝利していますが、今回の対戦ではDJ KEKKEMC MOGGYYの対戦となっています。

前線で活躍するナイトクラブDJ・MCの音楽知識をイントロクイズにて可視化したゲームであり、総勢16名がトーナメント形式で戦います。ルールは至ってシンプル。先に3問正解したDJ/MCが勝ち抜け。イントロクイズの問題となる楽曲は全てDJcityでダウンロード可能となっています。なお、今大会の司会はDJ 8manが務めています。

今後も多くのDJ/MC達が対決して行きます。乞うご期待ください。

関連: THE FAST AND KNOWLEDGEABLE: DJ KANJI VS DJ BRAIZE

DJ KEKKEがクラブDJでの選曲についてのチュートリアル映像を公開

東京を拠点に活動し、国内外様々なナイトクラブでプレイするDJ KEKKEがクラブDJでの選曲についてのチュートリアル映像を公開しました。今回使用された楽曲は

1. Drake – Toosie Slide
2. Megann Thee Stallion ft. Beyonce – Savage Remix
3. [Part.1] Rihanna ft. Jay-Z – Talk That Talk
3. [Part.2] Future, Drake & Young Thug – D4L

になります。

DJ KEKKEはなぜこれらの作品を選曲した理由などを解説、更に実際にミックスをしている様子もアップし技術的な面も説明をしてくれています。

DJ KEKKEの、Official SiteInstagramMixcloudFacebook、をフォロー。

関連: DJ HALとDJ KEKKEのコラボミックス『STAY HOME MIX』の第二弾が公開

DJcity Takeover LiveにDJ B=BALLが参加決定

今週のInstagramのライブストリーミング、DJcity Takeover Liveの出演者が決定しました。先週に続きDJ KekkeDJ Braize、そしてRed Bull 3Style JapanチャンピオンでありPiccadilly UmedaのレジデントDJであるDJ B=BALLの3人のDJが出演します。

今回のトピックは次の内容を予定しています。

– 今注目の音楽制作ソフトウェアやDJソフトウェア

- 楽曲制作にかかる時間
– rekordboxへの移行について(メリット/デメリット)

DJcity Takeover LiveはDJcityのYUKI、GOTAQUITOTSUGA、そしてDopeOnigiriがホストとなり出演するDJに様々な質問を投げかけるPodcastライブです。
2020年4月16日(木)20:00スタート
DJcity Takeover LiveはDJcity JapanのInstagramオフィシャルアカウントから

GENRE BNDRのサイトにて購入されたアイテムの利益を参加するDJの出演料に還元されます為、ご協力お願いします。

Instagramでのライブ配信では視聴者からの質問を受け付けています。

関連: DJcity Takeover LiveにDJ Braizeが参加決定

DJ HALとDJ KEKKEのコラボミックス『STAY HOME MIX』の第二弾が公開

自宅待機を余儀なくされる中、“音楽で毎日を元気に!”というDJ HALDJ KEKKEの二人の思いが詰まったコラボレーションミックスシリーズSTAY HOME MIX
先日第一弾を公開したばかりの2人がSTAY HOME MIX Vol.2を公開しました。
DJ HALは、LDH所属グループDoberman Infinityの専属DJを務め東京を中心に全国各地で活動しており、DJ KEKKEも東京を拠点に全国各地で活動を見せています。又、2人はAbema Mixの火曜日を担当しています。
第二弾となる今回のMIXは、前半The Notorious B.I.G.パートをDJ KEKKE、後半2PacパートをDJ HALが担当し、ピアニストのSwing-Oをフューチャリングしたよりブラッシュアップされた楽曲や豪華ラッパー陣が密かに毎回シャウトしています。

Tracklist

DJ KEKKE
1. Intro (Live in London 1995 & Angels)
2. The Notorious B.I.G. – Niggas
3. The Notorious B.I.G. – Come On
4. The Notorious B.I.G. – Kick In The Door
5. Craig Mack ft. The Notorious B.I.G., LL Cool J, Busta Rhymes & Rampage – Flava In Ya Ear Remix
6. Crooklyn Clan – The Franklinz
7. Puff Daddy ft. The Lox, Lil Kim & The Notorious B.I.G. – It’s All About The Benjamins
8. The Notorious B.I.G. & Lil’ Kim (Junior Mafia) – Get Money
9. Junior M.A.F.I.A. ft. The Notorious B.I.G. – Player’s Anthem
10. Mary J. Blige ft. The Notorious B.I.G. – Real Love (Hip Hop Remix)
11. The Notorious B.I.G. – Dreams
12. The Notorious B.I.G. – One More Chance (Hip Hop Mix)
13. The Notorious B.I.G. – One More Chance (Live Appollo 1995)
14. The Notorious B.I.G. ft. Pam Long – Hypnotize
15. The Notorious B.I.G. – Gimme the Loot
17. The Notorious B.I.G. ft. Lil’ Cease – Can I Get Witcha
19. The Notorious B.I.G. ft. Lil’ Kim & Puff Daddy – Notorious B.I.G.
21. The Notorious B.I.G. ft. Mase & Puff Daddy – Mo Money Mo Problems
22. The Notorious B.I.G. ft. Jermaine Dupri – Big Poppa (So So Def Remix)
23. The Notorious B.I.G. – Miss U
26. The Notorious B.I.G. ft. 112 – Sky’s The Limit
28. The Notorious B.I.G.- Juicy
29. The Notorious B.I.G. – B.I.G. (Interlude)
30. The Notorious B.I.G. – Going Back to Cali

DJ HAL
1. 2Pac ft. Notorious B.I.G. – Runnin (Dying to Live)
2. 2Pac ft. Thug Life – Pour Out A Little Liquor
3. 2Pac ft. Dramacydal – Me Against The World
4. 2Pac – Do For Love
5. 2Pac ft. The Outlawz – Baby Don’t Cry
6. 2Pac ft. Nate Dogg – Skandalouz
7. 2Pac – Open Fire
8. 2Pac ft. Digital Underground – I Get Around
9. 2Pac – How Do U Want It
10. 2Pac – Toss It Up
11. 2Pac ft. The Outlawz – If They Love Their Kidz
12. 2Pac ft. The Outlawz – Lost Souls
13. 2Pac – Thug Nature
14. 2Pac ft. Yaki Kadafi – Soon As I Get Home
15. 2Pac – Picture Me Rollin’
16. 2Pac – Throw Your Hands Up
17. 2Pac ft. Swing-O – All About U
18. 2Pac ft. Swing-O – Changes
19. 2Pac ft. Keyshia Cole – Playa Cardz Right
20. 2Pac ft. The Outlawz – Teardrop and Closed Caskets
21. 2Pac ft. Val Young – To Live & Die In L.A.

関連: #おうち時間 Mixリスト

DJcity Takeover LiveにDJ Braizeが参加決定

先週、Instagramのライブストリーミングで行ったDJcity Takeover Liveが今週も行われることが決定しました。前回のメンバーに加えてDJcityからTsugaそして、AlifeやWarpのDJcity WednesdayにてレジデントをつとめるDJ Braizeが新たに参加します。

DJcity Takeover LiveはDJcityのYUKI、GOTAQUITOTSUGA、そしてDopeOnigiriがホストとなり出演するDJに様々な質問を投げかけるPodcastライブです。前回のライブストリーミングでは、初めて買ったCD、過去10年でヒットしたが個人的にはあまり好きではない楽曲、そしてDJ前のルーティン行動等をDJ IKUDJ KEKKEが語ってくれました。

2020年4月16日(木)20:00スタート
DJcity Takeover LiveはDJcity JapanのInstagramオフィシャルアカウントから

GENRE BNDRのサイトにて購入されたアイテムの利益を参加するDJの出演料に還元されます為、ご協力お願いします。

Instagramでのライブ配信では視聴者からの質問を受け付けています。

関連: DJcity Takeover LiveをInstagramから配信

DJcity Takeover LiveをInstagramから配信

COVID-19の影響でDJcity Takeoverのパーティーが延期されていましたが、DJcity Takeover LiveとしてGENRE BNDRの協力の元ライブ配信を4月9日にすることが決定しました。今回の配信は完全なるリモートコントロールで出演者が接触することなく実現することができます。

DJcity JapanのYUKI、GOTAQUITOTSUGA、そしてDopeOnigiriがホストとなり出演するDJに様々な質問を投げかけるPodcastライブになります。そして第一回目のゲストにはRed Bull 3Style JapanチャンピオンのDJ IKUとAbemaMixの毎週火曜日のMixerを担当しSWAYのオフィシャルDJもつとめるDJ KEKKEが決定しました。

2020年4月9日(木)17:00から
DJcity Takeover LiveはDJcity JapanのInstagramオフィシャルアカウントから

※GENRE BNDRのサイトにて購入されたアイテムの利益を参加するDJの出演料に還元されます為、ご協力お願いします。

Instagramでのライブ配信では視聴者からの質問を受け付けています。質問はライブ中のコメントからお願いします。

関連: 日本初!?クラウド上でのパーティー

DJ KEKKEがライブMixと共に振り返る#1222360


photo by Daisuke Sugaya. (Instagram:@d.iam)

先日DJ KEKKEがワンマンのロングプレイで開催したVUENOSでのパーティー#1222360。当初予定していた、6時間を1時間上回った420分に渡ってオープニングからクローズまでを彼が担当しました。パーティーには多くのミュージックファンそしてDJをはじめとした業界の人も訪れていました。

DJ KEKKEが盛り上がりをみせたパーティーへの準備や長時間プレイをすることの大切さ等をDJcityで語ってくれました。また、当日のライブMix音源やリキャップ映像も公開されています。

早速ですがパーティーを振り返ってみてどうですか?

パーティー当日がもちろん良かったんですけど、当日までのSNSでの情報公開のやり方や作り込みが良かったんだろうなと思いました。当日パーティーに来る前までに、みんなの興奮や期待値を高めることができたんだと思います。ラジオでYANATAKEさんが「クラブに入った瞬間からパーティーができあがっていた」と言ってくれたんですけど、クラブに入った瞬間から今日は、ヤバいパーティーになるという期待感を作り込めたのが狙い通りうまくいきそれが成功に繋がったのだと思いました。

普段は1時間程度のプレイ時間だと思うのですが、6時間プレイすることで大きな違いはどんなところにありましたか?

手応えで言うと普段やっていた1時間のプレイというのは秒で終わっていたのだなと感じましたね。DJが短い時間しかプレイしないことが、クラブシーンにとっても発展を生み出さない部分でもあるのかなと改めて感じました。そしてパーティーの作り込みも、もっと考えた方がシーンも良くなるし、DJも長い時間やった方がもっと上手くなるし責任感も生まれるって思ったんですよね。それに、オーディエンスとDJの感覚は別ものだと思ったんですよ。でもこの感覚を合わせることが一番大切じゃないですか。前から感じてはいたんですけど、DJは曲をつなげる時ってヘッドフォンで片方の耳から次の曲を聴きながら、オーディエンスが聴いている音楽も反対の耳で聴いている状態なんですよね。だからDJって次にかかる曲を聴いているから勝手に自分だけがテンション上がっていて無駄にクイックに繋いだりしちゃったりするんですよ。当たり前のことなんですけど、オーディエンスはフロアーでスピーカーから流れている曲だけしか聞こえていないんです。当然の如く、その環境下で判断して盛り上げていかなければいけないんですけど、オーディエンスは踊っていたり、お酒を飲んでいたり、会話をしていたりで実はそんなに音楽はダイレクトに入っていなかったりするんですよ。だからこそ、そのリスナーと同じ目線になれる、ヘッドフォンを外してでも今フロアーに流れている生の外の音を自分で感じて踊ったりとかしないとたぶん同じ目線で同じ雰囲気やバイブスになれないと思うんですよ。それは1時間のプレイとかじゃ多分無理ですね。短い時間のプレイタイムではやっぱりゲストDJっぽくなっちゃいますね。どんどんこっちから仕掛けていくというか、全部クイックでこっち来いよ的なスタンスになっちゃいがちですね。そうなるとこれはお客さんは疲れるし、雰囲気の流れなんて絶対にできるわけないなと思いましたね。最低でも2時間とか3時間ずつとかやらないと、本当のお客さんの立場でプレイというのは結構厳しいなと思ったんですね。ゲストDJとかだったら、お客さんからの期待感で注目を得れるから、突発的な反応があるかもしれないですけど。いざ本当にちゃんとバーでお酒を買っているテンションとか、会話してるテンションとか、踊ってる人のテンションとか、階段から降りてくる人のテンションとかと同じテンションには多分なれないですね。


photo by Daisuke Sugaya. (Instagram:@d.iam)

見ているこっちもDJ楽しそうにやっているなというのが滲み出てましたね。あんなにエネルギー出してやってるの見たことないかもですね(笑)。

ははは(笑)。たぶんホント音楽かけてくうちにハマっていきましたねアレは。別に最初からテンション上げてこうという感じは全くなくて。何かよしやるぞっていうテンションよりは、いきまーすみたいな、ゆっくりやろうって決めてたんで最初。あとは、お客さんにはつられないって決めてたんですよ。もうワンマンだからクラブから帰ることは絶対ないと思ってたんで。だったらもう俺がその表現したいオープンのパフォーマンスや、どんなにHip Hopを求めている人が来てもずっとHouse1時間以上絶対やろうと思ってたんで。それが逆に良かったのかもしれないですね。クラブ全体にそのHouseの早いビートが響いて、パーティー感が徐々にでてきて、そういうのがすごい良かったのかもしれないですね。パーティー感がでたっていうのは本当にやっている立場ですが楽しかったです。


photo by Daisuke Sugaya. (Instagram:@d.iam)

関連: DJ KEKKEがワンマンの6時間DJセットイベントを企画

DJ KEKKEがワンマンの6時間DJセットイベントを企画

DJ KEKKEが東京での活動10周年を記念して360をテーマにしたイベント#1222360を開催することが決定しました。ワンマンで6時間(360分)のロングセットに加えて、普段はお客さんと距離があるDJブースをフロアー上に設置しクラウドが360度でDJ KEKKEを見ることが出来ます。

また、イベントを記念したTシャツがMagic Stickとのコラボレーションで販売されるとのことです。イベントの詳細はこちらから

関連: DJ KEKKEがR&B MIXシリーズ、”R&B FRUIT”を公開

DJcity Japan 10周年ファイナルイベント

AbemaMixとの企画大阪Piccadilly Umeda、そしてファイナルは東日本のDJcity JapanファミリーとWARP SHINJUKUでパーティーします。DJcityの本部があるアメリカとUKからもスタッフが訪れます。

尚、“22VISION”や“Temptation”をDJcityレコードプールに提供してくれているRy-Laxの出演が決定しました。もう一人も現在調整中ですので当日を楽しみにしていて下さい。

日時 2019年11月3日(日) 22:00-4:30
会場 WARP SHINJUKU

出演
DJs:
Braize / Caujoon / Hal / Hazime / Hiro / Iku / Kekke / Koya / Mr. Syn / Ram / Revolver / Yuskay

MC: Ricky

Popular