インタビュー

【DJ MARTIN】渡米中に最もPLAYした曲


2007年から約7年間ニューヨークに渡米。その後シンガポールでも2年間活動し帰国。現在ではアメリカのエージェンシー「SKAM ARTIST」と契約するに至るまで、Up & downAvenueMarquee1OakPHD ROOFTOP、今や伝説となったPacha NYCなどマンハッタンにある数々の一流ナイトクラブでレジデントを務め、音楽に対してシビアなニューヨーカーから絶大な支持を集めるDJ MARTIN。そんな彼がニューヨーク在住中に最もPLAYした楽曲三選

Jay-Z – Public Service Announcement
MARTIN : 僕たち世代の王道Jay-Zはあまりにもヒット曲が多すぎて正直迷ったんですが、一番最初に出てきたのがこの曲です。自分自身もほぼ毎晩かけたし、現地のDJがこの曲をかけた時もフロアはいつでも沸いてました。新曲に限らずHIPHOPクラシックとして古い楽曲でも盛り上がり続けるNYでのJAY-Z人気はやっぱりすごいなと思わせてくれる1曲です。

Frankie Beverly & Maze – Before I Let Go
MARTIN : アメリカに住んでから発見した事がたくさんあるのですが、例えばこの曲でこんなにみんな踊るのかとか、この曲でこんなにみんな歌うのかとか。僕が選んだこの曲は、かけるとみんな大声で楽しそうに合唱する(サビだけとか、このパートのこの部分だけとかじゃなくてどこでフェーダーを切ってもみんな歌ってるイメージです)。アメリカではオープンからラストまで一晩1人でプレイする事も多かったので、この曲はパーティーの最後や、終盤に差し掛かる頃にプレイした一曲です。

French Montana ft Rick Ross, Drake & Lil Wayne – Pop That
MARTIN : この曲は上の2曲とは違って僕が実際に住んでいた時にリリースされ(当時の新曲)、今でもフロアをとても盛り上げる曲。国内外のクラブで何度もかけてきたし、クラブやラジオでも聞かない日はなかった。ダンサーではなくてもフロアにいた一般女性客のほとんどがtwerkingしていたアメリカらしい姿を今でも印象強く覚えています。この曲をリリース後French Montanaがライブをしたパーティーで自分もDJとして参加したのですが、あの日の盛り上がりと感動は今でも忘れません。

関連: 【DJ YAZZ】渡米中に最もPLAYした曲

DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません: DJ KEKKE

DJcity JapanのDopeOnigiriによるインタビューシリーズ、「DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません」第5弾が公開されました。この企画ではDJとしても活動するDopeOnigiriが同じく国内で活躍しているDJにインタビューを行い、現状について様々な質問を行っていくという企画です。

今回のエピソードに出演してくれたのは、国内外で幅広く活躍している日本のスターDJの1人、DJ KEKKEが出演してくれました。パート1ではDJ KEKKEのDJとしてのキャリアについて、初めて東京の現場をみた時について、また若いDJへ向けてこれからどのようなDJとして活動すべきかについてのアドバイスなどを語ってくれています。

パート2は来週公開予定。

関連: DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません: DJ CHARI

【DJ YAZZ】渡米中に最もPLAYした曲

2014年から世界最大クラスの一流ナイトクラブが立ち並ぶラスベガスに単身渡米。全世界から様々な人種の観光客が訪れ、多種多様な音楽を求めらるとゆう土地柄から生まれたオープンフォーマットの本場を体感し、ダウンタウンにあるナイトクラブCOMMONWEALTHでのレジデントをはじめ、テキサスやカリフォルニア州等でのゲスト出演など、数多くの現場を経験してきたDJ YAZZ。そんな彼が渡米中の約7年間で最もPLAYした楽曲三選

Too $hort – Blow The Whistle
YAZZ : ベイエリアのレジェンドToo $hortの代表曲! 2006年のリリースですが未だにプライムタイムでよくかかり、「この曲まだこんなに盛り上がるんや!?」と渡米後に驚いたのを憶えています。“What’s my favorite word? B#tch”の”B#tch”のところをフェーダー切ってお客さんに歌わせるのがお決まり。西海岸では今でも鉄板の1曲!

2 Chainz ft. Kanye West – Birthday Song
YAZZ : 日本にいた頃からよくかけていたこの曲ですが、渡米後はその頻度が高くなりました!ベガスという土地柄、誕生日に友達みんなで他州から遊びに来る人達が多かったので、毎週末、多い時は一晩に2、3回Birthday Songを求めらました。50cent – In Da Club、Trap Beckham – Birthday B#tchなどもよくかけましたが、やっぱりこの曲が一番よくかけたかな〜と思います。

Mark Morrison – Return Of The Mack (C&J Street Mix)
YAZZ : 90’s R&Bのクラッシック!ダウンタウンのクラブで回す時は1晩1人で回すことが多かったので、オープンやクローズの時間帯はもちろん、プライムタイムでも流れを変える時などに90’sを挟んだりしていたので、その時によくかけていたのがこの曲!クラブ以外でも、バー、ラウンジ、レストランでDJすることも多かったので、その時にもによくかけてたし、リクエストされることも多かった1曲です。

関連: 【DJ SOULJAH】渡米中に最もPLAYした曲

【DJ SOULJAH】渡米中に最もPLAYした曲


1999年からニューヨークに在住し、マンハッタン最大級のクラブAVALONで毎週土曜日のレジデントDJや、エミネム主宰のラジオ番組「SHADE45」で日本人初となるゲストDJ を務めた他、ティンバランドを始めとするセレブのバースデー・パーティーのDJを歴任するなど、世界でもトップクラスのプロデューサーや 大御所DJ 達からもお墨付きの実力者DJ SOULJAH。そんな彼がニューヨーク在住中の12年間に最もPLAYした楽曲三選。

The Notorious B.I.G. – One More Chance (Stay With Me Remix)
SOULJAH : 最近だとMoneybagg Yo – Wockesha使いとしても人気のこちら。
Playした比率はBig PoppaやMo Money Mo Problems以上かな

Jay Z – Where I’m From
SOULJAH : Empire State of Mindと並ぶ出身地に強く拘るニューヨーカーのアンセム。「Who’s The Best MC’s ?」の問いの後に次曲へ

Nas – New York State Of Mind
SOULJAH : 実際会った中で1番覇王色を放っていた神の子ナズ
この曲はニューヨークでかけるとこれがまた格別なのよ

関連: 【DJ C2】DJとして最もPLAYした曲

【DJ C2】渡米中に最もPLAYした曲

ニューヨークでアーティストビザをDJとして取得し、TAO1OAK NYCをはじめMARQUEEAvenueUp&Downなど数々の一流ナイトクラブでのレジデント経験を持ち、LOUIS VUITTONやaddidas、McDonald’sなど大企業が開催するパーティーや、MTV AWARDのアフターパーティー、RihannaやDrake等の超一流アーティストをホストに迎えたクラブパーティーなどにも抜擢される実力者DJ C2。そんな彼が2003年から2018年まで15年間のニューヨーク渡米中に最もPLAYした楽曲三選

 

50 Cent – In Da Club 
C2 : この曲は自分が渡米した2003年頃にニューヨークのラジオ、MTV、クラブ、行き交う車の中など、ありとあらゆる場所でかかりまくっていた曲で、それから滞在していた2018年まで、常にかけていたとても思い入れの強い曲です。やはり海外でクラブは誕生日の時に友達を引き連れて派手に遊ぶ習慣がとても強く、毎日誰かの誕生日会が行われているようなイメージなので、まさにこの曲の歌詞がフィットしていて、「お前の誕生日みたいにパーティーするぜ、騒ぐぜ、飲むぜ!でも俺たちはお前の誕生日かどうかなんて、もうどうでもいいって感じでとにかくパーティーする!」って曲で、プロモーターも“誕生日のお客さんがボトルを開けたからこれを流せ”って感じで、とにかく一晩に何度もかける一曲でした。

ASAP Ferg ft ASAP Rocky, French Montana, Trinidad James & Schoolboy Q – Work (Remix) 
C2 : この曲はニューヨークの伝説的なナイトクラブGREEN HOUSEでレジデントをしてた時からずっとかけ続けてきた、いつどんな時も一気にフロアをぶち上げてくれる本当に色々な使い方のできる曲で重宝していました。イントロからミックスしても良し、イントロ終わりの“Hoo! Hoo! Hoo!”から入れても良しで、最初の“Baby”のところを縦フェーダーで切ってお客さんに歌わして、また“Hoo! Hoo! Hoo!”に戻して、さらにまた“Baby”で切って歌わして、すぐ次の曲に変えたり、次の“Ballin”の伸びるところをまた切って歌わして、次の曲を歌詞の通りにJim Jones – We fly Highや全然BPMや雰囲気の違う曲(その時々の旬な曲)に直ぐ変えたりする事で、BPMに囚われないプレイができるのでとても重宝していました。あまりにもかけ過ぎて飽きたのでFrench Montanaまでかける時もありますが、結構早く変えるように心がけていました。しかしながらTrinidad Jamesまでかけた覚えはあんまりないですw

112 ft. The Notorious B.I.G & Mase – Only You (Remix)
C2 : この曲は上記のような大型クラブ等でももちろんかけたのですが、大きい箱はやはり新譜メインなので、もっと小さいスローバックを一杯かけれる小規模クラブやバーで、クルーズ間際の深い時間に必ずといって良いほどかけていました。この曲はBIGGIE (The Notorius B.I.G)名義ではないのですが、ニューヨークのBIGGIE愛は凄まじいもので、客演の曲の中では1番好きだし盛り上がる曲です。もちろんこの曲のオリジナルもかけてましたが、特にリミックスのイントロからBIGGIEの歌い出しが大好きでひたすらかけていました。「何度も繰り返されるお前だけを愛してるんだ」という歌詞で、男女とも歌いながら踊るのが定番でしたね。ニューヨークではDJ一人で6時間回すとか普通なので、R&BやReggaeやReggaetonを上手く途中で入れていって、一晩の波を作り上げていくのにこの曲は外せない一曲でした。

関連: 【DJ BRAIZE】DJとして最もPLAYした曲

【DJ BRAIZE】DJとして最もPLAYした曲


様々なDJにとってのサクセスストーリーがある中、渋谷、新宿、六本木、銀座など首都圏の人気ナイトクラブから、必ずと言って良い程「レジデントDJ」として指名がかかるほど、絶大な信頼と支持を持つ実力者DJ BRAIZE。そんな彼が約20年間に渡るDJ人生の中で最もPLAYした楽曲三選。

DMX – Party Up
BRAIZE : 間違い無く自分のDJ人生で1番プレイした曲。DJを始めた頃に出た曲でレコードの頃からのお付き合い。最近亡くなってしまってさらにプレイの頻度も増えました。場所問わず必ず盛り上がる一曲。

Panjabi MC ft. Jay-Z – Beware Of The Boys (Remix)
BRAIZE : 上記同様、場所問わず盛り上がる一曲。これもレコードからのお付き合い。当時、このトラックには本当に衝撃を受けた。プレイし過ぎてレコードがすり減って頭のイントロでノイズが入ってたのを覚えています。

Beyonce ft. Jay-Z – Crazy In Love
BRAIZE : これもレコードから。発売当時、どうしても2枚使いしたかったから高かったプロモを2800円くらいで2枚買った記憶が(笑)。同じく今でも場所問わず盛り上がる一曲。

関連: 【DJ CAUJOON】DJとして最もPLAYした曲

DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません: DJ CHARI

DJcity JapanのDopeOnigiriによるインタビューシリーズ、「DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません」第4弾が公開されました。

この企画ではDJとしても活動するDopeOnigiriが同じく国内で活躍しているDJにインタビューを行い、現状について様々な質問を行っていくという企画です。半年ぶりの復活エピソードに出演してくれたのは、ヒットソングを出しつつ、CLUB DJとしても活躍しているDJ CHARIが出演!DJを始めた経緯から楽曲制作についてや、今後の目標などを語ってくれています。またこれから楽曲制作を行いたいDJに向けてのアドバイスもしてくれています。
 
関連: DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません : MARZY【後編】

【DJ CAUJOON】DJとして最もPLAYした曲


2000年、名古屋から日本全国へその名をとどろかせた伝説のNYスタイルパーティー「Contact High」 (ex. Lush The Underground = 現 eight nagoya)。5年以上にわたって名古屋Hip-Hopシーンの底力を見せつけ、時代を引率したこのパーティーをプロデュースしたDJ CAUJOONがContact Highで最もプレイした楽曲3選

Jay-Z – Jigga My Nigga
CAUJOON : 1999年にリリースされた前期Jay-Zの代表曲。当時のNo.1レーベルRoc-A-Fella Recordsメドレーの仕上げによくプレイしてましたね。Swizz Beatzの作る音の破壊力、インパクト大なイントロでフロアが爆発して、お客さん皆んなでサビを歌ったのは印象的でした。今では幾つかTwerkっぽいRemixも存在してるけど、やはりオリジナルが段違いにイケてる。

Fat Joe ft. Remy Ma – Lean Back
CAUJOON : 2004年リリースTerror Squadのマスターピース。Dopeな旋律とハードで跳ねたビートが名古屋シーンの好み。というか僕の好み(笑)。これもまたイントロから吹っ飛ばされたな 。基本2000年代前半の僕らは、イントロからカットイン映えする曲をどんなタイミングで、どんなストーリーでフロアに投げるのか?それとショートカットを積み重ねた一晩を通したバイブスのウネリみたいなモノを何より重視してプレイしてた。

50 Cent ft. Nate Dogg – 21 Questions
CAUJOON : セクシーさんな女性客がバーに集まってる時…かな(笑)。NY & LAなコラボ曲じゃあ指折りに大好き。マイクを持つ説明不要の2人の雰囲気が最高で、独創的なトラックのグルーブも最高。よくNYをはじめとした海外へプレイしに冒険してた頃、僕個人としての思い入れもやはり強い

関連: 【DJ ALAMAKI】DJとして最もPLAYした曲

【DJ ALAMAKI】DJとして最もPLAYした曲


新しい音楽や情報をいち早く捉えては自らの解釈で吸収し、豊富な音楽知識から縦横無尽にまとめ上げるスタイルには国外からの支持も厚く、類を見ない新たなDJスタイルを作り上げ、日本そして世界へと提示し続けているDJ ALAMAKI。約12年間レジデントを務める金曜日のCLUB HARLEM(現在BORN FREE)で最もPLAYした曲三選。

Snoop Dogg – Drop It Like It’s Hot
ALAMAKI : 自分は結構プレイする曲が時代と共に変化するタイプのDJだと思うので、1番プレイした曲なのかは定かではないですが、今の時代の曲と並べてもノリや音の質感は全く古く感じないので、17年間1軍から外した事がありません。最高!

Kid Cudi – Day ‘N’ Nite
ALAMAKI : 毎回プレイしてた訳ではないのですが、振り返るとプレイしない時期が無かった大好きな曲。2008年のリリースから13年経ちますが、近年のEmo Trap(Rap)の流行の源流を辿った時、結局はこの曲に行き着くのかなと思います。時間が経てば経つほど、現代のラッパーへの影響力を感じさせられる曲。

Ginuwine – Pony
ALAMAKI : メインタイムにフロアを沸点に持っていく曲は常に変わっていきますが、テンションとか空気を変えたい時に脇役として約四半世紀頼り続けてる曲。エロくてノレる。いったい何度この曲に助けられたのでしょうか?今後もお世話になります。

関連: 【DJ MR.SYN】DJとして最もPLAYした曲

【DJ MR.SYN】DJとして最もPLAYした曲


日本在住のDJとして初めてロサンゼルス発、西海岸最大のヒップホップ専門ラジオ局POWER106のJumpoff Mixに抜擢されるなど、そのミックスセンスを日本から世界へと立証し続けるDJ MR.SYN。地元北海道で長きに渡るDJキャリアの中で最もPLAYした曲3選

Usher ft.Lil Jon & Ludacris – Yeah!
MR.SYN : インパクトのあるシンセが頭から離れないアトランタコネクションのこの一曲はフックもわかりやすくてどんなパーティーでかけても大ハズレしない曲ですね。今の新譜とも相性良いのでよくかけてます。

DMX – Party Up
MR.SYN : 先日残念ながら亡くなってしまったDMXの代表的な一曲で、スクラッチからのカットインで展開を変えたい時や更にヒートアップさせたい場面の使い勝手が良い歴史的なパーティーアンセム。Swizz Beatzプロデュース曲はクラブ映えするので他の曲も沢山かけてますね。あとDMXの最新アルバムも是非聴いてみてください。

Crooklyn Clan – The Franklinz
MR.SYN : パーティーには欠かせなかったAV8 Records。当時、DJ中に選曲困ったらとりあえずAV8かけてましたね(笑)その中でも「The Franklinz」はPuff Daddyの「It’s All About The Benjamins」と合わせよくかけてましたね。AV8ではないけど、パーティートラック的な楽曲がDJcityにもアップされているのでチェックしてみて下さい。

関連: 【DJ GEORGE】DJとして最もPLAYした曲

Popular