• DJcity Exclusive: MC TYSONがKOWICHIをフューチャリングに迎えた”Young Love”

    Posted by on | No comments

    大阪を中心にアジアで活動しているラッパーのMC TYSON。その彼とKOWICHIのコラボ作”Young Love”が8月10日にリリース予定のアルバムThe Message Ⅱのリードシングルとしてリリースされました。また同時に公開されてたMVではMC TYSONとKOWICHIがスポーツカーの前でラップを披露している様子を伺うことができます。

    今回の楽曲”Young Love“はDJcity Exclusiveで公開されており、DJ B=BALLが制作したHype Introバージョンも公開されており、ナイトクラブでもDJがプレイしやすい作品なのではないでしょうか。

    関連: DJcity Exclusive: Shurkn Papの”Road Trip”

  • DJ B=BALLがキャリアや機材について語る

    Posted by on | No comments


    Novel at CLUB PICCADILLY UMEDA OSAKA. (Source: Facebook)

    Red Bull Music 3StyleのJapanチャンピオンのホルダーであり、大阪のクラブCLUB PICCADILLY UMEDA OSAKA、GHOST ultra lounge、そしてPURE OSAKAでレジデントDJとして活躍するDJ B=BALLが自身のDJ観、キャリア、プロデュースワーク、そして使用機材について語ってくれました。

    DJとして「これだけはゆずれないモノ」ってありますか?

    DJ B=BALL : ゆずれないモノ(笑)?ゆずれないモノっていうのはあまり無いですけど、ゆずれないモノと言うよりは、自分の中のこだわりとして、いわゆるクラシックだったり、知名度の高い曲をベタに聴かせないっていうこだわりはありますね。でもそれぐらいですかね。


    Novel at CLUB PICCADILLY UMEDA OSAKA. (Source: Facebook)

    CLUB PICCADILLY UMEDA OSAKAのレジデントDJをされていますが、レジデントDJとゲストDJの違いをどう捉えていますか?

    DJ B=BALL : 僕の軸としては、レジデント=ローカルのDJとして、まずはローカルのお客さんに好かれるプレイをするべきだと思ってます。レジデントDJはローカルで愛されていなければならないっていうのが大前提ですね。それと、ゲストDJを迎える時は、自分は前に出過ぎずっていうのが僕の中での美学としてはありますね。勿論、エゴもゼロではないですよ(笑)。でも、そこは100あったら、1くらいでいいんですよ。「うわっ、こんなのもかけるのかー」みたいなのがほんの少しあればいいかなと。ゲストDJがいない日は、思いっきり目立っていくと言うか、120%盛り上げるという気持ちを大事にしていますね。

    現場で使う機材面でのこだわりはありますか?rekordbox djを使っていると聞きましたが、新しいソフトウェアを試す基準はどこですか?

    DJ B=BALL : そうですね、半年くらい前からrekordbox djを試しに使い始めましたね。使い始めた一番の理由は、やっぱり日本国内メーカーっていう部分ですね。ハード面でミキサーなんかもどのお店でもPioneer DJ製品だし、トラブルの際も日本語で対応してくれるし、電話でサポートも受けられるし。正直、そこが一番大きな理由ですね。以前から使ってたソフトウェアでトラブルが多い時期があって、何か解決策が必要だと思って、rekordbox djを使ってみようと思いました。今現場では、ケースバイケースで両方のソフトウェアを使い分けている感じです。互換性のあるCDJ-2000NXS2に、ミキサーがDJM-900NXS2っていう環境ではrekordbox djを使って、それ以外のセットアップの現場では以前からのソフトを使う感じですね。

    ステレオタイプな意見かもしれませんが、rekordbox djを使うDJは割とElectric系のDJが多い印象がありますが、使ってみてどうですか?

    DJ B=BALL : まず、さっきも言いましたけど、トラブルが少ないっていう部分が大きいのと、ソフトウェア自体も従来のものと比べて遜色ないと感じてますね。そこにプラスアルファでrekordbox djならではの特色もあるので。もともとrekordbox djに持っていたイメージよりも、自分が今、何を必要としているか?そういう部分で使う機材を決めてますね。確かに僕がDJをやる界隈では、rekordbox djを使っているDJはあまり見たことがないですけど(笑)。半年使ってみて感じてるのは、やっぱり音質が良いっていうところですね。そこに伴う安定感もありますし。この先、USB1本でDJをやらなければいけないような状況が訪れても、rekordbox djを使っていれば、エクスポート機能を介して通常通りCDJでプレイ出来るあたりも便利ですよね。

    使い慣れたものから新しいものにスイッチするのは、当然新しい知識を学ぶ必要がありますし、エネルギーを消費するので億劫に感じることはないですか?

    DJ B=BALL : なんて言うんですかね、リフレッシュみたいな(笑)。ずっと同じ機材を使い続けて、ずっと同じ事をしていると、飽き性なんで飽きちゃうんですよね。何か違う事をやってみたいなって。そういう時に、違うソフトウェアを使ってみるのは、1つの楽しみでもあるんです。新しい事を覚えるのは全く苦痛ではなくて、むしろ、こんな機能があるんだー!?っていう発見の方が楽しくて。今後、自分が関わるクラブのハード環境さえ整ってくれば、他のDJが従来のソフトウェアを使っていても、同じハードを使ってrekordbox djでDJ出来ますしね。
    話が戻っちゃいますけど、rekordbox djを試す前に、まずCDJにハマったっていう経緯もあって、ターンテーブルの針交換が面倒臭いっていうのが発端なんですけど(笑)、バイナル&ターンテーブルを使わずにCDJを使ってDVSでプレイするっていうのが日常になりました。

    レコードの時代からDJを始めた人にとって、針とバイナルの部分は残しておきたい部分なのではないですか?

    DJ B=BALL : 確かにその感覚も大事なんですけど、使い始めると、意外とCDJで出来る事も一杯あるっていう発見もあって。それと同時に、現場のセットアップもCDJにシフトする流れがあって、あとは当然の話ですが、海外に行けばブースに用意されているのはCDJですし。先の事を考えたら、慣れておきたいってのもありました。使い込んでいくうちにrekordbox djのHIDモードを使ってみたら、以前のソフトウェアの時よりも波形が綺麗に見えたり、キューポイントもCDJ上で操作できて使いやすいし、色んなポイントが重なっていく中で、今後これをベースで使おうっていう1つの結論ですね。

    CDJまでを含めると、決して安い投資ではないですよね?

    DJ B=BALL : そうですね、本当に投資ですね。でも、機材を買うのって、それを使ってお金を貰うことになるんで、先行して新しい技術にお金をかけることはDJとして当然かなと思ってます。自分にとっても新しい発見があったり、新しいパフォーマンスに繋がることも、経験上理解しているんで。

    DJキャリアに対する投資とアップデートに非常に前向きなんですね?

    DJ B=BALL : まぁ、新しいものが出たら、気になっちゃうタイプなんで(笑)。「あれどうなんだろう?」って思ったらちょっと触らせてもらって、良いって思ったら買っちゃうパターンが多いですよね。ラップトップを新調するペースも、他の人と比べると少し早いと思います。アップデートは常にしておきたいし、常に万全の体制を整えておきたいですね。

    今後の活動に関するアップデートはどのように考えていますか?

    DJ B=BALL : 古い言い方になりますけど、プロデューサーDJみたいな呼称があるじゃないですか。僕が今現在やっていることはクラブDJですが、この先を見据えて取り組んでいるのはプロデュースに関することの割合が高くなってきていますね。プロデュース業を成功させるために、正直、今は修行みたいなところなんですけど。将来的に自分名義でプロデューサーとしての楽曲をリリースして、それをヒットさせたいですね。クラブDJという現在用意されている枠の中では出来なかった事をやりたいと思ってます。プロデューサーDJなのに、めっちゃクラブDJもうまく出来るじゃんみたいな。そこに自分をもって行けたらいいかなと。自分のプロデュース曲をかけて、めちゃくちゃ盛り上げる風景をDJブースから見てみたいっていうのはありますよね。順序的に、プロデュースした曲がヒットして、DJの世界に入って行くっていうプロデューサーDJのパターンは今までも結構ありますよね。逆に、クラブDJのキャリアで歩んで来て、がっつりとプロデューサーのキャリアに持って行くってのは、両立がかなり難しいことだと思ってて。あえて僕が狙っているのはそこですね。

    関連: ビデオ: DJ B=BALLのGENRE BNDRショートルーティン

    Posted in インタビュー
  • ビデオ: DJ B=BALLのGENRE BNDRショートルーティン

    Posted by on | No comments

    Red Bull 3Style Japanチャンピオンのタイトルを持つDJ B=BALLGENRE BNDRよりショートルーティンを公開しました。3分弱のパフォーマンスでは和のテイスト溢れるサンプリングを使いスクラッチとパディングを披露しています。撮影場所は先日のCutting Room Thailandを収録したDJ Bomber Selectaが運営するKREATAH DJ SCHOOLです。

    関連: ビデオ DJ B=BALLがライブリミックス

  • DJ B=BALLの”Sirius XM”ミックス

    Posted by on | No comments

    B=BALL_600

    大阪を拠点に日本全国そして世界のナイトクラブでもプレイするDJ B=BALL。プロデューサー名義DBBとしてもリミックスやオリジナル楽曲をリリース中。その彼がSirus XMのPitbullが運営する番組、Globalizationのゲストミキサーとして出演した際のミックスを公開してくれました。この60分のミックスは全てのリスナーが聴くことが出来るように全曲クリーンバージョンで構成されていて、アメリカ時間の5月26〜28日の3日間に渡ってオンエアーされました。

    Sirius XMはアメリカ合衆国及びカナダで放送している通信衛星を使用した有料会員向けデジタルラジオ135チャンネルでの放送を行なっています。現在会員数は30,000万人以上が北米に存在します。

    トラックリスト:

    1. French Montana ft. Swae Lee – Unforgettable
    2. Wizkid ft. Drake – Come Closer
    3. Sean Paul ft. Migos – Body
    4. Major Lazer ft. PARTYNEXTDOOR & Nicki Minaj – Run Up
    5. Ed Sheeran ft. Nyla & Kranium – Shape Of You (Major Lazer Remix)
    6. Calvin Harris ft. Frank Ocean & Migos – Slide
    7. Drake – Passionfruit
    8. Kendrick Lamar ft. Rihanna – LOYALTY.
    9. 6LACK – PRBLMS
    10. Blackbear – Do Re Mi
    11. Post Malone ft. Quavo – Congratulations
    12. Post Malone – Congratulations (Fresco Remix)
    13. Jauz – The Game
    14. Travis Scott ft. Kendrick Lamar vs. Crankdat – Goosebumps (BeatBreaker ‘The End’ Bootleg)
    15. Drake vs. Eptic – Both vs Eat My Dust
    16. Migos vs JOYRYDE – Bad and Boujee vs Hot Drum
    17. Herobust – Skurt Reynolds
    18. Migos ft. Gucci Mane – Slippery
    19. Drake ft. Quavo & Travis Scott – Portland
    20. Future – Mask Off
    21. Lil Uzi Vert – XO TOUR Llif3
    22. Lil Uzi Vert – XO TOUR Llif3 (New World Sound Remix)
    23. Playboi Carti ft. Lil Uzi Vert – Woke Up Like This
    24. PnB Rock, Kodak Black & A Boogie Wit da Hoodie – Horses
    25. DJ Khaled ft. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne – I’m The One
    26. Kid Ink ft. Ty Dolla Sign – F With U
    27. Logic ft. Alessia Cara & Khalid – 1-800-273-8255


    関連: Djcity Podcast Mix: DJ B=BALL

    Posted in ミックス
  • Djcity Podcast Mix: DJ B=BALL

    Posted by on | No comments

    B様600400

    大阪を拠点に、国内のみならず海外でもDJとして活動し、Amazonプライム限定の人気番組”HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル“で楽曲を提供など、プロデューサーとしても”DBB”という名で幅広い活躍をしているDJ B=BALLがDJcity Podcastミックスを公開しました。今回彼が提供してくれたMixにはヒットしたブラックミュージックのBassリミックスを中心に構成されています。

    download-on-itunes

    トラックリスト:

    1. Rihanna – Work (nilas flip)
    2. R.Kelly – I’m A Flirt (Dathan Remix)
    3. Outkast – Spottieottietrapaliscious (Huglife Remix)
    4. Pony – Ginuwine (Esentrik Remix)
    5. RL Grime x What So Not – Tell Me (GANZ Flip)
    6. Destiny’s Child – Say My Name (YUDA Remix)
    7. Sikdope & Beyonce ft. Jay Z – With You vs Drunk In Love
    8. Ariana Grande – Side To Side (Slushii Remix)
    9. Drake vs Palm Reader, Hoodboi ft Lido – Fake Love (SMTH Remix)
    10. Baauer – CandyMan
    11. ZAYN & Taylor Swift – I Don’t Wanna Live Forever (Luude Flip)
    12. Post Malone vs Thief & Chasing Color & Marshmello, Ookay – Congratulations
    13. Lil Yachty & San Holo – Light (Crankdat Remix) vs One Night (Crankdat Remix)
    14. Grandtheft ft Delaney Jane – Easy Go

    DJ B=BALLのTwitterInstagramSoundcloudMixcloudをフォロー。

    関連: DJcity Podcast Mix: DJ hiibow</strong>

  • DJ B=BALL aka DBBがJagglaの「J」をリミックス

    Posted by on | No comments

    DBB_J

    DBBことDJ=BALLが新しいリミックスとともにまたシーンに帰ってきました。今回彼がリミックスしたのは日本の大阪を代表するラッパーJAGGLAの『J』。オリジナルバージョンよりBPMを3落としたBMP 80にドロップが入っていてDJのクラブプレイに使いやすい構成です。

    オリジナルバージョンは11月23日リリースのJAGGLAのファーストアルバム蜃気楼に収録されています。

    DBBのリミックスバージョンはDJcityにてダウンロード可能です。

    関連: Justin Timberlakeの“Can’t Stop the Feeling”をDBBがTropical系にリミックス

    Posted in チャート
  • ビデオ DJ B=BALLがライブリミックス

    Posted by on | No comments

    DBBとして数々のリミックスをプロデュースし、また2015年のRed Bull Thre3Style Japanチャンピオンに輝いたDJ B=BALL。その彼がWeedndの「The Hills」のアカペラとgraves & MYRNEの「Tiger Blood」のビートを使いライブリミックス。収録はやり直しなしの1度で行われたとのことです。4分間の映像では渋谷の交差点からManhattan Recordsまで歩く様子や、スクラッチやパッディングを入れた彼のテクニックの部分を見ることが出来ます。

    関連: Justin Timberlakeの「Can’t Stop the Feeling」をDBBがTropical系にリミックス

  • Justin Timberlakeの“Can’t Stop the Feeling”をDBBがTropical系にリミックス

    Posted by on | No comments

    DBB_600
    (Piccadilly Umeda Osaka/Instagram)

    大阪を拠点に活動する2015年Red Bull Thre3Style JapanチャンピオンのDJ/プロデューサー、DJ B=BALL aka DBBがJustin Timberlakeのヒット曲“Can’t Stop the Feeling”をTropical系にリミックス。オリジナルよりBPMを少し抑え、これからのシーズンのプールパーティーで映え、心地よくチルできるグルーブバージョンです。

    楽曲はDJcityにてダウンロード可能です。

    関連: DJ B=BALLがバキバキビートに出演

    Posted in 楽曲
  • DJ B=BALLがバキバキビートに出演

    Posted by on | No comments

    bakibakibeat_feat

    兵庫県神戸市にあるテレビ局、サンテレビの番組バキバキビートに2015年のRed Bull Thre3Style Japanチャンピオンに輝いたDJ B=BALLが出演しました。バキバキビートは毎週水曜日25:00にクラブミュージックを筆頭に様々なジャンルの音楽を紹介する番組で、過去にはDJ Minamiも出演しています。DJ B=BALLはDBB名義でプロデュースワークもしています。

    番組では彼のDJ感、今後の展望、そして12:00位から2015年のRed Bull Thre3Styleでパフォーマンスしたルーティーンの一部を披露しています。


    関連: Kat Delunaの‘What A Night’のオフィシャルリミックス

  • Kat Delunaの‘What A Night’のオフィシャルリミックス

    Posted by on | No comments

    kat600

     

    先月リリースされたKat DelunaとJeremihのコラボシングル”What A Night“がヒット中ですが、その楽曲のオフィシャルリミックスがリリースされました。Red Bull Thre3Style 2014 JapanチャンピオンのDJ Renと今勢いに乗っているプロデューサーDJ KMからなる’2WISTED’、そしてRedbull Thre3Style 2015 JapanチャンピオンのDJ B=BALLこと’DBB’からリワークがiTunesより発表。BPMが早いTropical HouseとFuture Houseバージョンはクラブでプレイしやすくなっています。尚、オリジナルバージョンは先月のDJcity Top50 Marchにて2位にランクインしています。

    楽曲はDJcity UKにてダウンロード可能です。