DJ B=BALL

【最新機種CDJ-3000徹底検証】3StyleセットをUSBメモリ1本で再現!


DJカルチャーを中心とした内容の映像コンテンツが豊富なGENRE BNDRYouTubeチャンネルで9月から新たにスタートした 「DJ B=BALLのガジェット研究所」のエピソード5が公開。(エピソード4はコチラから)

今回のエピソードでは前回に引き続き話題のPioneerDJ CDJ-3000について、USBメモリを使った場合の動作を検証しています。検証材料として用意したのはRed Bull 3Style 2015 日本大会決勝でのウィニングセット

ご参考までに2015年優勝時の彼のセットアップを記しておきます。

・DVS = Serato DJ
・DJミキサー = Rane 62
・アナログターンテーブル × 2
・MIDIコントローラー = DDJ-SP1

今回の映像で、まず上記のセットアップとの大きな違いは物理的に外部機器(MIDIコントローラーとラップトップパソコン)が不要となっています。これは見た目的にもスッキリするし、使用するケーブルの数が減る = トラブルのリスクが減ることに繋がると思います。(その昔に音響スタッフさんに「ケーブルの数だけリスクがある」と言われた事が頭から離れない。。。)
そしていよいよ検証すべく3Styleのウィニングセットをしてくれているのですが、スクラッチ、2枚使い、ピッチコントローラーを使ったトーンプレイ等、何のハンデも感じさせないPlayを見せてくれています。
では一体何が凄いのか!? CDJ2000NEXUS以前のモデルとの違いも1つ1つ解説してくれていますが、やはり曲のロードの速さは秒を生きるDJにとってはとても重要だと思います。そしてHOT CUEボタンが8つ設置されている点、ブラウジングがやり易くなったのも嬉しい点。つまり、今までの機種に存在していた”ちょっとしたストレス”を解消してくれるのがCDJ-3000の大きな利点の1つだと思います。それに加えて(以前の記事でも触れましたが)KEY SYNCが手軽に出来るメリットは個人的にも超魅力的です。そのあたりも実例を交えて動画の後半で解説してくれているので、DJ偏差値をあげたい方は必見!いよいよ欲しくなってきた…

関連: 革命的進化!? CDJ-3000とHIDモード

革命的進化!? CDJ-3000とHIDモード


DJカルチャーを中心とした内容の映像コンテンツが豊富なGENRE BNDRYouTubeチャンネルで9月から新たにスタートした 「DJ B=BALLのガジェット研究所」のエピソード4が公開。(エピソード3はコチラから)

今回のエピソードではPioneerDJから先日発売された話題のCDJ-3000をいち早くレビュー。またCDJに搭載された機能をフル活用できるHIDモードについても解説してくれています。

冒頭で話しているHIDモードはCDJのホットキューボタンを使えるうえ、PC上の楽曲をブラウジングしロードできる。またBPM SYNCをした時に片方のピッチの可変に追従してくれるので、途中でSYNCが外れる心配が無い。と、ここまではCDJ-2000nxs2までのお話。
今回リリースされたCDJ-3000ではDJが一番使うであろう機能のホットキューボタンが4つから8つに増設、液晶パネルもタッチパネルでスワイプ 動作にも対応している模様。そして個人的にも魅力的なアップデートとして紹介されているのがKEY SYNC(キーシンク)ボタンの搭載である。私自身もインスト(もしくはイントロやアウトロ) × アカペラでのマッシュアップMIXをよくするので、このボタンが設置されたのは嬉しいです。
USBハブが必要だったり接続台数分のUSBケーブルが必要にはなってきますが、その手間以上のメリットが見込まれますね。

「DJ」という仕事はオリジナリティを出すことが難しいと言われますが、このような新しいテクノロジーを使いこなすだけで個性的なプレイに繋がる可能性を見出せるのではないでしょうか。うん、あると思います。

次のエピソードでは実際にCDJ-3000を使ったPlay動画を披露してくれるとのことです。公開が待ち遠しい!!!

関連: クラブDJとして『recordbox dj』をトラブル・音質・楽曲管理の面から解説

クラブDJとして『recordbox dj』をトラブル・音質・楽曲管理の面から解説

DJカルチャーを中心とした内容の映像コンテンツが豊富なGENRE BNDRYouTubeチャンネルで9月から新たにスタートした 「DJ B=BALLのガジェット研究所」のエピソード3が公開。(エピソード2はコチラから)

今回のガジェット研究所ではDJ B=BALLがrekordbox djについて丁寧に解説してくれています。内容の中心は、①トラブルが少ない、②音が良い、そして③楽曲管理がしやすい、と3つの大きなテーマを軸に取り上げています。

①〜③を簡潔にまとめると

①国内のナイトクラブで常設されている機材はほとんどPioneer製品のハードウェアであり、Pioneer DJのソフトウェアであるrekordboxを使うことによってハードウェアとソフトウェアの会社が統一し、トラブルも少なくなる。

②同じ条件のPCでrekordboxか他社ソフトウェアで比較するとrekordboxの方が音がいい。音がいいと言うのは耳が疲れない。

③特にmobile cloud syncと言う機能がオススメとのこと、rekordboxのプレイリストがそのままiPhoneに反映される機能がある。

とのこと。

また映像の後半からは「ショートカットキーのカスタム」、「関連リスト&マッチング機能」、「HOT LOOP & MEMORY LOOP」などDJ B=BALLオススメのrekordbox内で使える技術的な機能を紹介しています。

この記事の筆者はSeratoユーザーなので実際rekordbox djを触ってみないと分からない機能もありますが、クラブDJとして活動する中では「関連リスト&マッチング機能」がかなり便利な機能なのではないかと思いました。特にDJ中、基本的にその場で選曲しているDJにとってはかなり大きなサポート機能なのではないでしょうか。

Rekordboxユーザーもそうでない方もこちらの解説映像を是非視聴してみてください。もしかすると、本当に自分にあうDJソフトウェアが見つかるかもしれません。

関連: 【DJ B=BALLのガジェット研究所】: 安心して進め!! DJストリーミング時代

【DJ B=BALLのガジェット研究所】: 安心して進め!! DJストリーミング時代


DJカルチャーを中心とした内容の映像コンテンツが豊富なGENREBNDRのYouTubeチャンネルで9月から新たにスタートした 「DJ B=BALLのガジェット研究所」。公開されたエピソード2では前回に引き続き『DJストリーミング時代』について実際のプレイ映像を交えて分かりやすく解説しています。(エピソード1はコチラ)

やはり実際のプレイ映像を見てみないとイマイチ信用出来ないというDJも多いと思いますが、今回のエピソード2を見てスッキリ安心。DJストリーミングサービスのBeatsourceの音源を使って、2枚使いやスクラッチ、さらには外付けMIDIコントローラーによるトーンプレイまで披露してくれています。勿論それらのトリックを行うための準備として設定するキューポイントやアクティブループの動作についても、冒頭Real Loveアカペラでのスクラッチやパッドを叩いた時の反応の速さ(レイテンシー)を見る限り問題なさそう。ダウンロード音源となんら変わりなくプレイできる事を証明してくれています。また、動画04:15〜からは著作権使用料のアーティストへの還元についても大切なことを話しているのでDJに限らずアーティストの方も是非お目通しを。

個人的に2点ほど気になったのは

① 曲をロードするのにコンマ何秒の時間がかかること。
これはダウンロード音源においてもPC側の性能が低かったりすると曲のロードに若干のタイムラグが発生します。が・・・そこは使用機材に拘っているB=BALLさんとなれば恐らく使用しているPCスペックも高いはず。その状態でコンマ何秒のタイムラグが生じているのは若干気になります。クイックミックス等ロードした瞬間から音を出したい時に出音まで遅れてしまうのか、それとも波形の表示だけ遅くて音は問題ないのか気になるところ。

② WI-FIがオフラインで使用できる楽曲は100曲までとありますが、それ以上の使用は不可能なのか。動画00:57〜 のところでrekordboxの画面左下部を見てもらうと、WI-FIがオフラインの状態でも楽曲を使用できるプレイリストOffline Locker(※エピソード1参照)の表記の右横に(1o/100)と記載されています。これは調べによると最大100曲までオフラインで使用可能との事です。それ以上の楽曲を使用したい場合の方法があれば知りたいところです。因みにBeatsourceの楽曲とPCにダウンロードしてある楽曲を同じプレイリストに入れることは可能だそう。

このBeatsource Link、Serato DJ Proにも対応したようなので当然そちらのチュートリアル動画や実演も見たいですね。B=BALL所長ぉ〜!

関連: 【DJ B=BALLのガジェット研究所】: Beatsource

【DJ B=BALLのガジェット研究所】: Beatsource

DJカルチャーを中心とした内容の映像コンテンツが豊富なGENREBNDRのYouTubeチャンネルから新シリーズ【DJ B=BALLのガジェット研究所】が公開されました。このシリーズではDJに特化した機材やアイテムなど様々な物を所長のDJ B=BALLがわかりやすく紹介していくという内容です。

記念すべき初回のエピソードではBeatsourceについての解説を行っています。今話題のDJ向けサービス、Beatsourceはどのような物なのか?また、今後DJプレイにどのように影響するのか、というのがイメージできるような内容なのではないでしょうか。

関連: Beatsource LINKがSerato DJにて登場

DJ B=BALLがLIVE 2 Uで披露したライブリミックスを公開

5月9日にSHINGO★西成をホストとして、様々なアーティストが出演したオンラインライブ、Live 2 UにてパフォーマンスしたDJ B=BALLがアーカイブ映像として8分間のライブミックス動画を公開しました。当日のライブ配信を見逃してしまった方には嬉しいビデオです。

映像ではDJ B=BALLがKanye Westの“Stronger”をベースにパッドドラム、シンセサイザーを使い、ライブリミックスをしながら、Rihannaの“We Found Love”、Michael Jacksonの“Rock With You”、そしてDisclosureの“Latch”と次々トランジットしています。また、彼のスクラッチそしてヴォコーダーのパフォーマンスも随所の収録された様々な音楽要素を見ることができるライブミックスです。

現在彼はDTM Remix & Editを学べるオンラインサロンコースを受け付けています。

関連: ビデオ DJ B=BALLがライブリミックス

DJ B=BALLがオンラインコースを開設

Red Bull 3Style JapanチャンピオンのタイトルホルダーでありCLUB PICCADILLYのレジデントである、DJ B=BALLが発起人としてエンターテイメントをオンラインで学べるサロンをローンチしました。その名もクラブピカデリー、プロのアーティストからエンターテイメントを学ぶでは、DJ B=BALLをはじめ、CLUB PICCADILLYでダンサーのディレクターとして活動するMayu、そしてレジデントDJの1人であるDJ RAYからZoomアプリを使いレッスンを受けることができるとのことです。

現在下記の3つのプログラムが予定されていて受講可能です。詳細等は下記のリンクより確認ください。
DTM Remix & Edit – Ableton Live by DJ B=BALL
DTM Masterclass – FL Studio by Ray
プロダンサーから学ぶボディメイクサロン by MAYU (Venom)

関連: DJ B=BALL : DJcity Japan Playlist

DJcity Takeover LiveにBENKAYが参加決定【4/30】

今週のInstagramのライブストリーミング、DJcity Takeover Liveの出演者が決定しました。先週に続きDJ BraizeDJ B=BALL、そしてPiccadilly UmedaのレジデントDJであるBENKAYの3人のDJが出演します。

今回のトピックは次の内容を予定しています。

– これまで出演した印象に残っているナイトクラブは?
– 行ったことのないクラブからブッキングのオファーがきた時の対処方法

DJcity Takeover LiveはDJcityのYUKI、GOTAQUITOTSUGA、そしてDopeOnigiriがホストとなり出演するDJに様々な質問を投げかけるPodcastライブです。

4月30日(木)20:00スタート
DJcity Takeover LiveはDJcity JapanのInstagramオフィシャルアカウントから

GENRE BNDRのサイトにて購入されたアイテムの利益を参加するDJの出演料に還元されます為、ご協力お願いします。

Instagramでのライブ配信では視聴者からの質問を受け付けています。

関連: DJcity Takeover LiveにDJ B=BALLが参加決定

DJcity Takeover LiveにDJ B=BALLが参加決定

今週のInstagramのライブストリーミング、DJcity Takeover Liveの出演者が決定しました。先週に続きDJ KekkeDJ Braize、そしてRed Bull 3Style JapanチャンピオンでありPiccadilly UmedaのレジデントDJであるDJ B=BALLの3人のDJが出演します。

今回のトピックは次の内容を予定しています。

– 今注目の音楽制作ソフトウェアやDJソフトウェア

- 楽曲制作にかかる時間
– rekordboxへの移行について(メリット/デメリット)

DJcity Takeover LiveはDJcityのYUKI、GOTAQUITOTSUGA、そしてDopeOnigiriがホストとなり出演するDJに様々な質問を投げかけるPodcastライブです。
2020年4月16日(木)20:00スタート
DJcity Takeover LiveはDJcity JapanのInstagramオフィシャルアカウントから

GENRE BNDRのサイトにて購入されたアイテムの利益を参加するDJの出演料に還元されます為、ご協力お願いします。

Instagramでのライブ配信では視聴者からの質問を受け付けています。

関連: DJcity Takeover LiveにDJ Braizeが参加決定

DJ B=BALL : DJcity Japan Playlist

今月よりDJcity Japanより新しいコンテンツを発信。全国で活躍を見せているDJを中心に毎月プレイリストを公開していきます。第一弾目は、大阪を拠点に活動しており、Red Bull 3StyleのタイトルホルダーでDJ/プロデューサーのDJ B=BALL
DJ B=BALLは、毎週金曜日にCLUB PICCADILLYにて開催されている”Novel”にてレギュラーDJを務めています。

今回のプレイリストに関して本人より
”インターナショナルクラブでプレイする際によく使う曲を入れてみました。これらのような良作なリミックスやエディットをよく使います。是非ご参考までに!”
とコメント。

プレイリスト:

Khia – My Neck, My Back (Lick It) – Brad Braxton & Omar Duro Remix
Lil Wayne – Clap For Em
Too Short – Blow The Whistle – MMR There It Go Bootleg
Missy Elliott – Work It – Falcons 2018 Remix
Missy Elliot – Get Ur Freak On – Drunken Masters & Paul Mond Edit
Tyga & Megan Thee Stallion – FREAK – MFresh Acap Intro
FISHER – Freaks
Daft Punk – Technologic – Soulely Remix
Teriyaki Boyz – Tokyo Drift – Richastic Remix
Enur – Calabria – Erik Soto & Toshiki Remix
Technotronic – Pump Up The Jam – Sico Vox Remix
Roddy Ricch – The Box – Lemi Vice & Action Jackson Remix
DaBaby – BOP – THUGLI & ILLO Edit)
Don Toliver – No Idea
Lil Uzi Vert – That Way
Lil Yachty & DaBaby feat. Drake – Oprah’s Bank Account
Future feat. Drake – Life Is Good
Jay Electronica feat. Travis Scott & JAY-Z – The Blinding
Megan Thee Stallion – B.I.T.C.H.

DJ B=BALLのホームページSoundCloudInstagramTwitter、をフォロー。

関連: DJ B=BALLがRemixとBootlegのパックを公開

Popular