Rhythm Roulette

ビデオ: A-Trakがレコードをランダムに選びビート制作

今回はDJ/プロデューサーのA-TrakがRhythm Rouletteに出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

今回のビデオではA-Trakがニューヨーク市にあるGood Recordsにてバイナルを選びました。映像ではスタジオに戻り、3枚のレコードを使用したビートを制作している様子を見ることができます。

関連: MV: A-TrakがTodd Terryを迎えた”DJs Gotta Dance More”

ビデオ: Honorable C.N.O.T.Eがレコードをランダムに選びビート制作

アトランタで活動しているHip-HopプロデューサーのHonorable C.N.O.T.EがMass AppealのRhythm Rouletteに出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

彼はここ最近A$AP Fergの”New Level“やMigosの”Superstars“のプロデュースを行なっています。

また2000年代後半にはGucci Mane2 ChainzTravis ScottLil Uzi VertRae Sremmurdなどの楽曲をプロデュースしています。

関連: ビデオ: Cardo Got Wingsがレコードをランダムに選びビート制作

ビデオ: Cardo Got Wingsがレコードをランダムに選びビート制作

テキサスを中心に活動しているCardo Got WingsがMass AppealのRhythm Rouletteに出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

Cardo Got Wingsは先日、BillboardのHot 100チャートにて1位にランクインしているDrakeの新しいシングル”God’s Plan“をプロデュースし今年最高のスタートを切ったと言えるプロデューサーなのではないでしょうか。またMigosが先日リリースしたアルバム、Culture IIの制作にも携わっています。また、彼はラッパーのPayroll Giovanniと共にDef Jamと契約を行いました。

Cardoが制作した過去のヒットソングはTravis Scottの”Goosebumps“、Kendrick LamarSchoolboy QKanye Westをフューチャリングに迎えた”That Part”、そしてMeek Millの”Levels”です。

Cardoはニューヨーク市にあるA-1 Recordsに寄り、バイナルを選らんだ彼が制作したビートは緩かやなTrapのビートでした。

上記でビデオを視聴できます。

関連: ビデオ: Boi-1daがレコードをランダムに選びビート制作

ビデオ: Boi-1daがレコードをランダムに選びビート制作

Mass AppealのRhythm RouletteにDJ/プロデューサーであるBoi-1daが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

今回の映像ではBoi-1daが、Serato Sampleを使用し2つのビートを制作している様子を見ることができます。

グラミー賞に7回ノミネートされた経験のあるBoi-1daはDrakeが率いるOVO Soundの専属プロデューサーでありEminemJAY-ZKendrick LamarNicki MinajRihannaなどの作品をプロデュースした経験もあります。ここ最近のヒット曲ではG-Eazyの”No Limit“やJ.Coleの”Deja Vu“やBellyのミックステープMumble Rapに収録されている5曲などを手がけています。

関連: ビデオ: Mura Masaがレコードをランダムに選びビート制作

ビデオ: Mura Masaがレコードをランダムに選びビート制作

Mass Appealの最新Rhythm RouletteシリーズでイギリスのDJ/プロデューサーMura Masaが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

イギリスのガーンジー島で生まれ育った21歳のMura MasaはA$AP Rockyがフューチャーされた“Love$ick”で世界的にブレイクしました。その話題曲は7月にリリースした、自らの名前をタイトルにしたデビューアルバムに収録されています。更に、Charli XCXがフューチャーされた”1 Night“、Desiignerがフューチャーされた”All Around The World“の両シングルもアルバム曲として含まれています。

Mura MasaはニューヨークのGood Recordsにてレコードを選び、William Basinskiの2017年のアルバムA Shadow in Time、The Roadの1971年のアルバムCognitionからサンプリングしビートを作り上げました。

関連: ビデオ: London on Da Trackがレコードをランダムに選びビート制作

ビデオ: Mr.Carmackがレコードをランダムに選びトラックを制作

Mass AppealのRhythm RouletteにDJ/プロデューサーであるMr.Carmackが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

彼はラッパーのAdam VidaとニューヨークのGood Recordsに向かい3枚のトラックを選択、2つのGlitchスタイルのレコードを選び、もう一つは大きなトランペットの音が入っているレコードを選びました。

Mr.CarmackはTeam SupremeとSoulectionのメンバーであり、ユニークなTrap調の楽曲を制作することで知られています。Mad Decentからもリリースをしている彼はPharrellDiploKehlaniそしてPromniteなどと制作を共にした経験を持っています。

関連: ビデオ: DJ Jazzy Jeffがレコードをランダムに選び、トラック制作

ビデオ: DJ Jazzy Jeffがレコードをランダムに選び、トラック制作

あと少しで100話を迎えようとしているRhythm Rouletteに今回DJ Jazzy Jeffが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

今回のエピソードはデラウェアで行われていたDJ Jazzy Jeffの”Playlist Retreat“が行われている最中に撮影されました。Jazzy Jeffは3つのレコードを選び、Seratoの新しいプラグインであるSampleを使用し、トラックを作りました。

彼のトラックにはAl JohnsonとJean Carneのサンプルが使用されており、Will Smithの1997年にリリースされたシングル”Just Cruisin”にも使用されました。またスクラッチやフィラデルフィア出身のDayne Jordanものラップも含まれています。

関連: ビデオ: DJ Jazzy Jeffの”Playlist Retreat”裏側

ビデオ: London on Da Trackがレコードをランダムに選びビート制作

Mass AppealのRhythm RouletteにHip-HopのプロデューサーであるLondon on Da Trackが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

London on Da TrackはDrake21Savageをフューチャリングに迎えた”Sneakin“、Rich GangYoung ThugRich Homie Quanをフューチャリングに迎えた”Life Style”、T.I.がYoung Thugをフューチャリングに迎えた”About the Money”、TygaがYoung Thugをフューチャリングに迎えた”Hookah”などの楽曲をプロデュースしたことで知られています。

今回のエピソードではLondon on Da Trackがニューヨーク市のA1 Recordsに行き、Phyllis Hymanのソロアルバムである”Living All Alone“、Rhassan Roland KirikのJazzアルバム”Blacknuss“そしてJesse SaundersのHouseアルバム”Chicago Reunion”を選び、ビートを制作しました。

関連: ビデオ: DJ Khalilがレコードをランダムに選びビート制作

ビデオ: DJ Khalilがレコードをランダムに選びビート制作

Mass AppealのRhythm RouletteにAftermath EntertainmentのプロデューサーであるDJ Khalilが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

今回のエピソードではDJ KhalilがロサンゼルスにあるAdrian YoungesのArtform Studioでレコードを探しました。

シアトル生まれロサンゼルス育ちのDJ Khalilは2000年代半ばにHip-Hopデュオ、Self Scientificという二人組で活動。その後Dr.DreがAftermath Entertainmentにプロデューサとして彼と契約。彼がプロデュースした作品はBillboardのHot 100チャートに入るシングルが多く、Eminemの”Survival”、Dr Dreの”Kush”、”Aloe Blacc’s”そして”The Man”、Waleの”The Matrimoney”、Logicの”Black Spiderman“、最近ではA$AP Fergの”East Coast“を手掛けました。

関連: ビデオ: DJ DahiがSerato Sampleを使用し、ビートメイク

ビデオ: DJ DahiがSerato Sampleを使用し、ビートメイク

Hip-HopプロデューサーのDJ DahiがMass AppealのRhythm Rouletteの新しいエピソードに出演しました。このシリーズではランダムに選択したレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

DahiはDrakeの”Worst Behavior”、Kendrick Lamarの”Money Trees”そしてやBig Seanの”I Don’t F#ck With You”などの楽曲をプロデュースしたことで知られています。今回彼はSeratoの新しいプラグインであるSerato Sampleを使用しました。Serato SampleはVSTとAUフォーマットがサポートされているDAW(Ableton Live、FL Studio、Logic Pro等)を使用してトラック内のサンプルを見つけて操作することができます。

今回のエピソードではレコード屋に行かず、ニューヨークシティ在住のバイナルコレクター、Gene Brownのバンに積んであるレコードから3枚選び、トラックを制作しました。

関連: ビデオ: P-Loがランダムにレコードを選びトラックを制作

Popular