ビデオ: DJ Khalilがレコードをランダムに選びビート制作

Mass AppealのRhythm RouletteにAftermath EntertainmentのプロデューサーであるDJ Khalilが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

今回のエピソードではDJ KhalilがロサンゼルスにあるAdrian YoungesのArtform Studioでレコードを探しました。

シアトル生まれロサンゼルス育ちのDJ Khalilは2000年代半ばにHip-Hopデュオ、Self Scientificという二人組で活動。その後Dr.DreがAftermath Entertainmentにプロデューサとして彼と契約。彼がプロデュースした作品はBillboardのHot 100チャートに入るシングルが多く、Eminemの”Survival”、Dr Dreの”Kush”、”Aloe Blacc’s”そして”The Man”、Waleの”The Matrimoney”、Logicの”Black Spiderman“、最近ではA$AP Fergの”East Coast“を手掛けました。

関連: ビデオ: DJ DahiがSerato Sampleを使用し、ビートメイク

Popular