Rhythm Roulette

ビデオ: P-Loがランダムにレコードを選びトラックを制作

Mass AppealのRhythm Rouletteにベイエリア出身のラッパー/プロデューサーであるP-Loが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

ニューヨーク市にあるA1 Recordsにてレコードを選んだP-Loは最初はサンプリングする部分を慎重に選び、最終的にはバウンスなトラックになり、P-Lo自身は”collar popper”と分類しました。

カルフォルニア生まれのP-Loは2013年のYo Gottiのシングル”Act RightやWiz Kahlifaの”Bout Me”などをプロデュースし、名が広がりました。また2008年に彼はHBK Gangを設立、メンバーにはKehlaniSage The GeminiIamSuなどが所属しています。P-Loがここ最近リリースしたアルバム”More Than Anything“にはE-40G-Eazyなどが参加しています。

関連: ビデオ: David Bannerがランダムにレコードを選びトラックを制作

ビデオ: David Bannerがランダムにレコードを選びトラックを制作

Mass AppealのRhythm Rouletteにベテランラッパー/プロデューサーであるDavid Bannerが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

今回のエピソードではRhythm Roulette史上初めて、公式に楽曲がリリースされました。今回の楽曲は”Paper“というタイトルでMass Appeal Recordsから発表されます。この曲でラップを担当しているのはTricky LT 45が行い、プロデュースを担当しているのはBurroughsとGensu Deanの2人です。

今回使われたレコードは全てアトランタにあるレコード屋”Wax n’ Facts”に置いてあるものを使用しています。

David Bannerは”Play”やChris Brownをフューチャリングに迎えた”Get Like Me”などの楽曲で知られているラッパーです。彼は2010年以来にThe God Boxという名前でアルバムを5月19日にリリースする予定です。


関連: Tuxedoがランダムにレコードを選びトラックを制作

Tuxedoがランダムにレコードを選びトラックを制作

Mayer HawthorneとJake OneからなるDisco-Funkの2人組TuxedoがMass Appealの最新エピソードであるRhythm Roulette特集されました。

このシリーズはプロデューサーがランダムに選んだ3つのレコードでビートを制作するという企画です。

2007年の結成以来、2度目のアルバム”Tuxedo Ⅱ“をリリース。彼らは今年の夏アメリカでツアーを行います。

上記でニューヨークのGood Recordsで選んだレコードでトラックを制作した動画を観覧できます。

関連:Jahlil Beatsが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

Jahlil Beatsが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

Mass AppealがRhythm Rouletteの最新エピソードをリリースしました。今回はRoc NationのプロデューサーJahlil Beatsが登場です。

このシリーズはプロデューサーがローカルレコードショップで目隠しランダムに3枚のレコードを選び、その選んだレコードからサンプリングしビートを作るというチャレンジです。

ペンシルベニア出身のJahlil BeatsはMeek Millの『Ima Boss』やBobby Shmurdaの『Hot N#gga』のプロデュースで知られていますが、彼はChris Brown、Lil Wayne、Diddy、Rick Ross等ともプロデュースも行っています。

Jahlil Beatsがフィラデルフィアのレコードショップ、Repo Recordsにてレコードを選びビーとメイキングする様子をお楽しみください。

Related: Salaam Remiが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

Drumma Boyが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

Mass AppealがRhythm Rouletteの最新エピソードをリリースしました。今回はグラミー賞にもノミネートされているプロデューサー、Drumma Boyをフューチャーしています。このシリーズはプロデューサーがローカルレコードショップで目隠しランダムに3枚のレコードを選び、その選んだレコードからサンプリングしビートを作るというチャレンジです。

Drumma Boyの名前はYoung JeezyとKanye Westの『Put On』、Birdman、Lil Wayne、そしてDrakeの『Money To Blow』、Waka Flocka Flame、Roscoe Dash、そしてWaleの『No Hands』にクレジットされています。

アトランタのレコードショップWax ‘n Factsで見つけたレコードを使いラテン系のビートを作る様子をお楽しみください。

Related: DJ Dahiが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

DJ Dahiが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

Mass Appealが才能あるHip-HopプロデューサーのDJ Dahiを人気Rhythm Rouletteシリーズにフュチャー。このシリーズはプロデューサーがローカルレコードショップで目隠しランダムに3枚のレコードを選び、その選んだレコードからサンプリングしビートを作るというチャレンジです。

ロサンゼルス出身のDJ DahiはDom Kennedyの「My Type of Party」を2012年にプロデュースしたことによりその名前が一躍有名となりました。彼はこれまでKendrick Lamarの「Money Trees」、Drakeの「Worst Behavior」、Big Seanの「I Don’t F#ck With You」、ScHoolboy Qの「Hell of a Night」等、沢山のアンセムをプロデュースや共同プロデュースしています。

彼がハリウッドのAmoeba Musicでレコードピックアップしサンプリングしビートを作る様子をお楽しみください。

関連: Hi-Tekが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

Hi-Tekが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

tek-600-1
 
Mass AppealがレジェンダリーHip HopプロデューサーのHi-Tekを人気シリーズRhythm Rouletteにフューチャーしました。このシリーズはプロデューサーがローカルレコードショップにて目隠しランダムに3枚のレコードを選び、その選んだレコードからサンプリングしビートを作るというチャレンジです。
 
Hi-TekはDr. Dreのレーベル、Aftermathのプロデューサーとして2000年代の中盤から携わっています。これまでSnoop Dogg、The Game、50 Cent、そして最近は Anderson Paakの曲をプロデュースしました。
 
Aftermathに所属する前はHi-TekはRawkus Recordsと契約をしていて、Mos DefとTalib Kweliから成るBlack Starのアルバム、そしてTalib Kweliソロ名義のTrain of Thoughtのアルバムに貢献しています。
 
Hi-Tekのプロデューススキルをご覧ください:
 

Popular

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • 13ELLのニューシングル「STAR」

    京都を中心に全国的に活動するHip-Hopクルーである「DCAの奴ら」を代表するアーティストの13ELLがニューシングルである「STAR」をDJcityに公開してくれました。今回の映像では自身のクルーに加えて、WILYWNKAや孫GONGなどの人気ラッパー達がカメオ出演しています。楽曲もキャッチーな内容となっ...

  • 「BAD HOP HOUSE 2」がDJcityに公開

    神奈川県川崎市を拠点とする、8MCによるヒップホップ・クルー。双子であるT-PablowとYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkのメンバーで構成される日本で最も勢いのあるクルーBAD HOP。そんな彼らがDJcityに先日リリー...

  • Playssonの楽曲がDJcityに掲載

    REAL TRAP 名古屋を拠点に全国的に活動するギャングスタラッパーのPlayssonがDJcityにてHip-Hopパーティーではマストなクラブバンガーを中心に掲載してくれました。ハイエナジーな作品が多く、Playsson本人がストリートこれまで経験してきた内容のリリックに注目です。Hip-Hop DJs...

  • 【WHT】DJ MINAMI & DJ HAZIMEがFinesse2Tymes, YG , Moneybagg Yoなどの新曲をピックアップ(10/4)

    【DJ MINAMI】 Finesse2Tymes - Back End 最近DJ Dramaのインスタかなんかで見て誰やこの人?ってなってたんですが、刑務所入ってて今出て来て制作を再会し出したテネシーのラッパーの様で、今回の曲がその新曲で少し話題になってるみたいなのでここでピックアップです。プロデュースはM...

  • MonyHorseの「Look Up」

    日本を代表するHip-HopクルーのYENTOWNに所属するラッパーのMonyHorseが新曲「Look Up」のMVを公開しました。プロデュースには同じくYENTOWNのU-LEEが担当、Chillな雰囲気のトラックの中でMonyHorseのラップや歌を楽しむことができます。またナイトクラブに限らず様々な現...

  • DJcity Podcast: DJ BULLSET

    今月のDJcity Podcastは大阪を拠点に活動し、HIBRID ENTERTAINMENTに所属するDJ BULLSETが担当してくれました。今回は新譜のHip-Hopを中心に先日DJ BULLSETがSANTAWORLDVIEWとタッグを組みリリースしたEP、In The Neihborhoodに収録...

  • DJ KANJIがLEX, HIYADAM & Y’Sを迎えた「Smash!!!」を公開

    数々のヒットをプロデュースしてきたDJ KANJIがLEX, HIYADAM & Y'Sを迎えた新曲、「Smash!!!」をDJcityに公開してくれました。若手からベテランの人気ラッパーを迎えた今回の新曲DJ KANJI自身でプロデュースしています。フロアヒット間違いなしのエナジー高いビートとラッパ...