London On Da Track

MV: SaweetieとLondon On Da TrackがG-EazyとRich The Kidを迎えた”Track’s Up Now”

カルフォルニアのベイエリア出身で今人気のラッパーであるSaweetieLondon On Da Trackのプロデュースの作品”Up Now“のMVを公開しました。この楽曲にはフューチャリングにG-EazyRich The Kidが参加しています。また、DJcityのHot Box Chartにて6位にランクインしています。

今回のMVではSaweetie、London On Da TrackとRich The Kidがオークタウンのストリートでパフォーマンスしている様子やG-Eazyが野球場で現れるなどの様子が見ることができます。またE-40もカメオ出演しています。

London On Da Trackは昨年DJcityのインタビューを受けています。。

“Up Now”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: G-EazyがYo Gotti、YBN Nahmirを迎えた”1942″

London On Da Track: プロデューサーからアーティストへの転向

アトランタ出身のLondon On Da Track (※London Holmes)が今年の8月にRCA Recordsとアーティストとしての契約を結びました。彼は同郷であるDJ KhaledMike WiLL Made-It、そしてMetro Boominに続き、アーティストとしてメジャーレーベルと契約結ぶプロデューサーの1人となりました。

今年で26歳となる、London On Da Trackは2011年からシーンで頭角を表し始めました。彼が有名になったきっかけは2014年にTygaの楽曲”Hookah”、Young Thugをフューチャリングに迎えたT.Iの楽曲”About the Money”やRich GangがYoung ThugとRich Homie Quanをフューチャリングに迎えた”Lifestyle”などのプロデュースからでした。これらの楽曲はBillboardのHot 100チャートにてそれぞれ85位、42位、16位にランクインしています。

2015年と2016年にもYoung Thugの”Check”やDrake21 Savageをフューチャリングに迎えた”Sneakin“をプロデュースし、共にBillboardでランクインしています。そして今年、RCA Recordsとの契約を発表したLondon On Da TrackはNicki Minaj、21 Savage、Offsetをフューチャリングに迎え、デビューシングルである”No Flag“をリリースしました。この楽曲は9月のDJcity Top 50にもランクインしています。

そんなラップとDJを両方行い、現在ツアー中であるLondon On Da TrackにDJcityがインタビューを行いました。プロデューサーからアーティストへの転向について、またDJをすることについて質問を行いました。

BillboardのインタビューではRCA Recordsと契約を結んだ理由はレーベルが自身のビジョンを信じているからだとコメントしていますが、そのビジョンとは何ですか?

「自分のビジョンは、プロデューサーとアーティストとして素晴らしいコラボレーションを行ったり、持ち合わせている多くの才能を発揮することだね。Hip-Hopしかできない、またHip-Hopアーティストとしか仕事ができないと思われたくないんだ。RCAは自分のビジョンが次のレベルに導いてくれると信じているんだ。」

プロデューサーからアーティストへ転向するという挑戦はどのようなものでしたか?

「挑戦とは言わないかな?でもクリエイティブに行動しないといけない時間が大幅に増えたね。プロデューサーとしては楽曲が使われるかわからない時があったね。でもアーティストとして活動する時はボーカル、アートワークなどのビジョンをすべて納得するまで手掛けているんだ。」

プロデューサーとしてのバックグラウンドはDJにも影響がでていますか?

「もちろんでているよ。音をブレンドしたり、トランジションをする時に役立っているね。」

DJ活動を行ってからプロデュース面での変化はありますか?

「まだDJを初めて数ヶ月でクラブDJとして初のツアーを行っている最中なんだ。どのようにしてお客さんが盛り上がるかなどを研究中だよ」

DJとラップをパフォーマンスする際、どのようにしてバランスをとっていますか?

「お客さんの流れを読むことだね。これだ!と思うものを中心にプレイしてまた変えていくようにDJしているよ。普段は自分でプロデュースしたHip-Hopの楽曲をかけてからEDMにシフトチェンジしているよ。自分のセットにはいろんなムードがあるからお客さんがどこに刺さるかによるね。機材はPioneer DJのCDJ 2000NEXS2とSerato DJを使っているよ。この機材達のおかげでクリエイティブにDJできるんだ。たまにパソコンなしでDJする時もあるけどね、Seratoが使えない時はrekordboxを使うようにしているよ。」

ダンス、エレクトロミュージック向けのお客さんには違う形のDJでアプローチしますか?

「お客さんのために広く浅くプレイすることを心がけているよ。自分が成し遂げた作品を伝えるために”About the Money”や”Lifestle”をかける時もあるし、また現在流行っているホットな楽曲もね。Nicki Minaj、21Savage、Offsetをフューチャリングに迎えた”No Flag”をかけた時のレスポンスは本当に最高だね。自分のゴールはお客さんが盛り上がっていて全員に楽しんでもらえることなんだ。常に同じビジョンをもっているよ。でもEDMが好きなお客さんはすごく盛り上がってくれて、楽しいし予測ができない時があるよ。彼らのエナジーは素晴らしいと思う。」

London On Da TrackのFacebookInstagramTwitterをフォロー

関連: London On Da TrackがNicki Minaj、21Savage、Offsetをフューチャリングに迎えた”No Flag”の制作を語る

London On Da TrackがNicki Minaj、21Savage、Offsetをフューチャリングに迎えた”No Flag”の制作を語る

上昇中のプロデューサーLondon On Da Trackがソロでのデビューシングルである”No Flag“の制作についてGeniusのDeconstructedシリーズで語りました。この楽曲にはNicki Minaj21Savage、そしてOffsetがフューチャリングとして迎えられています。

London On Da Trackはなぜ3人のアーティストと仕事をしたのか、そして本人が語る楽曲の「ナイフに刺されたような感覚」と暗いトーンをどうAbletonで表現したのかについて語りました。

London On Da TrackはTygaの”Hookah”、T.I.の”About the Money”そしてRich Gangの”Lifestyle”をプロデュースし、頭角を現しました。ここ最近ではDrakeの”Sneakin”をプロデュースしました。今年26歳の彼はプロデューサーとして8月にRCA Recordsと契約を結びました。

関連: ビデオ: London on Da Trackがレコードをランダムに選びビート制作

ビデオ: London on Da Trackがレコードをランダムに選びビート制作

Mass AppealのRhythm RouletteにHip-HopのプロデューサーであるLondon on Da Trackが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

London on Da TrackはDrake21Savageをフューチャリングに迎えた”Sneakin“、Rich GangYoung ThugRich Homie Quanをフューチャリングに迎えた”Life Style”、T.I.がYoung Thugをフューチャリングに迎えた”About the Money”、TygaがYoung Thugをフューチャリングに迎えた”Hookah”などの楽曲をプロデュースしたことで知られています。

今回のエピソードではLondon on Da Trackがニューヨーク市のA1 Recordsに行き、Phyllis Hymanのソロアルバムである”Living All Alone“、Rhassan Roland KirikのJazzアルバム”Blacknuss“そしてJesse SaundersのHouseアルバム”Chicago Reunion”を選び、ビートを制作しました。

関連: ビデオ: DJ Khalilがレコードをランダムに選びビート制作

Popular

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • 13ELLのニューシングル「STAR」

    京都を中心に全国的に活動するHip-Hopクルーである「DCAの奴ら」を代表するアーティストの13ELLがニューシングルである「STAR」をDJcityに公開してくれました。今回の映像では自身のクルーに加えて、WILYWNKAや孫GONGなどの人気ラッパー達がカメオ出演しています。楽曲もキャッチーな内容となっ...

  • 「BAD HOP HOUSE 2」がDJcityに公開

    神奈川県川崎市を拠点とする、8MCによるヒップホップ・クルー。双子であるT-PablowとYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkのメンバーで構成される日本で最も勢いのあるクルーBAD HOP。そんな彼らがDJcityに先日リリー...

  • Playssonの楽曲がDJcityに掲載

    REAL TRAP 名古屋を拠点に全国的に活動するギャングスタラッパーのPlayssonがDJcityにてHip-Hopパーティーではマストなクラブバンガーを中心に掲載してくれました。ハイエナジーな作品が多く、Playsson本人がストリートこれまで経験してきた内容のリリックに注目です。Hip-Hop DJs...

  • 【WHT】DJ MINAMI & DJ HAZIMEがFinesse2Tymes, YG , Moneybagg Yoなどの新曲をピックアップ(10/4)

    【DJ MINAMI】 Finesse2Tymes - Back End 最近DJ Dramaのインスタかなんかで見て誰やこの人?ってなってたんですが、刑務所入ってて今出て来て制作を再会し出したテネシーのラッパーの様で、今回の曲がその新曲で少し話題になってるみたいなのでここでピックアップです。プロデュースはM...

  • MonyHorseの「Look Up」

    日本を代表するHip-HopクルーのYENTOWNに所属するラッパーのMonyHorseが新曲「Look Up」のMVを公開しました。プロデュースには同じくYENTOWNのU-LEEが担当、Chillな雰囲気のトラックの中でMonyHorseのラップや歌を楽しむことができます。またナイトクラブに限らず様々な現...

  • DJcity Podcast: DJ BULLSET

    今月のDJcity Podcastは大阪を拠点に活動し、HIBRID ENTERTAINMENTに所属するDJ BULLSETが担当してくれました。今回は新譜のHip-Hopを中心に先日DJ BULLSETがSANTAWORLDVIEWとタッグを組みリリースしたEP、In The Neihborhoodに収録...

  • DJ KANJIがLEX, HIYADAM & Y’Sを迎えた「Smash!!!」を公開

    数々のヒットをプロデュースしてきたDJ KANJIがLEX, HIYADAM & Y'Sを迎えた新曲、「Smash!!!」をDJcityに公開してくれました。若手からベテランの人気ラッパーを迎えた今回の新曲DJ KANJI自身でプロデュースしています。フロアヒット間違いなしのエナジー高いビートとラッパ...