ビデオ: DJ DahiがSerato Sampleを使用し、ビートメイク

Hip-HopプロデューサーのDJ DahiがMass AppealのRhythm Rouletteの新しいエピソードに出演しました。このシリーズではランダムに選択したレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

DahiはDrakeの”Worst Behavior”、Kendrick Lamarの”Money Trees”そしてやBig Seanの”I Don’t F#ck With You”などの楽曲をプロデュースしたことで知られています。今回彼はSeratoの新しいプラグインであるSerato Sampleを使用しました。Serato SampleはVSTとAUフォーマットがサポートされているDAW(Ableton Live、FL Studio、Logic Pro等)を使用してトラック内のサンプルを見つけて操作することができます。

今回のエピソードではレコード屋に行かず、ニューヨークシティ在住のバイナルコレクター、Gene Brownのバンに積んであるレコードから3枚選び、トラックを制作しました。

関連: ビデオ: P-Loがランダムにレコードを選びトラックを制作

Popular