ビデオ: Mura Masaがレコードをランダムに選びビート制作

Posted by on | No comments

Mass Appealの最新Rhythm RouletteシリーズでイギリスのDJ/プロデューサーMura Masaが出演しました。このシリーズではランダムに選択した3枚のレコードからサンプリングした音でプロデューサーが作曲するという企画です。

イギリスのガーンジー島で生まれ育った21歳のMura MasaはA$AP Rockyがフューチャーされた“Love$ick”で世界的にブレイクしました。その話題曲は7月にリリースした、自らの名前をタイトルにしたデビューアルバムに収録されています。更に、Charli XCXがフューチャーされた”1 Night“、Desiignerがフューチャーされた”All Around The World“の両シングルもアルバム曲として含まれています。

Mura MasaはニューヨークのGood Recordsにてレコードを選び、William Basinskiの2017年のアルバムA Shadow in Time、The Roadの1971年のアルバムCognitionからサンプリングしビートを作り上げました。

関連: ビデオ: London on Da Trackがレコードをランダムに選びビート制作