Diplo

ビデオ: Bad BunnyがDiploを迎えた”200 MPH”

Billboard Latin Music Awardsで見事なパフォーマンスを行ったBad Bunnyが新しくDiploを迎えた楽曲”200 MPH“を公開しました。この楽曲はBad Bunnyのデビューアルバム、X 100PREに収録されます。

今回のビデオではBad Bunnyがジェットスキーに乗って空を飛んでいる様子などユニークな場面を見ることができます。

“200 MPH”のダウンロードはこちらから。

関連: Bad Bunnyがスターになれた理由とは

DiploがRL Grimeをインタビュー

RL GrimeはElectronic Trapのジャンルを多くのDJやプロデューサーに影響を与えた人物として知られています。

DiploはRL Grimeが影響を与えたプロデューサーの1人として知られています。今回はDiploがRL Grimeにインタビューを行いました。内容としては、なぜHouseからTrapに移行したのか、What So Notの”Tell Me“について、Diploにどのような影響を与えたのかなどについて話しました。

RL GrimeがHouseのプロデュースを辞めた理由:

「Big Room向けのHouseを作っていたんだけど、ニューヨークを歩いているときにJames BlaceやNight Slugsを聴き始めて新しいことをしようと思ったんだ。」

Diploが楽曲、”Tell Me”について語る:

「”Tell Me”は今のシーンの当たり前の存在であると思っているよ、他の有名なダンスミュージックと肩を並べると思うよ。今でも大人気だね」

DiploがRL Grimeから受けた影響:

「彼がプレイする多くのエディットや楽曲が知らないものばかりなんだ。そしてそれらの楽曲を彼にリスペクトを込めながらプレイすることがあるよ。新しい流行を作理、自分に刺激を与える存在だね。彼の姿勢はいつも素晴らしくて、今後何が流行して何が起こるのかを読める人なんだ。

関連:Diploがオックスフォード大学にてスピーチを行う

MV: Silk CityとDua Lipaの新しいシングル”Electricity”

DiploMark RonsonからなるSilk CityがDua Lipaと組み、楽曲”Electricty“が公開されました。この楽曲はHouse調の楽曲となっています。

またMVも公開されていますが、出演はDua Lipaのみとなっています。彼女が多くの人々とアパートの中で踊りながら歌っている様子を見ることができます。

楽曲のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Silk CityがDaniel Merriweatherを迎えた”Only Can Get Better”

Diploがオックスフォード大学にてスピーチを行う

Diplo
Diplo performs at Hyde Beach in Miami on March 23, 2018. (Credit: Dylan Rives/World Red Eye)

1823年からイギリスのオックスフォード大学に存在するディベート団体のオックスフォードユニオンは様々な著名人を集めた講演会を行なっています。これまでに公演した著名人はWinston Churchill、Albert Einstein、など歴史上で語られる人物やMichael Jacksonなどのアーティストなどがこれまでに講演を行いました。

今年の5月にオックスフォード大学はDiploを招きました。「まさか自分のキャリアがこの場所へ導いてくれるとは思わなかったよ」とコメントしています。

約1時間ほどのスピーチではDiploが自身のキャリアについて語り、また来場者とのQ&Aをその場で行いました。世界中を旅することが自身のキャリアにどう影響が出るのかについて、また最近のHip-Hopのシーンについて、女性がDJの世界で活躍する場所が少ない事についてなどを語りました。

DJに対して情熱的に向き合い続けれた理由とは

「自分自身がこの仕事を好きなんだと向き合って多くの仕事やショーをこなしてきた事だね。本当にこの仕事が好きでよかったと思っている。自分自身のキャリアとDJスタイルによってどのような場所でもそこに合ったDJができるようになったね。自分のDJセットを事前に準備したことはないよ。Popな歌もそうだけど、自身で作ったアンダーグラウンドな音楽をプレイするときもあるよ。自分のパフォーマンスを見にきてくれるお客さんはDJプレイの中に驚きを求めてくる人が多いからね。飽きることのない仕事でラッキーだよ!」

若い世代のラッパー達について

「今、SpotifyやApple Musicなどのチャートにランクインしている上位20曲のうち19曲が15歳から20歳の若い子供達が作っている音楽であり、すごく魅力的だよ。リスナーも彼らの音楽を求めているからね。若いアーティスト達も直接リスナーにリーチしていると思う。本来ならばレーベル、ラジオなどの壁を挟んでいたけれどそのようなツールももう必要ないと思うよ。直接SoundCloudyやSpotifyを使う事によって直接オーディエンスと触れ合う機会が増えたと思うし、最高な時代だと思う。この前プロデュースしたEPにも若い世代のアーティストが参加しているけど、彼らの反抗的な性質が大好きなんだ。」

どうすればソングライター達はDiplo本人から注目されるのか

「自分は毎日できる限り音楽を聴いているけど、何か驚きのある音楽じゃないといけないと思う。長年ロサンゼルスに住んで多くのソングライターと会ってきたけど、みんな同じ音楽を作っていて退屈になるんだ。自分はいつも人とは違うことをしようと心がけている。シンプルな音楽、またPopな音楽を作るのは簡単じゃないんだ。自分自身もっとエキサイティングにならないといけないと思う。Popな音楽を上手に聴ける耳は持ってないけどクレイジーな音楽をさらに良くする事は僕が得意な分野だからね。今のシーンは似たような音楽ばかりだから人とは違う事をやり続けることが大事であり、成功する方法だと思う。」

インタビュー動画は下記から。

関連: DiploがBoiler Roomの本部であるロンドンでDJセットを披露

MV: Silk CityがDaniel Merriweatherを迎えた”Only Can Get Better”

DiploとMark RonsonにからなるユニットのSilk Cityがデビューシングルであり、Daniel Merriweatherをフューチャリングに迎えた”Only Can Get Better“のMVを公開しました。Colombia Recordsからリリースされた今回のシングルはDisco調の楽曲となっており、Spotifyでは390万回再生されています。

今回の映像ではSilk Cityがニューヨーク、ロサンゼルスの会場でパフォーマンスしている様子なども含まれています。

“Only Can Get Better”のダウンロードはこちらから。

関連: DiploがBoiler Roomの本部であるロンドンでDJセットを披露

DiploがBoiler Roomの本部であるロンドンでDJセットを披露

Mad DecentのトップであるDiploがBoiler Roomのロンドン本部でDJセットを披露しました。

Diploは1時間ほどのパフォーマンスを行いアフリカやブラジルのアーティスト、またDrakeMigosCardi Bなどのクラブヒットをプレイしました。また、彼が参加しているMajor LazerやMark Ronsonとのコラボ、Silk Cityの楽曲などもセットに入れました。

トラックリスト (1001Tracklists.comから引用):

1. Aero Manyelo – Tshunga
2. Daft Punk – Emotion – DJ Mauboussin Bootleg
3. Mr. Eazi – Leg Over – Major Lazer Dub
4. Davido – Skelewu – Major Lazer & Wiwek Remix
5. Major Lazer ft. Justin Bieber & MO – Cold Water – ID Remix
6. Olamide – Science Student
7. DJ Mujava – Township Funk – Ashley Beedle Africanz On Marz Re-Edit
8. Kelis – Milkshake – Kandy Remix
9. Jay R Neutron – Know Me
10. Michael Brun – Jalouzi
11. Major Lazer ft. Travis Scott, Camila Cabello, & Quavo – Know No Better
12. Babes Wodumo ft. Mampintsha & Danger – Umngan’wami
13. Bhizer ft. Busiswa, SC Gorna, & Bhepepe – Gobisiqolo
14. Babes Wodumo ft. Mampintsha – Wololo
15. MHD – Afro Trap Pt. 8 (Never) – ID Remix
16. ID – ID
17. Migos & Lil Uzi Vert – Bad And Boujee
18. Drake ft. Rihanna – Too Good – Liam Keegan Remix
19. Gama – Everybody Ready
20. SOPHIE – MSMSMSM
21. MC Neguinho do ITR – Popotao Grandao
22. MC Rafa Original, MC Taliba, & DJ P7 – No Beco
23. Major Lazer ft. The Partysquad – Original Don – ID Remix
24. Anitta, MC Zaac, & Maejor ft. Tropkillaz & DJ Yuri Martins – Vai Malandra
25. FlipN’Gawd – Brazilian Wax
26. MC Fioti, Future, J Balvin, Stefflon Don, & Juan Magan – Bum Bum Tam Tam
27. Migos – Narcos
28. Cardi B – Money Bag – Lazy Flow Afro Funk Edit
29. Migos – T-Shirt
30. ID – ID
31. Benga & Coki – Night
32. Aaliyah – Are You That Somebody
33. ID – ID
34. Sunnery James & Ryan Marciano – La Vela (Prende La Vela)
35. Orlando Voorn – In Da Jungle – Chocolate Puma Remix
36. ID – ID
37. Afrojack & Quinten De Rosario ft. Jessie K – Bald ‘N’ Hairy
38. Jude & Frank ft. Toto la Momposina – La Luna – ID Remix
39. ID – ID
40. Karismae – ID
41. Silk City ft. Daniel Merriweather – Only Can Get Better

関連: TropkillazとMajor LazerがMC KevinhoとBusy Signalを迎えた”Loko”

インタビュー: Diploのラジオ番組”Diplo’s Revolution”のプログラムディレクターを務めるEric Hamilton

Eric Hamilton and Diplo
Eric Hamilton performs with Diplo. (Source: Eric Hamilton)

今年の3月にDiploがサテライトラジオのSiriusXMでのチャンネルDiplo’s Revolutionをスタートさせました。Diploはここ6年間イギリスのラジオ局、BBC Radio 1XtraにてDiplo and Frendsという番組を放送しています。この番組は多方面に渡る先見性のあるDJをゲストとして招いている事で高い評価を得ています。

今回、Diploが始めたDiplo’s RevolutionではすでにArmin van BuurenOliver HeldensDestructoGTAParty Favorなどの多くの著名ゲストが出演しています。Major LazerWalshy FireJillionaireもチャンネル内で番組を持っています。

このようなチャンネルが成り立つのは裏方を担当する人がいるからであり、Diplo’s RevolutionではEric Hamiltonというプログラムディレクターが中心に動いています。ロングビーチ生まれリバーサイド育ちであり、34歳になる彼は2000年から2012年の間ロサンゼルスでDJとして活動しました。そして、ラジオ局での実務経験もないまま友人であるDillon Fransisのラジオチャンネル”iHeartRadio”にてショーのプロデューシングを始めました。ここでの経験を評価されてDillon Fransisのマネージャーであり、DiploのマネージャでもあるKevin Kusatsu氏が彼をDiplo and Frendsの番組制作に携わるように誘いました。しかし結果として納得いくような動きができなかったとの事です。

そこからEricはDiplo and Friendsの制作責任者として任命され、ゲストDJのブッキング、DJミックスのプロデュースや番組の方向性の判断を任されました。またMajor Lazerとも仕事を行いメンバーであるJillionaireがApple Musicのチャンネル、Beats 1で行われている番組、Lazor Soundの制作責任者も担当しました。

Diplo and Friendsで成果を見せたEric HamiltonはDiploとの信頼関係も築き上げ、”Diplo’s Revolution”のプログラムディレクターとして番組に携わっています。今回DJcityでは彼にインタビューを行いました。

チャンネル、Diplo’s Revolutionはどのようにして誕生したのですか?

「Diploのアシスタントを担当していた時にニューヨーク市でJack Üのプロモーションをラジオで行なっていたんだ。DiploのマネージャーであるKevinとSiriusXMにお訪れた時、Diploはどのような番組に出演できるかと聞かれたんだ。過去にDiploは番組に出演した事があるんだよね。そしてKevinが”番組じゃなくて自分たちのチャンネルを1つ欲しい”と言ったんだ。Kevinは以前からこれを願っていたんだ。Mad Decentはいつも最前線で新しくてクールな音楽を使って勝負して大きくなったんだ。Diploを中心とした活動が自身のチャンネルを持つ事でさらに活かせると信じていたよ。」

どのような役割を担っているのですか?

「SiriusXMの音楽チームと番組内でプレイする楽曲を決めているよ、そして番組内のミックスなどを担当する人にコンタクトを取るんだ。」

ゲストDJを呼ぶ場合はどの基準でアーティストを決めていますか?

「もし話題になっている楽曲があれば、そのアーティストと連絡をとって番組の方でミックスをしてもらえない尋ねるんだ。特にミックスをする場合はそのアーティストがリリースしたばかりである楽曲や話題性のある楽曲などを取り入れ流ように伝えたり、ツアーなどを行うアーティストがいればそれを告知してあげたりしているよ。」

番組内で好きなホストはいますか?

「GTAのショーが自分たちのチャンネルのコンセプトに1番合っているから今のところ1番好きだね。ショーのタイトルは’Death to Genres’なんだ。僕はGTAの大ファンであり、彼ら長い間ずっと良いクラブミュージックを作っていて、僕はそれが大好きなんだ。昔の曲も今聞いてもかっこいいからね。彼らは音楽を理解しているんだと思うよ。Diplo’s Revolutionでは欠かせない存在だと思う。彼らのショーにはより良い作品を作る人たちを今後出演させていこうと思っているんだ。」

Eric Hamilton and Major Lazer
Eric Hamilton performs with Major Lazer. (Source: Eric Hamilton)

SiriusXMのリスナーの中にはDiplo’s Revolutionが始まることによって前の番組であるElctric Areaが無くなったことに対して不満な方もいると思いますが、彼らにこの事に対してなんと伝えますか?

「僕たちはHouse、Trance、など他の音楽も大好きなんだ。そして今回のチャンネルもいろんな音楽がかかるチャンネルなんだ。多くの人は特にチャンネルが変わると1つのジャンルに特化した音楽しか流さないと持ってしまうんだけどこのチャンネルに関しては違うんだ。僕らは人々が様々な音楽を好きな事に対して注目しているんだ。例えばUrtra Music Festivalの会場にある全てのステージで同じ音楽が流れてしまうとしたら、人々は違う音楽を聴きたいと思うんだ。だからフェスティバルではステージによってかかる音楽が違うんだ。このチャンネルはそれと同じだよ。音楽も特に今そのような状態なのじゃないかな。そして今多くの人から前向きなフィードバックを貰うんだ。多くの人が自分たちのチャンネルのアイデアやコンセプトに共感を持ち、番組をしたいと言ってくれるんだ。多くのDJから前向きなコメントをもらって本当に励みになるよ。」

3つの番組の裏方を担当する事がストレスになったりしますか?

「一緒に働いてくれる仲間たちがいるんだけど、リスナーの人々がまた次の放送で聴いてくれるのかと言う部分を考えながら番組制作に没頭することがたまにストレスになってしまうね。でもそこが一番大事な部分だと思って仕事をしているよ。そしてラジオはラジオだから全て似たようなものになってしまうかもしれない。けど1つの番組がもう1つの番組より良いものになることは起こしたくないんだ。全ての番組が一流であることを心がけてるよ。」

3つのプラットフォーム(Apple Music、BBC Radio、SiriusXM)と仕事をしていますがどことの仕事が1番やりやすいですか?

「SiriusXMが1番仕事がしやすいね、なぜならいちいち番組を検閲しなくていいんだ。他の場所は制限が多いからね。他のプラットフォームもSiriusXMのようにもっとフリーダムな内容で仕事ができたらと思うよ。」

ラジオ局で働くことで好きな部分は何ですか?

「他の誰よりも新しい曲を聴くことができる事だね。Diploと仕事をしていたらいろんなアーティストから新しい曲がたくさん送られてくるよ。次に何が起きるか、流行するかなどが最前線でわかるんだ。あとは自分が好きなアーティストと近くで仕事ができる事だね。若い頃からテレビで見てた人などと一緒に仕事ができるなんて想像もできなかったよ。」

Diploと仕事をしていて1番学んだことは何ですか?

「仕事に対する価値観や考え方は間違いなくDiploから学んだと思う。彼は仕事熱心で常に新しいものを見つけてくるんだ。彼のプロダクションリストには境界線がない。常にフレッシュなんだ。彼からインスピレーションを受けて仕事をしています。彼のおかげで今の流行を追いかける方法を教えてくれたし、音楽の世界へ導いてくれたんだ。」

関連: インタビュー: ラスベガスでブッキング担当やDJとして活動するベテラン、Dave Fogg

MV: Diplo、French Montana、Lil PumpがZhavia Wardを迎えた”Welcome to the Party”

先日リリースされたDiploメインの楽曲”Welcome To The Party“のMVが公開されました。今回の楽曲はDiploとFrench MontanaLil Pump、そしてZhavia Wardとのコラボ作品となります。今回の楽曲は映画、Deadpool 2のサウンドトラックとなっています。DJcityのHot Box Chartでは1位にランクインしています。

今回の映像では映画で使用されているシーンとアーティストが登場しているシーンが交互に映されています。

“Welcome To The Party”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: DiploがLil Xanを迎えた”Color Blind”

MV: DiploがLil Xanを迎えた”Color Blind”

Desiignerとの楽曲”Suicidal”のMVを公開したばかりのDiplo。そんな彼がLil Xanとのコラボ楽曲”Color Blind“のMVを新たに公開しました。この楽曲はDiploのEP、Californiaにも収録されています。

このビデオはカルフォルニアのリバーサイドで撮影されており、Lil XanとDiploが家でパーティーをしている様子や車の中でゆったりしている様子などが見ることができます。

DiploはFacebookにて

「僕とLil Xanでこの楽曲を料理したんだ。EPに収録されている曲の中で1番ユニークな楽曲だと思うんだ。ユニークな曲だけど僕とLil Xanの相性がバッチリだと証明できた新しい何かだと思うんだよね。」

“Color Blind”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: DiploがDesiignerがフューチャリングした”Suicidal”

MV: DiploがDesiignerがフューチャリングした”Suicidal”

CaliforniaがリリースされたDiploがそのEPにも収録しているDesiignerとの楽曲、”Suicidal“のMVを公開しました。映像ではアーティスト二人がネオンの光に包まれたストリートをさまよう様子が演出されています。

Diploはこの内観的な楽曲についてソーシャルメディアで次の様に述べています:

“Desiignerがビートを気に入って数日間スタジオに来たんだ。そこでプロデュースをゼロから始め数ヶ月後にボーカルを載せていい曲が出来上がったんだ。大好きなプロデューサーFlumeMura masaを融合した様なところに、Hip-HopのエナジーであるDesiignerを入れた感じなんだ。”

楽曲はDJcityにてダウンロードすることが可能です。

関連: Diploが自身のHip-HopルーツそしてLil Xanの2Pacに対するコメントについて語る

Popular