インタビュー: ラスベガスでブッキング担当やDJとして活動するベテラン、Dave Fogg

Posted by on | No comments

Dave Fogg
Dave Fogg (Credit: DMahoney Photo)

ラスベガスでDJ、またはパーティーをした経験があるという人にとっては、そのイベントにDave Foggが携わっていると言っても過言ではありません。DJとして活動し、LuxorホテルにあったClub RAでのタレントバイヤーとしても活躍していたDave Foggは90年代後半からベガスで活動をスタートさせました。またClub RAはベガスにある会場で初めてダンスミュージックのアーティストをブッキングした場所であります。そこからDave DoggはHard Rock、Station Casino、The Palmsなどカジノにあるナイトクラブのブッキングを担当しながら自身もDJとして活動していました。

現在彼は、Draiの有名なBeachclubアフターアワーに行われれる会場のブッキング担当を行っています。Beachclubでこれまでパフォーマンスをしたアーティストは、A-TrakShowtekMKTroyBoiHenry Fong4BSak NoelApe Drums、Stooki Soundsなどの大物ばかりです。

DJcityはベガスの中心人物とも言える彼にインタビューを行いました。

ブッキングするタレントを探すとき何を見ていますか?

新しいアーティスト、古いアーティスト問わずその場面に適正するかによって判断しているよ。そこが一番大事なのかなと僕は考えているんだ。アーティストが作品をリリースするタイミングもあるよね。DJとしての仕事もきちんとこなしていたら他の人と比べてそのような情報もすぐ入ってくるからね。最近では他のナイトクラブでレジデントをしている友人とコラボしているアーティストをブッキングしたりしているね。

新しいアーティストはどう見つけますか?

Pollstarなどの業界ではなく、DJcityなどのレコードプールで見つける方が多いね。

DJにどれだけのギャランティーを払うのかという基準などはありますか?

もしDJが他の会場での出演経験があり、そこで失敗があったとしてもそれを基準にすることはないね。会場がどこまでサポートできるか、また他の会場との兼ね合いや違う街のマーケットでの価格などを見て決める時が多いね。

DJとしての活動はタレントバイヤーとして役立っていますか?またその逆もありますか?

ほとんどの判断はDJの視点からきているよ。DJとして人の曲をかけている以上は人々が自分の音楽にどのように反応するかを見ているよ。そのような視点を大事にしているDJかどうかを見極めてブッキングしているよ。ほとんどのアーティストはベガスでのパフォーマンスが初めての経験だからね。

TroyBoi
TroyBoi at Drai’s Beachclub on March 24. (Source: Drai’s Beachclub)

ブッキングなどを行うタレントバイヤーとして誤解されることなどはありますか?

同じような仕事をしている人たちがIbiza、ADE、SXSWなどの大きなフェスに行って”スカウト(笑)”を行っていることかな。あのような行為はただ旅行に行っているだけでスカウトをしているなんてただの言い訳でしかないよ。仕事なんてできるわけがないんだ。

これまで多くのDJ達をブッキングしてきたと思いますが、誰から最も感銘を受けましたか?

自分がこれまでブッキングしたアーティストで感銘を受けた人はたくさんいるよ、Derrick May、Loco Dice、12th PlanetDiploMKAlunaGeorgeRuskoなどだね。クリエイティブに考えながら自分がファンであるアーティストをブッキングできる事に対して幸運に思うよ。

ラスベガスの今のシーンに対してどう思いますか?

いくつかの点で停滞していると考えるね。なぜなら大きいクラブはいままで通りの方法でこれからも運営していくと思うから新しいことは起きないと思う。ただ音楽のトレンド、その変化に対しては興味深くなってきているからそこに期待しているよ。

(音楽的に)どのような方向に向かっていると思いますか?

ここ数年間はEDMが流行り、去年はHip-Hopが波に乗っていたね。今、特にアンダーグラウンドなシーンではまたElectronicミュージックが戻ってきている気がするね。

Dave FoggのInstagramをフォロー。

関連: Four Color Zack: ラスベガスでDJをする際の政治について