J Balvin

MV: J Balvinが新しくシングル”Reggaeton”を公開

ラテングラミー賞のBest Urban Music Albumで見事に入賞を獲得したJ Balvinがサプライズで新しく楽曲”Reggaeton“を公開しました。

今回のMVはプエルトリコで撮影されており、その場のカルチャーを感じさせるような内容となっています。

“Reggaeton”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Daddy YankeeとAnuel AAの”Adictiva”

MV: Karol GがJ Balvin、Nicky Jamを迎えた “Mi Cama Remix”

現在大ヒットしているReggaetonの楽曲とも言える”Mi Cama“のリミックスバージョンが公開されました。フューチャリングに参加しているアーティストはJ BalvinNicky Jamです。今回の映像ではカラフルな場面が多く、アーティストがそれぞれの部屋でパフォーマンスをしている様子を見ることができます。

Karol Gは今年の5月にオリジナルバージョンを公開し、YouTubeでは3億回以上の再生、Spotifyで7700万回以上再生されています。またリミックスバージョンは現在BillboardのHot Latinチャートにて8位にランクインしています。

“Mi Cama Remix”のダウンロードはこちらから。

関連: Anuel AAがOzunaを迎えた”Brindemos”

Michael BrunがJ Balvinとの楽曲”Positivo”の制作過程について語る

ハイチで活動するDJ/プロデューサーのMichael BurnJ Balvinと制作した楽曲”Positivo“の制作過程についてGeniusのDeconstructedシリーズで語りました。この楽曲はアメリカのスペイン語で放送されてるTVネットワーク、”Telemundo“にて現在行われている2018 FIFA World Cupのテーマソングとなっています。

ビデオではMichael BurnがAbletonを使用し、どのようにして楽曲を制作したかについて語りました。

彼は「楽器、リズムやエナジー感は間違いなくハイチのものを取り入れたものだよ。特に楽曲てきにハイチのストリートなサウンドだと思う。」とコメントしています。

5月にリリースされた”Positivo”はSpotifyで700万回再生、YouTubeではSpotifyで1000万回再生されました。またBurnは2月に”Bayo“という名前でこの楽曲をハイチのStrong G、Baky、J. Perryとリリースしています。

関連: ビデオ: CBMIXがLil Pumpの”Esskeetit”の制作過程について語る

J Balvinが自身の新しいアルバム’Vibras’について、Bad Bunnyとのコラボについてなどを語る

Ebro and J Balvin
Ebro Darden and J Balvin

J Balvinが自身の新しいアルバムVibrasや自身のキャリアについてをBeats 1 RadioのEbro Dardenとのインタビューで語りました。

彼はBad Bunnyと共にコラボアルバムをリリースする可能性があることや、Drake、Bruno MarsThe Weekndとコラボを希望している事について、また自身のヒットソング”Mi Gente“のリミックスでBeyonceと仕事をした事について語りました。

“Mi Gente”のリミックスについて、「彼女(Beyonce)と仕事ができたことはカルチャー的にも素晴らしい出来事だと思う。彼女が自分と仕事してくれたのも自分のことを認めてくれているからだと思うんだ。」とJ Balvinがコメントしています。

「他のコラボ作品についても自分のモチベーションが上がり、自分の取り組みにも集中できるんだ。今の環境が本当大好きだよ。そして自分が一発屋ではないことを世界に見せるんだ。」とコメントしています。

下記でインタビュー動画を見ることができます。

関連: Liam PayneとJ Balvinが新しくシングル”Familiar”を公開

Liam PayneとJ Balvinが新しくシングル”Familiar”を公開

Liam Payne and J Balvin
Liam Payne and J Balvin (Source: Instagram)

One Directionの元メンバーであるLiam PayneがLatin界のスター、J Balvinと共に楽曲”Familiar”を公開しました。

Liam PayneはRita Oraを迎えたUKでのヒット”For You“、J BalvinはNicky Jamとの現在大ヒット中の楽曲”X“に続く作品となります。

この楽曲はMike Sabathによってプロデュースされています、彼はChris BrownWaleの楽曲のプロデュースも行なっています。

“Familiar”のダウンロードはこちらから。

関連: ビデオ: Nicky JamがJ Balvinと組みヒットした楽曲”X”の制作過程について語る

ビデオ: Nicky JamがJ Balvinと組みヒットした楽曲”X”の制作過程について語る

LatinミュージックのスターであるNicky JamがBillboardのHow It Went DownシリーズにてJ Balvinとのヒットシングル”X“がどのようにして作られたのかについて語りました。

Afro BrosJeonによってプロデュースされて”X”はBillboardのHot Latin Songsチャート
において2位にランクイン、Hot 100チャートにおいて47位にランクインしています。また、3月のDJcity Top 50では8位にランクインしています。

Nicky JamはJ Balvinから送られてきたトラックを聴いてすぐにこの楽曲はヒットすると確信し楽曲に参加することを決意しました。またNicky JamはJ Balvinがビートに変化を加えようとした事に対して止めたことについて、また自身の歌詞の意味についてを語りました。

“X”のダウンロードはこちらから。

関連: オランダで活動するChuckieがJ Balvinとのコラボ曲”Machika”について語る

オランダで活動するChuckieがJ Balvinとのコラボ曲”Machika”について語る

Chuckie
Chuckie at Exchange LA on Oct. 6, 2017. (Source: Facebook)

オランダの重鎮であるChuckieBillboardのインタビューJ BalvinJeon、そしてAnittaによるクラブアンセム”Machika”のプロデュースについて語りました。

この楽曲はBillboardのHot Latin チャートにて14位にランクインしており、ChildsPlaySky Rompiendo El Bajoによってプロデュースされています。

インタビューではChuckieが”Machika”は皆が思うようなReggaetonではなく、オランダのCaribbean Houseスタイルである”Bubbling”だと述べています。

「Bubblingとは1980年代にオランダのDJ Moortjeによって生みだされたものなんだ。Dancehallの楽曲をミスでアップテンポでプレイした事によって誕生したんだ。」とChuckieがコメントしています。またこのDancehallのテンポがオランダの人々の好みであったとBillboardは付け加えています。

「Machikaの音はBubblingの進化系なんだ・・・。多くのグルーブに使った音は90年代のものであって、今の世代の子供達のために再発明されたものなんだ。」とコメントしています。

Chuckieは自分のスタイルでの経験に加えて、さまざまな文化と組み合わせる重要性も認識しています。

「インターネットのおかげで皆が世界市民とも言えるため、音楽を通して多くの文化を学ぶことができ、美しいことだと思うよ。またリスナーは自分がしていることは他と違うことを知っているんだ。人々が興味を持ち続けるほど様々なタイプのジャンルがある面白いと思うよ。」とコメントしています。

またBillboardによると”Machika”はワールドカップの歌として使用されるという噂もあります。ハイエナジーな楽曲なので大会にふさわしいのではないでしょうか。

“Machika”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: J Balvin, Jeon, そしてAnittaが新しく”Machika”を公開

MV: J Balvin, Jeon, そしてAnittaが新しく”Machika”を公開

Mi Gente“で爆発的なヒットを生み出したJ Balvinが新人アーティストのJeon、ブラジリアンシンガーのAnittaと組んだインターナショナルな楽曲”Machika“を公開しました。

この楽曲はオランダのChuckieChildsPlay、コロンビアのSky Rompiendo El Bajoがプロデュースに携わっており、またMVはコロンビアで撮影されたとのことです。

この楽曲のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Major LazerがJ BalvinとSean Paulをフューチャリングに迎えた”Buscando Huellas”

MV: Major LazerがJ BalvinとSean Paulをフューチャリングに迎えた”Buscando Huellas”

Major LazerJ BalvinSean Paulをフューチャリングに迎えたReggaeton調の楽曲”Buscando Huellas“のMVを公開しました。今回のMVではJ BalvinとJillionaireが倉庫でダンスをしている様子を見ることができます。

このシングルはMajor LazerのEP、Know No Betterに収録されており、6月のDJcity Top 50では6位にランクインしています。Major LazerとJ Balvinのコラボは2015年に公開された”Lean On”のリミックス以来となります。またトリオとしての活動は2014年のシングル”Come On To Me”以来となります。

“Buscando Huellas”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Migos、Nicki Minaj、Cardi Bによる”MotorSport”

Sean Paulが”Mi Gente”のトラックを使用し楽曲”Volcano”をDJcity限定で公開

Sean Paul
Sean Paul performs live. (Photo source: Facebook)

ReggaeやDancehallのシーンでは同じトラックを使用して何人のもアーティストが楽曲を発表することは珍しくありません。1つのトラックでアーティスト、タイトル、歌詞が違う10曲発表される場合もあります。

DancehallのレジェンドであるSean PaulJ BalvinWilly Williamsの大ヒットシングル”Mi Gente“のトラックを少し変化させて使用した楽曲”Volcano”を公開しました。

この楽曲はDJcity限定でダウンロード可能です。


関連: MV: Sean PaulがMigosをフューチャリングに迎えた”Body”を公開

Popular