ビデオ: Nicky JamがJ Balvinと組みヒットした楽曲”X”の制作過程について語る

LatinミュージックのスターであるNicky JamがBillboardのHow It Went DownシリーズにてJ Balvinとのヒットシングル”X“がどのようにして作られたのかについて語りました。

Afro BrosJeonによってプロデュースされて”X”はBillboardのHot Latin Songsチャート
において2位にランクイン、Hot 100チャートにおいて47位にランクインしています。また、3月のDJcity Top 50では8位にランクインしています。

Nicky JamはJ Balvinから送られてきたトラックを聴いてすぐにこの楽曲はヒットすると確信し楽曲に参加することを決意しました。またNicky JamはJ Balvinがビートに変化を加えようとした事に対して止めたことについて、また自身の歌詞の意味についてを語りました。

“X”のダウンロードはこちらから。

関連: オランダで活動するChuckieがJ Balvinとのコラボ曲”Machika”について語る

Popular