Cut Chemist

Destructo、Cut Chemist、DJ Nu-Markが”MikiDz Show”に出演

DJ Nu-Mark, Destructo, Cut Chemist
Left to right: DJ Nu-Mark, Destructo, and Cut Chemist on the “MikiDz Show” at DJcity in Los Angeles on July 23, 2018.

ロサンゼルスで行われる2日間の音楽フェスティバル、All My Friends Festivalを主催しているDestructoが先日行われたMikiDz Showに出演しました。

さらにDestructoと共に、Jurassic 5のメンバーであるCut ChemistとDJ Nu-Markが出演しました。Cut Chemistのスキルフルなセットからスタートし、DestructoがG-Houseのセットや彼自身の楽曲を披露、そして最後うにNu-Markが7インチのレコードを使用したセットを公開しました。

MikiDz ShowはMikiWARDJ Dainjazoneにが司会を務める番組です。下記で今回のMikiDz Showの放送を見ることができます。

また今回の放送をiTunes経由でダウンロードまたは視聴できます。

The hosts and guests
From Left to right: Destructo, DJ Dainjazone, DJ Nu-Mark, MikiWAR, Cut Chemist

The audience
The audience

関連: Damianitoが’MikiDz Show’で披露したセット

Invisible Skratch Piklz、Cut Chemist、そしてJ.EspinosaがBoiler Roomでパフォーマンスを行う

isp-600

The Boiler Roomが普段行うElectronicやHip-Hopを中心としたパーティーとは違い、ターンテーブリズムを中心としたパーティーを行いました。今回のパーティーはカルフォルニアのオークランドで行われ、Invisible Skratch Piklz、Cut Chemist、J. Espinosa、Great Daneがパフォーマンスを披露しました。Invisible Skratch Piklzの中で出演したのはDJ QBert、D-Styles、DJ Shorkutの3人です。

今回The Fullerton Hotelで行われたイベントで初めにセットを披露したのはTeam SupremeプロダクションのクルーであるGreat Daneによるものです。彼は45分間TrapやFuture Bassを中心のセットでした。

2015年のRed Bull 3StyleアメリカチャンピオンのJ.Espinosaはベイエリアを中心としたHip-Hopをターンテーブリズムを兼ねて披露しました。その場にいたオーディエンスやJ.Espinosaの後にパフォーマンスをしたCut Chemistも盛り上がっていました。

Jurassic 5のメンバーは”あれは真似ができない素晴らしいものだよ”とJ.Espinosaを賞賛。ファンの1人もツイッターで「J.Espinosaが披露したベイエリアのクラシックHip-Hopは誰も真似ができないと思う、彼と同じような曲のかけ方は他で聞くことはないだろう」とツイートされています。

Cut ChemistはターンテーブルとCDJの両方を使用して創造的かつ技術的なパフォーマンスを行いました。彼のセットにはHip-hop、African Musicを中心に構成されていました。セットの途中にBlackaliciousのGift of Gabがライブパフォーマンスを披露しました。最後にパフォーマンスをするInvisible Skratch Piklzに良いパスを繋げました。

下記でBolier Roomの様子を見ることができます。

関連: ビデオ: CrazeとJon1stのBoiler Roomセット