Turntable Techniques

SeratoのPitch’n Timeを使用してメロディーを弾く方法

SeratoのPitch’n Timeのプラグインを使用することで、SeratoのCueポイントを使用することでメロディを弾くことができます。パフォーマンスパッドを使用したクリエイティブなトーンプレイを行なっている様子を見ることができます。

今回のTurntable TechniquesではBeat RefineryDJ Little Rockのデモンストレーション動画を見ることができます。

関連: エコー機能を使い異なるテンポの曲を繋げる方法

エコー機能を使い異なるテンポの曲を繋げる方法

異なるテンポの曲を繋げることに対して柔軟にピッチ対応することはターンテーブリストとってはチャンレンジなことの一つではないでしょうか。しかしながら、ミキサーにエコー機能が付いていればそのトランジッションを簡単にすることが出来ます。

今回のTurntable TechniquesのエピソードではBeat RefineryDJ Little Rockが実際にデモンストレーションとして2つ披露してくれています。

関連: RolandのDJ-808を使用してRedrumする方法

RolandのDJ-808を使用してRedrumする方法

DJcityTVとBeat Refuineryの共同で公開されている番組Turntable TechniquesではRolandのDJ-808を使用してRedrumする方法についてTrazeが説明してくれました。このテクニックは曲の抜きの部分などで使用してドラムの音を足すことができます。

関連: レビュー: Roland DJ-808 Controller

ビデオ: Pitch’n Timeプラグインで使用できるKey Syncの使い方

Serato DJのPitch’n TimeプラグインではKey Syncを使用することができます。この機能を使用することにより、ミックスをよりハーモニックに行うことができ、ブレンドやトランジションがよりクリアに聞こえます。

今回のTurntable Techniquesでは2016年Red Bull 3StyleのU.S.チャンピオンであるTrayzeが分かりやすく説明してくれています。

関連: ビデオ: メロディーやビートをループ

ビデオ: メロディーやビートをループ

多くのDJはメロディやドラムパターンを連続したサイクルで非対称にループをさせる人が多いと思われます。ループをするということは明確な始まりと終わりがあり、その場でパターンやリズムを変えることができます。

今回のTurntable TechniquesではBeat RefineryObeyahが上記の内容について詳しく説明しています。


関連: ビデオ: Seratoでループを使いながらエコー組み合わせる技術

ビデオ: Seratoでループを使いながらエコー組み合わせる技術

ここ最近、Rane Sixty-TwoやPioneerやDJM-S9などのミキサーには既にエコーの技術が備え付けられています。しかし全てのミキサーに備えられているわけではありません。今回のTurntable TechniquesではBeat RefineryAs-Oneがどのようにすればエコーの技術が備えられていないミキサーでもSerato内のループ機能を活用し、曲をエコーさせるかというのを実際に例を見せながら解説してくれています。

以下の3つの方法が映像で紹介されています。

①. 12小節をかけてミックスを行う場合、その内の8小節は曲と曲をブレンドさせ、最後の4小説にループ機能を使用し、縦フェーダーを徐々に下げることによってエコーをかけるという技。

②. 8小節をかけてミックスを行う場合、4小節ずつのグループに分ける。最初の4小説は曲と曲をブレンドさせる。最後の4小説にエコーする方の曲に1小説ループ機能かけて、縦フェーダーを徐々に下げることによってエコーをかけるという技。

③. ②と同様8小節をかけてミックスを行う場合、最初の4小節は曲と曲をブレンドさせる。最後の4小説はフレーズをループさせてから1小節ごとにループさせる拍を半分ずつにしていき、最後の小節で縦フェーダを使用しエコーをかけるという技。

※動画を見ながら解説を見るとより一層分かりやすいと思います。

最後にAs-Oneはこう要約しています。

「今日、様々な機能が備え付けられている素晴らしいミキサーが徐々に出て来ているのは本当に良いことだと思う。ただ1番知っておくべき技術は自身が使っているDJソフトウェアに備え付けられている機能を完璧に駆使できるかどうかだと思う。そうすればミキサーだけを頼りにする必要はなくなるからね。」

関連: Serato DJでのカスタムキューポイントの使い方

Serato DJでのカスタムキューポイントの使い方

キューポイントのつけ方をカスタマイズすることはDJのパフォーマンスを向上させるだけでなく、新たな可能性が生まれることでもあると思います。今回の動画、Turntable TechniquesではBeat RefineryDJ As-OneがSeratoのキューポイントについて語っています。

関連: 69BeatsがRed Bull Thre3Styleルーティーンの作り方をアドバイス

ターンテーブルテクニック: トランジションの効果的使い方

DJcityTVとBeat Refineryターンテーブルテクニックの新しいチュートリアリビデオをリリースしました。今回は、DJ As-OneがDJセットの中でのトランジションの効果的な使い方を説明しています。

トランジションはテンポを急激に変えるパフォーマンスに最適なツールです。トランジションを使うことにより異なるBPMの楽曲につなげることを可能とし、よりクリエイティブなDJセットを行うことが出来ます。

映像ではDJ As-Oneがどのようにしてトランジションを使うのかと、トランジションツールをDJcityでダウンロードすることを説明しています。

関連: HouseミュージックをDancehall DJのようにDJするやり方

HouseミュージックをDancehall DJのようにDJするやり方

ReggaeとDancehallのDJは『Selector』とジャマイカでは呼ばれていて、同じインストを使い様々なボーカルで収録したRiddimと呼ばれるものをよくプレイします。そのテクニックは別のジャンルの音楽でも使うことができ、よりセットをクリエイティブなものすることができます。

DJcityとBeat RefineryTurntable TechniquesシリーズにてワシントンDCのDJ/プロデュサーのObeyahがDancehallスタイルのミックス方法をHouseミュージックで行うかを説明しています。

Related: ターンテーブルテクニック: 「Rockit」スクラッチのやり方

ターンテーブルテクニック: 「Rockit」スクラッチのやり方

tt-600

DJcityとBeat RefineryからチュートリアルシリーズTurntable Techniquesの新たなエピソードを公開しました。映像では、DJ As-OneがGrandmixer D.STがHerbie Hancockの1983年にRockitで披露した同じ名前のスクラッチ「Rockit」を見せています。

この曲はElectro-FunkとインストHip-Hopを試験的に取り入れたHerbie Hancockの代表作となったアルバムFuture Shockに収録されています。「Rockit」はスクラッチを収録した曲として世界で一番最初のヒットした曲であり、DJ QBertとMix Master Mikeも重要な影響を受けたと語っています。

「(Rockitスクラッチ)でDJの技術が計れる」とQBertがドキュメンタリー映画Scratchにて語っています。

Related: Ableton Liveを使ってアカペラエディットを作る

Popular

  • 最大の特典!150円でDJcityをご利用出来ます!

    今年最大のチャンスをお見逃しなく! DJcityメンバーシップが90%オフで、最初の月は¥150でご利用できます(通常価格¥1,500)。チェックアウト時にプロモコードDJCITY2024を使用してください。 最新のリミックスやDJエディット、イントロバージョン、クリーンエディット、アカペラなどをダウンロード...

  • DJ KANJIのアルバム「THE VOICE」をDJcityに掲載

    DJ KANJIがアルバム「THE VOICE」をリリース。全16曲が収録されたアルバムのなかからDJcityには「Intro」を除いた15曲を掲載しました。DJ KANJIのこれまでのヒット曲をRemasterした楽曲に加えて、新曲も収録されています。 また7月20日にはDJ KANJI初のワンマンライブが...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました

    DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました。今回の大きなアップデートとしてはユーザーはダウンロードしたファイルのアーティスト、タイトル、バージョン、bpm、ジャンル、キー、年を編集することができるようになりました、 アップデートとしては ・ダウンロードしたファイルをアーティスト、タイトル、バージ...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...

  • これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? – Pioneer DJ 編-

    古くはターンテーブル2台とミキサー、そしてバイナルレコードと高額な機材を揃えないとスタートできなかったDJ。近年ではPCDJやUSBなどデータでDJをする事が主流となり、様々なDJ機材メーカーがテクノロジーを駆使し、安価ながらも有能な機材を数多くリリースし、初期投資を最低限に抑えDJをスタート出来るようになり...

  • レビュー: MasterSounds Radius 4 ロータリーミキサー

    MasterSoundsのRadius 4は4チャンネルのアナログロータリーミキサーです。イギリスでAndy Rigby-Jonesの協力をもとに手作りにより作られました。Andy Rigby-JonesはAllen & Heath Xoneミキサーのデザイナーです。 今回のTips and Tric...

  • Tokyo Young Visionのアーティスト達がDJcityに楽曲を公開

    東京を拠点に活動するHip-Hop クルーのTokyo Young Visionが所属アーティスト達の音源をDJcityで公開してくれました。今年の2月に1st アルバムを公開したNormcore Boyz、Normcore BoyzのDJを務め、クラブDJ/プロデュース双方で活躍中のDJ NORIO、そして...

  • ビデオ: 楽曲における、Cleanバージョン vs. Dirtyバージョン

    DJが楽曲をレコードプールでダウンロードする際、放送禁止用語をカットしたラジオ向けのCleanバージョンとオリジナルであるDirtyバージョンの選択肢があります。今週のShare The KnowledgeではDJ TLMが2つのバージョンをどう使い分けるのか、そして両方ダウンロードするべき理由を語ってくれて...