R.O.A.D. Podcast

R.O.A.D Podcastにてレギュラーメンバーが新しいクラブからのブッキングについて語る

今週のR.O.A.D Podcastでは2周年を記念し、リスナーからの質疑応答や新しいクラブからのブッキングについてなど様々なことについて語りました。

DJ Crookedは、「新しいクラブにブッキングされる為にはそこで働いているDJといい関係を築くべきだ、代わりのDJを探しているときがチャンスだね。どの街にいてもそのような関係を作るのがDJにとって1番いいと思う。」とコメントしています。

またここ最近のオープニングを務めるDJのセットにアート性が無くなりつつある事について、またDJの歴史を知っている事がDJとして成功するのに必要な知識なのかについてなどを語りました。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. Podcastの FacebookInstagramSoundCloudTwitter、そしてYouTubeをフォロー

関連: R.O.A.D PodcastにDJ Dynamixが出演、Red Bull 3Style出場時にPCがクラッシュした事について語る

R.O.A.D PodcastにDJ Dynamixが出演、Red Bull 3Style出場時にPCがクラッシュした事について語る

今週のR.O.A.D Podcastにロサンゼルスを拠点に活動するパーティーロッカーとして定評のあるDJ Dynamixがゲスト出演しました。

去年フィラデルフィアで開催されたRed Bull 3Styleのアメリカファイナルにて、パフォーマンス中にPCがクラッシュした出来事についてを語りました。また大会用のルーティンを作るときについて、そしてバトルシーンで結果を残したDJがナイトクラブに求められる期待値についてコメントしました。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. PodcastのFacebook, Instagram, SoundCloud, Twitter, YouTubeをフォロー。

関連: R.O.A.D Podcast: DJ NevaがHip-Hop黄金時代での経験を語る

R.O.A.D PodcastがMikiDz Showの100回目となるエピソードを記念しコラボが実現

MikiDz Show

R.O.A.D PodcastがMikiDz Showの100回目となるエピソードを記念し、両番組のホストが同時に出演する大規模なコラボ放送が実現しました。Roctakon, Graham Funke, StoneRokk, Scooterなどの著名DJもゲストスピーカーとして参加しています。

最初は今年の夏にもっとも盛り上がった楽曲とは何かについて話し合い、”Hot Girl Summer“, “Act Up“, “My Type“, “Truth Hurts“や”Drogba (Joanna)“などが挙がりました。

またDJへの出演料の値段が低下している事について(下記映像1:26:00から)話し合いました。何故相場が低くなってしまったのか、そしてどう解決していくかなどについて話し、客席にいたJayceeoh, Bella Fiasco, Lady Sha, Nitraneらも会話に参加しました。

最後にはアメリカにおけるイーストコーストのDJ vs ウエストコーストのDJについてのディベート(下記映像2:07:40から)が行われました。議論はヒートアップしましたがお互いの良さを分かりやすく出演者達が説明しています。

下記でエピソードを視聴できます。オーディオのみの再生はMixcloudから行うことができます。

MikiDz Showのホストを務めるDJMikiWAR, Dainjazone, Rellをフォロー。

R.O.A.D. Podcastwのホストを務めるDJCrooked, Jaime Da Great, Neva, D-Milesをフォロー。

関連: R.O.A.D Podcast: DJ NevaがHip-Hop黄金時代での経験を語る

R.O.A.D Podcast: DJ NevaがHip-Hop黄金時代での経験を語る

今週のR.O.A.D Podcastはニューヨーク出身のDJ Nevaが出演しました。Nevaは幼少期にブロンクスで過ごした時に経験したブロックパーティーでの出来事、またHip-Hopのアイコンとも言えるKool DJ Red AlertLovebug Starskiとの交流についてなどを語りました。

また、Nevaはニューヨークで初めてのレジデントDJを務めた経験や、自身のDJキャリアを継続させるためにラスベガスに拠点を移した事についても話をしています。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. Podcastの FacebookInstagramSoundCloudTwitter、そしてYouTubeをフォロー

関連: R.O.A.D Podcast: Spyda T.E.Kが出演、Crazeとの新しいユニット、Mete Manoについて語る

R.O.A.D Podcast: Spyda T.E.Kが出演、Crazeとの新しいユニット、Mete Manoについて語る

ラスベガスを拠点に活動するDJ/プロデューサーのSpydaT.E.KR.O.A.D Podcastに出演しました。メンバー達はSpydaT.E.KとCrazeの新しいユニット、Mete Manoについて話しました。

更に、CrazeとFour Color Zackのユニット”“との関係性について、自身のプロデュースしている楽曲の事、そして何故AbletonよりもFL Studioを推奨するのかを語りました。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. Podcastの FacebookInstagramSoundCloudTwitter、そしてYouTubeをフォロー

関連: R.O.A.D PodcastにDJ Felli Felが出演

R.O.A.D PodcastにDJ Felli Felが出演

今週のR.O.A.D PodcastではベテランDJ/プロデューサー、そしてロサンゼルスのラジオ局Power 106でホストも務めるDJ Felli Felが出演しました。20年以上ラジオでのキャリアがあるFelli Felとメンバーは、ストリーミングの時代である今でもラジオは新しい曲を流行させることができるのかについて話をしました。

また、Felli FelはSpotifyの人気プレイリストと各地域で流行している楽曲の違いについて、そしてFelli Felが過去にDiddyAkonLudacrisLil Jonを迎えたヒット曲”Get Buck In Here“の制作について、そしてDJ Khaledとの関係についてなどを語りました。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. PodcastのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: R.O.A.D Podcast: DJ ZoがアジアでのDJの難しさについて語る

R.O.A.D Podcast: DJ ZoがアジアでのDJの難しさについて語る

ロサンゼルスのパーティーロッカー、DJ Zo a.k.a. ZomannoがR.O.A.D. Podcastに出演しました。そこでアジア諸国にて、DJをすることの難しさや、そのチャレンジな環境をどう乗り越えるかについて語りました。

Zoは続けてThe LINE HotelLock & Keyでレジデントとして感じた、クラウドがカラオケの様に歌うスタイルの影響が、最終的にロサンゼルスのコリアンタウンでのナイトライフに繋がっていることについても述べました。

ビデオでZoは「アジアのマーケットではEDMやHouseが人気で、自分はそう言ったジャンルはあまり得意ではない。そう言った時は、移動中にDJcity等でダウンロードしたり、詳しい人に聞いたりしている。あとは今ベトナムで最も流行っている楽曲のTop3を教えて?みたいな感じで聞くね。」と語っています。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. Podcastの FacebookInstagramSoundCloudTwitter、そしてYouTubeをフォロー

関連: R.O.A.D Podcast: DJ Nitraneがオバマ前大統領、JAY Z、などセレブの前でのDJ経験を語る

R.O.A.D Podcast: DJ Nitraneがオバマ前大統領、JAY Z、などセレブの前でのDJ経験を語る

今週のR.O.A.D PodcastではBasのオフィシャルツアーDJであるDJ Nitraneオバマ前大統領、JAY-ZやJamie Foxxなどのセレブリティーが参加しているパーティーでの経験について語りました。

メンバーとNitraneはオバマ前大統領と写真をとるとなった場合どうするかについて、またセレブリティーな現場でのお客をどう満足させるかについても語っています。

Dreamville Recordsに所属する彼はJ.ColeのアルバムRevenge of the Dreamers 3のレコーディングセッションに参加したことについても語っています。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. Podcastの FacebookInstagramSoundCloud, TwitterYouTubeをフォロー。

関連: R.O.A.D Podcast: SeratoのKutcornersとMr. Sonny JamesがSeratoアーティストチームについて語る

DJ ButchがLAのナイトクラブで行われている贅沢なボトルサービスシーンについて語る

今回のR.O.A.D PodcastではLAを拠点に活動するベテランのクラブDJ/プロモーターのDJ Butchをゲストで迎えました。今回はLAの高級ナイトクラブで行われている贅沢なボトルサービスシーンについて語りました。

「自分がいるクラブには天井から人が1人またがって乗れるようなジェット機があるんだ。そこから女の子がVIPにボトルを持っていく、そのときにFutureの”Jumpin on the Jet”がプレイされるんだ。Betアワードがあった週間では自分のクラブのVIPは全て10万ドル(100万円以上)だったよ。」とコメントしています。

またDJ ButchはバトルDJからクラブDJ件にシフトチェンジして成功した話や、イベントのブッキングを待つより、自分でイベントを主催する方がキャリアアップに繋がるとも語っています。

R.O.A.D. PodcastのFacebookInstagramSoundCloud, TwitterYouTubeをフォロー。

関連: R.O.A.D Podcast:今の時代、DJが楽曲をどのようにして広めていくか

SKAM ArtistのオーナーであるSujit Kunduがマネージメントとブッキングエージェントの違いを語る

今週のR.O.A.D podcastではブッキングエージェント、SKAM ArtistのオーナーであるSujit Kunduがマネージャーとエージェンシーの違いを語りました。

「マネージャーは成功するまでのプロセスを手伝うことがある。例えばスタジオに入って音楽を作る場合は一緒に参加し、音楽的なアドバイスをする。ブッキングエージェントはただただ、ブッキングを取りに行ってあげるだけだ。有名になったり、ブッキングをしやすくするような部分はアーティスト自身が努力するべきだ。」

とコメントしています。

Sujit KunduはUniversal Music Groupのプロモーション部署で働いており、DJ KhaledTygaFrench Montanaのラジオでもプロモーションについても語っています。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. PodcastのFacebookInstagramSoundCloudTwitter, and YouTubeをフォロー。

関連: R.O.A.D Podcast:今の時代、DJが楽曲をどのようにして広めていくか

Popular