DJ E-Man

R.O.A.D PodcastにDJ E-manが出演

R.O.A.D PodcastPower 106のディレクターであるDJ E-manが出演しました。ロサンゼルスのラジオシーンでレジェンドであるE-manは長い間番組でコラボしていたBig BoyがPower 106を離れた時のことについて語りました。

またChingyの楽曲をPower 106で禁止した理由や、Nick CannonThe Morning Showを引き継いだことについても述べています。

R.O.A.D. PodcastのFacebook, Instagram, SoundCloud, Twitter, YouTubeをフォロー。

関連: R.O.A.D PodcastにDJ Angie Vee, Bella Fiasco, Lady Shaが出演

DJ E-ManがMeruelo Mediaのプログラミング、コンテンツディレクターに

DJ E-Man at the LIGHT Nightclub in Las Vegas on June 8, 2019. (Source: Instagram)

Meruelo MediaはDJ E-Manが新しいプログラミング、コンテンツディレクターになる事を発表しました。E-Manは、Power 106、93.5 KDAY、そして最近リリースされたラテン放送局Cali 93.9のプログラミングおよび音楽コンテンツを監督します。

Meruelo MediaのCOOであるOtto Padron氏はDJ E-Manのことについて”E-Manは俺たちの仲間さ、これまで多くのプログラムディレクターを探してきたけど、彼以上の逸材を見つけることはできないよ。またローカルなコンテンツで業界に対しての目標に共感を得たんだ。”とコメントしています。

DJ E-Manは”ロサンゼルスを代表するPower 106と93.5KDAYで仕事を続けられる事をすごく楽しみにしているよ。そして新しいCali 93.9のチームの組み立ても楽しくやっている。またロサンゼルスにある3つの主要なラジオ局と携わることは凄くいい気分だよ。自分が好きな音楽と携わっているから尚更だね。”とコメントしています。

関連: Emiss CommunicationsがPower 106をMerueloグループに売却

ビデオ: Beat JunkiesのDJスクールを公開

beat-600

今年の4月にリビングレジェンドとも言えるBeat Junkiesクルーがカルフォルニアのグレンデールに”The Beat Junkie Institute of Sound“というDJスクールを開設しました。DJについて基礎の部分から応用編まで学ぶことができるスクールであり、ワークショップやプライベートレッスンなどが受講できます。

“The Beat Junkie Institute of Sound”はDJの基盤を重点に置いています。例えば、生徒たちは最初レコードからDJの基礎的な部分を学びます。そこからデジタルに移行していくとのことです。

またスクール内には12台のDJセットが並んでおり、他にはDJ用のグッズストア、グループスクラッチセッションのためのテーブルである通称”ロングタゴン”が設置されています。

Power 106のDJ E-Manが中の様子を取材を行った映像が公開されました。DJ E-Manは動画内でスクールの講師であるDJ BabuとMr.Chocにスクールの内容を説明してもらい、その時にDJ Premierがスクラッチセッションをしている場面に遭遇します。DJ E-ManはDJ PremierにDJであるという事はどういうことであるのかを質問した際にプレミアはこうコメントしています。

今回このような素晴らしい設備が整っている施設ができた事、そしてターンテブルやミキサーが楽器であることを理解している人がリスペクトを込めてスポンサーになっている事に感動しているよ。ブロンクスのストリートで始まったこのカルチャーが今では大きなビジネスになっていると思う。僕は10代の頃からこの文化に携わり、国から国にこの文化が発展してきたところを見てきた。今ではDJがいないとナイトクラブは盛り上がらないしMCはラップもできない。やはり全ての原点を学ぶにはこのようなスクール、そして説得力のあるDJがDJの基礎的な部分を教えることは大切だと思う。やはりターンテーブル、ミキサーが全ての始まりなんだ

下記で動画を視聴できます。

関連: ミュージックビデオ:DJ PremierとMiguelの「2 Lovin U」

Popular