DJ Premier

MV: Gang Starrの“Bad Name”

Gang Starrが新しく“Bad Name”のMVを公開しました。この作品は彼らの新しいアルバム、One Of The Best Yetに収録されています。Drew MorrisDJ Premierによって制作された今回の映像ではGang Starrのメンバーであった故Guruへ敬意を表している様子を見ることができます。

このビデオでは、DJ PremierがインターネットパーソナリティであるAnthony “Spice” Adamsに曲を売り込む様子や、Guruの息子であるKeith Casimが父親の楽曲をラップする場面などを見ることができます。

DJ Premierは「自分はこの“Bad Name”がGang Starr復活となる最初のシングルになることを望んでいたよ。またSpice AdamsやGuruの息子Keithにも参加してもらいたかったんだ。KeithはJ. Coleとの“Family and Loyalty”にも出演してもらったが、今回の映像ではKeithがよりカメラワークに慣れた部分もあり、すごく良い作品ができたと思う。」とコメントしています。

ダウンロードはこちらから。

関連: MV: Gang StarrがJ.Coleを迎えた”Family and Loyality”

DJ PremireがNYを代表する名曲の制作について語る

Hip-Hopプロデューサーの代名詞とも言えるDJ PremireDJ EnuffHot97で放送されているNew At 2に出演しました。DJ Premireはブルックリンで育ったことについて、また数々のNYを代表する名曲の制作について語りました。

彼は自身が思うトッププロデューサーについて名指しで説明したり、J.ColeがGang Starrの新しい楽曲“Family and Loyality”に参加した経緯についても語ってくれました。またPremireとEnuffが昔、The Notorious B.I.GP.Diddyと仕事をした経験についても視聴者にシェアしました。

上記でフルムービーを見ることができます。

関連: MV: Gang StarrがJ.Coleを迎えた”Family and Loyality”

MV: Gang StarrがJ.Coleを迎えた”Family and Loyality”

Gang Starrが16年ぶりとなる新曲”Family and Loyalty”をリリースしました。J. Coleを客演に迎えた今回の作品は今は亡きラッパー、Guruの未公開音源が使用されています。映像はHip-Hop界のレジェンドであるFab 5 Freddyが担当しており、Guruの息子であるKeith Casimがカメオ出演しています。

DJ Premireは「Keithの父親(Guru)が亡くなった当時、彼はまだ9歳だったけれど、今では19歳にまで成長した。昔はよく彼の子守をしていたよ。彼と一緒にいると、なんだかGuruが側にいる様に感じるんだ。彼の目は父親と同じ目をしている。それに、周りも親子で似ている部分が凄く印象的だと言っている。今回のミュージックビデオにGuruの息子が出演していることはすごく大事なことだと思う。」とコメントしています。

“Family and Loyalty”はこちらから。

関連: MV: Post Maloneの”Circles”

MV: DJ PremierがA$AP Fergを迎えた”Our Streets”

DJ PremierA$AP Fergを迎えた新曲”Our Streets”のMVを公開しました。今回2人が出演しているMVはHarlemのストリートで撮影されています。

DJ Premierのシンボルとも言えるスクラッチが組み込まれているこの楽曲はPayday Recordsからリリースされており、DJ PremierとA$AP Fergの初コラボ作品となっています。Payday Recordsは過去にJAY-Z、Gang Starr、Group Home、Jeru the Damaja、Showbiz & A.Gなどのアーティストを抱えていました。

“Our Streets”のダウンロードはこちらから。

関連: DJ PremierがGang Starrの”Mass Appeal”をプロデュースした事について語る

DJ PremierがGang Starrの”Mass Appeal”をプロデュースした事について語る

先週、D’Angeloのヒット曲である“Devil’s Pie”の制作についてDJ Premierが語りました。今回のOff the RecordではGang Starrの”Mass Appeal”をどうプロデュースしたかを述べています。今回のトラックはこのシリーズを公開しているメディア企業のMass Appealと同じ名前となっています。

DJ PremierはGuruとどのようにして楽曲のアイデアを考え、反ラジオを題材にしたかについて語りました。またこの楽曲は1994年のBillboard Hot 100で67位にランクインし、Gangstarrがリリースした楽曲で過去最高の記録を残しました。

DJ Premierは映像で「ラジオをからかう内容の曲なのに、ラジオヒットになってしまったよ。」とコメントしています。

関連: ビデオ: DJ PremierがD’Angeloの”Devil’s Pie”のプロデュースについて語る

ビデオ: DJ PremierがD’Angeloの”Devil’s Pie”のプロデュースについて語る

D’Angeloが2000年にリリースしたアルバムVoodooの中に収録されている”Devil’s Pie”と”Untitled (How Does It Feel)”の2曲はDJ Premierによってプロデュースされたものです。

今回のMass Appealの”Off the Record“ではDJ Premierがどのようにしてトラックを完成させ、J DillaとAlchemistが参加したレコーディングセッションまでたどり着いたのかを知る事ができます。

関連: DJ PremierのTiny DeskでのパフォーマンスとGeniusによるインタビュー

DJ PremierのTiny DeskでのパフォーマンスとGeniusによるインタビュー

DJ Premier
DJ Premier performs on NPR’s Tiny Desk series. (Photo source: NPR)

Hip-Hop DJのレジェンドと言えるDJ Premierは活動を開始してから30年以上が経っています。ヒューストン生まれの彼は未だに積極的な活動を行なっています。今年に入り、彼は新しいレーベルを設立し、Miguelとコラボしたシングル”2 Lovin U“を公開。そして16都市のツアーを達成しました。

そしてDJ PremierはNPRのTiny Deskシリーズで初めてパフォーマンスを披露したDJとなりました。彼のツアーバンドであるThe Badder Bandと共に9つの楽曲を披露。クラシックのHip-Hopの楽曲も含まれており、彼のツアーバンドもエナジーを与えてくれるような素晴らしい演奏をしてくれています。

DJ PremierはGeniusのインタビューシリーズであるGenius Levelにおいて彼のキャリアなどの話を中心とした1時間ほどのインタビューが行われました。共にGang Starrとして活動していたGuru、NasJAY-Z、そしてThe Notorious B.I.Gと仕事をした時の話や彼が新しく設立したレーベルであるTTT(To The Top)についても彼の制作における工程と共に語っています。

Tiny Deskでのパフォーマンス:

トラックリスト:

KRS-One — KRS-One Attacks
KRS-One – MC’s Act Like They Don’t Know
Das EFX — Real Hip-Hop
Nas — Nas Is Like
Jeru The Damaja — Da Bichez
Gang Starr — Step in the Arena
Gang Starr ft. M.O.P. — 1/2 & 1/2
Royce Da 5’9″ — Boom
Gang Starr — Moment of Truth

Geniusでのインタビュー:

インタビューでのトピック:

– 好きなビート (1:20)
– Nasの”N.Y. State of Mind”をプロデュースした時の話 (2:30)
– DJ Premireとしての始まり (5:30)
– Gang Starrとの仕事について (8:50)
– Guruとの仕事について (15:30)
– Guruの死後、Gang Starrアルバムの噂 (18:50)
– 需要のあるプロデューサーになるとはどういう事か (21:00)
– Biggieとの仕事について (22:40)
– JAY-Zとの仕事について (26:45)
– Kendrick Lamarと仕事をしている噂について (29:18)
– D’Angeloとの仕事について (31:30)
– Christina Aguileraとの仕事について (35:00)
– 現在の制作でのプロセスについて (37:20)
– 今後リリース予定の制作と未来について (50:00)

関連: ミュージックビデオ:DJ PremierとMiguelの「2 Lovin U」

ビデオ: Beat JunkiesのDJスクールを公開

beat-600

今年の4月にリビングレジェンドとも言えるBeat Junkiesクルーがカルフォルニアのグレンデールに”The Beat Junkie Institute of Sound“というDJスクールを開設しました。DJについて基礎の部分から応用編まで学ぶことができるスクールであり、ワークショップやプライベートレッスンなどが受講できます。

“The Beat Junkie Institute of Sound”はDJの基盤を重点に置いています。例えば、生徒たちは最初レコードからDJの基礎的な部分を学びます。そこからデジタルに移行していくとのことです。

またスクール内には12台のDJセットが並んでおり、他にはDJ用のグッズストア、グループスクラッチセッションのためのテーブルである通称”ロングタゴン”が設置されています。

Power 106のDJ E-Manが中の様子を取材を行った映像が公開されました。DJ E-Manは動画内でスクールの講師であるDJ BabuとMr.Chocにスクールの内容を説明してもらい、その時にDJ Premierがスクラッチセッションをしている場面に遭遇します。DJ E-ManはDJ PremierにDJであるという事はどういうことであるのかを質問した際にプレミアはこうコメントしています。

今回このような素晴らしい設備が整っている施設ができた事、そしてターンテブルやミキサーが楽器であることを理解している人がリスペクトを込めてスポンサーになっている事に感動しているよ。ブロンクスのストリートで始まったこのカルチャーが今では大きなビジネスになっていると思う。僕は10代の頃からこの文化に携わり、国から国にこの文化が発展してきたところを見てきた。今ではDJがいないとナイトクラブは盛り上がらないしMCはラップもできない。やはり全ての原点を学ぶにはこのようなスクール、そして説得力のあるDJがDJの基礎的な部分を教えることは大切だと思う。やはりターンテーブル、ミキサーが全ての始まりなんだ

下記で動画を視聴できます。

関連: ミュージックビデオ:DJ PremierとMiguelの「2 Lovin U」

ミュージックビデオ:DJ PremierとMiguelの「2 Lovin U」

DJ PremierMiguelが彼らの最新コラボ作『2 Lovin U』のミュージックビデオを公開しました。映像にはDJ Premierがスクラッチをしている前でMiguelが歌う様子が収録されています。

『2 Loving U』はMiguelの2015年のデラックスアルバム、 Wildheartに収録されている2人のコラボ作『Damned』をレコーディング中に生まれた楽曲とのことです。

楽曲DJcityにてダウンロード可能です。

関連: Fool’s Goldのアーティスト:Leafの「FWM (Lie to Me)」ミュージックビデオ

Popular