Genius

808 MeloがPop Smoke「Dior」の制作過程を語る

プロデューサー808 MeloGeniusの企画にてPop Smokeの「Dior」制作のビハインドザシーンを公開しました。

ジワジワと浸透してきている「Brooklyn Drill」スタイルのシングルはピーク時にはBillboardのTop 40にて22位にランクインしてソロ作品としてBillboardのHot 100にチャートインしました。

20歳のイーストロンドンを拠点に活動するプロデューサーの808 MeloはUK Grime、シカゴのDrill、そしてNew YorkのTrapをミックスした独創的な新たなサブジャンルを作り上げました。ブレイクしたきっかけは「Dior」で、アーティストがラップやアドリブ部分を自由にできるように楽曲制作を進めたよ。印象深い事に彼は『「less is more (少ない方が豊かである)」の精神だよ。Pop Smokeの特徴的な声と、彼がラップしているビートは彼の人生観を表すかのようにフィットしている。』と語る。

関連: Hit-BoyがKendrick Lamarの“Backseat Freestyle”の制作過程を語る

Hit-BoyがKendrick Lamarの“Backseat Freestyle”の制作過程を語る

プロデューサーのHit-BoyGeniusにてKendrick Lamarの大ヒット曲である“Backseat Freestyle”の制作過程について語りました。BillboardのTop 10にランクインしていませんが、Hit-Boyは映像にて楽曲のエネルギーが壮大であることを語っています。

Hit BoyはKanye WestJay-Zの“N**gas In Paris”や“Clique”などのBillboard To 10にランクインした楽曲を制作、また2013年から同じロサンゼルス出身のKendrick Lamarと楽曲を制作を行い、親密な関係になったとコメントしています。

関連: ビデオ: 30 Roc & Dat Boi SqueezeがRoddy Ricch – The Boxの制作過程について語る

ビデオ: 30 Roc & Dat Boi SqueezeがRoddy Ricch – The Boxの制作過程について語る

プロデューサーである30 RocDat Boi SqueezeがGeniusにてRoddy Ricchの大ヒット曲である“The Box”の制作過程について語りました。

このソウルフルなTrap Rapは昨年12月6日にリリースされて以来、Billboardにて6週連続1位にランクインしました。ミュージックビデオを公開せずにこのような快挙を成し遂げた楽曲ではRoland SRX Orchestra VSTが使用されました。

30 RocはMike WILL Made ItのEarDrummers Entertainmentと契約を結びました。これまで彼が携った楽曲はYo GottiとNicki Minajの”Rake It Up“, Cardi Bと21 Savageの”Bartier Cardi“、映画Black PantherのサウンドトラックとなったJay Rock, Kendrick Lamar, Future, James BlakeKing’s Deadなどになります。

関連: ビデオ: Ricky Reed がLizzo -“Truth Hurts”の制作過程について語る

ビデオ: Bobby Shmurdaの“Hot N#gga”の制作過程

プロデューサーJahlil BeatsがGeniusにてBobby Shmurdaのヒット曲“Hot N#gga”のビート制作秘話を語りました。

Bobby Shmurdaのブレイクのきっかけにもなった楽曲は2014年にリリースされBillboardのHot 100では6位にランクイン。YouTubeに掲載されているMVは5億9千万の再生回数を記録しています。

Jahlil BeatsはBobby Shmurdaとコラボレーションする前は、Meek Millにも楽曲を提供しています。ビデオでは、FL Studioを使い段階的にビートがどの様に出来上がっていったのかが語られています。

関連: ビデオ: Lil Teccaの”Ransom”の制作過程

ビデオ: Lil Teccaの”Ransom”の制作過程

Internet Money Recordsの設立者であるNick MiraTaz TaylorがGeniusにてLil Teccaの大人気シングル”Ransom“の制作過程を語りました。

Nick MiraはJuice WRLDなどの楽曲を制作、Taz TaylorはDrakeGucci Maneの楽曲などを制作しています。

“Ransom”はBillboardのHot 100チャートで26位にランクイン、ミュージックビデオは400万回再生以上されています。また今月のDJcity Trendsにもランクインしています。

関連: ビデオ:Lil Nas X、”Panini”の制作過程をプロデューサー達が語る

DJ PremierのTiny DeskでのパフォーマンスとGeniusによるインタビュー

DJ Premier
DJ Premier performs on NPR’s Tiny Desk series. (Photo source: NPR)

Hip-Hop DJのレジェンドと言えるDJ Premierは活動を開始してから30年以上が経っています。ヒューストン生まれの彼は未だに積極的な活動を行なっています。今年に入り、彼は新しいレーベルを設立し、Miguelとコラボしたシングル”2 Lovin U“を公開。そして16都市のツアーを達成しました。

そしてDJ PremierはNPRのTiny Deskシリーズで初めてパフォーマンスを披露したDJとなりました。彼のツアーバンドであるThe Badder Bandと共に9つの楽曲を披露。クラシックのHip-Hopの楽曲も含まれており、彼のツアーバンドもエナジーを与えてくれるような素晴らしい演奏をしてくれています。

DJ PremierはGeniusのインタビューシリーズであるGenius Levelにおいて彼のキャリアなどの話を中心とした1時間ほどのインタビューが行われました。共にGang Starrとして活動していたGuru、NasJAY-Z、そしてThe Notorious B.I.Gと仕事をした時の話や彼が新しく設立したレーベルであるTTT(To The Top)についても彼の制作における工程と共に語っています。

Tiny Deskでのパフォーマンス:

トラックリスト:

KRS-One — KRS-One Attacks
KRS-One – MC’s Act Like They Don’t Know
Das EFX — Real Hip-Hop
Nas — Nas Is Like
Jeru The Damaja — Da Bichez
Gang Starr — Step in the Arena
Gang Starr ft. M.O.P. — 1/2 & 1/2
Royce Da 5’9″ — Boom
Gang Starr — Moment of Truth

Geniusでのインタビュー:

インタビューでのトピック:

– 好きなビート (1:20)
– Nasの”N.Y. State of Mind”をプロデュースした時の話 (2:30)
– DJ Premireとしての始まり (5:30)
– Gang Starrとの仕事について (8:50)
– Guruとの仕事について (15:30)
– Guruの死後、Gang Starrアルバムの噂 (18:50)
– 需要のあるプロデューサーになるとはどういう事か (21:00)
– Biggieとの仕事について (22:40)
– JAY-Zとの仕事について (26:45)
– Kendrick Lamarと仕事をしている噂について (29:18)
– D’Angeloとの仕事について (31:30)
– Christina Aguileraとの仕事について (35:00)
– 現在の制作でのプロセスについて (37:20)
– 今後リリース予定の制作と未来について (50:00)

関連: ミュージックビデオ:DJ PremierとMiguelの「2 Lovin U」

Popular