ターンテーブリズム

DJ NDの’Made From Scratch’ エピソード13

今週、DJcityTVのMade From ScratchではDJ NDが2クリックフレアとベイビースクラッチのコンボを紹介しています。スクラッチツールはこちらから。

DJ NDのFacebook, Instagram, Mixcloud, SoundCloud, YouTube, Twitterをフォロー。

関連: DJ NDの’Made From Scratch’ エピソード12

Bedroom Sessions: DJ Spadus


今回のDJcityTV Bedroom Sessions、アメリカ・テキサス州はダラスのDJ SPADUSが登場です。彼はラジオプログラムPitbull’s Sirius XM GlobalizationTEEZZY Radioに出演しており、自身が主催するR&B主体のパーティー #RNBBASEMENTPARTY もオクラホマやダラス界隈で毎回場所を変えながら開催中。今回の動画ではジャンルをクロスオーバーさせたクリエイティブなルーティンを披露してくれています。

< ルーティン解説 >

先ずは、先日のグラミー賞でも2部門を獲得したLil Nas Xのワールドヒット曲”Old Town Road”のコーラス部分からスタート。「Wrangler on my booty」のフレーズまで聞いたらBlac Youngsta “Booty”を頭から挿入。予めキューポイントを設定しておいた「Wrangler on my booty」のフレーズを”Booty”のコーラスが始まるまでミキサーのパッド(ホットキューモード)で叩いてブレンドします。ここは「Booty」繋がりのワードプレイですね。

続いてMeegan Thee Stallionの2019年リリース”Sex Talk”をカットイン。すかさずホットキューでコーラス部分にジャンプ。コーラス途中からBPMが変わりますが、これはルーティン用に自身でEDITしたのでしょう。BPMが107に上がったところでオールドスクール・ガールズラップグループを代表するアーティストSalt-N-Pepaの1991年の名曲”Let’s Talk About Sex”を挿入しコーラスが入ってくるまでMeegan Thee Stallionのフレーズ「Ayy」で軽く擦ります。ここのミックスも「Sex」「Talk」のワード繋ぎですね。コーラスに差し掛かったところで、お次はCicseroがジャズサックスプレーヤー/シンガーソングライターのMasegoを迎えた浮遊感漂うグルーヴィーな良曲”Good To Know”を丁寧にミックスしていき”Good To Know”の最初のコーラスが入ってくる直前で完全に曲をスイッチ。そしてドラムスが入ってきたところでミキサーのパッドを使いフィンガードラミング。余談ですがFKJとMasegoのスタジオセッション動画をまだ見てない方は是非!音楽偏差値が高くなった気になれます。

さて、解説に戻り・・・フィンガードラミングを8小節行ったあとはコーラス部分にジャンプして、次の展開の準備に入ります。もう片方のチャンネルに次の曲Chris Lorenzo & Taiki Nulight “Mind Control”をロードしスタートポイントでスタンバイ。ミキサーの方はserato DJの機能”ピッチプレイモード“のスタンバイをしておきます。コーラス途中のスネアに強めのReverb(ミキサー内臓エフェクター)をかけて音を一度フェードアウトさせ、再びボリュームフェーダーをあげると同時にパッドを叩いてピッチプレイスタート。最初は”Good To Know”のメロディーのみを演奏し、途中から”Mind Control”のドラムを挿入します。途中ミキサーのFilterをいじって変化をつけつつ”Mind Control”のエナジーポイントに突入してフィニッシュ。この2つの曲はキーが一緒なので違和感なく聞こえますね。

トラックリスト:

1. Lil Nas X – Old Town Road
2. Blac Youngsta – Booty
3. Megan Thee Stallion – Sex Talk
4. Salt-N-Pepa – Let’s Talk About Sex
5. Ciscero feat. Masego – Good to Know
6. Chris Lorenzo & Taiki Nulight – Mind Control

いかがでしたでしょうか。中盤あたりから彼の好きであろうR&Bテイストを混ぜつつ、ラストは手動トランジションでBPMもテンションもアゲて終わる展開でしたね。途中のMeegan Thee Stallion”Sex Talk”のアカペラ終わりのEDITはDJcityのレコードプールでアカペラやインストゥルメンタルがダウンロード出来るので、それらを使って誰でも作れそうですね。皆さんも自分のスタイルや理想のMIXに合わせてオリジナルEDITを作ってみてはいかがでしょう。あと、気付いた方もいるかもしれませんが彼が着用しているTeeシャツはBeatsourceのやつですね。欲しぃー!

DJ Spadusの FacebookInstagramTwitter, SoundCloud をフォロー。

“Bedroom Sessions”でルーティンを公開しませんか?”brs@djcity.com“に動画をお送りください。

関連: Bedroom Sessions : DJ Sparkbox

DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露


カリフォルニア南部を拠点に活動するDJ Kwestが、DJcityのピックアップする最新&注目の楽曲を使用したショートルーティンシリーズを公開。過去にはBOOM DJ Battleへの出場経験があり、ラジオプログラムPitbull’s Sirius XM Globalization やカリフォルニアリバーサイドのラジオKGGI, 99.1 FM.でも彼をチェックできます。では今週も見ていきましょう!

< ルーティン解説 >

1曲目は一昨年に刑務所から出てきたジャマイカのヒーローBuju Bantonの “Trust”からスタート。フィーチャリングには今をときめくTory Lanez。イントロの声ネタ混じりのビートの上で同曲のスネアを激しめにスクラッチした後コーラス部分からカットイン。ポイントとしてはスネアの短い音にも関わらずクラブスクラッチやチャープスクラッチを正確にメイクしている点です。”正確に”というのは繰り返し安定した音を出しているという意味です。次に”Mi Gente”のヒットでも知られるJ BalvinがプロデューサーにDJ Snakeを迎えた新曲”Amarillo”をフレーズ「Ya se puso buena la fiesta」から使います。「Ya」の部分で小刻みなスクラッチをしてからリリース。と同時に”Trust”の方はミキサーのパッド(ホットキューモード)を叩いてビートのみの部分へジャンプ。3小節ほどブレンドしたら”Amerillo”に完全にスイッチし、すかさずホットキューでコーラス部分にジャンプします。続いてThe Weekndの2020年最新アルバム「After Hours」より”In Your Eyes”を途中のフレーズ「I tried to find love」からスクラッチを交えて挿入します。なぜこのフレーズから使うのかというと、丁度ドラムスが抜けてボーカルのみになっている箇所なのでスクラッチやMIXがし易いからだと思われます。2曲のドラムの打ち方も違うので尚更ですね。そして先ほどと同様フレーズをリリースすると同時に”Amerillo”はビートのみの部分にジャンプ、2小節ブレンドした後”In Your Eyes”のドラムが入ってくる直前で完全にスイッチします。同曲のコーラスの手前あたりからスクラッチでカットインし、コーラスに突入。

次にフレーズ「Burning inside you」をループさせBPMをターンテーブルのピッチコントローラーで上げていきます。一瞬映るPC画面を見るとオリジナルのBPM(プラスマイナスゼロ)から可変してプラス24まで上がっているのを確認できますが、これはPioneerのターンテーブルが最大プラスマイナス50までピッチを可変出来るから可能なのです。(画面向かって左のターンテーブルだけPioneer。右はテクニクス)

BPMを124あたりまで上げたところでラストチューンとなるオーストラリア出身のプロデューサー・DJ(元プロサーファー)FISHERのブランニュー”Freaks”をMIXしていきます。ループさせてあったフレーズ「Burning inside you」の間隔を”Freaks”のフィルに合わせて徐々に短くしていきます。(ミキサーのLOOP 1/2ボタンを使用)エナジーポイントに差し掛かるところで完全にスイッチします。そしてラストは同曲のフレーズ「Freaks come out」で軽く擦ってフィニッシュ。

トラックリスト:

いかがでしたでしょうか。ドラムパターンが違う2曲(レゲトン × ヒップホップなど)をMIXする時のヒントが見え隠れするセットでしたね。曲中のドラムが抜けてアカペラだけになっている部分はループやスクラッチがし易い事がわかったと思います。技やコツはどんどん盗んでいきましょう。ただ相手へのリスペクトは忘れずに。

DJ Kwestの FacebookInstagramMixcloudTwitter.をフォロー。

関連: DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露

Inside TurntablistsにFong Fongが出演


Fong Fong. (Source: Boom City)

イギリスを中心に活動するBoom Cityの番組、Inside TurntablistsFong Fongが出演しました。彼は2012年のDMC Onlineの世界チャンピオンです。

今回のエピソードではFong FongがDJ活動のスタートについて、名前の由来、そして彼の好きなビデオゲームについてなどを語りました。バトルDJとしての部分では現在、Fong Fong自身のYouTubeチャンネルにて彼のルーティンやプロデュース作品等が定期的に掲載されているとのことです。

関連: Inside TurntablistsにOslo Flowが出演

DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露


カリフォルニア南部を拠点に活動するDJ Kwestが、DJcityのピックアップする最新&注目の楽曲を使用したショートルーティンシリーズを公開。過去にはBOOM DJ Battle等への出場経験があり、ラジオプログラムPitbull’s Sirius XM Globalization やカリフォルニアリバーサイドのラジオKGGI, 99.1 FM.でも彼をチェックできます。

< ルーティン解説 >

コーヒー(多分ブラック)をグイッと飲んでからスタート。1曲目は先日MVも公開されフューチャーリングMegan Thee Stallionがボンデージ姿で登場するTygaのブランニュー”FREAK”。因みにこの曲をパッと聞いてドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」まで辿り着いた人はお見事。さて、ルーティン解説にいきましょう。DJ Mustardプロデュース楽曲ではお馴染み、歌い出しの直前に入る「Mustard on the beat」のドロップに行くまで同曲のキック部分を小刻みなスクラッチ&カットインで足していきます。次にフックのコーラス部分の途中でアカペラに差し替え「Bounce to the beat」のフレーズをループさせます。ターンテーブルのピッチコントローラーでbpmを123まで上げつつSlushii “All Night Long”を途中のドラムブレイクから乗せていきます。”All Night Long”のbpmを更に上げていきループさせてあるフレーズ「Bounce to the beat」をタイミングよくパッドで叩きつつ「Back, Back, Back again」のドロップまで引っ張ります。まさに人力トランジション! そのままエナジーポイントに突入。

続いてMalumaの”Que Chimba”を曲のコーラス部分からカットイン。すかさずインスタンドダブルスをしてから手動で半拍ずらし、1/4拍ずらしをサラッとメイクします。そしてこの曲のエナジーポイントであるBaila Conmigoを彷彿とさせるラッパ(SAX?)音のブレイクを聞かせた後、キューボタン(ミキサーのパッド)で曲の冒頭ドラムブレイクにジャンプしつつDaniLeigh “Levi High”のコーラス部分をブレンド。”Levi High”のドラムが入ってくる直前、Dababyの気怠い「Let’s Go~」が聞こえたら完全に曲をスイッチさせます。ラストは同曲のラスト部分をスクラッチしながらカットインして曲の終わりとともにエコーをかけてフィニッシュ。

トラックリスト:

1. Tyga ft. Megan Thee Stallion – Freak
2. Slushii & Holly – All Night Long
3. Maluma – Qué Chimba
4. aniLeigh ft. DaBaby – Levi High

いかがでしたでしょうか。限られた食材(DJcityが選んだ選曲)で料理(DJセット)している事を考えると、ここまで出来るのは感服です。しかも週次でやっているんだから尚更。あるいは私もそうですが、ある程度の縛りがある中で考えた方がルーティンやDJセットを組みやすかったりします。皆さんはどうでしょうか。
話は変わりますが今回のルーティン動画でも使われているSlushii(スラッシー)のマスコットキャラクターみたいなの可愛い。

DJ Kwestの FacebookInstagramMixcloudTwitter.をフォロー。

関連: DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露

DJ Fuzeによる今月の“20-Year-View”(March 2000 & March 2020)

ロサンゼルスのラジオ局、REAL 92.3でミキサーを務めるDJ FuzeBeatsourceの企画である20-Year-Viewにて新たなルーティンを公開しました。2000年3月、2020年3月に流行した楽曲を交互に織り交ぜた内容となっています。

プレイリストはBearsourceで見ることが出来ます。

DJ FuzeのFacebook, Instagram, Twitterをフォロー。

関連: DJ Fuzeによる今月の“20-Year-View”(February 2000 & February 2020)

DJ NDの’Made From Scratch’ エピソード11

今週、DJcityTVのMade From ScratchではDJ NDがクラブスクラッチ、トランスフォーマー、そしてオートバーンスクラッチの組み合わせを紹介しています。

スクラッチツールはこちらから。

DJ NDのFacebook, Instagram, Mixcloud, SoundCloud, YouTube, Twitterをフォロー。

関連: DJ NDの’Made From Scratch’ エピソード 10

ビデオ: ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkが楽曲”Wind Up”を披露

ターンテーブリスト/シンガーであるAsian Hawkが新たなルーティンをDJcityTV限定で公開してくれました。DMC UKチャンピオンでもある彼は自身の最新楽曲“Wind Up”を披露。スクラッチやフィンガードラムなど多才なスキルを3分の映像で魅せてくれています。

Asian HawkのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: ビデオ: ターンテーブリストであり、シンガーのAsian Hawkが楽曲”Fire”を披露

DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露


カリフォルニア南部を拠点に活動するDJ Kwestが、DJcityのピックアップする最新&注目の楽曲を使用したショートルーティンを披露。過去にはBOOM DJ Battle等への出場経験があり、ラジオプログラムPitbull’s Sirius XM Globalization やカリフォルニアリバーサイドのラジオKGGI, 99.1 FM.でも彼をチェックできます。

< ルーティン解説 >

一曲目はオランダ産アーティストRock ‘N’ Loadの”Blow Ya Mind – Dave Winnel Remix”からスタート。潔くドラムブレイクからスタートさせ同曲のヴォーカル部分で擦ります。短めに擦った後はヴォーカル入りのトラックにスイッチし、すかさずインスタントダブルスで逆のチャンネルにスイッチ。PC画面の波形を見ながら人力で半拍ずらしをした後、さらにその半分の1/4拍ずらしを行なっています。(因みにDJミキサーPioneer DJM-S9を使った半拍ずらしをもっと簡単&正確に行う方法についてはこちらの記事に書いてあります。)

続いてAitch & AJ Tracey”Rain”をメロディー部分から挿入。と同時に”Blow Ya Mind”の方はキューボタンでドラムブレイク部分に飛ばしています。このようなミックスを綺麗に聞かせるちょっとした気遣いは大事ですね。”Rain”にスイッチしたら同曲のコーラスの歌い出し「I Said “Say My Name”」を軽く擦ってから挿入。コーラスを4小説聞いたら再びコーラスの歌い出しに戻りループさせます。そこに先日ローリングストーン詩の表紙も飾ったMeegan Thee Stallionの新曲”Captain Hook”を頭のドラム部分からスクラッチを交えて乗せていきます。ポイントとしてはドラム部分を長めにかけて少し焦らしてからコーラス部分「Call that nigga Captain Hook」をカットインする点です。(ここまで小節や諸々のタイミングがフリースタイルっぽいので本人意図してやっているのか不明ですが)

次は同曲の歌い出し部分にカットインで戻りつつ「I Want His Daddy」のフレーズをループ。ピッチコントローラーでbpmを95まで上げていきます。そこに”悪いウサギ”ことBad Bunnyの”Yo Perreo Sola”をドラムから乗せていきます。さて、ここからが地味に難しいパートです!DJM-S9内蔵エフェクトをエコーモードにしエコーの繰り返す長さを最長の4BEAT(拍)に設定、そしてミキサー中央のツマミでエフェクトの強さを最大にします。そして”Yo Perreo Sola”側のエフェクトを4BEAT(拍)だけオンにします。そうすると半永久的にドラムが4BEAT(拍)の長さでループします。このループはミキサー内部で生成されているため、各チャンネルに関係なくループは鳴り続けます。つまり左右のターンテーブルの音を止めようがボリュームを最小にしようがループは鳴り続けるということです。(参考動画: DJ MANWELL)

ループしたドラムの上にフレーズ「Y Mi Dice Papi」を擦って挿入します。ここは「Daddy」と「Papi」をかけたワードプレイですね。ラストは同曲のコーラス部分をカットインして得意の半拍ずらし→1/4拍ずらしをしつつエコーをかけてフィニッシュ!

トラックリスト:

1. Lock ‘N’ Load – Blow Ya Mind – Dave Winnel Remix
2. Aitch and AJ Tracey – Rain
3. Bad Bunny – Yo Perreo Sola
4. Megan Thee Stallion – Captain Hook

いかがでしたでしょうか。「スクラッチ」「インスタントダブルス」「ループ」を多用した構成でしたね。特に「インスタントダブルス」はスクラッチをするDJだったらヘビロテの機能なのではないでしょうか。左右両方で同じように擦れればいいんですが…

DJ Kwestの FacebookInstagramMixcloud, Twitter.をフォロー。

関連: 最新&注目の楽曲 03/7

The 20 PodcastにCrazeが出演

DJ Spider and Craze
DJ Spider and Craze

今週のThe 20 PodcastにターンテーブリストとしてレジェンドであるCrazeが出演しました。今回彼はクラブプレイ中のスクラッチ、楽曲のリクエストへの対応、Drum and Bassについて語りました。

「クラブプレイでスクラッチするの要所要所で良い、もし長い時間をかけてスクラッチをするのであればかなりレベルの高いソロを行うべきだと思う。」とコメントしています。

下記でPodcastをフルで視聴できます。The 20 Podcastは全てのプラットフォームから視聴できます。

当エピソードでレビューされた楽曲:

Aitch & AJ Tracey ft. Tay Keith – Rain
Disclosure – Get Close
Young Franco ft. Pell – Juice
Kamaiyah ft. ‎J. Espinosa – Get Ratchet
Pop Smoke – Invincible
Bad Bunny ft. Jowell & Randy, Ñengo Flow – Safaera – Safaera

Popular