ターンテーブリズム

【STEEZ Session 04】YBがアカペラスクラッチとドラミングを駆使したルーティン

YBによるラップトップを使わずUSBメモリのみを使用し、オールインワンDJシステムXDJ-XZとダイナミックDJサンプラーDJS-1000を使ったクリエイティブなルーティンが到着しました。Southern Hip-HopのクラシックLil Wayne – Go DJとRy-lax & MARZY – PARTiESを組み合わせ、序盤はリズムに乗ったアカペラのスクラッチパートから始まり、中盤にはDJS-1000を用いたフィンガードラミングを披露。終盤には左右両方のキューポイントを用いた高速ドラミングでクライマックスへ。

ルーティンで使われている楽曲

Lil Wayne – Go DJ
GENRE BNDR, Ry-lax & MARZY – PARTiES

関連: 【STEEZ Session 01】 YBがLemonadeをサンプリングしたパフォーマンス

【CH419】DJ 宮島が新たにスクラッチコンテストを主催!?自分の実力を数値化せよ!

今週のCH419ではDJ IKUが日本を代表するスクラッチャーであるDJ宮島氏から新しく、シンプルなスクラッチの技術や限界を競う大会を考案していると伝えられたとのこと。その中でDJ IKUが宮島氏の考えに沿ったコンセプトで基礎的なチャープ、チョップ、馬スクラッチをどれだけキープできているかに挑戦しています。皆様もどれだけ基礎的な技術を長時間保つことができるのか、試してみませんか?

【DJ IKUコメント】

今回はスクラッチチャレンジ企画です。皆さんは自分の実力を数値化したことはありますか?

日本が世界に誇るスクラッチャーDJ宮島が構想しているスクラッチバトルのルールに則り、1つの技をどのくらいの時間キープできるか計測してみました。結果はいかに!?シンプルかつ本質を突いたこのスクラッチ・タイムトライアル、皆さんも是非チャレンジしてみて下さい!

関連: CH419: DJ IKU 新譜の遊び方!ワードプレイ・トーンプレイ・2枚使いなど

CH419: DJ IKU 新譜の遊び方!ワードプレイ・トーンプレイ・2枚使いなど

DJ IKUがCH419にて新譜のHip-Hopを中心に使ったトリックプレーを公開してくれました。今回も得意なワードプレイ・トーンプレイ・2枚使いを披露してくれています。下記のDJ IKU本人の解説を読みながら映像をお楽しみください。

【DJ IKU解説】

久しぶりのトリック・クイック・ミックス。今回も新譜とDJcityエクスクルーシヴ音源に旧譜を交えながらお届けします。1曲目は2021年8月27日公開の映画『スペース・プレイヤーズ』のサウンドトラックからKirk FranklinとLil Babyの「We Win」。そこから王冠を意味するChikaの「CROWN」へ。私HipHop × ゴスペルの組み合わせは大好物であります。

French Montanaの大ネタ使い「FWMGAB」からPop Smoke「Woo Baby」へメロディー繋ぎでMIXした後、2 Chainzの2012年特大ヒット「I’m Different」のピアノを使ってトーンプレイ。後半はTyler, The Creatorの「RUN IT UP」とDJ SNAKEがRick Rossをフィーチャーした「RUN IT」、Missy Elliott「We Run This」をワードで遊んでからオールドスクールの名曲De La Soul「Roller Skating Jam」→Silk Sonic「SKATE」へと遊びながらクイックにミックスしています。

【トラックリスト】

1. Lil Baby & Kirk Franklin – We Win
2. CHIKA – CROWN
3. French Montana – FWMGAB
4. Pop Smoke ct. Chris Brown – Woo Baby
5. 2 Chainz – I’m Different
6. Kash Doll ft. Juicy J – Like A Pro
7. Tyler, The Creator – RUNITUP
8. DJ Snake – Run It – Tall Boys Hype Intro
9. Missy Elliott – We Run This
10. Kanye West – Touch The Sky – Tall Boys vs Hyalyte Edit11. De La Soul – A Roller Skating Jam
12. Bruno Mars, Anderson Paak & Silk Sonic – Skate

関連: CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」PT.3

【STEEZ Session 03】FUMMYが¥ellow Bucksの2楽曲を使ったルーティン

DMC、Red Bull 3Style、そしてGoldie Awardsなど、数々のDJバトルイベントでその名を轟かせ、国内タイトルを幾多となく獲得するDJ FUMMYよりショートルーティンが届きました。¥ellow Bucksのヒット曲が使われた動画は短いながらも見どころが満載です。クラブプレイで映えるキメ細やかなスクラッチを使い、「My Resort」から「Yesirr」へBPMトランジションしながら繋いで行く中で、鮮やかなトーンプレイを披露。

使用されている楽曲

¥ellow Bucks – My Resort
¥ellow Bucks ft. Eric.B.Jr. – Yessir

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Anrev

今週の「匠の手」ニューエピソードではDJcity SGの代表であり、Red Bull 3Styleシンガポールチャンピオン、そしてA-Trak主催のGoldie AwardsファイナリストであるDJ Anrevが出演しました。彼のハイスキルなテクニックをTOYODA-STYLEの解説と共にお楽しみください。

【解説 : TOYODA-STYLE】
シーズン3第06弾はDJ Anrevです。このシリーズを解説する前に動画をいつも通して拝見するんですが、個人的に彼のルーティンは凄く食らいましたね。それぐらいインパクトあるスキルとルーティンです。動画内の多肉植物がとても和むんですがスクラッチの音とはギャップがありとても面白いです。

0:34の序盤では高度なワードスクラッチから入ります。ワード”cut like a guillotine”をTransformerと縦フェーダーで緩くシンプルにハメてますが0:47でAutobahnいきなりトップギアに。この細かさはコントロールがとても難しいですが簡単そうにやってますね…凄いです。

0:58からチェンビにスクラッチネタを変えてヴァースへ。Drug、Crab、Snakeとバランス良く聞かせてきますね。1:09辺りからスローなコンビネーションをビートにうまくハメています。1:20ではビートのスピードアップといった呟きからスクラッチの技も合わせて早くよりダイナミックになって行きます。技は早くて追うのがシンドイんですが、汗
Swing FlareにSliceを組み合わせた難易度の高いコンビネーションを披露しています。

1:26では3ClickのTazerにCalifornia Rollをガチガチにメイクしてます。1:36辺りでのノーフェーダースクラッチのコンビネーションもいいですね!Uzi ForwardからNo Fader 1ClickからButterfly TearでのNo Fader 1Clickと縦フェーダーのコンボ技が炸裂してます。そしてそのまま2Click Obitでfinish。いやー、高度な技やコンボ技が随所に散りばめて構成されていますが緩急ある構成力がしつこく無くとても完成されたルーティンでした。彼のスクラッチはとても勉強になります。早速真似てみようと思いますがこのクオリティまでになるには時間がかかりそうです。笑

* Swing Flare Slice Comb Scratch Comb
* 3Click Tazer California Roll Scratch Comb
* Autobahn Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – Damianito

CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」PT.3

DJ IKUが2回に続きテクニカルなGolden age Hip-Hopを中心に構成されえているミックスをCH419で公開しています。今回はシリーズ最終回となります。1回目、2回目と同様スクラッチ、ジャグリングやワードプレイなど玄人目線でも圧巻のプレイを見せてくれています。

下記のDJ IKU本人の解説を読みながら映像をお楽しみください。

全3回に分けてお送りしてきたこのタイトル。今回の動画でいよいよエピソードの最終回(第3部)になります。まだまだ沢山の名曲が存在するHIPHOP Golden Eraと言われるこの年代。続編もお届けする予定なので楽しみにしていて下さい。当時からするとこれでもキャッチーなラインナップの選曲かもしれませんが、時代とともにPlayされる頻度も減り、もしかすると初めて聴く曲も多いかもしれません。その発見もまた旧譜を聴く楽しみの1つと言えるでしょう。逆にここ10年くらいの曲で後に「HIPHOPクラシックス」と呼ばれる可能性のある曲は何が残っていくのか予想するのも楽しみですね。

1. The Notorious B.I.G. – Hypnotize
2. The Notorious B.I.G. – Unbelievable
3. The Notorious B.I.G. – Kick In The Door
4. Charli Baltimore – Everybody Wanna Know
5. Dilated Peoples – Work The Angles
6. The Pharcyde – Ya Mama
7. DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince – Something Like Dis
8. Doug E. Fresh – La Di Da Di
9. Dream Warriors – California Dreamin
10. Da King & I – Tears
11. Da Bush Babees – We Run Things
12. Gang Starr – You Know My Steez
13. Group Home – Supa Star
14. KRS-One – MCs Act Like They Don’t Know (Nick Bike’s ‘Full Clip’ Edit)
15. Big L – Put It On
16. DJ Honda ft. Mos Def – Travellin Man
17. The Pharcyde – Runnin’
18. Lords Of The Underground – Funky Child
19. KRS-One – Sound Of Da Police
20. KRS-One – Step Into A World (Rapture’s Delight)
21. Cool C – Juice Crew Dis
22. Masta Ace – Born To Roll
23. Frankie Cutlass – Puerto Rico
24. Big Daddy Kane , Biz Markie – ust Rhymin’ With Biz
25. Pete Rock & C.L. Smooth – I Get Physical
26 The Beatnuts – Get Funky
27. Biz Markie – Nobody
28. ONYX – Rebirth of Slick (Cook Like Dat)

関連:CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」PT2.

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – Damianito

匠の手シーズン3のニューエピソードではRed Bull 3StyleのワールドチャンピオンであるDamianitoが出演しました。DJcity Italiaの代表でもある彼のテクニカルなスキルをTOYODA-STYLEの解説付きでお楽しみください。

日本国内における数々のスクラッチバトルで優勝を獲得したTOYODA-STYLEが監修するDJのアーティスティックな手にフォーカスしたスクラッチ専門番組「匠の手」シーズン3は、DJcityとのコラボ企画。

シーズン3第05弾はDJ Damianitoです。ここに来て遂にワールドチャンピオンが登場です!知ってる方も多いと思いますが彼はRed Bull 3Style 2018 Wold ChampionでDJcityイタリア & BeatsourceのOfficial DJです。

0:26序盤からゆっくりとブーメランスクラッチをワードで聞かせてきます。少量のエコーをかけてビートとマッチさせてますね。この始まるぞっていう雰囲気を醸し出すのはさすがチャンピオン、上手いですね。0:35からのヴァースですがTransformerからCrabをクリーンにメイク。ビートの余白をリズミカルに技をメイクしていきます。

0:45ではキレキレの2Click Flareがカッチリハマっていますね。余裕のある手の動きは顔が見えてなくても笑みを浮かべた顔の想像ができます。0:53でのZig ZagっぽいTearが良いアクセント効いててスクラッチの展開に楽しさがプラスされますね。Foward Taps Tear?ですかね??名前がいまいちわかりませんが。

やっぱりスクラッチを練習してる時思いますが楽しみながらやった方が捗るんですよね。一つの技に固執せず色々な技を工夫してオリジナル技を考えるのも良いですね。そして終盤でキレキレの2Click FlareでFinish。

流石のルーティンですが少し短かったですかね?もう少し見たかったですがこの続きは彼のSNSなどを検索して動画をディグってみましょう!彼もまたPhaseを使用してますね。信用あって使ってると思いますが使用感気になりますよね。動画で見てる感じでは針を使ってなくてもヴァイナルと遜色ない音が出てるように思います。コントロールとかどんな感じなんだろーか…気になる〜。

* 2Click Flare Scratch
* Transformer Scratch
* Foward Taps Tear Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Dynamix

CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」PT.2

CH419の新しいエピソードが公開されました。今回は前回と同様1990年〜2000年前半のHip-Hop名曲達を2枚使いやスクラッチは勿論、ワードプレイなど様々なテクニックを使った30分ほどのミックス映像となっています。下記にてDJ IKUの解説を読みながら映像を楽しむことができます。

今回の動画は前回エピソードの続き(第2部)になります。HipHop史に残る東西抗争でも有名なBiggieと2 Pacも登場。DJは勿論、ひと昔前にCLUBで遊んでいた方も懐かしみながら楽しめるかもしれません。
また、HipHopを語る上で欠かせないサンプリングの面白さもMIXの中で感じて頂けたら幸いです。温故知新という言葉がありますが、あるいは、”新しきを知り古きを知る”でもいいでしょう。HipHopの歴史を遡る作業も楽しいので何かのタイミングで是非足を踏み入れて見て下さい。

セットリスト
1. Mary J. Blige – Real Love (HipHop Mix)
2. AZ ft. SWV – Hey AZ
3. Mary Jane Girls – All Night Long
4. LL Cool J – Around The Way Girl
5. Freddie Foxxx ft. Queen Latifa / So Tough
6. Notorious B.I.G – Party & Bullshit
7. Mase – Feel So Good
8. DJ Kool – Let Me Clear My Throat
9. Showbiz & A.G. – Party Groove
10. Showbiz & A.G. – Soul Clap
11. Naughty By Nature – HipHop Hooray
12. Arrested Development – People Everyday
13. Snoop Dogg ft. Pharrell – Beautiful
14.Jay-Z ft. – I Just Wanna Love U
15. Busta Rhymes – Pass The Courvoisier
16. Missy Elliot ft. Ludacris – One Minute Man
17. Royce da 5’9″ – Boom
18. A Tribe Called Quest – Scenario
19. Eve – Who’s That Girl?
20. Jay-Z – La-La-La
21. Missy Elliott – Work It
22. Run-D.M.C. – Peter Piper
23. DJ Spinbad – HipHop vs Rap
24. Skee-Lo – I Wish
25. Jurassic 5 – The Influence
26. Rebirth of Slick (Cook Like Dat)
27. EPMD – It’s My Thing
28. Pete Rock & C.L. Smooth / They Reminisce Over You
29. A.D.O.R. – Let It All Hang Out
30. Marlena Shaw – California Soul
31. 2 Pac ft. Dr. Dre & Roger Troutman – California Love
32. Dr. Dre – Still D.R.E
33. The LOX – Money, Power, Respect
34. Junior M.A -Get Money
35. Sylvia Striplin – You Can’t Turn Me Away
36. Sylvester – Was it Something That I Said
37. Lil’ Kim ft. Jay-Z – Big Momma Thang
38. Funkmaster Flex – Biggie, Tupac Live Freestyle
19. The Notorious B.I.G. – Hypnotize

関連: CH419: DJ IKUがミックスする「知ってて損は無い1990年〜2000年前半の名曲」

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Dynamix

DJcityとコラボ中の匠の手シリーズでは新エピソードにDJ Dynamixが出演しました。DJ DynamixはRed Bull 3Styleアメリカファイナルに5度の出場経験があり、現在はBeat Junkies Institute of Soundの講師で講師を務めているベテランDJです。また今回の映像ではDJコントローラーを使った内容となっています。下記のTOYODA-STYLEによる解説と共に映像をお楽しみください。

【TOYODA-STYLE解説】

シーズン3第04弾はDJ Dynamixの登場です。彼はRedBull 3Style LAのチャンピオンです。3StyleのUSファイナルに5回出場。Beat Junkies Institute of Soundの講師を務めています。今回彼が使用している機材はPioneer dj DDJ-1000STの様です。匠の手が始まって初めて?のMIDIコンでのルーティン!どうぞご堪能ください。

入りから0:26のワードでのスクラッチですがchirpの切れ味が凄いですね。その後のtwidlleもバチキレですね。前半フックの部分ですが数々のフレーズにCueをセッティングしてあり、通常のヴァイナルを送りながらワードをハメていくやり方と異なりデジタルならではのコンビネーションを見せてくれています。テンポがよく細かくて繊細ですね。
使用してる技は0:29Twiddle,0:36~Baby,Foward,stubs。

0:49からヴァースですがフローがまずかっこい良いです。0:54の送りながらOG Flareは技ありです。1:08から展開は更に変わり1:12辺りでのワードにAutobahnをうまくハメています。1:19辺りからはCueを使用したスクラッチが絶妙ですね。1:30ではJogを上手く利用したスクラッチですね〜これは面白いです。見たことありません。

数々の大会を経験しているだけあってフックやヴァースでの展開、作り込みが一味違いますね。ルーティン作りの模範例になるんじゃないでしょうか。みなさんも何度もみて真似しましょう!

* Twiddle Scratch
* Autobahn Scratch
* Backward Jog Tear Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Stresh

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Stresh

DJcityとコラボとなっている匠の手シーズン3の新しいエピソードが公開されました。今回はDJcity Franceの代表であり、Red Bull 3Styleフランス大会でも優勝した経験を持つDJ Streshが出演。TOYODA-STYLEの解説と共にスキルフルな映像をお楽しみください。

【TOYODA-STYLE解説】

シーズン3第03弾はDJ Streshの登場です。彼はRed Bull 3Style 2016 France ChampionでDJcity Franceのオフィシャルメンバーです。Red Bull 3Style 2016に行われたChileでの世界大会の動画もYoutubeにアップされてますのでそちらもチェックですよ!

先ずはベースがブンブンに唸ったビートにワードでのフック。0:30辺りではChirp 2Click Flareを綺麗ににメイクしています。ワードの「I need scratch」の最後の部分0:38だけをエフェクトトリガーでエコーを効果的に使用しています。非常にカッコ良いいですね。
0:51からはチェンビの音にチェンジ。頭からChirp 2Click Flare、0:58での跳ねたスクラッチ、1:02Reverse OG FlareにDelayed 2Clickへ。1:12では一瞬だけ1Handでの1Click Taps Flareを入れています。Qbertが昔から両手で良くやるんですが、彼は片手でやっていますね。僕にはできません。ちゃんとした技の名前もある筈ですが…わかりません。笑 知ってる方はコメントして下さいね!通して聞くとスクラッチスキルの高さが伺えますね。
またルーティンでは彼の色が出ていたと思います。

そういえばよく見ると彼もPhaseを使用してますね。最近ではだいぶ見かける様になりましたが。カートリッジが無くなると針跳びのストレスから解放されるのはスクラッチするDJにとってはありがたい事ですが、寂しく思う方もきっと少なくはないでしょうね〜。

* Chirp 2Click Flare Scratch
* Delayed 2Click Flare Scratch
* 1Hand 1Click Taps Flare Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – Matsu

Popular

  • 【DJ SANCON】DJとして最もPLAYした曲

    BEAT TRICKSのオリジナルメンバーDJ SANCON。地元京都のラジオ局にてAMからFMまで数々の番組を担当し、自身が開催しているパーティーESSENTIALは2021年で26周年を迎え、日本で一番長く開催してるPARTYとなる。現在も東京渋谷THE ROOMや京都CHAMBERS等でレギュラー出演す...

  • DJcity Top 50 Sep 2021 Mix by A4

    2021年9月のTOP50ミックスを公開。今回もミックスを担当してくれているのはA4 (ACKO & DJ 4REST)。 DJcityの2021年9月のTop 50にランクインしている楽曲をベースに30楽曲が収録されています。まだダウンロードしていない最新楽曲やリミックスなどをチェックするのに...

  • DJ REVOLVER : DJcity Japan Playlist

    セレブリティも沢山訪れる世界の主要都市に展開する1oakでレジデントDJを担うDJ REVOLVER。先日の色々聞いちゃってすいませんのインタビューでインターナショナルなナイトクラブでプレイする経験談を語ってくれた彼がDJcityにプレイリストを公開してくれました。 今回のプレイリストに関して本人より ...

  • 世界のローカル DJ・クラブ情報(Newcastle🇬🇧, Seoul🇰🇷, NYC🇺🇸)

    2020年から始まったパンデミックから1年半以上経ち、日本国内ではナイトクラブを営業しているところもスタートしている中で世界各国でも新たな動きが見られています。アメリカでは多くの場所でフェスティバルやライブコンサートなどが開催されている様子をソーシャルメディアを通じて見られる場面も増えてきたのではないでしょう...

  • 【DJ IMAI】DJとして最もPLAYした曲

    90年代半ばより京都を拠点にCLUB DJとしての活動を開始。不動の人気を博したMix Tape『LUXURY LOUNGE』シリーズで全国区にその名を広め、地元関西を拠点に多数のビッグパーティーに出演。現在もCLUB DJと並行しながら楽曲制作にも力を入れ、DJとして進み続けるDJ IMAI。そんな彼が長き...

  • FreejakがDavid GuettaとSiaの「Titanium」をリミックス

    イギリスを拠点とするDJ/プロデューサーのFreejakが、David GuettaとSiaの10年来のコラボ楽曲「Titanium」を、Tech Houseスタイルでリミックスしました。ビルボードの全米ダンス部門で1位を獲得したこの曲の疾走感のあるシンセサイザーの音とHouse系のリズムの組み合わせは、オリ...

  • DJcity Podcast Mix: DJ TACT

    10月のDJcity Podcast Mixでは大阪を拠点に日本各地で活躍しており、人気Hip-HopアーティストであるMC TYSONのオフィシャルDJを務めるDJ TACTが担当してくれました。今回のMixでは1発目にMC TYSONのがJP THE WAVYを迎えた新曲!!そこから新譜のHip-Hopや...