ターンテーブリズム

Ethan Leoが最新のルーパーを使ったルーティーン動画をDJcityTVにて公開

様々な楽器や機材を使いパフォーマンスを行う事で知られているEthan Leoが新しい動画をDJcityTVにて公開。今回は最新のルーパー HEADRUSHのLooperboard を用いたユニークなルーティンです。

〈ルーティン解説〉

今年HEADRUSHから発売されたばかりのルーパー「Looperboard」と、エレキギターをスタンバイ。ルーパーとは「記憶させた音を半永久的にループさせるエフェクター」のことで、複数の音を重ねることが可能です。

先ずはルーパーにベースライン、カッティングリフを2小節ずつ記憶させます。00:26秒からはアナログレコードでTroped Boyzの “Welcome To The Sugar Show“のドラムブレイク、00:49秒からはDENON DJ「SC-5000」のQUEボタンを駆使してベースラインをそれぞれ足していきます。ちなみに「SC-5000」はパッと見た感じCDJに見えますが、CDは挿入できません。音源はUSBやSDカードから読み込み可能で、ハイレゾ対応やデュアルデッキ再生など様々な機能が搭載されている次世代型マルチメディアプレーヤーです。

曲の基礎的な部分(ベースライン、カッティングリフ、ドラム)が完成した所で、次はスクラッチを乗せていきます。ターンテーブルにセットしてあるDJ Braceのスクラッチ用7inchレコード「Nasty Cuts」に収録されている声ネタ「Watch The Breakdown」(Drakeの “Nice For What”でお馴染みのフレーズ!)をドロップ。この時にスクラッチの声ネタが引き立つようにベースラインとカッティングリフを消してドラムだけにするのがポイント。声ネタをドロップした後はフリースタイルで4小節擦ります。そして再び「SC-5000」のCUEボタンを鍵盤のようにしてメロディを弾きつつ、途中からピッチコントローラーを使ってメロディの音程をあげていきます。ここでもドラムだけの音にしてメロディを際立たせていますね。最後は”全部のせ”といった感じで全パーツの音を出しながら、ルーパーに搭載されているエフェクトのエコーアウトでフィニッシュ!

いかがでしたでしょうか。

彼の音楽偏差値が高いという事を証明するようなルーティンですね。ちなみに、DJ教室「宮島塾」で有名な”塾長”ことDJ宮島さんはDJを始める前はギターを弾いていたそう。そしてRed Bull 3Style 世界チャンプであるDJ SHINTAROはピアノが弾けます。

スクラッチの上手な人は指先を使う楽器なら何でもいけるのかな!?

使用機材:
ルーパー: HEADRUSH – Looperboard
DJミキサー: DENON DJ – X1800 Prime
ターンテーブル: DENON DJ – VL12 Prime
メディアプレイヤー: DENON DJ – SC-5000

Ethan LeoのFacebookInstagramMixcloudSoundcloudTwitter をフォロー。

関連: Bedroom Sessions: DJ Blaze

10回目となるRed Bull 3Style各国のファイナリストが発表

DJ FUMMY at Red Bull 3Style Japan Final 2018

今回で10回目となるRed Bull 3Styleに出場する各国のファイナリスト達が公開されました。ナショナルファイナルは今年の10月から来年2月の間に行われます。ワールドファイナルは2020年の4月にロシアのモスクワで行われる予定です。ワイルドカードの勝者は来年の2月に発表されます。ジャパンファイナルは12月6日の金曜日に大阪のClub Piccadilly Umeda Osakaにて行われます。

日本のファイナリストは下記の6名に決まりました。

日本

DJ Makoto
KATO-P
Kei-Jay
YUTO
DJ Laian
S-TONE

その他各国のファイナリストを紹介します。

東アジア

インドネシア

FLAME
E-ONE
DJ Kevin Adam
DJ Style
DJ BART’O
Tiosan

シンガポール

DJ Anrev
Mad Jester
Krumbs
DJ Hanif
Mr J
Luq Here

韓国

SUMMER
Emess
DJ Grum
DJ Kamp
Spray
DJ NOX

台湾

Jova
DJ DINDIN
DJ QuestionMark
DinPei
Afuro George
DJ T-Time

タイ

Ex-Dee
Steez
DJ NUTTY
EN2
DJ Jedi
BABYSCA$H

中東アジア & 西アジア

中央アジア各国

Steppa-T
Kreshbeatz
Puza
DJ J-Watt
T-Raw
DJ Jan-Kit

レバノン

Edrien
Oh J!
DJ ZAYN
DnK
Pierre G
DJ Pink JC

アフリカ

アフリカ北部

DJ SWITCH
PAPA SOUL
DJ Hamma
LEGEND
Sleam
DJ SOY

アフリカ南部

DJ Cassie
Eighty6
Sash B
GREMLIN
DJ.LATiNO
DJ Shameless

ヨーロッパ

フランス

T-Sia
DAN WAYO
STAY’V
Kodh
Valak
Mystykal Kut

ドイツ

DJ E.T.E
LaikyLaik
David Delane
Mr. Tone
DJ Deiz
DJ Kid Rush

イタリア

SupaMario
Stonic
Doto
Sonny Denja
Stema
ANTARES COLOR

ロシア

DJ Conflict
MAIB
Fantastic Fresh
DJ Worm
DJ Zozulya
Pasha Bronx

イギリス

DJ Rumz
Revrt
X-Ray Ted
DJames
DJ L-Biz
DJ Isit

南アメリカ

カリブ諸国

DJ Quest
Maripaez
DartZero75
Jus-Jay
DJ SPINN
Untouchable

チリ

Diego Zapata
DJ Ram
Nash
Navarro
KRYS
Chris Lopez

メキシコ

J Medina
T-Machine Gun
DJ Georgia
Axel Mendoza
JIMMIX
DJ Ulises Gonzalez

北アメリカ

カナダ

Lykx
Powerdog
Walter Deans
DJ Invizible
Ash Lachh
Joash Charles

アメリカ

DJ Lazyboy
Matsu
Dynamix
Shane Canfield
DJ FingerSmith
DJ Chris Villa

関連: ビデオ: Red Bull Music 3Styleワールドファイナルのドキュメンタリー映像が公開

DJ Hammaがダンスホールを使ったトーンプレイのチュートリアル動画を公開

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUPER HERO DJsさん(@superhero_djs)がシェアした投稿


Super Hero DJのオンラインスクールにてDJ Hammaがトーンプレイのチュートリアル動画を公開しました。彼はRed Bull 3Styleの2018年フランス王者です。ルーティンではSpiceの”Needle Eye“とLloyd BanksがR&BシンガーのLloydを迎えた”Any Girl”を使用しています。

<ルーティン解説>

左右両方のデッキに同じ曲”Needle Eye”をロードした状態からスタート。ルーティンを作る時は、いきなり難しいトリックをするのでは無く「今からこの曲を使いますよ〜」というイントロがあったほうが見やすいし凄さが伝わりやすいです。「起承転結」で言うところの「起」にあたる部分。しかしこの曲、分かりやすいイントロ部分が無くいきなりボーカルから始まるという曲構成なので今回はイントロ部分を自力で作ります。

先ずは曲のラスト1小節のメロディー部分を曲終盤のドラムスだけになっている部分にスクラッチしながら乗せます。そして最後のフック部分を挿入。ここまでがイントロになります。

次に片方のデッキを”Any Girl”に切り替えて、冒頭メロディー部分を縦フェーダーとCUEポイントを使い徐々にフェードイン。”Needle Eye”のフックが終わるとボーカルが抜けてドラムスだけになるので、それに被せる形で”Any Girl”のメロディーをCUEポイントを駆使して乗せていきます。ここはメロディーを弾きなおして別の曲を再現する、というよりは既存のメロディーをアレンジして聞かせるトーンプレイになります。(動画00:28〜00:38秒)

この手のトーンプレイだと2016年Red Bull 3styleワールドファイナルの予選でPUFFYが披露したルーティンもイケてます。

00:38秒からは”Any Girl”のメロディーをオリジナルのまま乗せていきます。そしてCUEポイントを使って「Put Your Hands Up」のコーラスにジャンプ。最後はDoZay、“Swang”のコーラス「Put Your Hand Up」へワードプレイで繋いでフィニッシュ。

このルーティン、トーンプレイの部分が違和感無く聞けたので2曲のキーが合ってるのかなぁ〜と調べてみたらキーは別でした。 ということは・・・キーが一緒じゃなくても音の相性が合っていれば耳ざわりの良いトーンプレイは作れそうですね。もしキーに囚われている方がいたら、一度取っ払って考えてもいいかもしれません。

お試しあれ!

<使用機材>
ターンテーブル: Rane TWELVE
ミキサー: Rane SEVENTY-TWO

Super Hero DJsは、Hedspin、Fong Fong、JFB、69BeatsやTrazeなどのDMC、3style等の大会で結果を残しているDJ達が自らが行ったルーティンを公開し解説しています。また、ルーティンで使用されたデータをそのままダウンロードできます。

チュートリアルは上記から、Super Hero DJsの詳細はこちらから。(クーポンコード”djcity”を使用すると25% OFFのディスカウント。)

関連: DJ Deltaがトーンプレイのチュートリアル動画を公開

FlipoutがクリエイティブなミックスをSeratoから公開

カナダのバンクーバーを拠点に活動し、Red Bull 3Styleでもホストを務めているFlipoutがSeratoのIn The Mixシリーズにてクリエイティブなミックスを披露しました。DJ Jazzy Jeffが主催するPLAYLIST Retreatにて撮影された約36分ほどのセットにはスローバックのHip-Hopやリミックスを中心に構成されています。

上記でFlipoutのミックスを視聴できます。

関連: Nick BikeがSeratoからMini Mixを公開

DJ Fuzeによる今月の”20-Year-View” (August)

ロサンゼルスのラジオ局、REAL 92.3でミキサーを務めるDJ Fuzeが新たに”20-Year-View”のルーティンを公開しました。1999年8月、2019年8月に流行した楽曲を交互に織り交ぜた内容となっています。

トラックリスト:

Lizzo – Truth Hurts
blink-182 – What’s My Age Again? – Acapella
Too $hort ft. T.W.D.Y. – Players Holiday
Whitney Houston – It’s Not Right But It’s Okay – Acapella

DJ FuzeのFacebookInstagramTwitterをフォロー。

関連: DJ Fuzeによる今月の”20-Year-View” (July)

Bedroom Sessions: DJ Blaze

香港を拠点に活動するDJ Blazeがブルース・リーをインスパイアしたルーティン動画をDJcityTVのBedroom Sessionsにて公開しました。
DJ SnakeUsherLil Jon等のオープニングアクトをつとめた経験もある彼は2007年にカナダから自身のルーツがある香港へと拠点を移し、現在はアジア各国で活動中。

<ルーティン解説>

まずはイントロ、お馴染みブルース・リー主演「燃えよドラゴン」のテーマ曲からスタート。そしてヌンチャク登場!しかも上手い!! 彼のインスタグラムには運動系の投稿もポストされているので身体能力が高いと思われます。

こういったジェスチャーをする事で見てる側に音やフレーズの意味を伝える、という努力もパフォーマンスをする上で凄く大事なポイント。イントロ後はBodak Yellowのアカペラを倍近いBPMのビートに乗せ「I’m Quick」のフレーズ+格闘系の効果音でスクラッチ。ここはアカペラフレーズを聞かせることが目的なのでスクラッチは短く簡単に。そのままThe Way You Moveに曲をスイッチしつつ、「Feel That B-A-S-S bass」のフレーズを2枚使いでループ。簡単なループなど余裕がある2枚使いをする時はボディトリックを取り入れるとちょっと派手になります。ここでは一回転していますね。(ルックアップするだけでも効果的です!)

続けざまに今度は「Drip, Drip, Drop」のフレーズで一瞬ブレイクダウンをしていますが・・・ここはオンビートのまま次の展開にいった方が良い気がします。

さて、ここからはワードプレイのオンパレード!
まずはThe Way You Moveのコーラス部分「I Like The Way You Move」に被せる形で 「I Like To Move It」のフレーズをスクラッチしながら乗せます。そのまま今度は 「Move B#tch」のフレーズと掛け合わせ、次にLight Your Ass On Fireのフレーズ 「Move Girl, Like Your Ass On Fire」を挿入。ここでバックトラックWileyのFiremanのコーラスが入ってくるのでスイッチします。フレーズ的には最初「Move」で遊んでから「Fire」で遊ぶという流れ。続いて Ohaio Players / Fire → Rae Sremmurd / Set The Roof → CRAVFTMAN & Ape Drums / Fire と繋いでいきますが、 ここは全て「Fire」をキーワードにクイックMIX。

ラストはスクラッチのド定番ネタ「Ahhh」で擦り倒してフィニッシュ。スクラッチの技術的には全編ほぼベイビースクラッチ + チャープスクラッチの組み合わせ。
個人的にはベイビーとチャープの2つを極めれば充分カッコいいと思っているぐらい重要な技です。

そして余談ですが、DJならば恐らく一度は聞いたことがあるであろう世の中で一番有名なスクラッチネタ「Ahhh」と「Fresh」。オリジナル音源はFab 5 Freddy / Change The Beat という曲のラストの部分です。曲のタイトルが「チェンジ・ザ・ビート」なので皆このスクラッチネタの事を「チェンビ」と言ったりしますね。

トラックリスト:

1. Lalo Schifrin – Theme from Enter the Dragon – DJ Blaze Edit
2. Cardi B – Bodak Yellow – Acapella
3. Outkast ft. Sleepy Brown – The Way You Move – Fear Of Dawn Remix
4. Reel 2 Reel – I like To Move It
5. Ludacris ft. Mystikal & I-20 – Move B#tch
6. Busta Rhymes – Light Your Ass on Fire
7. Wiley – Fireman
8. Ohio Players – Fire
9. Rae Sremmurd ft. Lil Jon – Set The Roof – 1DAFUL Remix
10. CRVFTSMEN & Ape Drums – Fire
11. Wiley, Stefflon Don, & Sean Paul ft. Idris Elba – Boasty – DJ Blaze Blend

 
個人的にはイントロのブルース・リーから「Move B#tch」あたりまでの流れが好きです。後半はEDIT感満載で途中でお腹いっぱいになっちゃいました。しかしワードプレイでここまで攻められるのはお見事!そんな彼はRed Bull 3Styleにおいて香港初のWorld Finalistを目指しているようなので、今後も注目です。

ちなみに香港では過去に1度も3Styleの国内予選が開催されておりません。が、国内予選が無い国に限り動画審査のみでワールドファイナルに出場できる「Lucky Bastid」という枠があります。
2015年のDJ Ride(ポルトガル)、2017年のBeastmode(オーストラリア)もその勝者です。

国によっては国内予選で勝つより簡単かも!?

DJ BlazeのFacebookInstagramMixcloudSoundcloudTwitter をフォロー。

“Bedroom Sessions”でルーティンを公開しませんか?”brs@djcity.com“に動画をお送りください。

関連: Bedroom Sessions: DJ Fanatic Jr

2019 Goldie Awards: 審査員が決定


A-Trak at the 2018 Goldie Awards. (Source: Facebook)

2019年の10月17日にニューヨークで開催される大会、Goldie Awardsの審査員が決定しました。

DJ部門とビートバトル部門の2つのコンペティションで構成される大会は興味深い審査メンバーのラインアップになりました。Armand Van Helden、Just Blaze、Busy P、CrazeTake A DaytripAlison WonderlandUNIIQU3、そしてKittensの8名に決まりました。

そして大会のホスト役を務めるのはDenzel CurryYehMe2です。

DJ部門とビートバトル部門の応募は9月1日が締め切りです。エントリーとチケット情報はこちらから

関連: 2019 Goldie Awards: 審査員が決定

Boom Cityがドキュメンタリーシリーズである”Inside Turntablists”のシーズン2公開を発表

イギリスのクリエイティブ集団、Boom Cityがドキュメンタリーの映像集Inside Turntablistsのシーズン2が公開されることを発表しました。このシリーズでは世界中のスクラッチのコミュニティを紹介しています。

シーズン2では6ヶ国から6人のターンテーブリストを紹介します。DJ WoodyやFong Fongなども出演予定です。

関連: “Inside Turntablists”にDJ Chileが出演

Jesse Dean DesignsのReloop SPIN専用であるJDDX2R-SPフェーダー

今週のTips and TricksではMojaxxがJesse Dean DesignsのReloop SPIN専用、JDDX2R-SPフェーダーをレビューしました。JDDX2R-SPフェーダーは様々なカスタムを行えるとのことです。

関連: レビュー: Reloop SPIN ポータブルターンテーブル

ビデオ: Chris Villaの”Trends Mix” (2019年8月)

DJcity Arizonaの代表であるChris VillaがDJcity Trendsと2つのスローバックなどを使用したテクニカルなルーティンを披露しました。

トラックリスト:

1. YG ft. Kamaiyah & G-Eazy – Do Not Disturb
2. Too $hort ft. Lil Jon & The Eastside Boyz – Shake That Monkey
3. Tory Lanez ft. Quavo & Tyga – Broke Leg
4. Fergie – London Bridge – Acapella
5. Young Thug ft. J. Cole & Travis Scott – The London

Chris VillaのFacebookInstagramSoundCloudTwitterをフォロー。

関連: ビデオ: Chris Villaの”Trends Mix” (2019年4月)

Popular

  • DJcity Top 50 – August 2019

    下のリストは2019年8月にDJcityにてダウンロード回数を元に集計したチャートです 1. Megan Thee Stallion ft. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign - Hot Girl Summer 2. DJ Snake, Sean Paul, & An...

  • DJcity Podcast Mix: FUMMY

    Red Bull 3Style, 2019, World Final - Taipei, Taiwan (Source: Red Bull Content Pool) DMCとRed Bull 3Styleの2つのJapanチャンピオンのタイトルを持つ、ターンテーブリスト/DJの、FummyがDJ...

  • MV: N.C.B.Bの”ミライ”

    iTunes StoreのHip-Hopチャートで1位を獲得したN.C.B.Bの最新EP、LIVING SIX。本日、彼等が収録曲の一つ、"ミライ"のMVを公開しました。映像ではメンバーが緑の森の中で黒のハードなアウトフィットに身を包んでいたり、白い防護スーツを着た怪しいラボのシーンが、収録されていて...

  • DJcity Top 50 August 2019 Mix by A4

    DJ 4RESTとACKOから成る2人組ユニット、A4が2019年8月のDJcity Top 50にランクインしている楽曲を使い84分のミックスを公開してくれました。イントロはACKOプロデュースの"FLY HIGH"から始まり、Hip-Hop、Latin、House、そしてPop等様々なジャンルの3...

  • 新規ログイン&ダウンロード方法

      ● 1. 入金完了後にお客様が登録されたメールアドレスにIDと仮パスワードが届きます。 ※以下、メールの内容です。   ● 2. DJcityログイン画面にアクセスし、ユーザーログインをします。 送信されてきた内容のIDと仮パスワードをログイン...