DJcity Japan

DJcity Wednesday Mix by YUSKAY & HIJIRI-X

毎週水曜日、WARP SHINJUKUにて開催されているDJcity Wednesday。ただ今、COVID-19の影響によりイベント開催を自粛しています。その中、自宅待機を余儀なくされている方も多いと思われますが、自宅でも“おうち時間”にDJcity Wednesdayのパーティ感を楽しんでもらえたらという思いで今回DJcity WednesdayのレギュラーDJであるDJ YUSKAYHIJIRI-Xがミックスを公開してくれました。

今回の2人のミックスは、パーティの特徴であるジャンルベンディングをコンセプトにHip HopやEDMなど色々なジャンルで構成されており、DJcity Wednesdayの普段のパーティを感じれる内容になっています。

YUSKAY
1. Meek Mill ft Farruko – Uptown 2
2. DJ Snake & J Balvin ft. Tyga – Loco Contigo
3. Tones and I – Dance Monkey
4. Kodak Black ft. Travis Scott & Offset – ZEZE – DJ Scene Edit
5. City Girls – Act Up – Shan Da Don Twerk Remix
6. Tyga – Ayy Macarena
7. Saweetie – My Type
8. Twisterz – Cook It Up
9. TJR ft. Savage – We Wanna Party – He’s Remix
10. Crystal Waters vs Diplo & Sidepiece – 100 Pure Love x On My Mind
11. Paul Johnson & Pickle – Get Get Down & Body Work – AKKAN & S4L Edit
12. Buzz Low – Thong Song 2020
13. Shawn Mendes & Camila Cabello vs. Riton & Oliver Heldens ft. Vula – Senorita – WeDamnz ‘Turn Me On’ Edit

HIJIRI-X
1. FISHER vs. Justice vs. Oliver Heldens – Losing It – The Stickmen ‘We Are Your Friends’ Bootleg
2. Lil Jon – Drink – MarkCutz African Drums Edit
3. JACK U – Jungle Bae – Christian Marchi & Luis Rodriguez Calabria Bootleg
4. Lumberjack ft. Sanjin – We Rolling
5. Jennifer Lopez vs. Gucci Mane feat. Megan Thee Stallion – Booty – Alex Dynamix ‘Big Booty’ 130-80 Transition
6. Lil Nas X vs. Bad Royale & Teez – Old Town Road – BeatBreaker & Mark Anthony ‘Bounce Dat’ Bootleg
7. FAED – What U Gon’ Do
8. Huey vs. 3ELOUD! – Pop Lock & Drop It – FAED ‘Pop That Woo’ Edit
9. 4B & D-John – Fire – Pickster 70-128 Transition
10. Full Crate – Yeah
11. BeatBreaker vs. Douster – Simba Nation – BeatBreaker & Punzo ‘King Of Africa’ Bootleg
12. Dannic & Teamworx – Bump N’ Roll
13. Fedde Le Grand & Dannic vs Coco Star – Coco’s Miracle – DJcity Club Edit
14. Afrojack & Fedde Le Grand ft. MC Ambush – 1234
15. Drake vs. Afrojack – Both – BeatBreaker & MA Crunk House Edit
16. Drake vs. Mike Williams – Find Your Love – SQUARED ‘Make You Mine’ Bootleg
17. Mike Williams – Rocket

関連: #おうち時間 Mixリスト

DJ HALとDJ KEKKEのコラボミックス『STAY HOME MIX』の第二弾が公開

自宅待機を余儀なくされる中、“音楽で毎日を元気に!”というDJ HALDJ KEKKEの二人の思いが詰まったコラボレーションミックスシリーズSTAY HOME MIX
先日第一弾を公開したばかりの2人がSTAY HOME MIX Vol.2を公開しました。
DJ HALは、LDH所属グループDoberman Infinityの専属DJを務め東京を中心に全国各地で活動しており、DJ KEKKEも東京を拠点に全国各地で活動を見せています。又、2人はAbema Mixの火曜日を担当しています。
第二弾となる今回のMIXは、前半The Notorious B.I.G.パートをDJ KEKKE、後半2PacパートをDJ HALが担当し、ピアニストのSwing-Oをフューチャリングしたよりブラッシュアップされた楽曲や豪華ラッパー陣が密かに毎回シャウトしています。

Tracklist

DJ KEKKE
1. Intro (Live in London 1995 & Angels)
2. The Notorious B.I.G. – Niggas
3. The Notorious B.I.G. – Come On
4. The Notorious B.I.G. – Kick In The Door
5. Craig Mack ft. The Notorious B.I.G., LL Cool J, Busta Rhymes & Rampage – Flava In Ya Ear Remix
6. Crooklyn Clan – The Franklinz
7. Puff Daddy ft. The Lox, Lil Kim & The Notorious B.I.G. – It’s All About The Benjamins
8. The Notorious B.I.G. & Lil’ Kim (Junior Mafia) – Get Money
9. Junior M.A.F.I.A. ft. The Notorious B.I.G. – Player’s Anthem
10. Mary J. Blige ft. The Notorious B.I.G. – Real Love (Hip Hop Remix)
11. The Notorious B.I.G. – Dreams
12. The Notorious B.I.G. – One More Chance (Hip Hop Mix)
13. The Notorious B.I.G. – One More Chance (Live Appollo 1995)
14. The Notorious B.I.G. ft. Pam Long – Hypnotize
15. The Notorious B.I.G. – Gimme the Loot
17. The Notorious B.I.G. ft. Lil’ Cease – Can I Get Witcha
19. The Notorious B.I.G. ft. Lil’ Kim & Puff Daddy – Notorious B.I.G.
21. The Notorious B.I.G. ft. Mase & Puff Daddy – Mo Money Mo Problems
22. The Notorious B.I.G. ft. Jermaine Dupri – Big Poppa (So So Def Remix)
23. The Notorious B.I.G. – Miss U
26. The Notorious B.I.G. ft. 112 – Sky’s The Limit
28. The Notorious B.I.G.- Juicy
29. The Notorious B.I.G. – B.I.G. (Interlude)
30. The Notorious B.I.G. – Going Back to Cali

DJ HAL
1. 2Pac ft. Notorious B.I.G. – Runnin (Dying to Live)
2. 2Pac ft. Thug Life – Pour Out A Little Liquor
3. 2Pac ft. Dramacydal – Me Against The World
4. 2Pac – Do For Love
5. 2Pac ft. The Outlawz – Baby Don’t Cry
6. 2Pac ft. Nate Dogg – Skandalouz
7. 2Pac – Open Fire
8. 2Pac ft. Digital Underground – I Get Around
9. 2Pac – How Do U Want It
10. 2Pac – Toss It Up
11. 2Pac ft. The Outlawz – If They Love Their Kidz
12. 2Pac ft. The Outlawz – Lost Souls
13. 2Pac – Thug Nature
14. 2Pac ft. Yaki Kadafi – Soon As I Get Home
15. 2Pac – Picture Me Rollin’
16. 2Pac – Throw Your Hands Up
17. 2Pac ft. Swing-O – All About U
18. 2Pac ft. Swing-O – Changes
19. 2Pac ft. Keyshia Cole – Playa Cardz Right
20. 2Pac ft. The Outlawz – Teardrop and Closed Caskets
21. 2Pac ft. Val Young – To Live & Die In L.A.

関連: #おうち時間 Mixリスト

DJcity Top 50 March 2020 Mix by A4

ACKODJ 4RESTから成る2人組ユニット、A42020年3月のDJcity Top 50にランクインしている楽曲をベースにミックスを提供してくれました。57分で構成されたミックスにはDJcity Exclusiveのエディットやリミックスが多数収録されています。

トラックリスト:

1. Megan Thee Stallion – Captain Hook
2. Megan Thee Stallion – Rich
3. Tyga & Megan Thee Stallion – FREAK
4. Tyga ft. Ozuna – Ayy Macarena Remix
5. Ozuna, Diddy & DJ Snake – Eres Top
6. Rihanna – Pon De Replay – Da Phonk & Rogerson Remix
7. RIhanna – Pon De Replay – Omar Duro & Sico Vox Remix
8. Panjabi MC – Mundian To Bach Ke – Stavros Martina & Kevin D Remix
9. KidCutUp – Do My Ladies Run This Acap Loop
10. Bad Bunny, Jowell & Randy & Ñengo Flow – Safaera – MarkCutz Get Ur Freak On Toneplay Edit
11. Bad Bunny, Jowell & Randy & Ñengo Flow – Safaera
12. Bad Bunny – Yo Perreo Sola – iRony Hype Intro
13. Bad Bunny – Yo Perreo Sola
14. Bad Bunny vs Daddy Yankee – La Santa vs Aqui Esta Tu Caldo – DJ Santarosa Wordplay Transition
15. Bad Bunny & Daddy Yankee – La Santa
16. Daddy Yankee – Gasolina – Kevin D & Stavros Martina Remix
17. FISHER – Freaks
18. Lady Gaga – Stupid Love – Pink Panda Remix
19. Lady Gaga – Stupid Love
20. Earth n Days – Just Be Good To Me
21. Marvin Gaye – Ain’t No Mountain High Enough – Hoax Remix
22. Lil Uzi Vert – That Way
23. Lil Uzi Vert – Baby Pluto
24. Future ft. Drake – Life Is Good – KidCutUp Slam Intro
25. Lil Baby ft. Future – Live Off My Closet
26. Pop Smoke – Invincible
27. Aitch & AJ Tracey ft. Tay Keith – Rain
28. Gunna – SKYBOX
29. Ne-Yo ft. O.T. Genasis – Pinky Ring
30. Lil Yachty & DaBaby ft. Drake – Oprah’s Bank Account
31. Jhené Aiko ft. Ty Dolla $ign – Party For Me
32. Elton John & Taron Egerton – (I’m Gonna) Love Me Again – Purple Disco Machine Remix
33. Wiz Khalifa ft. Mustard – Bammer
34. Mustard ft. Roddy Ricch – Ballin – DJ Grant Return Of The Mack Edit
35. The Weeknd – In Your Eyes

関連: DJcity Top 50 February 2020 Mix by A4

DJ B=BALL : DJcity Japan Playlist

今月よりDJcity Japanより新しいコンテンツを発信。全国で活躍を見せているDJを中心に毎月プレイリストを公開していきます。第一弾目は、大阪を拠点に活動しており、Red Bull 3StyleのタイトルホルダーでDJ/プロデューサーのDJ B=BALL
DJ B=BALLは、毎週金曜日にCLUB PICCADILLYにて開催されている”Novel”にてレギュラーDJを務めています。

今回のプレイリストに関して本人より
”インターナショナルクラブでプレイする際によく使う曲を入れてみました。これらのような良作なリミックスやエディットをよく使います。是非ご参考までに!”
とコメント。

プレイリスト:

Khia – My Neck, My Back (Lick It) – Brad Braxton & Omar Duro Remix
Lil Wayne – Clap For Em
Too Short – Blow The Whistle – MMR There It Go Bootleg
Missy Elliott – Work It – Falcons 2018 Remix
Missy Elliot – Get Ur Freak On – Drunken Masters & Paul Mond Edit
Tyga & Megan Thee Stallion – FREAK – MFresh Acap Intro
FISHER – Freaks
Daft Punk – Technologic – Soulely Remix
Teriyaki Boyz – Tokyo Drift – Richastic Remix
Enur – Calabria – Erik Soto & Toshiki Remix
Technotronic – Pump Up The Jam – Sico Vox Remix
Roddy Ricch – The Box – Lemi Vice & Action Jackson Remix
DaBaby – BOP – THUGLI & ILLO Edit)
Don Toliver – No Idea
Lil Uzi Vert – That Way
Lil Yachty & DaBaby feat. Drake – Oprah’s Bank Account
Future feat. Drake – Life Is Good
Jay Electronica feat. Travis Scott & JAY-Z – The Blinding
Megan Thee Stallion – B.I.T.C.H.

DJ B=BALLのホームページSoundCloudInstagramTwitter、をフォロー。

関連: DJ B=BALLがRemixとBootlegのパックを公開

次のDJcity Takeoverは来週に広島HERBIE (4/3) & 名古屋SANGO (4/5)にて開催

この度、4/3(金)・5日(日)に開催を予定しておりましたDJcity Takeoverにつきまして重要なお知らせがございます。
新型コロナウィルス拡散防止を第一に考えた結果、この度の開催の延期を決定いたしました。
DJcity Takeoverを楽しみにしていた皆様にこのようなご報告となることをお詫び申し上げます。
ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

AbemaMixと共同で開催しているDJcity Takeover。次の開催は来週末に迫ってまいりました。
4/3(金)に広島のHERBIE、そして4/5(日)に名古屋のClub SANGOの両ナイトクラブで初めてDJcity Takeoverを開催します。

HERBIE HIROSHIMAは、中四国最大級の大型ナイトクラブを誇り、少し大人な空間を体感でき、音楽に全身で酔いしれる異空間を楽しめるナイトスポットです。
Club SANGOは、ORCA NAGOYAがプロデュースするナイトクラブであり、大人も若者も混在して遊び尽くすことのできるナイトクラブとして名古屋No.1パーティクラブです。

ゲストとして参加するのはDJcity WednesdayやAlifeでレジデントをつとめるBRAIZE。そしてRed Bull 3Style JapanチャンピオンのIKU、そしてAbemaMixのレギュラーMCのBULLが参加します。

そして、HERBIEのレギュラーDJからはMONKEYTANA YOUNG、SANGOのレギュラーDJからはJEANLAIANの参加が決定。


Club SANGO


HERBIE

前回札幌で行われたDJcity Takeoverリキャップ映像はこちら。

全てのDJcity Takeoverリキャップ映像はこちらから。

関連: DJcity Takeover: 広島HERBIE (4/3) & 名古屋SANGO (4/5)

YBが自身の経験談とCDJへの挑戦について語る

熊本を中心に、九州全国と活躍を見せているYB。去年、Goldie AwardsやRed Bull Music 3Style Japanのファイナルに残るなどの実績も残しています。そんなYBがターンテーブルからCDJへ切り替えたきっかけやカナダに留学し得たものなどについてをDJcity Japanのインタビューで語ってくれました。

昨年はRed Bull Music 3Style及びGoldie Awardsでファイナリストになる活躍でしたが、振り返ってみてどうですか?

YB : Red Bull Music 3Styleに関しては何度かファイナリストまで残った事はありますけど、Goldie Awardsは自分にとって初めての大会だったし、初めてのNYで、初めてCDJで世界的な大会へ参戦するっていう、本当に初めて尽くしで、自分にとって刺激的で印象に残っているのは断然Goldie Awardsですね。NYで大勢の観客を前に、審査員も超豪華で、競合相手も名だたるターンテーブリスト達っていう、これ以上ないCDJデビュー戦だったなと。あの場所で戦えた事が今の自信に繋がってますね。

今までターンテーブルでやってきた中で、ある日を境にCDJにシフトするというのはどういう感覚でしたか?

YB : 単純に難しいですよね。パソコンとターンテーブルでやれる事を100としたら、CDJでやれる事って50~60くらいなんですよ。勿論、CDJでしか出来ない事もあるので、良い部分もあるんですけど。CDJで大会に出場した経験が全く無いので、自分の中では本当に挑戦っていう感覚で、学びの多い経験になってます。

挑戦してみて、手応えの部分ではどのように感じましたか?

YB : Goldie Awardsに関しては物凄い手応えを感じましたね。CDJでDJバトルに出場するっていうこと自体が珍しいというのもあって、Goldie Awardsの最終8人に選ばれた部分はあると思います。ずっと憧れだった前年チャンピオンのMiles Medinaから、初対面でしたけど「Hey CDJs GUY!」って声をかけられて、CDJで戦いに来てるって部分にかなり興味を持ってくれてましたね。逆に、ターンテーブルで参戦していたら、ファイナリストには選ばれていなかったのかもなとも思いますし。

YBが使用機材をCDJへ切り替えたキッカケとは何だったんですか?

YB : それは、カナダに行ってる時ですね。なので、2016年ですかね。1年のワーキングホリデイでカナダに行ったんですけど、向こうに着いた最初の週末にナイトクラブに行ったんですよ。結構Hip HopとかLatinがかかっているクラブだったんですけど。カナダのクラブって、1晩を1人のDJが回すっていうスタイルが多いので、全然DJとじっくり話す時間は無いんですけど、日本だったら絶対にやらないですけど、携帯の画面をパッとDJに見せて「俺もDJしてるんだよね!」ってテキストを打ったのを見せたら「今はDJでちょっと話せないけど俺のインスタこれだから連絡して。」ってテキストを打ち返してくれたんですよ。そこから「今日はありがとう」ってDMを送ったら、彼から連絡が来て、自分のインスタにはRedbull Music 3Styleの事とか書いてあるんで、そういうのを見て多少気に入ってくれたみたいで「一緒に金曜日DJやる?」って声をかけてくれたんですよ。現場に行くと、タンテとCDJが置いてあるんですけど、タンテがピッチを2くらいズラすと20くらいズレる、物凄い壊れ具合で(笑)。これで今までよくDJやってたな状態で(笑)。とりあえずその日はパソコンだけで出来るインターナルモードで乗り切りましたけど。彼には「今日は一緒にやるけど、ダメだと感じたらスグに切るからね」と初めに言われましたけど、特にそんな流れになることもなくて。逆に、声をかけてくれた彼が、クラブから2時間くらいの遠いところに住んでいて、自分のバーバーショップをやりながら、DJもやってる感じの人で「俺最近マジで忙しいから、来週から一人でやってくれない?」って急に言われたんですよ(笑)。急に凄い事になったなと、冷静に店内を見回すと、タンテはぶっ壊れてますけど、CDJは綺麗に使える状態だったので、そこでCDJを使う流れにしましたね。お店で練習するわけにもいかないので、カナダのメルカリみたいなサイトで中古のCDJを購入して、家で練習するようになって。そこからずっとCDJっていう流れですね。

どこの国も同じだとは思いますが、カナダもCDJが主流になっていく過渡期なんですか?

YB : カナダでは他のクラブでもプレイしましたけど、大きいクラブに関してはCDJでしたね。小さい箱にはターンテーブルがあったり、CDJもあったりと、半々くらいの感覚ですかね。クラブのスタイルによっても変わってくると思いますし。スクラッチをする人はターンテーブルで、普通のクラブプレイだけならCDJっていう感じでしょうね。そういう中で、CDJでスクラッチをする存在って珍しいと受け止められる環境があったし、人と違う事をしたいっていう気持ちは常にあったんで、自分がCDJへ切り替えるキッカケにはなりましたね。

振り返ってみると、カナダで得たモノはとても大きいですね?

YB : それは確実にそう思いますね。トロントに滞在していたんですけど、本当に現地のDJがみんな上手くて。カナダに行く以前は、他のDJの良い部分を真似をするっていう習慣が結構あったんですけど、そういうのって良し悪しがあるなって気づいたんですよ。カナダのDJって本当にみんなオリジナリティーがあって、同じようなDJがいないんですよ。みんなが個性を大事にしてるのを目の当たりにして、自分も何か見つけないとダメだって素直に受け入れられました。これも、CDJへシフトする決意に繋がってくる一因ですね。向こうに住んで体で感じた事ですけど、人と違う事をやっても、内容が良ければリアクションしてくれるんですよ。人と違う事をすることに対しての抵抗が一切無くなりましたね。当たり前の事ですけど、良ければ評価して貰える、悪ければ評価されない。自分のプレイが良いのか悪いのか、日本よりもわかりやすいですね。

現地のDJ達からも良い影響を受けましたか?

YB : 最初の2~3週間は、言葉も通じない中で焦る気持ちもありましたけど、3週目くらいで、さっきも話したバーバーショップのDJが、スクラッチDJのワークショップに誘ってくれて、そこにSkratch Bastidなんかもいたんですけど、自分が好きな事で、言葉を越えて触れ合える場所にいられる事が物凄く嬉しくて、そして、現地のDJがみんな上手過ぎて(笑)。もう、更に練習しなきゃっていう熱が入りましたね(笑)。カナダから帰る前に、Goldie Awardsの最初の年だったんですけど、CDJで応募してたんですよ。結局ダメだったんですけど。大会に応募して、ビデオ審査の時点で落とされるっていうのが初めての経験で、でもそれは仕方のない事で、日本に帰ったらリベンジしてやるっていう思いが強くなりましたし、カナダで色んな事を学んで、自分を成長させようっていうモチベーションになりましたね。本当にカナダでの経験が活かされて、その後のGoldie Awardsでのファイナリストに繋がったと思います。

活動の場を日本に戻して、今感じていることはありますか?

YB : 細かい話になっちゃうんですけど、今自分はCDJ-2000NXS2を使っていて、レジデントの現場では同じものを揃えたりしてますけど、なかなか他の場所でも同じものを揃えてもらえるかというと、難しいので。自分のルーティンの中にはCDJ-2000NXS2じゃないと出来ないものがあって、そういう部分のパフォーマンスは自分の中の課題だと感じてますね。

この先、YBはどんなDJになっていきますか?

YB : 前例が無い事、誰もまだやったことがない事をやっていきたいです。それとトロントから地元の熊本に戻って、BACON EGGというクラブで、サウンドプロデューサー的な立場で音楽面を全て任せてもらってます。今までの熊本にはなかった規模のクラブで、これも自分にとっては新たな挑戦です。これまで大会に出て、レジデントもやってきて、自分の前には先輩達がいて、そして自分がいるっていう感覚だったんですけど、今は自分も人を引っ張っていく立場になって、視点は変わってきますけど、面白く、楽しみながらやらせてもらっています。色んな意味でレベルアップして、またカナダに行ってみたいなという気持ちもありますね。

関連: DJ IKUが全国各地でブッキングされている理由について語る

全国のDJスクール

ただいま、日本国内において様々なDJスクールが多数ございます。これからDJを始めたい方もこれからスキルアップをさらに目指したい方も含め、どんなスクールがあるのか興味のある方も多いのではないでしょうか?今回は、独自に調べた内容を踏まえ日本国内におけるDJスクールをご紹介します。

■東京


OTAIRECORD MUSIC SCHOOL

東京渋谷駅新南口徒歩1分という抜群のアクセス”ISM”にて行われるDJや作曲の学校です。 
現場を知り実績のある様々な質の高い講師による、本格的なレッスンを受けることが出来、また、レッスンでは講師と事務員が常駐しており、生徒さん1人1人を細やかにサポートしています。 


World DJ Academy

DJ KENTAROによるマンツーマンの個人指導DJスクールです。
2015年に東京は南青山に開校したDJスクール”WORLD DJ ACADEMY” (WDA)はDJ KENTAROと生徒のマンツーマン制の授業が特徴であり、WDAから世界の舞台に出て行くことが出来るDJを輩出させて行くことを目標としたスクールです。


VIBESRECORDS DJ SCHOOL

2008年設立の個人レッスンのDJ教室です。
DJのやり方を初心者からオーダーメイドレッスンまで丁寧に教えてもらえ、完全個人レッスンで楽しく上達出来るDJ教室です。


宮島塾

主にスクラッチ技術の向上を目指しているDJ教室です。
基礎からマニアックな技術まで宮島が各々に適した技術を仕込んで行きます。
初心者から上級者・学生から社会人まで幅広く通っており、通塾は2週間に1回なので気軽にそして気長にDJ(スクラッチ)に取り組めます。


ⅢFAITHS DJ SCHOOL

2018年現在、8都市にその規模を拡大し、これまでに2200名(2018年10月現在)を超える卒業生と現役生徒の実績を持ちます。
“英語留学×DJ留学”をフィリピン・セブ島の最大手の英語学校と共同し開校するなど、これまでの日本にはなかったまったく新しい世界観のDJスクールも展開しています。


IDPS DJスクール

海外・日本の第一線で活躍する現役DJを常任講師として迎えたDJスクールとして、音楽をひとつの世界文化と捉え、海外にも通用する人材の育成を目指しています。ただいま、東京と大阪にスクールをかまえています。


音楽学校メーザー・ハウス トラックメイカー/DJコース

作曲家、アレンジャー、サウンドクリエイター、トラックメイカーなど、目指すフィールドに向けて1年間でしっかりとした実力をつけるためのカリキュラムを用意しています。
また豊富な選択科目や資格取得講座を受講し、音楽業界の様々な分野で活躍できるスキルを身につけることが出来ます。


DJ SCHOOL – ATOM TOKYO


Step1~3までの実力に合わせた講習内容でATOM TOKYO DJが完全サポートしています。
Step1 >DJの基礎知識、機材の扱い方を学びます。
Step2 >MIXテクニックの向上、選曲方法を学びます。
Step3 >上級レベルのMIXテクニック、ステージングなど、より実践に向けた内容を学びます。


SPINSTAR DJ Academy


本格指導で、誰でもDJのスキル身に着けることができます。
今のクラブシーンを席巻する現役DJによる丁寧かつ、熱心な指導でDJのプレイスキルを習得を目指せる内容になっています。都内有名クラブで活躍するDJが、マンツーマンで直接指導しています。


HOWL DJ School & studio.




最新のDJ機材と最高のサウンドシステム搭載しています。
本物のクラブでレッスンが受けられる東京都心のDJスクールであり、一人一人のレベルに柔軟に対応する”フリーカリキュラム制”です。

■愛知



Toyoda-Style’s GYM



New Trick DJ Battle 2014-2015 champion,SJC初代championによるDJスクールです。個人に合わせたカリキュラムを提案し、レベル向上のお手伝いをしています。


DJ Academy Fabulous (D.A.F) 

体験Lessonでは実際の”クラブのDJブース”で”プロのDJ”からDJの事を聞き、”DJ機材”に触って実際のDJ Playを体験して頂ける内容になっています。第一線の現場で活躍してる経験豊富なプロの現役のDJが教えているDJスクールであり、生徒のレベル、目標に合わせたカリキュラムを生徒と講師が相談し作成しています。


vapors DJスクール

DJ機材のセッティング方法、選び方、つなぎ、スクラッチなど、基礎から丁寧に教えます。頭出しからつなぎ、スクラッチまで個々の技量に応じて、週1回45分、たとえるならピアノ教室のような感じでDJの基礎からレッスンしています。


STRANGE RECORD DJ SCHOOL

現役で活躍中のDJによる、基本的な機材の使い方から、ミキシング、スクラッチ、ビートジャグリング等の高度な内容まで分かりやすいレッスンを受講出来ます。現場での DJデビューを希望の方には技術を習得後PLAYする場もサポートしています。

■奈良



F.D.P DJ SCHOOL


現役プロDJが教える奈良県で唯一のDJ SCHOOLです。
基礎から丁寧に個別でレッスンしており、また、発表する場所を提供しておりイベント企画やWORKSHOPも定期的に開催しています。CafeやBarでのDJ体験など経験を積みつつ、DJを楽しみながら成長できます。

■京都


アルファアカデミー「CLUB DJ塾」

クラブDJスクールです。京都で本格的に学べる数少ないDJレッスンであり、ヒップホップ、R&Bを中心にスクラッチにも挑戦出来ます。烏丸・四条、五条で教室をお探しの方にお勧めです。


■大阪


Try Hard DJ Academy
TryHard DJ Academy

国内最大級のDJアカデミー/講師陣/デビュー率を誇っています。年齢層も3歳から60代の方まで幅広く、学生、社会人、タレント、モデル、芸能人の方など多数の生徒様が受講しています。クラブ・フェスで活躍しているプロDJから、作曲・リリースをしている講師陣など30名以上在籍しており、各ジャンルに特化した幅広いレッスンが可能です。関西主要クラブや、お昼のイベントを中心に、なんとDJデビュー率90%以上で実際にプロになった生徒様も多数存在しています。


MIKI MUSIC SALON


気軽にDJを始めたい初心者さんも大歓迎しています。EDM・HIP HOP・R&Bなどあらゆるジャンルに対応可能です。トップクラスの現役プロDJが直接レクチャーしており、趣味でDJを始めたい方からクラブDJ・バトルDJを目指す方までお勧めです。


MUSIC AND SUPPLY

趣味や習い事としてはもちろん南大阪エリアから世界に羽ばたくDJをサポートしています。初心者から上級者まで基本技術はもちろん高度なスクラッチまで豊富な知識と経験でレッスンしています。MPCなどを使用したビートライブなどもサポートしています。


■神戸


KOBE RevolveR DJ SCHOOL

兵庫県は神戸初の本格的DJスクールです。様々なジャンルやスタイルに対して指導経験豊富な熟練の講師陣があなたのDJライフを手厚くサポートします。 
アットホームな雰囲気で確実にスキルを身に付け、DJの理解を深める特別カリキュラムをご用意しています。 

■広島




SDC.(scratch delights co.)

初心者でも安心して基礎から学べるシステムです。MIXやスクラッチ、二枚使いなど、担当の講師が基礎から応用までしっかりとサポートしており、又、SDC. 講師陣は色々なDJの大会に参加し結果を残している講師、 ストイックに上を目指す講師しかいません。受講される方の実力を大幅にスキルアップさせる自信を持っています。

■福岡




島村楽器 福岡イムズ店 DJ SCHOOL

本気でCLUB DJを目指している方を応援しているスクールです。基本項目(ミックス、スクラッチ、選曲の理論)に加え、現場で使えるテクニックや知識等、CLUB独自のグルーヴやプロのDJに必要不可欠なスキルが学べます。細かい機材の使用方法や選び方、また最新の機材情報もご案内しています。

DJ BRAIZEとDJ 4RESTがそれぞれのDJ感について語る


DJ Braize & DJ 4Rest at DJcity Japan Takeover at Giraffe, on November 10, 2018.

六本木/西麻布にあるa-lifeにてレジデントDJそしてミュージックプロデュースを担うDJ Braizeと大阪はBeePM Managementに所属するDJ/プロデューサーのDJ 4RESTが、それぞれのDJ感についてDJcityのインタービューに答えてくれました。

お二人ともレジデントDJですが、新譜が毎日リリースされる中で、お客さんが聴きたい曲と、DJとしてプレイすべき曲にギャップって生まれてくると思いますが、そこの調整ってどうしているんですか?

DJ 4REST : 難しいですね。僕は結構自分でリミックスとかブートレグ作りますけど、まずは、どう上手く差し込めるのか?っていう視点がありますね。新譜に対して、原曲だと自分の現場ではかけずらいな、もうちょっとパワー欲しいなって感じたら、リミックス作ったり、みんなの知ってるようなアカペラ挟みながら、徐々に浸透させるみたいな感じでアプローチして、最終的にオリジナルに持っていくような流れですかね。

DJ Braize : かける時のタイミングとか、僕も結構気にしますね。リリースされていきなりBillboardチャートの1位に君臨する曲とかあるじゃないですか?そういうのは困らないんですけどね。例えば、日本で全くかからないけど、外国でめちゃめちゃかかってる曲みたいなのって多いじゃないですか?ちょっと濃いめのHip Hopとか。アメリカだとどこのクラブでもかかってるみたいな。そういう新譜の入れ方は結構気にしてますね。お客さんに「この曲は知ってないといけないんだな」って思わせるようなプレイで差し込むように努力しますね。わかりやすい曲とわかりやすい曲の間に綺麗に挟んでいくとか。そうすると「あれ?なんで今の曲知らないんだろう?流行ってるの?」って感じる可能性は高くなるじゃないですか?極論ですけど、誰もが知っている10曲の中に1曲だけ知らない曲があると「なんだろう?」っていう感覚は生まれやすいですよね。もしくは、ブートレグとか強めの音で流行らせて、オリジナルに差し替えていくとかもありますし。新しい曲がReggaeなのかHip HopなのかEDMなのかによって、多少はやり方は変わってきますけどね。

DJ 4REST : 流行ってる曲を1曲かけた後で、今はこういう曲だからこう聴いて欲しいっていうのを、温度感を持って伝えたいですよね。敢えて5秒くらい無音にしてからバンってかけて、その曲で一斉に全員が盛り上がるみたいな、そういう瞬間をみんなに共有して貰えるような差し込み方ですね。

具体例として最近そういう曲ありましたか?

DJ Braize : 曲によりますけど、静かなコードから入っちゃう曲とか、流石に頭からかけるのは難しいなって思うんですけど。でもDrakeのGod’s Planは最初のところから入れましたね。ボーカル始まるところで綺麗に繋いじゃうと、流れで聴いちゃってると思うんで。幸い、a-lifeの場合はMCがいるんで、MCに「この曲頭からかけるから頼むわ」みたいな感じでやったりしますね。1回お客さんを煽って、テンションをDJブースに向けるみたいな。DJってそういうの大事じゃないですか。ずっと綺麗に30分繋いだ後にいきなりスクラッチが入ると、やっぱり1回お客さんの注目を引き寄せますよね。「あれDJ変わったのかな?」みたいな感じで。そうやって新譜を入れたりしますね。


DJ 4Rest at DJcity Japan Takeover at Giraffe, on November 10, 2018.

クラウドコントロールするために上げたり、下げたり、波を作ると思いますけど、中には上げっぱなしのDJもいますけど、そういう上げ下げの部分って気にしてますか?

DJ Braize : そうですね、上げっぱなしにしちゃうと、今度はお客さんが上げっぱなしの状態に慣れてきちゃうんですよね。ずっと上がってる状態なんで、次どこで上がっていいのか、わからなくなっちゃう。上がってる状態の更に上ってないですし、次は落ちるしかないんで。だから、落ちてもいい時に落として、上がりたい時に上げられれば、波って作れるんですけどね。

DJ 4REST : フェスだと3,2,1でみんなジャンプして盛り上げるとか、お立ち台に女の子がいて盛り上がるとか、飛び跳ねるのも、手を上げてるのも盛り上がってる状態だと思いますし、逆に一旦足を止めてお客さんを一斉に歌わせるような、一体感のある瞬間も盛り上がってると言えるし、色々な要素を入れながら波を作る感じですよね。

DJ Braize : なんでフェスのあれが成り立つかって言うと、やっぱりEDMって1曲の中でブレイクダウンがあって、ビルドアップしてドロップ行くっていう流れが1曲の中で成り立つじゃないですか。クラブの1晩もあれでいいと思うんですよ。盛り上がる所があって、落ち着かせるところがあって、ちょっとなんかお酒を買いに行く間を与えるじゃないですけど、そういう雰囲気を作ったり、エロい感じにしてみたり、色んなシチュエーションで曲を変えて1晩を作るみたいな。やっぱりそれってクラブに必要ですよね。

お互いをどういうDJだって思ってますか?昨夜のプレイを見て(DJcity Takeover Osaka)、どんな感想を持ったのか教えて下さい。

DJ Braize : 僕は大阪に来て、DJがみんなフロアを見てるなって印象を受けましたね。それって凄く大事なことじゃないですか。僕もクイックだったりとか、忙しい作業に入ると、どうしてもパソコン見たり、触りっぱなしになりがちなんですけど、結構そこは気をつけるようにしていて。だから、DJを見る時に、当然ミックスとか、かけてる音楽は聴きますけど、どういう表情でやってるのかっていうのは大事だと思ってます。やっぱり楽しそうにやっていれば笑顔になりますし。自分はそうなんですけど、上手くいかない時って笑いたくても笑えなくなっちゃうんですよ。「あー全然上手くいかないな」って思ってる時は、ニコニコしたいんですけど、焦りが顔に出ちゃって(笑)。4REST君も含め、他のDJもそうでしたけど、凄くみんなフロアを見てるなって思いましたね。パソコンを見たり、CDJを見ている時間が少ないなって感じたんで、それが出来るってことは、フロアを良く見てるって事なんで、お客さんのコントロールが出来てるんですよね。

DJ 4REST : 僕はもう、Braize君は東京で一番会いたいDJで、DJcityの前回のインタビュー記事を読んで共感して、ずっとこの人に会いたいって思ってました。やっぱりゲストDJとして呼ばれると、自分の爪痕と言うか、自分の色を全開に出す人が多い中で、Braize君は早い時間からクラブを肌で感じて分析して、実際のプレイも本当に良いバランスで自分のスパイスを入れてるんで、やっぱり東京でレジデントDJとして、お客さんの事を考えてDJしてる人だなと。自分が思った通りの人だなっていうイメージですね。


DJ Braize at DJcity Japan Takeover at Giraffe, on November 10, 2018.

昨日は本当にいいDJでしたね。驚いたのは、お客さんのほとんどが20代前半の中で、彼らが聴いた事もない90sとか80sをかけて盛り上げてましたけど、あれはどんな感覚なんですか?

DJ Braize : 昔の曲のプレイに関しては、その「そもそも知らなきゃいけないのか?」っていうのがありますよね。食事に例えちゃいますけど「和菓子がめちゃくちゃ美味いと。だからお前これだけは絶対に食わなきゃダメだよ。でも嫌いなんだもん、食べたくないもん。いいの私は和菓子じゃなくカップラーメンでも。」っていうのが、間違いなんですか?って話なんですよ。正直、別にどうでもいいですよね?ってなると、古い曲を知っていなくちゃいけないっていう考えが、そもそも違ってるんじゃないかなと。あんまりそういうのをやり過ぎると、DJとお客さんの距離が離れていくと思うんですよ。なので、古い曲をかけます。それでお客さんが何か分からないけど楽しいって感じで踊っていれば、僕はもうクリアだと思ってます。でも「あ~このDJさっきから古い曲ばっかりかけてるよ~。」ってなった時はもう、お客さんの耳にその曲は入ってないと思うんで、無意味なプレイなんですよ。それはクールじゃないって僕は思いますね。音楽を聴く時間を持てないほど忙しいサラリーマン捕まえて「Spotify開いてもっとカッコいいインディーズあるんだから聴けよ!」っていうのおかしいですよね?それと同じで、DJがお客さんに対して新しい曲だったり、コアな曲を勧めた結果、お客さんの耳が閉じちゃったら、そこからは本当に無意味な時間が流れるんで。アメリカと日本でクラブカルチャーは違うんで、古い曲に関しては難しい話なのかもしれないですけどね。古い曲を差し込めるDJの良し悪しは、お客さんが「今日は楽しかった」って思えるレベルだと僕は思いますね。

DJ 4REST : 僕は新譜と一緒で、かければ良いと思います。よくありがちなのが「誰々君、何々かけてるやん、やばい、やばい」みたいな。でも実際フロアで棒立ちになってしまうような曲だったら、別にスタートボタン押したら誰でもかけれるじゃないですか。それでお客さんが踊れば正解だと思うんですけど、物知り風な奴が「お前これ知らんやろう」ってドヤ顔でかけて滑ってるんだったら、正解じゃないですし。おっさんが喜ぶような曲でも、20歳くらいの若い子が踊ることもありますし、古い曲も、新しい曲も、みんなが知らないであろう曲も、やり方は一緒というか。よく言われるチャラい曲って、チャラくかけたからチャラいイメージがあるのであって、古い曲が、全て古臭いわけではなく、新しい曲が、全てカッコいいわけでもないので、曲の良い部分をDJがどうコントロールしてお客さんに届けるのか?っていうのが大事だと思いますね。

DJ Braize : エンターテインメントっていう枠で見ると、最終的にはDJだけじゃなくクラブが作り出す雰囲気とか、環境も大きく関わってくると思うんですよね。全く知らない新譜かけた瞬間に、いきなり火がついたシャンパンがバーっと出てきて「超盛り上がってるぜ!」って感じさせたら、その曲はもう「アリ」になっちゃうんで。でも、滅茶苦茶シラけてるところで、新譜かけて誰も知らなくて更にどんよりしたら、もうダメですよね。また料理の話になっちゃいますけど(一同笑)、料理に例えるの好きなんで(笑)。ブロッコリー嫌いな人に、いきなりブロッコリー食べてって言ったら、100%食べるわけないじゃないですか。でも、雰囲気の良い和食料理に連れて行って「このブロッコリーどこどこで採れた希少種だから、今日だけでも食べてみない?」っていう前置きがあったら、全然違ってくると思うんですよね。DJも同じで、綺麗な前置きがしっかり組んであれば、どんな曲であってもすんなり入っていけると思うんですよね。DJも大事なんですけど、クラブの雰囲気とか環境とか、そこで繰り広げられるエンターテインメントっていうものを見据えて、もう少し力を入れるべきですよね。

関連: Red Bull Music 3Style Japan Final 優勝 DJ Fummy

DJ KEKKEがMAGIC STICKよりMixtapeを公開

Novel at CLUB PICCADILLY UMEDA OSAKA

AbemaTVのHIPHOPチャンネルAbemaMixにて毎週火曜日のミキサーをつとめ、又、Def Jamレコーディングスからソロデビューを果たしたSWAYのオフィシャルDJをつとめるなど東京を拠点に全国区で活躍を見せているDJ KEKKE。その彼が、MAGIC STICKより最新のミックスMAGIC STICK 4 Seasons Mixtape vol.4 2018 SUMMERを公開しました。今回のミックスは、2000年代のJust Blaze、Swizz Beats、Kanye Westプロデュース作品のみで構成された内容となっています。

トラックリスト:

1. Intro
2. Kanye West – Jesus Walks
3. Jay-Z ft. Santogold – Brooklyn Go Hard
4. T.I. ft. Jay-Z & Kanye West And Lil’ Wayne – Swagger Like Us (Remix)
5. Jay-Z – Public Service Announcement
6. Drake ft. Swizz Beatz & T.I. – Fancy
7. T.I. ft. Swizz Beats – Swing Ya Rag
8. Jay-Z ft. Swizz Beatz – On To The Next One
9. Swizz Beatz – It’s Me Bitches
10. Jay-Z ft. DMX – Money, Cash, Hoes
11. DMX – Ruff Ryder’s Anthem
12. DMX – We In Here
13. Fat Joe – Safe To Say
14. Freeway ft. Jay-Z & Beanie Seagel – What We Do
15. Kanye West Ft. Dwele – Flashing Lights
16. The Game ft. Kanye West – Wouldn’t Get Far
17. Kanye West ft. Adam Levine – Heard ‘Em Say
18. Slum Village ft. Kanye West & John Legend – Selfish
19. Fabolous ft. Mike Shorey & Lil Mo – Can’t Let You Go
20. Allen Anthony – Alright
21. Drake – Find Your Love
22. Beyonce – Get Me Bodied
23. Mashonda – Back Of Da Club
24. Cassidy ft. Mashonda – Get No Better
25. Memphis Bleek – Like That
26. Maino ft. Swizz Beatz – Million Bucks
27. T.I. – Bring Em Out
28. DMX – Party Up
29. Ludacris – Stand Up
30. Eric Sermon ft. Redman – React
31. Keith Murray ft. Def Squad – Yeah Yeah U Know It
32. Swizz Beatz – Money In The Bank
33. Busta Rhymes ft. Swizz Beatz – Stop The Party
34. Jadakiss ft. Swizz Beatz & OJ Da Juiceman – Who’s Real
35. Alicia Keys – New Day (Live)
36. Jay-Z ft. Lenny Kravitz – Storm (Remix)
37. Carl Thomas – My First Love
38. Usher – Throwback
39. Jay-Z – Song Cry
40. Twista ft. Kanye West & Jamie Foxx – Slow Jamz

関連: DJcity Podcast Mix: DJ KEKKE

A-TrakがChance The Rapperグラミー受賞を祝しルーティンを披露

A-trakが、グラミー賞を受賞したChance The Rapperを祝し、彼のヒットシングル『No Problem』を使いルーティンを披露。1分間の映像ではスクラッチやジャグリングのスキルを見せています。

関連: A-Trakがリミックスビジネスについて語る

Popular

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...

  • 最新&注目の楽曲(5月17日)

    Saweetie. 2024年5月17日の週にDJcityに追加された注目の楽曲 是非ダウンロードを! (*マークはDJcityエクスクルーシブ楽曲です。) 1. Saweetie - NANi 2. Billie Eilish - LUNCH 3. Álvaro Díaz & Feid - GATI...

  • 現在の国内ナイトクラブでセットアップされているDJ機材とは?【沖縄編】

    本記事では2022年現在、国内のナイトクラブでどのようなDJ機材をインストールされているかを調査しました。各ナイトクラブのレジデントDJが、現場での使用機材や今後導入希望の機材について答えてくれています。本企画5軒目のナイトクラブは沖縄最大級のキャパシティを誇る人気クラブepica OKINAWAのDJ機材を...

  • 国内のDJシーンにおける、ライブストリーミングについて

    コロナウイルスによるパンデミックの影響で、ナイトクラブやフェスでのイベントが開催されにくい中、多くのプロDJ達はTwitch, Instagram LIVE, LINE Live, 17Liveなど様々な配信プラットフォームを使いライブストリーミングを行うという流れが目立ちます。 国内でも多くのDJがライブス...

  • 楽曲の一括ダウンロードを可能にしたDJcityのデスクトップアプリ公開

    DJcityはレコードプールクレート内の楽曲を一括でダウンロードする事が出来る、無料のデスクトップアプリケーションを開発しました。これにより、ダウンロードにかけていた手間と時間を大幅に短縮する事が可能となりました。 デスクトップアプリの主な機能: - クレート内の楽曲を一括でダウンロードする事が可能 - DJ...

  • 「BAD HOP HOUSE 2」がDJcityに公開

    神奈川県川崎市を拠点とする、8MCによるヒップホップ・クルー。双子であるT-PablowとYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkのメンバーで構成される日本で最も勢いのあるクルーBAD HOP。そんな彼らがDJcityに先日リリー...

  • これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? – Reloop 編-

    古くはターンテーブル2台とミキサー、そしてバイナルレコードと高額な機材を揃えないとスタートできなかったDJ。近年ではPCDJやUSBなどデータでDJをする事が主流となり、様々なDJ機材メーカーがテクノロジーを駆使し、安価ながらも有能な機材を数多くリリースし、初期投資を最低限に抑えDJをスタート出来るようになり...