Vice

Viceが”MikiDz Show”に登場

次回、DJcityのMikiDz ShowはDJ/プロデューサーのViceをゲストに迎え、来週の12日(火曜日)に行われます。

今回はレジェンドとも言えるナイトクラブ/ラジオDJが登場します。2010年に初めてMikiDz Showに出演して以来、Atlantic Records/APGと契約するなど、アーティストとして成功しています。

Viceは来月DJcityとのDJカンファレンスである、Beyond the Music Retreatに登場します。今回、MikiDz Showを視聴している方にカンファレンスへの参加とホテルの滞在券が当たるチャンスがあります。

MikiDz ShowはMikiWARとDJ Dainjazoneが司会を務めており、DJ Rellがオープニングセットを披露します。放送時間はお昼、12時から行われ、Facebookページ当ホームページから観覧可能です。

ViceJason DeruloAva Maxを迎えた”Make Up”をDJcityでダウンロードできます。

Related: ビデオ: A-TrakがMikiDz Showで行なったDJセット

DJcityがDJ Viceと組み、”Beyond the Music Retreat”の開催が決定

Beyond the Music Retreat

DJcityとジャンルベンディングなプロデューサーであるViceが組み、”Beyond the Music Retreat”の開催が決定しました。”Beyond the Music Retreat”は世界中で活躍するDJが参加対象となっており、自身のDJキャリアをより高いレベルに引き上げることを支援するワークショップ型のイベントとなっています。

イベントは2019年3月4日から3月6日の間に、コロラド州のデンバーで開催されます。パネルディスカッションなど様々なコンテンツが行われる予定です。

ホテルのパッケージツアーは近日公開します。イベント参加のための登録、詳細のアップデートはこちらから。

関連:Red Bull Music 3Styleワールドファイナルへご招待

ViceとJason DeruloがAva Maxを迎えた新しいシングル”Make Up”を公開

vice
Vice at AURA Nightclub in Houston on September 2. (Source: Facebook)

ViceJason DeruloがAva Maxを迎えたアップビートなPopシングルである”Make Up“を公開しました。

今回BPM122の楽曲は夏模様な楽曲となっており、アーティスト達がプールで歌やダンスを披露する様子を見ることができます。

“Make Up”のダウンロードはこちらから。

関連: VICEがBecky GとMr Eaziを迎えた”Don’t Go”

ビデオ: AkonがLady Gaga、French Montanaとの契約をしていた事について話す

AkonDrink Champsの番組に出演しインタビューを行いました。多くのヒット曲を生み出しているセネガル系アメリカ人のAkonは、今回のインタビューでは様々なトピックについて話しています。

Akonは自身のレーベルに、現在Interscope所属のLady GagaやBad Boy RecordsのFrench Montanaなどのアーティストなどと契約していた事について話しました。

「自分のキャリアは他の人のキャリアを作りこむためにある、他のアーティストも同じような動きをしたら、もっとよくなると思う」とコメントしています。

上記でフルインタビューを見ることができます。

関連: GASHIがFrench MontanaとDJ Snakeをフューチャリングに迎えた”Creep On Me”

VICEがBecky GとMr Eaziを迎えた”Don’t Go”

Vice
Vice performs at The Grand Boston on March 10, 2018. (Credit: Daniel Mateus)

ViceBecky GMr Eaziを迎えたAfrobeats調の新曲”Don’t Go“を公開しました。この夏仕様の楽曲はBecky GとMr Eaziのスムースなボーカルに合う内容となっています。

下記で”Don’t Go”のプレビューが可能です。ダウンロードはこちらから。

関連: VICEが”Reflections of a DJ”のインタビューに出演

VICEが”Reflections of a DJ”のインタビューに出演

Vice
Vice (Source: Instagram)

レジェンドとも言えるDJ/プロデューサーのViceがReflections of a DJに出演し3時間ほどのインタビューを行いました。今回は彼のキャリアがどう成長していったかについて、また現在のDJシーンについて語りました。

DJ AMのハリウッドのナイトクラブでパフォーマンスをする様子を見てどのような影響を受けたか

「最初見たときはなんだこれは!と驚いたよ。ウェディングで披露するセットをカッコよく更にクレイジーにしているように思えたよ。彼は当時シカゴでは普通にプレイされていたJoan JettsやJourneysをプレイした後にJAY Z、そしてA Tribe Called Westをかけるんだ。”なんじゃこりゃ?”しかもこれでお客さんを踊らすことができるんだと驚いたね。僕はロサンゼルスでかなり長くDJをしていたけど、まさか同じロサンゼルスでこのような光景を見るとは思いもしなかったよ。僕はAMに対してこいつはとんでもない奴だ、DJとして次のレベルにいて違う世界を経験していると思いそれを学ぶためにハリウッドのナイトクラブに通い始めたんだ。」

なぜHip-HopじゃなくてDance Musicをプロデュースしているのか

「いつもラッパーと仕事をしたいと思っているし、毎度自分が仕事したいラッパーとやり取りをする度に1曲歌うのに莫大な金額を条件に出してくるからそんな余裕は流石になかったよ。またラッパーとセッションをした時、自分はHip-Hopが好きなんだけど、常に平和な心を持っていて、クサも吸わないしスタジオでも飲まない。またバイブスもあげてセッションするんだけど自分に刺激を与えたラッパーがいなかったんだ。自分は本当のMCを求めていたんだ。Andre 3000と本当に仕事をしたいと思ったよ。けど正直彼にリーチする気力も無かったのが事実だね。その面に関してはA-Trakを本当に尊敬するよ。彼はいつもラッパーと仕事をして、誰だこいつは?どこで見つけたんだ?みたいなアーティストと仕事をしているからね。だから僕はダンスミュージックを中心にプロデュースをしようと思ったんだ。Erick MorilloやRoger Sanchez、Kenny DopeなどのリアルなHouse Musicをね。」


現在のシーンでの流行がEDMからHip-Hipに戻った時どう思ったか

「自分はすでにその事を知っていたしどう対処すべきか、どのようなパフォーマンスをするべきかなどは分かっていたね。どのような状況でもその場に合った曲をプレイするスキルは身についていたよ。」

ラジオDJ vs ナイトクラブDJ

「ラジオDJ達は本当にすごいと思う。ナイトクラブでDJをすると、外に出て、お客さんを踊らせて、そのエナジーを感じることができるんだ。でもラジオだと1つの狭い部屋でDJをして何も感じないまま何万人の人がプレイを聴いているという状況なんだ。人のリアクション、フィードバックがないままDJをするのはすごいプレッシャーだと思う。」

下記でインタビューをフル視聴できます。iTunesのPodcastチャンネルはこちらから。

関連: Viceが自身についてインタビューで語る

Viceが自身についてインタビューで語る

DJ Vice
Vice at Encore Beach Club in Las Vegas. (Photo source: Encore Beach Club)

DJ/プロデューサーのViceがChris “Drama” Pfaff(アパレルブランド”Young & Reckless”の創設者)のインタビューを受け、約2時間ほど自身のキャリアや人生について語りました。

Vice自身が10歳からDJを始めた事、10代後半には高校のダンスパーティーや結婚式でDJした事、ロサンゼルスのPower106で仕事をした経験、ラスベガスでのレジデンシー、自身のプロモーションの仕方、など様々を語りました。

Viceは結婚式でDJしたことについてこう語っています。

「結婚式でのDJは今までで一番難しいギグだったよ。本当に若い人から高齢の方まで様々な世代の人がいるからね。スイングミュージックを聞きたい世代、サルサを聞きたい世代、また若い子はヒップホップ、ヒップホップをかけたら少し上の世代になるとオールドスクールをかけろと、”曲を変えろ、曲を変えろ”の大合唱、本当に大変だったよ」

下記でViceのインタビューを聞くことができます。(iTunesでも可能)

Viceが「Steady 1234」 Ft. Jasmine Thompson and Skizzy Marsをリリース

vice-600

ViceがFelix Jaehnのヒット「Ain’t Nobody (Loves Me Better)」のシンガーJasmine ThompsonとニューヨークのラッパーSkizzy Marsをフューチャーしたシングルをリリースしました。The Futuristics (Natalie La Roseの「Somebody」)とMichael Keenan (G-Eazyの「Me, Myself & I」)もプロデュースに参加しています。

「Steady 1234」はDJcityにてダウンロード可能です。

関連: TygaとDesiignerがコラボして「Gucci Snakes」をリリース

Popular

  • JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (December.2022)」

    NYCを拠点に第一線で活躍する日本人DJの一人、JAPANESE DEEが現地の状況やクラブでヒットしている楽曲をタイムリーにご紹介。「Reporting From New York」2022年12月にピックアップされた楽曲はこちら。 あっという間に12月ですね。今年の1月からこの5曲紹介を続けてきて、無事に...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • MonyHorseの「Look Up」

    日本を代表するHip-HopクルーのYENTOWNに所属するラッパーのMonyHorseが新曲「Look Up」のMVを公開しました。プロデュースには同じくYENTOWNのU-LEEが担当、Chillな雰囲気のトラックの中でMonyHorseのラップや歌を楽しむことができます。またナイトクラブに限らず様々な現...

  • Playssonの楽曲がDJcityに掲載

    REAL TRAP 名古屋を拠点に全国的に活動するギャングスタラッパーのPlayssonがDJcityにてHip-Hopパーティーではマストなクラブバンガーを中心に掲載してくれました。ハイエナジーな作品が多く、Playsson本人がストリートこれまで経験してきた内容のリリックに注目です。Hip-Hop DJs...

  • ABEMAMIX Awards 2022ノミネートDJ・MC

    今年もABEMAMIX Awards 2022の開催がアナウンスされました。今回ノミネートされたDJ・MCは計32名。受賞者には賞金総額100万円が贈呈されます。過去に優勝したのは、DJ HAL(2018年)、FUJI TRILL(2019年、2021年)、MARZY(2020年)。果たして2022年の栄冠は...

  • 13ELLのニューシングル「STAR」

    京都を中心に全国的に活動するHip-Hopクルーである「DCAの奴ら」を代表するアーティストの13ELLがニューシングルである「STAR」をDJcityに公開してくれました。今回の映像では自身のクルーに加えて、WILYWNKAや孫GONGなどの人気ラッパー達がカメオ出演しています。楽曲もキャッチーな内容となっ...

  • DJcity Podcast: DJ BULLSET

    今月のDJcity Podcastは大阪を拠点に活動し、HIBRID ENTERTAINMENTに所属するDJ BULLSETが担当してくれました。今回は新譜のHip-Hopを中心に先日DJ BULLSETがSANTAWORLDVIEWとタッグを組みリリースしたEP、In The Neihborhoodに収録...

  • DJcity Top 50 October 2022 Mix by A4

    2022年10月のTOP50ミックスを公開しました。今回もA4 (ACKO & DJ 4REST)がミックスを担当してくれています。 DJcityの2022年10月のTop 50にランクインしている楽曲をベースに30楽曲が収録されています。まだダウンロードしていない最新楽曲やリミックスなどをチェックす...

  • DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました

    DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました。今回の大きなアップデートとしてはユーザーはダウンロードしたファイルのアーティスト、タイトル、バージョン、bpm、ジャンル、キー、年を編集することができるようになりました、 アップデートとしては ・ダウンロードしたファイルをアーティスト、タイトル、バージ...