Remy Ma

Harry FraudがFrench MontanaとRemy Maの”New Thang”の制作過程について語る

Hip-HopプロデューサーのHarry FraudFrench MontanaRemy Maの”New Thang“の制作過程についてGeniusのDeconstructedシリーズで語りました。

FraudはPro Toolsを仕様してこの楽曲を制作したとのことです。そしてどのような経緯でこの楽曲を制作したかを語っています。

主に東海岸の音楽をサンプリングに使うことで知られるHarry FraudはFrench Montanaと様々な作品を制作しています。2009年にリリースされた”Shot Caller”や2017年にThe WeekndMax Bをフューチャリングに迎えた”A Lie“などが代表的な作品です。他にもA$AP RockyRick RossWiz Khalifaなどのアーティストの楽曲制作にも携わっています。

“New Thang”は映画、Uncle Drewのサウンドトラックに収録されています。

関連: Kid Cudiの”Day ‘n’ Nite”のプロデューサーがその制作過程を語る

ビデオ: A-TrakがFat JoeとRemy Maの”All the Way Up”を使い魅せる

数多くのターンテーブリストがFat JoeRemy Maが2016年にリリースした”All the Way Up“を使いそのスキルを披露してきました。そして、ついにFool’s GoldのA-Trakも同様に魅せてくれました。彼のパフォーマンスはこれまでのセットの中で、最もクリエティブなものの一つではないでしょうか。

“All the Way Up”はDJcityにてダウンロード可能です。

関連: ビデオ: A-TrakがSeratoで自身のキャリアについて語り、ルーティンを披露

MV: A$AP FergがRemy Maをフューチャリングに迎えた”East Coast”を公開しました

A$AP FergRemy Maをフューチャリングに迎えた新しい楽曲、”East Coast”のMVを公開しました。今回のMVはA$AP FergとTrap Lordが共同制作し、またA$AP RockyRick RossFrench Montanaなど様々なアーティストが出演しています。

A$AP FergはBillboardに対して「この歌と映像を作っている時に俺はニューヨークをまた盛り上げたい、活気のある場所にしたいと思ったんだ。楽しく創造性のあるビデオを作ることによって大きな変化をもたらそうとしているんだ。」とコメントしています。

この楽曲はA$AP Fergが今後発表するアルバムStill Strivingに含まれています。このアルバムは昨年リリースされたアルバムAlways Strive and Prosperの次の作品となります。

この楽曲のダウンロードはこちらから

関連:MV: DJ KhaledがJustin Biber、Quavo、Chance The Rapeer、そしてLil Wayneをフューチャリングに迎えた”I’m The One”を公開

Fat Joe & Remy Maが「All the Way Up」Ft. Snoop Dogg, The Game, E-40 & French Montanaのリミックスをリリース

fat-600

Fat JoeRemy Maの「All the Way Up」は既にニューヨークアンセムにまで上り詰めましたが、今回はウエストコーストバージョンがリミックスとしてリリース。フューチャーされているラッパーはSnoop DoggThe Game、そしてE-40

オリジナルバージョンの「All the Way Up」はピーク時にはBillboardのHot 100チャートにて27位にランクイン。そしてこの記録はFat Joeの2007年の 「I Won’t Tell」以来の高ランクインです。

「Westside Remix」はDJcityにてダウンロード可能です。

関連: Jay ZがFat JoeとRemy Maの‘All the Way Up’をリミックス

Jay ZがFat JoeとRemy Maの‘All the Way Up’をリミックス

all-600
 
Fat JoeRemy Maのラップアンセム“All the Way Up”にJay Zのバースが加わったリミックスがリリースされました。 French Montanaがフューチャーされているオリジナルバージョンは現在、BillboardのHot 100にて51位にランクイン。これはFat Joeのシングルとしては最高記録であり、リードアーティストとしては2007年にリリースされた“I Won’t Tell”以来のランクインです。
 
楽曲はDJcityにてダウンロード可能です。
 

 
関連: DJ Reddiの‘All The Way Back’ルーティーン

Popular

  • Tokyo Young Visionのアーティスト達がDJcityに楽曲を公開

    東京を拠点に活動するHip-Hop クルーのTokyo Young Visionが所属アーティスト達の音源をDJcityで公開してくれました。今年の2月に1st アルバムを公開したNormcore Boyz、Normcore BoyzのDJを務め、クラブDJ/プロデュース双方で活躍中のDJ NORIO、そして...

  • 最大の特典!150円でDJcityをご利用出来ます!

    今年最大のチャンスをお見逃しなく! DJcityメンバーシップが90%オフで、最初の月は¥150でご利用できます(通常価格¥1,500)。チェックアウト時にプロモコードDJCITY2024を使用してください。 最新のリミックスやDJエディット、イントロバージョン、クリーンエディット、アカペラなどをダウンロード...

  • DJcityで2023年に最もダウンロードされた50曲

    Ice Spice and Nicki Minaj. 以下はDJcityが発表した、年間で最もダウンロードされた楽曲のトップ50のチャートです。このリストはユーザーのダウンロード数に基づいております(DJcityがキュレーションした楽曲ではありません)。 2023年においてDJcityで最もダウンロードされた...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? – Pioneer DJ 編-

    古くはターンテーブル2台とミキサー、そしてバイナルレコードと高額な機材を揃えないとスタートできなかったDJ。近年ではPCDJやUSBなどデータでDJをする事が主流となり、様々なDJ機材メーカーがテクノロジーを駆使し、安価ながらも有能な機材を数多くリリースし、初期投資を最低限に抑えDJをスタート出来るようになり...

  • DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました

    DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました。今回の大きなアップデートとしてはユーザーはダウンロードしたファイルのアーティスト、タイトル、バージョン、bpm、ジャンル、キー、年を編集することができるようになりました、 アップデートとしては ・ダウンロードしたファイルをアーティスト、タイトル、バージ...

  • 現在の国内ナイトクラブでセットアップされているDJ機材とは?【沖縄編】

    本記事では2022年現在、国内のナイトクラブでどのようなDJ機材をインストールされているかを調査しました。各ナイトクラブのレジデントDJが、現場での使用機材や今後導入希望の機材について答えてくれています。本企画5軒目のナイトクラブは沖縄最大級のキャパシティを誇る人気クラブepica OKINAWAのDJ機材を...

  • 最新&注目の楽曲(6月14日)

    Quavo. 2024年6月14日の週にDJcityに追加された注目の楽曲 是非ダウンロードを! (*マークはDJcityエクスクルーシブ楽曲です。) 1. Quavo - Mink 2. Andruss & Sam Collins - PAPI 3. Don Toliver ft. Kodak Bl...

  • これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? -Numark編-

    本企画はDJ機材メーカーが直々にオススメするスタートアップDJ機材を、現役で活躍するDJ達が実際に使用し、使用感や機能性など、生の声をレビューして頂きました。これからDJをスタートしたいと考えている皆様の参考資料として是非ご活用ください。 【Numark編】 Numarkが推奨するスタートアップDJ機材は↓...