Boom City

世界中のスクラッチャーによるセッション動画シリーズ :Boom City Jam Session vol.2


イギリス発、ターンテーブリズムやビートボックス、グラフィティなどのストリートカルチャーをハイクオリティなドキュメンタリー映像で発信するBoom Cityのスクラッチセッションシリーズ「BOOM CITY JAM SESSION」のVol.2が公開されました。世界中の腕利きスクラッチャーが4フレームの映像の中で交代しながら順々に擦っていくという内容。

今回登場するDJは SWIFTSTYLEDjackulateFSODJ ManipulateDoobanPerezEl StatikoPan JarasLone WolfCesare GiulioDJ Crypt, DJ Perly というラインナップ。ご覧のようにカメラのアングルは手元アップがメインなので、技をメイクした時に見せる “ドヤ顔”や動画編集のクオリティーに重きは無く、あくまでもスクラッチ技術だけを見せるストイックな映像に仕上がっています。言わずもがな皆スクラッチは上手いのですが、SeratoやTraktorなどのDVSを使っているDJがほとんど居ません。やはりデジタルとアナログの僅かな出音の差(レイテンシーや強弱の音程など)を感じるからなのでしょうか。ともあれVol.3以降では日本人スクラッチャーの登場も期待したいですね。

そしてBoom Cityの別シリーズ、ターンテーブリストに焦点を当てた”Inside Turntablists“も面白いので是非チェックしてみてください!
“ターンテーブリズム”という日本では”オタク”と言われそうなマニアックなジャンルがカッコ良く描かれています。映像に登場するDJ達の表情を見たら分かりますが、とにかく「好き」が溢れていて人のため世のためより先ず自分が好きでやっているというスタンスが伝わってきます。DJで飯が食えてるとか有名だとかそんな事は関係なく、DJしている自分が満たされているか? というテーマを考えさせられるかもしれません。
自分がカッコいいと思うことを素直にやれているかどうかは大切な事ですね。

関連: ビデオ: 世界中のターンテーブリストによるショーケース ”Boom City Jam Session Vol 1.”

Inside TurntablistisにDJ Woodyが出演


DJ Woody (Source: Boom City)

イギリスを拠点に置くBoom CityのInside TurntablistsにDJ Woodyが出演しました。DJ WoodyはUKに拠点を置くDJ/プロデューサーであり、ITFやVestaxなどの大会で世界チャンピオンであり、自身のレーベル、Woodwurk Recordsを運営しています。

DJ Woodyは自身が歩んできたHip-Hopのカルチャーや自身が開発したWoodpecker Scratchについて、またVestax Controller Oneの開発に携わったことについても語りました。

関連: ビデオ: 世界中のターンテーブリストによるショーケース ”Boom City Jam Session Vol 1.”

ビデオ: 世界中のターンテーブリストによるショーケース ”Boom City Jam Session Vol 1.”

イギリスを拠点に置くBoom CityInside Turntablistsシリーズでは世界中のターンテーブリスト達が参加したスクラッチ映像を公開しました。

参加したDJはAlx Plato, Kompoze, DJ SWORDZ, Redmist, Blam, Symatic, Peter Parker, Jimmy Penguin, Android, Kutclass, DJ Robert Smith, Kodac Visualz, Kubik, DubbaDutch, Bakon Oneになります。

映像で使用されたインストルメンタルは、以前特集されていたOslo Flowによって制作されました。

関連: “Inside Turntableists”にJimmy Peguinが出演

“Inside Turntableists”にJimmy Peguinが出演


Jimmy Penguin. (Source: Boom City)

Boom CityのInside TurntablistsにJimmy Peguinが出演しました。

Jimmy Penguinはアイルランド出身のターンテーブリスト/プロデューサーであり、 アイルランド西部にある街、ゴールウェイにあるCommuitity Skratchの創設者です。されにレーベル、Alkaliner Recordingsのオーナーでもあります。

今回のエピソードではJimmy PenguinがイギリスのミュージシャンであるAphex Twinなどの楽曲からどのように影響を受けたかについて説明しています。また彼のシンプルなDJテクニックについて、またどのようにして自身のキャリアと音楽コミュニティを同時に構築したのかを語っています。

下記で映像を視聴できます。

関連: Inside TurntablistsにFong Fongが出演

Inside TurntablistsにFong Fongが出演


Fong Fong. (Source: Boom City)

イギリスを中心に活動するBoom Cityの番組、Inside TurntablistsFong Fongが出演しました。彼は2012年のDMC Onlineの世界チャンピオンです。

今回のエピソードではFong FongがDJ活動のスタートについて、名前の由来、そして彼の好きなビデオゲームについてなどを語りました。バトルDJとしての部分では現在、Fong Fong自身のYouTubeチャンネルにて彼のルーティンやプロデュース作品等が定期的に掲載されているとのことです。

関連: Inside TurntablistsにOslo Flowが出演

Inside TurntablistsにOslo Flowが出演

ノルウェーを拠点に活動するスクラッチトリオのOlso FlowBoom CityのInside Turntableに出演しました。

Olso FlowのメンバーであるAndroid, Blam, Plato, 3名のターンテーブリスト達がどのようにしてチームを結成したのか、またターンテーブリズムについて語りました。

関連: ビデオ: Nelson Scratch が Inside Turntablistsに出演

Boom Cityがドキュメンタリーシリーズである”Inside Turntablists”のシーズン2公開を発表

イギリスのクリエイティブ集団、Boom Cityがドキュメンタリーの映像集Inside Turntablistsのシーズン2が公開されることを発表しました。このシリーズでは世界中のスクラッチのコミュニティを紹介しています。

シーズン2では6ヶ国から6人のターンテーブリストを紹介します。DJ WoodyやFong Fongなども出演予定です。

関連: “Inside Turntablists”にDJ Chileが出演

ビデオ: ターンテーブリストのドキュメンタリー”Making Mad Noise”

イギリスのBoom Cityがターンテーブリストのドキュメンタリー、Making Mad Noise – 10 Years of Community Skratchを公開しました。

今回のThe Community Skratchシリーズでは世界中で活躍するターンテーブリスト達が集い、ショーケースやネットワーキングが行われます。初めて行われたのは2006年にアイルランドでしたがのちにイギリスのブライトンで行われるようになりました。

このイベントをきっかけに大きくなったターンテーブリズムコミュニティーはイギリスとヨーロッパに大きな影響力があり、Battle Avenueともコラボを初めました。

上記でドキュメンタリー映像を見ることができます。

関連: DJ Woodyがスクラッチ音のサブスクリプションサービス、”Woodwurk Members Club”を始動

“Inside Turntablists”にDJ Chileが出演

DJ Chile
DJ Chile (Credit: Boom City)

Boom CityInside Turntablistsにイギリスで活躍、また大会等で結果を残してるDJ Chileが出演しました。

DJ Chileは15年のキャリアを持つベテランであり、2011年に行われたWTK World Freestyle Scratchのチャンピオンであり、2013年 IDA UK Freestyle Scratchのチャンピオンでもあります。また彼は自信のYoutubeチャンネルにて、スクラッチのチュートリアル映像なども公開しています。

関連: “Inside Turntableists”にDJ Soakが出演

“Inside Turntableists”にDJ Soakが出演

DJ soak
DJ Soak (Credit: Boom City)

Boom CityのInside TurntablistsにDJ Soakが出演しました。

DJ Soakは2度、DMCのスペインチャンピオンとなっており、2006年のITFでは世界2位の結果を残しているDJです。DJバトルは12歳の頃から出場しており、ITFのスペインチャンピオンになったのは16歳の頃です。4月にはデビューEP、Paradisoをリリースしており、Anderson .Paakとのコラボ、”Run Away“が収録されています。

映像ではDJ Soakがどのようにしてターンテーブリズムの世界に興味を持ったのか、また Anderson .Paakとのコラボ楽曲がどのようにして生まれたのかなどを語っています。

関連: Jon1stがドキュメンタリー”Inside Turntablists”に出演

Popular