Travis Scott

Travis ScottとDrakeの“SICKO MODE”の制作過程について

グラミー賞にノミネートされたプロデューサーであるRoget ChahayedNative InstrumentsとのインタビューにてTravis ScottとDrakeの“SICKO MODE”の制作過程を語りました。Native InstrumentsのKONTAKTに含まれているオルガンサウンドがどう、“SICKO MODE”のフックに影響したかを説明しています。

Travis Scottの“SICKO MODE”は彼の3枚目のアルバム、Astroworldに収録されており、BillboardのTop 10に30週間連続でランクインした初めてのHip-Hopトラックとなりました。

関連: ビデオ: Bobby Shmurdaの“Hot N#gga”の制作過程

Travis Scottの”SICKO MODE” ベストリミックス

Travis Scott
Travis Scott (Credit: David LaChapelle)

Travis Scottの大ヒットソングでありナイトクラブでもヘビープレイされている”SICKO MODE“。この楽曲では多くのプロデューサーがリミックスを作りました。ここ最近ではSkrillexもリミックスを発表しています。

DrakeJuicy JSwae Leeなどの大物アーティストが参加しているこの楽曲はBillboard Hot 100で1位にランクインしています。

下記にて、DJcityが選んだ”SICKO MODE”のベストリミックスを見ることができます。

All Of The Lights – Four Color Zack SICKO MODE Transition
Four Color Zackによる”SICKO MODE”がKanyeのクラシックにトランジション。

Joe Maz Remix
ベテラン、Joe Mazによるハイエナジーなリミックス。

Skrillex Remix
Skrillexによるベースに重点をおいたリミックス。

Tony Arzadon & Marc Stout Remix
“SICKO MODE”がグルーブのあるHouseミュージックに。

ANGELZ Remix
カナダのDJ/プロデューサーによるBass Houseなリミックス。

Related: Top Remixes of DJ Snake’s ‘Taki Taki’

MV: Kodak BlackがTravis ScottとOffsetを迎えた”ZEZE”

Kodak BlackTravis ScottOffsetを迎えたヒットソング”ZEZE“のMVを公開しました。この楽曲はBillboard Hot 100で最高2位にランクイン、また10月のDJcity Top 50にもランクインしています。

今回の映像はTravis Scottがディレクションを行いました。まるで低予算で制作したコミカルなミュージックビデオとなっています。

“ZEZE”のダウンロードはこちらから。

MV: Gucci Mane、Bruno Mars、Kodak Blackの”Wake Up in the Sky”

DJcity Exclusive: ALAMAKIがUkiと組み、Travis Scottの”NO BYSTANDERS”をリミックス

Club HARLEMの”Born Free”でレジデントを中心に国内外で活動するDJ/プロデューサーのALAMAKIが、プロデューサーのUkiと組み、Travis Scottのヒット、”NO BYSTANDERS”をリミックスしました。

ALAMAKIとUkiは以前にもGinuwineの”Pony”をDancehall調にリミックスして話題になりました。今回のリミックスはBail Funk調にリミックスされており、クラブユースな楽曲となっています。

“NO BYSTANDERS”のリミックスバージョンはこちらから。

関連: DJcity Exclusive: Pitbullの”Give Me Everything”をMarcus Maisonがリミックス

MV: Rae SremmurdがTravis Scottを迎えた”CLOSE”

Rae SremmurdTravis Scottをフューチャリングに迎えた楽曲”CLOSE“のMVを公開しました。この楽曲はDJcityのHot Boxチャートで10位にランクインしています。

今回の映像ではSwae Lee、Slim JxmmiとTravis Scottが全員、吸血鬼の役として登場しており、不気味な夜の雰囲気でラップをしている様子を見ることができます。

Mike Will Made Itと30 Rocによってプロデュースされた今回の楽曲はRae Sremmurdの公開予定であるアルバムSR3MMに収録されています。

“CLOSE”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Rae SremmurdがJuicy Jを迎えた”Powerglide”

MV: 2 ChainzがTravis Scottをフューチャリングで迎えた”4 AM”

2ChainzTravis Scottがコラボした”4 AM”のMVが公開されました。この楽曲は2Chainzの新しいアルバム、Pretty Girls Like Trap Musicに収録されており、6月のDJcity Top 50では15位にランクインしています。

今回のMVは2人のアーティストが高級ホテルでお酒を飲みながら女性達とパーティーをしている様子を見ることができます。

“4 AM”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: DJ SnakeがLauvをフューチャリングで迎えた”A Different Way”

MV: Kris WuがフューチャリングとしてTravis Scottを迎えた”Deserve”

リリース後バズが起きている”Deserve”。中国系カナダ人PopシンガーKris WuがそのMVを公開しました。Travis Scottがフューチャリングとして参加している、この楽曲はリリース後、アメリカのiTunesチャートで1位、そしてDJcityのチャートでも14位にランクインしています。

ディレクターのColin Tilleyによって撮影されたカラフルな映像では、Kris WuとTravis Scottがモンスタートラックの上でラップしているシーンが収められています。

楽曲”Deserve”はDJcityにてダウンロード可能です。

関連: MV: Chris BrownがフューチャリングでFutureとYoung Thugを迎えた”High End”

Major Lazerが”Know No Better”のMVを違うバージョンで公開

以前、当ニュース記事でもMajor LazerTravis ScottCamila CabelloQuavoをフューチャリングに迎えた”Know No Better”のMVを取り上げましたが、再び同曲で違うバージョンのMVをMajor Lazerが公開しました。

以前はMajor Lazerのダンサーとして、少年の平凡な日常と空想が交差する様子が共に描写されていますが今回は動画の画面をクリックすることによって日常と夢の世界両方を視聴者の好きなタイミングで変えることができます。

“Know No Better”のダウンロードはこちらから

関連: MV: Major LazerのTravis Scott、Camila Cabello、Quavoをフューチャーした’Know No Better’

MV: Travis Scottの”Butterfly Effect”

Travis Scottが自身の新しいシングル”Butterfly Effect”のMVを公開しました。今回のシングルはDJcityで6月に最もダウンロードされた楽曲の1つであります。

“Butterfly Effect”はFelix LeoneとMurda Beatzによってプロデュースされています。Murada Beatzのここ最近の作品はDrakeの”Portland“、Nicki Minajの”No Frauds”そして2Chainzの”It’s a Vibe“です。

“Butterfly Effect”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Major LazerのTravis Scott、Camila Cabello、Quavoをフューチャーした’Know No Better’

MV: Major LazerのTravis Scott、Camila Cabello、Quavoをフューチャーした’Know No Better’

Major LazerTravis ScottCamila CabelloQuavoをフューチャリングに迎えた”Know No Better”のMVを公開しました。

映像ではMajor Lazerのダンサーとして、少年の平凡な日常と空想が交差する様子が共に描写されています。ビデオにQuavoの姿を見るこはできませんが、DiploそしてWalshy Fireは見ることができます。

Major LazerのEP、Know No Betterの楽曲の中で最も人気の楽曲でDJcityのチャートとしては6月に最もダウンロードされた楽曲です。

楽曲はDJcityにてダウンロード可能です。

関連: Major LazerのWalshy FireがDancehallについて語る

Popular

  • 2022年7月1日からSerato DJ製品価格が改定に!値上がりする前に確認しておくべき事項

    現在も世界シェア最大級を誇るPCDJソフトウェアSerato DJ。近年の深刻な円安などの影響を受け国内販売価格の改定がアナウンスされました。2022年7月1日までは従来通りの価格で購入が可能です。値上がりする製品の一部はこちら↓ まずここで整理しておくべき点は、Serato DJ Proはフリ...

  • DJcity Podcast × MADAM WOO DJs: DJ KITADAKEN

    今月も先月に引き続き、DJcity Podcastは東京と大阪に存在するジェントルマンズクラブ「MADAM WOO」とのコラボミックスとなります。2回目のコラボミックスはMADAM WOO OSAKAを代表するDJの1人であり、関西のHip-Hopクルー、韻踏合組合のDJであるDJ KITADAKENが担当し...

  • DJcityが新価格でリニューアル

    DJcityの料金体系が新しくなりました。ユーザー様よりご要望が多かったマンスリープラン、ヘビーユーザー様にお得な半年プランを用意しました。更に、初めてDJcityをご利用される方にはスタートアッププランもご用意しています。 ■新しい3つのプラン いずれのプランもDJcityレコードプールに掲載さ...

  • Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (6/29)

    このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。 主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。121806...

  • Playssonの楽曲がDJcityに掲載

    REAL TRAP 名古屋を拠点に全国的に活動するギャングスタラッパーのPlayssonがDJcityにてHip-Hopパーティーではマストなクラブバンガーを中心に掲載してくれました。ハイエナジーな作品が多く、Playsson本人がストリートこれまで経験してきた内容のリリックに注目です。Hip-Hop...

  • 色々聞いちゃってすいません: YUTOのプロデューサー/DJとしての今後の目標は? ~YUTO~

    DJcity JapanのDopeOnigiriによるインタビューシリーズ、「DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません」が公開されました。この企画ではDJとしても活動するDopeOnigiriが同じく国内で活躍しているDJにインタビューを行い、現状について様々な質問を行っていくという企画です。 ...

  • MC Tysonの「I’m “T”」をDJcityにて先行公開

    大阪のMC Tysonが12月18日にリリースを予定している3作目のアルバム、THE MESSAGE Ⅲよりリードシングルとしてリリースされた、「I'm "T"」をDJcityへ先行で提供してくれました。MC Tysonが原点回帰をテーマに制作を行ったというだけあって、ハードコアな仕上がりになっています。リリ...