Pharrell Williams

カリフォルニア州がRobin ThickeとPharrell Williamsに$500万ドルの支払いを命じる

Robin Thicke and Pharrell

Pharrell WilliamsRobin Thickeの”Blurred Lines”がMarvin Gayeの”Got To Give It Up”の著作権侵害にあたるという陪審員の判決に対してカリフォルニア州は、Robin ThickeとPharrell Williamsに$500万ドルの支払いをMarvin Gayeの親族に支払うように命じました。

また、Marvin Gaye側にはさらに”Blurred Lines”の印税の50%を得ることになりました。今回の判決でMarvin Gayeの家族達の著作権を巡る5年間の法廷闘争に終止符が打たれました。

関連: MV: N.O.R.EがPharrell Williamsを迎えた”Uno Más”

MV: N.O.R.EがPharrell Williamsを迎えた”Uno Más”

先月”Uno Más“のオフィシャルリミックスを公開したN.O.R.EがオリジナルバージョンのMVを公開しました。

今回のTropicalな楽曲にはPharrell Williamsが参加しており、映像ではバンドと共に両アーティストが歌っている様子が見ることができます。

“Uno Más”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Calvin HarrisがPharrell Williams、Katy PerryそしてBig Seanを迎えた”Feels”を公開

Calvin HarrisとPARTYNEXTDOORがDancehall調の楽曲”Nuh Ready Nuh Ready”を公開

Calvin Harrisはこれまで様々なタイプの楽曲をプロデュースできることを証明してきました。そして彼は最新のDancehall楽曲を公開しました。

OVO所属のシンガーであるPARTYNEXTDOORと組み”Nuh Ready Nuh Ready“を公開。ジャマイカ人の母親をもつPARTYNEXTDOORは楽曲に合った形で歌を披露しています。

“Nuh Ready Nuh Ready”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Calvin HarrisがPharrell Williams、Katy PerryそしてBig Seanを迎えた”Feels”を公開

Jimmy LovineがDr.Dreの楽曲を聴いた時について語る

jimmy-600

音楽業界に長い間携わっており、映画監督でもあるJimmy Lovineが今後HBOで放映するドキュメンタリー”The Defiant Ones“のプロモーション活動を行なっている中、彼はDr.Dreとの20年という長い付き合いについて語りました。

PharrellとScott Venerがホストを勤めているBeats 1 RadioにてJimmy LovineがDr.Dreの楽曲を初めて聴いた時のことについて述べています

「初めてDreに会って彼の音楽を聴いた時、初めてPhil Spectorを聴いた時と同じ感覚だったよ、今まで聴いたことのないものだった。今まで自分が聴いていたRockなどの音楽にも影響を与えてしまうのではないかと思うほどね、それに僕はHip-Hopについて詳しくは知らなかったから。ただその時ふと、彼がInterscpeを確立させるのではないかと感じたんだ」

Hip-Hopについて全く興味がなかったJimmyですが、Dreが変えてくれたとのこと。

「当時のHip-Hopはひどいと思っていたんだ、皆が何かをしようとしているのはわかっていたんだけどね。当時に808などもあったんだけどどの作品も自分にとっては何も意味がないものだった。ただDreはそれらの機材を使いつつ、まるでPink Floydが作曲したのかと言えるくらいのものを作り上げたんだ。すごくスペシャルなもので他とは全然違うと思わされたね。」

Dre以外にも影響を受けた人はいるとJimmy Lovineはコメントしており、コンプトン出身のプロデューサーとRolling Stonesには似ている部分があると述べています。

「”The Chronic”を聴いた時は彼らのことを理解し始めたよ、そして彼らが僕にThe Rolling Stonesを思い出さしてくれたんだ。何故なら僕は小さい時にRolling Stonesを聴いた時、少し怖かったんだ。けどその怖さは音楽で表現されているもなんだ。彼らの音楽はかっこよくて魅力的であり、当時起きていたカオスな日々を取り入れていたからね。Snoop DoggとDr.DreはMick JaggerとKeith Richardsが思い浮かんだよ。」

下記で動画を視聴できます。

関連: Jimmy Iovineがエンジニアとプロデューサーを始めた当時について、またInterscope Records立ち上げについて語る

MV: Calvin HarrisがPharrell Williams、Katy PerryそしてBig Seanを迎えた”Feels”を公開

Calvin Harrisが新しくPharrell WilliamsKaty PerryそしてBig Seanを迎えた楽曲”Feels”のMVを公開しました。MVではアーティスト達がカラフルな島で歌っている様子を見ることができます。 

この楽曲は先週のDJcityのSpotifyのプレイリストにも含まれたおり、DJcityのHot Boxでも3位にランクインしています。この楽曲はCalvin Harrisの”Funk Wav Bounces Vol.1“に収録されています。

“Feels”のダウンロードはこちらから。

関連: MayedaがCalvin Harrisの”Slide”をカバー

Pharrellの特徴とも言える4拍のイントロ

Pharrell Williamsの製作を振り返ると、曲の始めが似ている作品が多いことに気づいている方もいるのではないでしょうか。彼のキャリアの中では最初の4拍で始まる作品が沢山あります。

最初のビートを4回ループさせ、その後にトラックが流れるというテクニックを使っています。

彼の44歳の誕生日を記念し、Geniusは彼の最初の4カウントで始まる有名な作品のいくつかをハイライトにしたビデオをまとめました。その中には彼がプロデュースしたとはあまり知られていないFrank Oceanの”Sweet Life”やKendrick Lamarの”Alright”などがあります。

上記で動画を観覧できます。

関連: Kid Cudiの『Surfin』Ft. Pharrellミュージックビデオ

Kid Cudiの『 Surfin』Ft. Pharrellミュージックビデオ

Kid CudiPharrell Williamsプロデュースのシングル『Surfin’』のミュージックビデオをリリースしました。映像はA$AP Rocky、Jaden Smith、Hit-Boy等も出演しています。

クリーブランド出身のラッパーKid Cudiは再燃したDrakeとのビーフ鬱のリハビリで何かと話題です。

DJcityでダウンロード可能です。

関連: ビデオ J Balvinの「Safari」Ft. Pharrell, BIA, and Sky

ビデオ J Balvinの「Safari」Ft. Pharrell, BIA, and Sky

J Balvinの最新シングル「Safari」のミュージックビデオがリリースされました。映像は先日まではApple Musicだけしか見ることができませんでしたが、YouTubeでも公開されました。

楽曲のプロデュースはPharrell Williams、そしてフューチャリングにはラッパーのBiaとSky。現在BillboardのHot Latin Songsチャートにて21位にランクイン。

楽曲はDJcityにてダウンロード可能です。

関連: 公開: Pitbullが新曲とMV「Greenlight」 Ft. Flo Rida and LunchMoney Lewisをリリース

Popular