Mike Will Made It

Kendrick Lamarの’Humble’でDJチャレンジ

A post shared by DJcity (@djcity) on

DJcityのDJチャレンジに参加してPioneer DJのミキサー、DJM-S9を手に入れよう。

このDJチャレンジに参加するには、Mike Will Made-ItがプロデュースしたKendrick Lamarの最新シングル”Humble”を使ったパフォーマンス動画を投稿。そして次のハッシュタグを必ずつけてください:

#HumbleDJChallenge #Humble #KendrickLamar #MikeWillMadeIt

エントリー受付は日本時間で4月14日(金)の16:00までです。そして結果発表は締め切り翌日にDJcityから発表します。

上の動画はこのDJチャレンジの最初のエントリー、J. Espinosaです。

関連: Kendrick Lamarが新曲「Humble」とそのミュージックビデオを公開

Mike Will Made-ItがThe Breakfast Clubにてプロデュースについて語る

アルバムRansom 2をリリース、そしてKendrick Lamarの『Humble.』をプロデュースした、Mike Will Made-ItThe Breakfast Clubにてインタビューを受けました。

アトランタ出身のMike Will Made-Itは業界で走り続ける秘訣や、プロデュースに使う機材、Rae Sremmurdの成功、フィルムミュージックのプロデュース、音楽制作方法、どんなプロデューサーに影響を受けたか、そして社会的に思慮深い深い楽曲の制作など様々なトピックについて語りました。

関連: Kendrick Lamarが新曲「Humble」とそのミュージックビデオを公開

Popular

  • Sync機能についてどう思うのかをDJ Jazzy Jeffが答える

    現在、ポーランドのクラクフで行われているRed Bull 3Style、大会初日に行われたインタビューでDJcityのStyles DavisがDJ Jazzy JeffにSync機能は必要かどうかについて質問しました。 「テクノロジーとDJは何も関係ないよ、使いたくなかったら使えばいいと思うし、必要ないと思...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • 最大の特典!150円でDJcityをご利用出来ます!

    今年最大のチャンスをお見逃しなく! DJcityメンバーシップが90%オフで、最初の月は¥150でご利用できます(通常価格¥1,500)。チェックアウト時にプロモコードDJCITY2024を使用してください。 最新のリミックスやDJエディット、イントロバージョン、クリーンエディット、アカペラなどをダウンロード...

  • DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました

    DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました。今回の大きなアップデートとしてはユーザーはダウンロードしたファイルのアーティスト、タイトル、バージョン、bpm、ジャンル、キー、年を編集することができるようになりました、 アップデートとしては ・ダウンロードしたファイルをアーティスト、タイトル、バージ...

  • DJcityで2023年に最もダウンロードされた50曲

    Ice Spice and Nicki Minaj. 以下はDJcityが発表した、年間で最もダウンロードされた楽曲のトップ50のチャートです。このリストはユーザーのダウンロード数に基づいております(DJcityがキュレーションした楽曲ではありません)。 2023年においてDJcityで最もダウンロードされた...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...

  • ビデオ: 楽曲における、Cleanバージョン vs. Dirtyバージョン

    DJが楽曲をレコードプールでダウンロードする際、放送禁止用語をカットしたラジオ向けのCleanバージョンとオリジナルであるDirtyバージョンの選択肢があります。今週のShare The KnowledgeではDJ TLMが2つのバージョンをどう使い分けるのか、そして両方ダウンロードするべき理由を語ってくれて...

  • BeatportがBeatport LINKのサービスを発表

    Beatport LINK in Pioneer DJ's WeDJ app (Source: Beatport) DJ向け音楽配信サイトBeatportが月額制の新サービスであるBeatport LINK、Beatport CLOUDについて発表しました。 Beatport LINKは、Pioneer DJ...

  • DJcityのダウンロード履歴を見る方法

    DJcityのウェブサイトが大幅にアップデートしました。今回はダウンロード履歴を見る方法を解説します。 上記のGIFのように、右上のマイアカウントから[ダウンロード履歴]のリンクをクリックする事でダウンロード履歴にアクセスします。このページでは1年分のダウンロード履歴を見ることができます。