Fresh Press

Antriksが DJ Woodyのスクラッチレコード、”Scratch Sounds No.1″をレビュー

DJcityTVのFresh PressではBattle AvenueのディレクターであるAntriksがDJ Woodyのビンテージスタイルなスクラッチレコード、Scratch Sounds No.1をレビューしました。

Woodyはこのレコードを制作する際に様々なミュージシャンと仕事をし、レコーディングを行いました。このレコードはWoody本人のレーベル、Woodwurk Recordsからリリースされており12インチまたは7インチのバイナルを購入できます。

関連: AntriksがDusty Donutsの7インチバイナルをレビュー

AntriksがDusty Donutsの7インチバイナルをレビュー

DJcityTVのFresh PressではBattle AvenueのディレクターであるAntriksがドイツのベルリンに拠点を置くレーベル、Dusty Donutsに訪問しました。

Dusty Donutsは主にクラシックなHip-Hop、Funkの7インチレコードを再プレスしています。またバイナルのみを使用するDJにフォーカスしたブッキングエージェンシーとしての役割も果たしています。

Dusty Donutsのリリース情報はこちらから。

関連: AntriksとDJ ExcessがThud Rumbleのブレイク音源をレビュー

AntriksとDJ ExcessがThud Rumbleのブレイク音源をレビュー

様々なブレイクレコードをリリースしていることで有名なDJ QBertですが、Thud RumbleはQBertのこれまでのクラシックなブレイクレコードをデジタル音源にし、リリースしています。

今回のFresh PressではBattle AveのAntriksDJ Excessがアトランティックシティで行われたDJ ExpoにてThud RumbleがリリースしたQBertの”All-Star Dirtstyle Battle Rebels“と”DJ Happeeの”2nd Hand Smoke Breaks: Extended Editon“をリリースしました。

Thud Rumbleのデジタルブレイクはこちらでチェックできます。

関連: AntriksがDJ Packoのスクラッチレコード、”Tax Breaks”をレビュー

AntriksがDJ Packoのスクラッチレコード、”Tax Breaks”をレビュー

Battle AvenueのディレクターであるAntriksが今回はDJ Packoの7インチスクラッチレコード、Tax Breaksをレビューしました。

今回ハワイのホノルルで撮影された映像ではポータブルの機材で多くのDJが今回紹介されたレコードを使用してスクラッチしている映像が収録されています。

関連: AntriksがVekkedとFresh KilsのスクラッチレコードFresh Cutsをレビュー

AntriksがVekkedとFresh KilsのスクラッチレコードFresh Cutsをレビュー

Battle AvenueのAntriksがDJcityTVのFresh PressシリーズにてVekkedとFresh KilsのスクラッチレコードFresh Cutsをレビューしました。

Fresherthan Recordsからリリースされた今回のFresh Cutsはスクラッチやビートジャグリングで使用できるユニークなサウンドが入っているとのことです。Side Aにはスキップレスなサウンド、Side Bにはドラムループが収録されています。

関連: DJ Woodyのスクラッチレコード”Flexicuts”

Related: Antriks Reviews DJ Woody’s Scratch Record, ‘Flexicuts 4’

DJ Woodyのスクラッチレコード”Flexicuts”

世界中でターンテーブリズムのカルチャーが成長している中、DJ達はスクラッチレコード境界を広げようと新しい方法を模索しています。その中UKのターンテーブリストであるDJ Woodyが新しく、Flexicutsシリーズを発表しました。Woodwurk Recordsからリリースされた今回のレコードは針飛びがおきにくいレコードとなっており新しいフレキシブルな素材で作られたレコード(通称:Flexi disc)となっています。

今回のレコードはBattle AvenueのディレクターであるAntriksがレビューしています。

FlexicutsはWordwurkのウェブサイトから購入できます。

関連: DJ A1のインストルメンタルが収録されているレコード”A1BEATSTRUMENTAL V1″

DJ A1のインストルメンタルが収録されているレコード”A1BEATSTRUMENTAL V1″

Erykah BaduのオフィシャルDJであり、Lost Tone ProsのメンバーであるDJ A1がクラシックなHip-Hopのビートが収録されているレコード、A1BEATSTRUMENTAL V1をリリースしました。

今回、エピソード2となるDJcityTVのFresh PressシリーズではBattle AvenueのディレクターであるAntriksが今回のレコードをレビューしています。今回6曲収録されているレコードに対してAntriksは「ソウルフルなHip-Hopがこのレコードに詰まっているね。」とコメントしています。

関連: DJ TGKのバトルブレイクス、”Clear Cuts Vol. 1″

Clear Cuts Vol 1 : DJ TGKのバトルブレイクス、”Clear Cuts Vol. 1″

これまで長い間、多くのDJ達がバトルブレイクスのレコードを使用してスクラッチ等、技術面を練習してきたのではないでしょうか?バトルブレイクスがあるからこそターンテーブリズムのカルチャーが発展していったと言っても過言ではないでしょう。

今回DJcityTVではBattle AvenueのディレクターであるAntriksと共に新しい映像シリーズ、Fresh Pressを始めました。

シリーズの第1話ではAntriksがDJ TGK名義である7インチのバトルブレイクス、Clear Cuts Vol 1をレビューしています。このレコードはUKのターンテーブリズムに重点を置くレーベルUp2Scratchからリリースされています。

関連: Numark PT01で使用するスクラッチ用のカスタムバイナルを制作

Popular

  • 2022年7月1日からSerato DJ製品価格が改定に!値上がりする前に確認しておくべき事項

    現在も世界シェア最大級を誇るPCDJソフトウェアSerato DJ。近年の深刻な円安などの影響を受け国内販売価格の改定がアナウンスされました。2022年7月1日までは従来通りの価格で購入が可能です。値上がりする製品の一部はこちら↓ まずここで整理しておくべき点は、Serato DJ Proはフリ...

  • DJcity Podcast × MADAM WOO DJs: DJ KITADAKEN

    今月も先月に引き続き、DJcity Podcastは東京と大阪に存在するジェントルマンズクラブ「MADAM WOO」とのコラボミックスとなります。2回目のコラボミックスはMADAM WOO OSAKAを代表するDJの1人であり、関西のHip-Hopクルー、韻踏合組合のDJであるDJ KITADAKENが担当し...

  • DJcityが新価格でリニューアル

    DJcityの料金体系が新しくなりました。ユーザー様よりご要望が多かったマンスリープラン、ヘビーユーザー様にお得な半年プランを用意しました。更に、初めてDJcityをご利用される方にはスタートアッププランもご用意しています。 ■新しい3つのプラン いずれのプランもDJcityレコードプールに掲載さ...

  • Playssonの楽曲がDJcityに掲載

    REAL TRAP 名古屋を拠点に全国的に活動するギャングスタラッパーのPlayssonがDJcityにてHip-Hopパーティーではマストなクラブバンガーを中心に掲載してくれました。ハイエナジーな作品が多く、Playsson本人がストリートこれまで経験してきた内容のリリックに注目です。Hip-Hop...

  • Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (6/29)

    このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。 主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。121806...

  • DJcity Top 50 May 2022 Mix by A4

    2022年5月のTOP50ミックスを公開しました。今回もA4 (ACKO & DJ 4REST)がミックスを担当してくれています。 DJcityの2022年5月のTop 50にランクインしている楽曲をベースに30楽曲が収録されています。まだダウンロードしていない最新楽曲やリミックスなどをチェック...