DJ NORIO

Japan Artist Club Hits (September 2021)

日本のHip-Hopクラブではここ2~3年の間、国内アーティストの楽曲がメインタイムでプレイされるようになりつつあるのではないでしょうか。東京渋谷で日本語ラップがよくプレイされるナイトクラブ、毎週火曜LAUREL TOKYOにて洋Hip-Hopと国産Hip-Hopを50%ずつ織り交ぜた人気PARTY “5050-FiftyFifty-“でRESIDENTを務めるDJ Yu-to & DJ NORIO。そして同じく国内産のHip-Hopが多くプレイされる大阪のTHE PINKで活動するDJ JUZZYDJ MA-SHAがDJ目線でその月に多くプレイした日本を拠点に活動するアーティストの楽曲を解説!それぞれ3曲づつ紹介してくれています。

【Osaka Side】

LEX ft. JP THE WAVY – なんでも言っちゃって
グワッと勢い良く盛り上がる昨今のTrap系のHit Tuneとは少々違ったベクトルではあるものの、イントロからフロアーの反応がしっかり感じられ、LIVE終わりの1曲目に持って来たり、アカペラアウトの曲とミックスさせたりDJ達は色んな工夫を凝らしてかけた、今のTHE PINKでの盛り上がりを代表する1曲かなと思います。歌っているのも、LEX x JP THE WAVYという今一番ホットなコンビネーションなだけに注目度も高く、リリースされたその日からTHE PINKではプレイされていました。良い意味でフロアーの空気を軽率でチャラく解してくれるこの曲のフック部分での大合唱は言うまでも無いでしょう。

Awich ft. JP THE WAVY & YZERR – GILA GILA
この曲もリリースされたその日からTHE PINKでプレイされた1曲。歌いやすく勢いのあるフックでの盛り上がりはさる事ながら、ハイレベルが故にオーディエンスの合唱すらままならないものの、お客さんのバイブスを保てるスキルフルな18小節区切りという変則的なバースがこの曲の魅力を物語ってるんじゃないかと感じております。どこかUK Drillのフレーバーを感じさせるビートは現行US HipHopとの相性も良く、多用させて頂いております!

Jin Dogg ft. REAL-T – 街風
「こちら大阪 生野区」から始まる強烈なイントロで、フロアーで遊ぶ浪速のヘッズ達の血を一気に滾らせる一曲。リリックもかなり攻撃的でハードなBoom Bap系の曲なので、はじめはフロアーがついてきてくれるか不安な気持ちもありましたが、大阪を代表するスター2人による楽曲なのでそんな心配全く要りませんでした。(笑) 8月のとある土曜日、この曲がかかった時たまたま遊びに来てくれていたREAL-Tがブースへ来てゲリラライブを披露してくれたのは、この夏を代表するTHE PINKの思い出に残るサプライズの1つです。

【Tokyo Side】

LEX Only U, Yung sticky wom – STRANGER
不思議な人なのね〜と一度聞いたら忘れられないクセになる一曲。頭はちょっと入れにくいですが、大体アカペラ抜けとかで、頭から入れるって形で使ってることが多いです。『とっくにぶっ壊れちまったブレーキ』の部分は大合唱間違いなしのHIT TUNE!!

Awich – 口に出して
激エロです。そしてイケイケです。Twerkで勢いのある曲で、洋Hip-Hopとも合わせやすく使いやすいです。ギャルを踊らせにいきましょう!

DJ CHARI ft. MUD, Gottz – Do It Like That
よく『Shake Ass フレ フレ…』の所からぶっ込んで使ってます。キャッチーなtwerkで盛り上がるイメージです。頭からもカッコいいし、早めの時間から深い時間までいろんな場面で使える万能曲です。

関連: Japan Artist Club Hits (July 2021)

Japan Artist Club Hits (July 2021)

日本のHip-Hopクラブではここ2~3年の間、国内アーティストの楽曲がメインタイムでプレイされるようになりつつあるのではないでしょうか。東京渋谷で日本語ラップがよくプレイされるナイトクラブ、LAUREL TOKYOで活動するDJ Yu-to & DJ NORIO。そして同じく国内産のHip-Hopが多くプレイされる大阪のTHE PINKで活動するDJ JUZZYとDJ MA-SHAがDJ目線でその月に多くプレイした日本を拠点に活動するアーティストの楽曲を解説!それぞれ3曲づつ紹介してくれています。

【Tokyo Side】

DJ KANJI ft. LEX, Hiyadam & Y’S – Smash!!!
打ち込みのないイントロから始まって、バース終わりにも抜けがあるのでBPM変更やテンション変えたい時などに使いやすいです。イントロからインパクトもバッチリなので、よく頭からぶっ込んでます!

Tokyo Young Vision ft. Young Dalu, Hideyoshi, OSAMI, Big Mike, OZworld & KUJA – TOKIOKI
NORIOプロデュースのUpcomingな1曲 。ノリのいいAfro BeatにHookも歌いやすさ全開のパーティチューン!ReggaeやRatinへの展開もやりやすさも◎Japaneseでこんな感じの曲調の曲は少ないので使いやすいです!

TRIGA FINGA – Gyal is everything
夏といえば!って事でチョイスしました!アーリーでも深い時間でも乗れる曲だと思います。全ての女の子たちに愛を込めてPLAYしましょう(笑)

【Osaka Side】

775 – よってらっしゃい
この曲は、今年を代表する大阪ギャルズのアンセムになりつつあります!アンテナ張ってる女の子達からの支持も厚く、リリックもしっかり歌ってくれます。イントロドンの爆発力が印象的過ぎて、DJ達は何とか工夫して頭からかけていってます。笑 大阪レゲエの勢いが感じられ、HipHopからDancehall Reggae(逆も然り)への切り替えの際にも重宝してます。大阪から胸を張って日本全国へ向けて発信していきたいローカルヒッツです。ポウチャス!

DJ CHARI & DJ TATSUKI ft. Hideyoshi, Only U & (sic)boy – Innocence
フロアーがTrapを求めているタイミングで、しっかりエモさも出してくれて、プライムタイムは勿論、ウォームアップ/クローズと、時間帯問わずオーディエンスの感情を動かしてくれる1曲です。(sic)boyの最後の4小節で元ネタに気付いてくれるVIPのお客さんもチラホラいらっしゃって、世代超えてチェックされてるかと思います。そして、何と飛び道具的に元ネタをかけてからこの曲をプレイしている若手DJの子も居て、無限の可能性を感じました。

JP THE WAVY, Good Gas – Bushido
リリース翌日からplayして、しっかりとした盛り上がりを見せた一曲で、JP THE WAVYの人気の高さを特に感じました。『FAST & FURIOUS / ワイルドスピード』という世界的人気映画のサントラに収録されているという事や日本を感じさせるビートという事からなのか、海外から来られたお客さんからの反応も良く、洋楽と日本語ラップを繋ぐ架け橋的な存在として常に準備しています。ミュージックビデオもリリースされたので、今後は一晩に2回3回とplay出来る曲になっていくんじゃないかなと思います。

関連: Japan Artist Club Hits (May 2021)

Japan Artist Club Hits (May 2021)

日本のHip-Hopクラブではここ2~3年の間、国内アーティストの楽曲がメインタイムでプレイされるようになりつつあるのではないでしょうか。東京渋谷で日本語ラップがよくプレイされるナイトクラブ、LAUREL TOKYOで活動するDJ Yu-to & DJ NORIO。そして同じく国内産のHip-Hopが多くプレイされる大阪のTHE PINKで活動するDJ JUZZYDJ MA-SHAがDJ目線でその月に多くプレイした日本を拠点に活動するアーティストの楽曲を解説!それぞれ3曲づつ紹介してくれています。

【Tokyo Side】

DJ CHARI & DJ TATSUKI – GOKU BIVES
2020年一番かかってたのはこの曲じゃないかと思います。頭からお客さんも大合唱してくれますし、フック前の『yeah yeah yeah yeah』の部分も超盛り上がります。更に踊りもあるし、その日1日のピークに持って行きたい時に使いたい1曲です。

JP THE WAVY,Oz World,LEX – WAVEBODY
2021年これからクラブで浸透するであろうパーティーチューン!日本語ラップが好きなお客さんなら誰もが知っているJP THE WAVY、Oz World、LEXがノリやすく聞きやすいラップをしているのでクラブで日本語ラップを聞かないお客さんも体を動かしやすくクラブでのれる一曲だと思います。

AK-69 feat. YELLOW BUCKS – BUSSIN
どの時間で使っても盛り上がると思いますが、自分達はアーリーからメイン帯に向かってフロアのスイッチを入れたい時によく使ってます。頭のDing Ding Dongのサンプリング部分で前の曲をガッツリ切って入れるとフロアのテンションが一気に変わるイメージです。カットインや抜けで頭からぶっ込みもやりやすいので、万能な一曲です。

【Osaka Side】

BAD HOP feat. Vingo, JP THE WAVY, Benjazzy, YZERR & LEX – Friends
フック部分「本当ありがとう」「まじごめんね」では、ミキサー上でフィルターをかけて音を切ってのコール&レスポンスが出来て、一気にフロアーの一体感が高まります。他にもJP THE WAVY「楽しい」LEX「人生が商売道具」をはじめ、それぞれのバースのパンチラインも大合唱で、今一番オーディエンスが歌ってくれる一曲かなと思います。

¥ellow Bucks – My Resort
一瞬BPMを上げていくフェーズではもれなくかけているかなと思います。日本語ラップ楽曲は、合唱率も高いものが多いですが、この曲は、Music Videoの中でも見られるハンドクラップをしているオーディエンスもチラホラ居て、合唱とはまた違った一体感があり、フロアーの熱気も高まる印象です。

MC TYSON – I’m T
今では関西以外でもよくプレイされる一曲かとは思いますが、大阪出身のラッパーという事もあり、リリース直後から、フロアーの「待ってました!」感が強く、ミックスしてplayした後、pull upしてイントロに戻す事も多いです。フック部分の「Boom-Boom」は、みんなそれぞれの「Boom-Boom」を見せてくれるのも面白いです(笑)。

関連: Japanese Artist Mix VOL. 3 by DopeOnigiri

DJ NORIOがvividboooy, Hideyoshi & Young Daluを迎えた「Sexy Light」

Tokyo Young Vision/Normcore BoyzのメンバーであるDJ NORIOが人気アーティストであるvividboooy, Hideyoshi & Young Daluの3人を迎えた「Sexy Light」をDJcityに公開してくれました。NORIO自身がプロデュースした楽曲は、ハイエナジーかつメロウな内容となっており、幅広い時間帯でプレイしやすい楽曲となっています。少しレトロな雰囲気を感じるMVは上記から視聴できます。是非お楽しみください。

関連: Fly boy ASHの新曲「まぜるな危険」がDJcityに公開

DJcity Podcast : DJ NORIO (Tokyo Young Vision Mix)

東京を拠点に活動し、Tokyo Young VisionのメンバーでありDJ/プロデューサーのDJ NORIOがDJcity Podcast Mixを担当してくれました。今回のMixはDJ NORIOが本人の楽曲や所属するTokyo Young Visionのアーティストを中心に構成されています。今のJapanese Hip-Hopを代表するクルーであるTokyo Young Visionの楽曲はDJcityでも公開中です。

Apple Podcasts, Stitcher, TuneInでも視聴が可能です。

トラックリスト:

1. DJ NORIO ft. Zendaman, Osami & Spada – Island Girl
2. DJ NORIO ft. Young Dalu, Gucci Prince & Hideyoshi – Highneken
3. Normcore Boyz – INTRO
4. Normcore Boyz – PIT
5. Normcore Boyz – JUNGLE CITY CIRCLE
6. Normcore Boyz – SMASH BROTHERZ
7. Normcore Boyz – ASSQUAKE
8. Normcore Boyz – WE GOT SOME YUKICHI
9. Normcore Boyz – HOW IS THE WEATHER
10. Hideyoshi – New Day
11. Hideyoshi – Majinahanashi
12. Hideyoshi ft. Young Dalu – Too Late
13. Normcore Boyz – ORCHESTRA
14. Normcore Boyz – ANTI SOCIAL CLUB
15. Young Dalu ft. Osami, Hideyoshi – YD COOL
16. Normcore Boyz – UNDER THE BUILDING

DJ NORIOのTwitterInstagramをフォロー。

関連: DJcity Podcast Mix: DJ CREW

Popular

  • 【DJ SANCON】DJとして最もPLAYした曲

    BEAT TRICKSのオリジナルメンバーDJ SANCON。地元京都のラジオ局にてAMからFMまで数々の番組を担当し、自身が開催しているパーティーESSENTIALは2021年で26周年を迎え、日本で一番長く開催してるPARTYとなる。現在も東京渋谷THE ROOMや京都CHAMBERS等でレギュラー出演す...

  • 世界のローカル DJ・クラブ情報(Newcastle🇬🇧, Seoul🇰🇷, NYC🇺🇸)

    2020年から始まったパンデミックから1年半以上経ち、日本国内ではナイトクラブを営業しているところもスタートしている中で世界各国でも新たな動きが見られています。アメリカでは多くの場所でフェスティバルやライブコンサートなどが開催されている様子をソーシャルメディアを通じて見られる場面も増えてきたのではないでしょう...

  • DJ REVOLVER : DJcity Japan Playlist

    セレブリティも沢山訪れる世界の主要都市に展開する1oakでレジデントDJを担うDJ REVOLVER。先日の色々聞いちゃってすいませんのインタビューでインターナショナルなナイトクラブでプレイする経験談を語ってくれた彼がDJcityにプレイリストを公開してくれました。 今回のプレイリストに関して本人より ...

  • DJcity Top 50 Sep 2021 Mix by A4

    2021年9月のTOP50ミックスを公開。今回もミックスを担当してくれているのはA4 (ACKO & DJ 4REST)。 DJcityの2021年9月のTop 50にランクインしている楽曲をベースに30楽曲が収録されています。まだダウンロードしていない最新楽曲やリミックスなどをチェックするのに...

  • 【DJ IMAI】DJとして最もPLAYした曲

    90年代半ばより京都を拠点にCLUB DJとしての活動を開始。不動の人気を博したMix Tape『LUXURY LOUNGE』シリーズで全国区にその名を広め、地元関西を拠点に多数のビッグパーティーに出演。現在もCLUB DJと並行しながら楽曲制作にも力を入れ、DJとして進み続けるDJ IMAI。そんな彼が長き...

  • ライブストリーミング番組「DJナイトスクープ」がスタート

    ナイトクラブ、ライブハウス、ミュージックバーを中心に夜遊びの情報をリアルタイムに掲載するアプリのJP NightとDJcityがタッグを組みライブストリーミングを行うことが決定しました。配信される内容は「音と喋りで魅せるバラエティー番組」。毎回司会をつとめるDJ B=BALLと回ごとに異なるゲストDJが出演し...

  • DJcity Podcast Mix: DJ TACT

    10月のDJcity Podcast Mixでは大阪を拠点に日本各地で活躍しており、人気Hip-HopアーティストであるMC TYSONのオフィシャルDJを務めるDJ TACTが担当してくれました。今回のMixでは1発目にMC TYSONのがJP THE WAVYを迎えた新曲!!そこから新譜のHip-Hopや...

  • FreejakがDavid GuettaとSiaの「Titanium」をリミックス

    イギリスを拠点とするDJ/プロデューサーのFreejakが、David GuettaとSiaの10年来のコラボ楽曲「Titanium」を、Tech Houseスタイルでリミックスしました。ビルボードの全米ダンス部門で1位を獲得したこの曲の疾走感のあるシンセサイザーの音とHouse系のリズムの組み合わせは、オリ...