Share the Knowledge

Share The Knowledge: DJ中に起こりうるトラブルの解決方法

パソコンのトラブルからレコード針が折れるところまで、様々なトラブルがDJ中に起きる可能性があります。その時に大事な解決方法はどのようなものでしょうか?

今回、DJcityTVのShare The KnowledgeではDJ TLMは様々なトラブルが起きた際にどう解決しているのかを語っています。

関連: DJは会場のお客さんを1人1人盛り上げることが必須なのか?

DJは会場のお客さんを1人1人盛り上げることが必須なのか?

DJはダンスフロアの雰囲気を読み、選曲するという部分ではかなり大事なスキルの1つであります。しかし、それは会場にいるお客さんを1人1人、全ての曲で盛り上げることができるのか?

今回DJcityTVのShare The KnowledgeではDJ TLMはDJを始めたばかりである人に向けて、人前でDJをする際のアドバイスをコメントしています。

関連: Share The Knowledge: 「DJは現場に必要なモノが必ずしも揃っていると油断してはいけない」

DJ TLM: ライブ音源でミックスの練習を行うとビートマッチングが上達する

ビートマッチングとはDJが最初にそしてもっとも重要であり基礎的なスキルなのではないでしょうか?、現在はソフトウェアの進化により、ほとんどの楽曲が同じテンポを保っています。

しかし、昔の楽曲はミュージシャン達による生音源の録音であったため、BPMに多少のズレがあります。これらの楽曲を使用するDJセットは少し難しくなるのではないでしょうか。

今回、DJcityTVのShare The KnowledgeにてDJ TLMはライブ音源を使ったミックス練習をすることによってビートマッチングがどう上達するかをコメントしています。

関連: PCのミュージックライブラリをどう整えるか?

PCのミュージックライブラリをどう整えるか?

現在多くのDJはレコードプールやデジタルミュージックサービスを使用して楽曲をダウンロードしている人が多いと言えるでしょう。また多くの人が、自分自身がプレイすることのない楽曲まで、まとめてダウンロードする人が多く、楽曲を検索する際に探している曲を見つけにくい場合などがあります。

今回のDJcityTVのShare The Knowledgeでは、DJ TLMがミュージックライブラリを整理する方法について学んでいます。

関連: DJ TLM: DJは長い時間のセットを披露するべきだ

DJ TLM: DJは長い時間のセットを披露するべきだ

昔からDJをしている人は長い時間のセットでDJプレイする事に慣れている人は沢山いるのではないでしょうか?しかし、DJを初めて日の浅い方は、そのような経験は無いのではとDJ TLMは考えています。ここ最近ではプロモーターが1つのイベントに対して多くのDJをブッキングするようになったのが原因の1つなのでは無いでしょうか?これによって、DJ1人に対して割り当てられる時間が短くなってしまうからです。

今回のShare The KnowledgeではDJ TLMがDJは長い時間のセットを行うべきであり、プロモーターは1つのイベントに対して少ない数のDJをブッキングするべきだとコメントしています。

関連:DJをするには必ずスクラッチの技術は必要?

DJをするには必ずスクラッチの技術は必要?

DJプレイを行う際、DJは必ずスクラッチをする必要があるのでしょうか?今週のShare The KnowledgeではDJ TLMは「スクラッチを自分のセットに取り入れている人はいるが、必ず必要なスキルと言われたらそうではない。スクラッチをしなくてもお客さんを盛り上げるDJはたくさんいる。でもスクラッチをセットに取り入れることは素晴らしいことだと思う。」とコメントしています。

また基本的な4つの要素である、音楽の数え方、ビートマッチングとミックス、機材の使い方、そして選曲、が大事であると述べています。

関連: DJは様々な機材に対応できる必要がある

DJセットの準備方法

オープンフォーマットスタイルのDJはその場にいるオーディエンスの空気感を感じながらDJをする場面が多いのではないでしょうか?、事前準備したトラックリストのみを使う人は少ないですが、次の曲に迷ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

今週のShare The KnowledgeではDJ TLMが選曲をする際のコツについて語っています。

関連: DJは自分の個性を出す事を恐れてはならない

DJは自分の個性を出す事を恐れてはならない

今週のShare The KnowledgeではDJ TLMがDJは自分の個性を出すことに対して恐れてはならないと語っています。

DJ TLMは「現在、多くのDJ達は人気な楽曲のみをプレイし、お客さんを盛り上げているという状況が多い。お客さんを盛り上げることが1番大事なのはもちろんだが、お客さんが知らない曲と出会う機会を作るのもDJの仕事なのではないのか。自分が推している曲を恐れてプレイしないのは良いことではない。」とコメントしています。

関連: DJはどれだけピッチを調節すれば良いか?

DJはどれだけピッチを調節すれば良いか?

現在DJプレイを行う際に、楽曲のテンポを変更してもピッチが変わることがありません。しかし楽曲のテンポを上げすぎて、もしくは下げすぎてプレイする場合にも限度があります。何故なら楽曲の聴こえ方に影響が出てくるからです。

今週のShare The KnowldegeではDJ TLMが特にマスターテンポの機能を利用するときは気をつけなければならないとコメントしています。

関連: DJは現場に必要なモノが必ずしも揃っていると油断してはいけない

Share The Knowledge: 「DJは現場に必要なモノが必ずしも揃っていると油断してはいけない」

現場に到着すると、自分が求めていた機材が置いてない場面などは、DJの方が1度は経験したことはあるのではないでしょうか?、今回のShare The KnowledgeではDJ TLMが持ち運びが可能であり、必要なものは常にDJバッグに入れるべきであり、現場に入る前にどのような機材が置いてあるのかというのを確認するべきだとコメントしています。

関連: 経験の浅いDJは無償で出演するべきなのか?