Share the Knowledge

Share The Knowledge: オーディエンスをどう掴むか

現場によってDJは選曲などが変わっていきます。しかしその場にいるオーディエンスの様子を見るが重要であり、その人たちがどのような楽曲が好きなのかを判断しなければなりません。また同じ場所でもお客さんは毎回変わるため、特に様々なジャンルがかかるナイトクラブではDJがその日にハマる楽曲は何なのかを試行錯誤する必要があります。

今回のShare the KnowledgeではDJ TLMがお客さんを読むにはどのようにすればいいかを語っています。

関連: DJ vs プロモーターどちらが正しい

DJ vs プロモーターどちらが正しい?

プロモーターがDJをブッキングする場合はそのDJの実力やスキルを見た上で行います。しかし、もしプロモーターがDJの選曲に対して悪いアドバイスをした場合どうしますか?たとえば曲やジャンルを表す言葉であるHip-Hop、R&B、クラシック、オールドスクールなどの単語も人によって捉え方が違います。

今回のShare The KnowledgeではDJ TLMがプロモーターとの選曲の話をするときに食い違いがないように様々な項目についてお互い確認する事が大事かという事をコメントしました。

関連: Share The Knowledge: アーティストのDJを行う際のアドバイス

クラブDJ中にスクラッチを多用するべき?

ターンテーブリズムに興味がある方は自分のDJの現場で披露する場面があると思います。しかし実際はそこまで必要なのでしょうか?

DJ TLMは「自分はDJを初めて早い段階でスクラッチやバックスピンなどを技術をDJセットに取り入れることが早かったよ。バトルDJのシーンをよく見ていた時、お客さんの前でパフォーマンスを披露していたDJがひたすらスクラッチを多用していて、お客さんを盛り上げれなかった場面をよく見た。最近DJ初めたばかりの人にときって、Red Bull 3Styleなどの大会でクラブプレイで使用されるような楽曲でスクラッチ等をする動画には憧れを持つでしょう、あそこまでのルーティンを作るにはかなり時間がかかるし入念なアイデアも必要になってくる。ナイトクラブでDJをするということはお客さんは本当にパーティーを楽しみに来てるのでバランスを考え、お客さんのことは常に頭で考えるべきだと思う。」

とコメントしています。

関連: 自分のDJセットは録音をするべき

自分のDJセットは録音をするべき

現場や練習中のDJセットは録音をしていますか?初心者、プロ関係なく自分のセットを録音することは大切であり、スキル向上に繋がります。またオンラインで公開することでファンを喜ばせたり、新しいファンを獲得する可能性も増えていきます。

今回のShare The KnowledgeではDJ TLMがなぜ、DJセットを録音するべきかについて語っています。

関連: DJは1曲をどこまでプレイするべきなのか?

DJは1曲をどこまでプレイするべきなのか?

DJをするときに1曲をどれだけプレイするのか?その答えはどの時間帯にプレイするのか、どのようなジャンルを扱うのかでかわってくるのではないでしょうか?

DJ TLMはオープンアップの時間だとお客さんを急がして踊らせる必要がないため、2バース目までプレイして次のサビでミックスを行う場合が多く、オーディエンスが増えてエナジーを感じとれるようになると曲を交互にミックスをする頻度は上がるとコメントしています。ただし、ヒット曲をプレイしたときにレスポンスが明らかに違う場合はその曲を長めにかけたほうが反応がいいためそこは臨機応変に対応するとのことです。

Share The KnowledgeではDJ TLMがナイトクラブの時間帯別でどのようにしてミックスを行なっているのかを解説しています。

関連: DJは常に機材をアップデートする必要があるのか

DJは常に機材をアップデートする必要があるのか

現在、DJの機材やソフトなどが常に新しいものがアップデートされていきます。しかし新しいものがでる度に変えていく必要はあるのでしょうか?本当に必要なモノなのでしょうか?

今回のShare The KnowledgeではDJ TLMがどのタイミングで自分のDJ機材等をアップグレードしていくのかについて語っています。

関連: Share The Knowledge: アーティストのDJを行う際のアドバイス

Share The Knowledge: アーティストのDJを行う際のアドバイス

ラッパー、シンガー等のアーティストのDJ、ライブDJを任された時考慮すべき点がいくつかあります。これらの現場ではリハーサルを含む様々な準備、アーティストのセットリストなど様々な要素があります。

今回のDJcityTVのShare The Knowledge, DJ TLMではアーティストのツアーDJの経験が長い彼の経験を踏まえ、多くのアドバイスを語っています。

関連: Share The Knowledge: DJ中に起こりうるトラブルの解決方法

Share The Knowledge: DJ中に起こりうるトラブルの解決方法

パソコンのトラブルからレコード針が折れるところまで、様々なトラブルがDJ中に起きる可能性があります。その時に大事な解決方法はどのようなものでしょうか?

今回、DJcityTVのShare The KnowledgeではDJ TLMは様々なトラブルが起きた際にどう解決しているのかを語っています。

関連: DJは会場のお客さんを1人1人盛り上げることが必須なのか?

DJは会場のお客さんを1人1人盛り上げることが必須なのか?

DJはダンスフロアの雰囲気を読み、選曲するという部分ではかなり大事なスキルの1つであります。しかし、それは会場にいるお客さんを1人1人、全ての曲で盛り上げることができるのか?

今回DJcityTVのShare The KnowledgeではDJ TLMはDJを始めたばかりである人に向けて、人前でDJをする際のアドバイスをコメントしています。

関連: Share The Knowledge: 「DJは現場に必要なモノが必ずしも揃っていると油断してはいけない」

DJ TLM: ライブ音源でミックスの練習を行うとビートマッチングが上達する

ビートマッチングとはDJが最初にそしてもっとも重要であり基礎的なスキルなのではないでしょうか?、現在はソフトウェアの進化により、ほとんどの楽曲が同じテンポを保っています。

しかし、昔の楽曲はミュージシャン達による生音源の録音であったため、BPMに多少のズレがあります。これらの楽曲を使用するDJセットは少し難しくなるのではないでしょうか。

今回、DJcityTVのShare The KnowledgeにてDJ TLMはライブ音源を使ったミックス練習をすることによってビートマッチングがどう上達するかをコメントしています。

関連: PCのミュージックライブラリをどう整えるか?

Popular