Share the Knowledge

Share The Knowledge: ライブストリーミングのDJ配信は行うべきなのか?

世界的なパンデミックの状況でイベントが行われないのが当たり前になっている中で、ライブストリーミングのDJ配信が新たなスタンダードになりつつあります。スキルを磨くだけではなく、新しいファンベースを獲得するためには役立つ方法なのではないでしょうか。

DJcityTVのShare The KnowledgeではDJ TLMがライブストリーミングを検討しているDJに向けてのアドバイスやコツを語っています。

関連: 自分の機材の機能を把握していますか?

自分の機材の機能を把握していますか?

今回、DJcityTVのShare The KnowledgeではDJ TLMが、自分が今持っているDJ機材の機能を全て把握している人が少ない、今時間がある人は自身の持っている機材とちゃんと向き合うべきである事を語っています。

関連: DJ TLM: DJM-S9とBeatsource LINK

DJ TLM: deadmau5とThe Neptunesがコラボした楽曲“Pomegranate”のMVが公開されました。

先日、Beatsource LINKは音楽移行サービスのSoundiizを使用することでSpotifyのプレイリストを反映させることができると発表しました。このサービスにより、DJはプレイリストをSpotifyからBeatsource LINKにスムーズに移行でき、Beatsourceでもこれまで使用していたプレイリストが使えるようになります。また、同じタイミングでSpotifyがDJソフトウェアのサポートを中止するとも発表しました。

Beatsourceは現在Pioneer DJ rekordbox, Algoriddim djay & djay Pro, VirtualDJ, Hercules DJUCED,に対応しています。今後もさらに対応機種は増えるとのこと。

今回のDJcityTVの#ShareTheKnowledgeではSoundiizを使用し、SpotfiyのプレイリストをBeatsourceへどう移行するのかを解説しています。

関連: SpotifyのプレイリストをBeatsource LINKにそのまま移行できるSoundiizが登場

DJ TLM: DJM-S9とBeatsource LINK

今月初めに公開されたBeatsource LINKのベータ版ですが、DJcityTVのShare The KnowledgeではDJ TLMがPioneer DJのミキサー、DJM-S9を使ってBeatsource LINKの利用について解説しています。

細かい方法についてはこちらからも確認できます。

Beatsource LINKのパブリックベータ版は現在30日のフリートライヤルを実施中です。rekordbox 6.0.1(ベータ版)はこちらから。

関連: Tips and Tricks: Beatsource LINKパブリックベータ版をレビュー

DJ TLM: 常にキレイな状態で(Keep It Clean)

今回のコロナウイルスによるパンデミックをきっかけに常に身の回りを清潔に保つことが以前よりも重要視されています。では、ナイトクラブが改めてオープンした時には新しい”当たり前”が必要なのではないでしょうか?

今週の #ShareTheKnowledge DJ TLMはこれまでDJ機材が誰の手によって触られていたのかわからないまま、DJプレイに入っていました。ただし、これからは除菌シート等を常に持ち歩き、プレイ前には機材消毒を行うように心がけると述べています。そして、それをDJ達の間で当たり前の習慣にするべきだともコメントしています。

また特にターンテーブルを使用する際にバイナルを触る前に指を舐めてから触る人に対しても、誰が触れたのかわからない機材を扱う時には危険であると指摘しています。

関連: Share The Knowledge: オーディエンスをどう掴むか

Share The Knowledge: オーディエンスをどう掴むか

現場によってDJは選曲などが変わっていきます。しかしその場にいるオーディエンスの様子を見るが重要であり、その人たちがどのような楽曲が好きなのかを判断しなければなりません。また同じ場所でもお客さんは毎回変わるため、特に様々なジャンルがかかるナイトクラブではDJがその日にハマる楽曲は何なのかを試行錯誤する必要があります。

今回のShare the KnowledgeではDJ TLMがお客さんを読むにはどのようにすればいいかを語っています。

関連: DJ vs プロモーターどちらが正しい

DJ vs プロモーターどちらが正しい?

プロモーターがDJをブッキングする場合はそのDJの実力やスキルを見た上で行います。しかし、もしプロモーターがDJの選曲に対して悪いアドバイスをした場合どうしますか?たとえば曲やジャンルを表す言葉であるHip-Hop、R&B、クラシック、オールドスクールなどの単語も人によって捉え方が違います。

今回のShare The KnowledgeではDJ TLMがプロモーターとの選曲の話をするときに食い違いがないように様々な項目についてお互い確認する事が大事かという事をコメントしました。

関連: Share The Knowledge: アーティストのDJを行う際のアドバイス

クラブDJ中にスクラッチを多用するべき?

ターンテーブリズムに興味がある方は自分のDJの現場で披露する場面があると思います。しかし実際はそこまで必要なのでしょうか?

DJ TLMは「自分はDJを初めて早い段階でスクラッチやバックスピンなどを技術をDJセットに取り入れることが早かったよ。バトルDJのシーンをよく見ていた時、お客さんの前でパフォーマンスを披露していたDJがひたすらスクラッチを多用していて、お客さんを盛り上げれなかった場面をよく見た。最近DJ初めたばかりの人にときって、Red Bull 3Styleなどの大会でクラブプレイで使用されるような楽曲でスクラッチ等をする動画には憧れを持つでしょう、あそこまでのルーティンを作るにはかなり時間がかかるし入念なアイデアも必要になってくる。ナイトクラブでDJをするということはお客さんは本当にパーティーを楽しみに来てるのでバランスを考え、お客さんのことは常に頭で考えるべきだと思う。」

とコメントしています。

関連: 自分のDJセットは録音をするべき

自分のDJセットは録音をするべき

現場や練習中のDJセットは録音をしていますか?初心者、プロ関係なく自分のセットを録音することは大切であり、スキル向上に繋がります。またオンラインで公開することでファンを喜ばせたり、新しいファンを獲得する可能性も増えていきます。

今回のShare The KnowledgeではDJ TLMがなぜ、DJセットを録音するべきかについて語っています。

関連: DJは1曲をどこまでプレイするべきなのか?

DJは1曲をどこまでプレイするべきなのか?

DJをするときに1曲をどれだけプレイするのか?その答えはどの時間帯にプレイするのか、どのようなジャンルを扱うのかでかわってくるのではないでしょうか?

DJ TLMはオープンアップの時間だとお客さんを急がして踊らせる必要がないため、2バース目までプレイして次のサビでミックスを行う場合が多く、オーディエンスが増えてエナジーを感じとれるようになると曲を交互にミックスをする頻度は上がるとコメントしています。ただし、ヒット曲をプレイしたときにレスポンスが明らかに違う場合はその曲を長めにかけたほうが反応がいいためそこは臨機応変に対応するとのことです。

Share The KnowledgeではDJ TLMがナイトクラブの時間帯別でどのようにしてミックスを行なっているのかを解説しています。

関連: DJは常に機材をアップデートする必要があるのか

Popular

  • 最大の特典!150円でDJcityをご利用出来ます!

    今年最大のチャンスをお見逃しなく! DJcityメンバーシップが90%オフで、最初の月は¥150でご利用できます(通常価格¥1,500)。チェックアウト時にプロモコードDJCITY2024を使用してください。 最新のリミックスやDJエディット、イントロバージョン、クリーンエディット、アカペラなどをダウンロード...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • Tokyo Young Visionのアーティスト達がDJcityに楽曲を公開

    東京を拠点に活動するHip-Hop クルーのTokyo Young Visionが所属アーティスト達の音源をDJcityで公開してくれました。今年の2月に1st アルバムを公開したNormcore Boyz、Normcore BoyzのDJを務め、クラブDJ/プロデュース双方で活躍中のDJ NORIO、そして...

  • 全国のDJスクール

    ただいま、日本国内において様々なDJスクールが多数ございます。これからDJを始めたい方もこれからスキルアップをさらに目指したい方も含め、どんなスクールがあるのか興味のある方も多いのではないでしょうか?今回は、独自に調べた内容を踏まえ日本国内におけるDJスクールをご紹介します。 ■東京 OTAIRECORD M...

  • DJcityがSpliceとパートナーシップを結びサンプルパックをリリース

    DJcityが音楽制作の為のクラウドプラットフォームSpliceとコラボしてサンプルパックのシリーズBootleg Bodegaをリリースしました。今回のパックの内容はDJcityのおかかえDJがオープンフォーマットDJに役立つような音源をピックしています。 楽曲はロサンゼルスのDJ/プロデューサー、Tall...

  • 最新&注目の楽曲(7月5日)

    Sophie Ellis-Bextor and Felix Jaehn. 2024年7月5日の週にDJcityに追加された注目の楽曲 是非ダウンロードを! (*マークはDJcityエクスクルーシブ楽曲です。) 1. Felix Jaehn ft. Sophie Ellis-Bextor - Ready For...

  • DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました

    DJcityのデスクトップアプリがアップデートされました。今回の大きなアップデートとしてはユーザーはダウンロードしたファイルのアーティスト、タイトル、バージョン、bpm、ジャンル、キー、年を編集することができるようになりました、 アップデートとしては ・ダウンロードしたファイルをアーティスト、タイトル、バージ...

  • BeatportがBeatport LINKのサービスを発表

    Beatport LINK in Pioneer DJ's WeDJ app (Source: Beatport) DJ向け音楽配信サイトBeatportが月額制の新サービスであるBeatport LINK、Beatport CLOUDについて発表しました。 Beatport LINKは、Pioneer DJ...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...