Krunk

Sak Noel, Salvi, Franklin Damが「Tocame」リミックス集を公開


Sak Noel. (Source: Facebook)

Sak NoelSalviFranklin DamがLatin Houseのヒット曲である「Tocame」のリミックス集をDJcityに公開しました。Barnaton, Mad Decent, DJcity Recordsによるコラボ企画である楽曲は2019年にDJcity Exclusiveとして公開され、Spotifyで950万回再生されています。DJcityで公開後、オフィシャルのMVやリミックスコンテストを行い、最終的にMad Decentがサポートしました。

Sak Noel, Salvi & Franklin Dam – Tocame – Ariza Remix
Sak Noel, Salvi & Franklin Dam – Tocame – Anekdote & Blondex Remix
Sak Noel, Salvi & Franklin Dam – Tocame – Robbie Rivera Remix
Sak Noel, Salvi & Franklin Dam – Tocame – Krunk! Remix
Sak Noel, Salvi & Franklin Dam – Tocame – NoizyAngel & NOSORO$T Remix
Sak Noel, Salvi & Franklin Dam – Tocame – Hobb Remix
Sak Noel, Salvi & Franklin Dam – Tocame – DJ Criswell Remix

Sak NoelのFacebook, Instagram, SoundCloud, Twitterをフォロー。

Follow Salvi on Facebook, Instagram, SoundCloud, Twitterをフォロー。

Follow Franklin Dam on Facebook, Instagram, SoundCloud, Twitterをフォロー。

関連: Sak Noel, Salvi, Frankilin Damsの“Tocame”が公開

MV: Kronic & Krunk!、Martina La Peligrosa、Jenn MorelsがDameged Goodsを迎えた”Peligrosa”

Martina La PeligrosaJenn MorelKronic & KrunkプロデュースでありDameged Goodsがフューチャリングに参加したの楽曲”Peligrosa“のMVでダンスを披露しました。今回Reggaeton調の楽曲は3月のDJcity Top 50でもランクインしています。

コロンビアで撮影された今回のMVはカラフルな映像となっており、多くの女性ダンサーたちが登場します。

“Peligrosa”のダウンロードはこちらから。

関連: ビデオ: Kronicが自身のドキュメンタリー映像”Long Story Short”を公開

Kronic & Krunk!がMartina La Peligrosa、Jenn Morel、Damaged Goods

Kronic & Krunk!
Kronic & Krunk!

オーストラリアで活動するKronic & Krunk!がコロンビアのシンガーであるMartina La PeligrosaとドミニカのラッパーであるJenn Morel、DJ/プロデューサーのDamaged GoodsとグローバルなチームでReggaeton調のシングル”Peligrosa“を公開しました。

Kronikのコメント:

「Krunk!とは別のコラボ作品を作りたいと思っていたんだ。またJenn Morelの”Ponteme“と言う曲を自分のDJセットに入れていたんだけど彼女のエナジーとスタイルが自分たちのビートに合うと思ったんだ。そしてボーカルにはMartinaにお願いして今回の作品ができたんだ。」

この曲のダウンロードはこちらから。Apple Musicでもチェックできます。

関連: ビデオ: Kronicが自身のドキュメンタリー映像”Long Story Short”を公開

MV: Timmy TrumpetとKrunk!の”Al Pacino”

オーストラリアで活動するDJ/プロデューサーのTimmy TrumpetKrunk!がLatin調のシングル”Al Pacino“のMVを公開しました。今回マイアミで撮影されたMVでは2人がパフォーマンスしている姿を見ることができます。

“Al Pacino”は6月のDJcity Trendsチャートに含まれており、今週のDJcity Spotifyのプレイリストにもピックアップされています。

Timmy Trumpetは今回Spinnin Recordsからプレスリリースされた”Al Pacino”の背景にある創造的なプロセスについてこう述べました。

「この曲を作っているときはスタジオで大きいパーティーをしている気分だったよ。結果的にこの”AL PACINO”が僕達を導いてくれたおかげで最高に楽しかったし、様々なことに気づかしてくれたんだ。」

DJ Primetymeがエディットした”Al Pacino”のダウンロードはこちらから。

関連: MV: Fifth HarmoneyがGucci Maneをフューチャリングに迎えた”Down”を公開

Popular