最新&注目の楽曲

最新&注目の楽曲 04/4

SH8K

SH8K
SH8K. (Source: Facebook)

Drake – Toosie Slide
カナダのスーパースターがすでにネット上でバズを起こしているTikTok向けのシングルでシーンにカムバック。

Karol G & Anuel AA – Follow
Reggaeton界のパワフルな2人が4回目のコラボレーションでLatinスタイルの曲をリリース。

Famous Dex ft. Rich The Kid & Tyga – What I Like
シカゴのイケイケラッパーがマルチプラチナムラッパー2人をフューチャーしたクラブ向けアップテンポな楽曲。

Stardust – Music Sounds Better With You – SH8K Remix
サンディエゴを拠点に活動するプロデューサーがStardustのDanceクラシック(1998年)をヘビーBassリミックス。


DJcityにて今週フューチャーした楽曲:

– Akon – Smack That – ETX & Fresco Remix

DJcityの最新&注目の楽曲はKidd Spinが選曲しています。

関連: 最新&注目の楽曲 03/28

DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露


カリフォルニア南部を拠点に活動するDJ Kwestが、DJcityのピックアップする最新&注目の楽曲を使用したショートルーティンシリーズを公開。過去にはBOOM DJ Battleへの出場経験があり、ラジオプログラムPitbull’s Sirius XM Globalization やカリフォルニアリバーサイドのラジオKGGI, 99.1 FM.でも彼をチェックできます。では今週も見ていきましょう!

< ルーティン解説 >

1曲目はPARTYNEXTDOOR。つい先日リリースされたアルバム「PARTYMOBILE」からRihannaをフューチャーした”BELIEVE IT”です。ベイビースクラッチを軽くカマしてから最初のコーラス部分を挿入。BPMは次の展開も考えて予め少し早めた状態(+5程度)でスタートさせていますね。次に同曲の最後のコーラスをスクラッチを交えながら挿入します。
前回の記事にも書きましたがドラムスが抜けてボーカルだけになっている部分なのでスクラッチがし易いポイントを選んでいます。そしてコーラス終わりの「BAE」というフレーズにプリセットループを設定してあるのですが、1つ仕掛けがあります。seratoのループ機能には大きく分けて2種類あり、1つ目が「オートループ」、これは曲のBPMに準じてソフトウェアがループの範囲(長さ)を正確に決めてくれるというもので、最長32拍から16、8、4、2….最小1/32拍までのループが設定できます。2つ目は「マニュアルループ」、これは自分でループの範囲を自由に決められるというもので、曲のBPMを無視したループが設定できます。Kwestはこの2つ目のマニュアルループを「BAE」というフレーズに設定しています。動画00:25秒のPC画面に注目するとループをONにした瞬間に曲のBPMが88から100になっている事が確認できますね。こうする事で次の曲のBPM(99)に近い状態でスタンバイできるわけです。さて、マニュアルループをONにしたところでお次はFrench Montana “Freaks”やNicki Minaj “Megatoron”などでもお馴染みのレゲエ定番Riddim「Filthy Riddim」を使用したHoodCelebrityy “Run Di Road”を頭から挿入し、ループさせてあった「BAE」で4小節スクラッチ。スクラッチ後はミキサー内蔵エフェクトのエコーをかけながらバックスピン。(日頃からスクラッチの終わらせ方も何パターンか意識して練習するといいと思います)

次に同曲のフレーズ「Party shot like dah high grade hurb, yah」部分にスクラッチを交えながらジャンプしループを仕掛けます。先週、先々週とKwestの過去ルーティン動画をチェックしている人なら次の展開は予想できるんじゃないでしょうか。お馴染みのアカペラ → ループ → 次の曲を挿入 → スクラッチの鉄板の流れです。

3曲目は4月10日にニューアルバムをリリース予定(本人Instagram情報)のTory Lanez “Do The Most”です。ミキサーのパッド(ホットキューモード)でコーラス部分にジャンプし4小節聞いたら次はフレーズ「Somebody call for the sauce, I appear」の部分をカットインしてからのサラッと2枚使い。2枚使い後は同フレーズにループを仕掛け(ここは先述した「オートループ」を使用)ピッチコントローラーでBPMを上げていきます。しかしなぜこのフレーズをループさせているのかと思ったら、次の曲がDuck Sauceの新曲”Captain Duck”ということで「Sauce」繋がりのワードプレイでした。「sauce」のフレーズをスクラッチしたりパッド(ホットキューモード)で遊んだらエコーアウトさせてインスタンドダブルス。ラストは手動で半拍ずらしと1/4拍ずらしをメイクしてフィニッシュ。

トラックリスト:

1. PARTYNEXTDOOR feat. Rihanna – BELIEVE IT
2. Hood Celebrity – Run Di Road
3. Tory Lanez – Do The Most
4. Duck Sauce – Captain Duck

いかがでしたでしょうか。このKwestのルーティンシリーズは基本的にクイックミックスなので、いかに曲の美味しい部分を掻い摘んで料理していくかがポイントになってきます。その観点から考えると曲を最後まで聞く事という作業も大事になってきますね。DJの皆さんは曲をチェックする際についつい飛ばし飛ばしで聞いて、最後まで聞かないという事がありませんか? 実は曲の最後の方に美味しい展開が待っていたりすることもあるので、時間がある時はじっくり最後まで聴き込むこともしてみましょう。

DJ Kwestの FacebookInstagramMixcloudTwitterをフォロー。

関連: DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露

最新&注目の楽曲 03/28

Duck Sauce

Duck Sauce
Duck Sauce. (Source: Instagram)

PARTYNEXTDOOR & Rihanna – BELIEVE IT
カナダのスーパースターの最新アルバムからの楽曲で、Rihannaのボーカルが収録。

Duck Sauce – Captain Duck
プロデューサーユニットがCaptain Sensibleのヒット曲“Wot”(1982年)をサンプリング。

Tory Lanez – Do The Most
カナダのラッパーのリリースが予定されているアルバムThe New Toronto 3からのバンガー。

HoodCelebrityy – Run Di Road
ジャマイカ人のDancehallシンガー/ソングライターがクラシック“Bam Bam Riddim”をサンプリング。


DJcityにて今週フューチャーした楽曲:

– Lady Gaga – Poker Face – Da Phonk & Rogerson Remix

– Salt-N-Pepa – Push It – Safety First! Remix

DJcityの最新&注目の楽曲はKidd Spinが選曲しています。

関連: 最新&注目の楽曲 03/21

DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露


カリフォルニア南部を拠点に活動するDJ Kwestが、DJcityのピックアップする最新&注目の楽曲を使用したショートルーティンシリーズを公開。過去にはBOOM DJ Battleへの出場経験があり、ラジオプログラムPitbull’s Sirius XM Globalization やカリフォルニアリバーサイドのラジオKGGI, 99.1 FM.でも彼をチェックできます。では今週も見ていきましょう!

< ルーティン解説 >

1曲目は一昨年に刑務所から出てきたジャマイカのヒーローBuju Bantonの “Trust”からスタート。フィーチャリングには今をときめくTory Lanez。イントロの声ネタ混じりのビートの上で同曲のスネアを激しめにスクラッチした後コーラス部分からカットイン。ポイントとしてはスネアの短い音にも関わらずクラブスクラッチやチャープスクラッチを正確にメイクしている点です。”正確に”というのは繰り返し安定した音を出しているという意味です。次に”Mi Gente”のヒットでも知られるJ BalvinがプロデューサーにDJ Snakeを迎えた新曲”Amarillo”をフレーズ「Ya se puso buena la fiesta」から使います。「Ya」の部分で小刻みなスクラッチをしてからリリース。と同時に”Trust”の方はミキサーのパッド(ホットキューモード)を叩いてビートのみの部分へジャンプ。3小節ほどブレンドしたら”Amerillo”に完全にスイッチし、すかさずホットキューでコーラス部分にジャンプします。続いてThe Weekndの2020年最新アルバム「After Hours」より”In Your Eyes”を途中のフレーズ「I tried to find love」からスクラッチを交えて挿入します。なぜこのフレーズから使うのかというと、丁度ドラムスが抜けてボーカルのみになっている箇所なのでスクラッチやMIXがし易いからだと思われます。2曲のドラムの打ち方も違うので尚更ですね。そして先ほどと同様フレーズをリリースすると同時に”Amerillo”はビートのみの部分にジャンプ、2小節ブレンドした後”In Your Eyes”のドラムが入ってくる直前で完全にスイッチします。同曲のコーラスの手前あたりからスクラッチでカットインし、コーラスに突入。

次にフレーズ「Burning inside you」をループさせBPMをターンテーブルのピッチコントローラーで上げていきます。一瞬映るPC画面を見るとオリジナルのBPM(プラスマイナスゼロ)から可変してプラス24まで上がっているのを確認できますが、これはPioneerのターンテーブルが最大プラスマイナス50までピッチを可変出来るから可能なのです。(画面向かって左のターンテーブルだけPioneer。右はテクニクス)

BPMを124あたりまで上げたところでラストチューンとなるオーストラリア出身のプロデューサー・DJ(元プロサーファー)FISHERのブランニュー”Freaks”をMIXしていきます。ループさせてあったフレーズ「Burning inside you」の間隔を”Freaks”のフィルに合わせて徐々に短くしていきます。(ミキサーのLOOP 1/2ボタンを使用)エナジーポイントに差し掛かるところで完全にスイッチします。そしてラストは同曲のフレーズ「Freaks come out」で軽く擦ってフィニッシュ。

トラックリスト:

いかがでしたでしょうか。ドラムパターンが違う2曲(レゲトン × ヒップホップなど)をMIXする時のヒントが見え隠れするセットでしたね。曲中のドラムが抜けてアカペラだけになっている部分はループやスクラッチがし易い事がわかったと思います。技やコツはどんどん盗んでいきましょう。ただ相手へのリスペクトは忘れずに。

DJ Kwestの FacebookInstagramMixcloudTwitter.をフォロー。

関連: DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露

最新&注目の楽曲 03/21

FISHER

FISHER
FISHER. (Source: Facebook)

The Weeknd – In Your Eyes
カナダのシンガー/ソングライターの最新アルバムAfter Hoursの一曲で80年代の影響を受けたスタイル。

J Balvin – Amarillo
コロンビアのスーパースターのニューアルバムColoresに収録されている明るいサウンドの一曲。

Buju Banton ft. Tory Lanez – Trust Remix
ジャマイカのReggae-Dancehallアイコンがカナダのラッパーを召集したRemixバージョン。

FISHER – Freaks
オーストラリアのプロデューサーがシーンにカムバック。リリースが予定されているElectroスタイルのEP、Freaksからのシングルカット。


DJcityにて今週フューチャーした楽曲:

– Daddy Yankee – Gasolina – Kevin D & Stavros Martina Remix

DJcityの最新&注目の楽曲はKidd Spinが選曲しています。

関連: 最新&注目の楽曲 03/14

DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露


カリフォルニア南部を拠点に活動するDJ Kwestが、DJcityのピックアップする最新&注目の楽曲を使用したショートルーティンシリーズを公開。過去にはBOOM DJ Battle等への出場経験があり、ラジオプログラムPitbull’s Sirius XM Globalization やカリフォルニアリバーサイドのラジオKGGI, 99.1 FM.でも彼をチェックできます。

< ルーティン解説 >

コーヒー(多分ブラック)をグイッと飲んでからスタート。1曲目は先日MVも公開されフューチャーリングMegan Thee Stallionがボンデージ姿で登場するTygaのブランニュー”FREAK”。因みにこの曲をパッと聞いてドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」まで辿り着いた人はお見事。さて、ルーティン解説にいきましょう。DJ Mustardプロデュース楽曲ではお馴染み、歌い出しの直前に入る「Mustard on the beat」のドロップに行くまで同曲のキック部分を小刻みなスクラッチ&カットインで足していきます。次にフックのコーラス部分の途中でアカペラに差し替え「Bounce to the beat」のフレーズをループさせます。ターンテーブルのピッチコントローラーでbpmを123まで上げつつSlushii “All Night Long”を途中のドラムブレイクから乗せていきます。”All Night Long”のbpmを更に上げていきループさせてあるフレーズ「Bounce to the beat」をタイミングよくパッドで叩きつつ「Back, Back, Back again」のドロップまで引っ張ります。まさに人力トランジション! そのままエナジーポイントに突入。

続いてMalumaの”Que Chimba”を曲のコーラス部分からカットイン。すかさずインスタンドダブルスをしてから手動で半拍ずらし、1/4拍ずらしをサラッとメイクします。そしてこの曲のエナジーポイントであるBaila Conmigoを彷彿とさせるラッパ(SAX?)音のブレイクを聞かせた後、キューボタン(ミキサーのパッド)で曲の冒頭ドラムブレイクにジャンプしつつDaniLeigh “Levi High”のコーラス部分をブレンド。”Levi High”のドラムが入ってくる直前、Dababyの気怠い「Let’s Go~」が聞こえたら完全に曲をスイッチさせます。ラストは同曲のラスト部分をスクラッチしながらカットインして曲の終わりとともにエコーをかけてフィニッシュ。

トラックリスト:

1. Tyga ft. Megan Thee Stallion – Freak
2. Slushii & Holly – All Night Long
3. Maluma – Qué Chimba
4. aniLeigh ft. DaBaby – Levi High

いかがでしたでしょうか。限られた食材(DJcityが選んだ選曲)で料理(DJセット)している事を考えると、ここまで出来るのは感服です。しかも週次でやっているんだから尚更。あるいは私もそうですが、ある程度の縛りがある中で考えた方がルーティンやDJセットを組みやすかったりします。皆さんはどうでしょうか。
話は変わりますが今回のルーティン動画でも使われているSlushii(スラッシー)のマスコットキャラクターみたいなの可愛い。

DJ Kwestの FacebookInstagramMixcloudTwitter.をフォロー。

関連: DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露

最新&注目の楽曲 03/14

Holly

Holly
Holly. (Source: Facebook)

Tyga ft. Megan Thee Stallion – Freak
Mustardが1983年のクラシック作Sexual Harassmentの‘I Need A Freak’をサンプリング。

Maluma – Qué Chimba
コロンビアのスーパースターMalumaがGuaracha(ラテンアメリカのダンス音楽)スタイルのパーティートラックをリリース。

DaniLeigh ft. DaBaby – Levi High
Def JamのマルチタレントアーティストがDaBabyをフューチャーした王道デニムブランドをテーマにした楽曲。

Slushii & Holly – All Night Long
ロサンゼルスのDJ/プロデューサーがコラボレーションしたハードヒットTech Houseスタイルのシングル。


DJcityのマストプレイKidd Spinが選曲しています。

関連: 最新&注目の楽曲 03/7

DJ Kwestが最新&注目の楽曲を使ったルーティンを披露


カリフォルニア南部を拠点に活動するDJ Kwestが、DJcityのピックアップする最新&注目の楽曲を使用したショートルーティンを披露。過去にはBOOM DJ Battle等への出場経験があり、ラジオプログラムPitbull’s Sirius XM Globalization やカリフォルニアリバーサイドのラジオKGGI, 99.1 FM.でも彼をチェックできます。

< ルーティン解説 >

一曲目はオランダ産アーティストRock ‘N’ Loadの”Blow Ya Mind – Dave Winnel Remix”からスタート。潔くドラムブレイクからスタートさせ同曲のヴォーカル部分で擦ります。短めに擦った後はヴォーカル入りのトラックにスイッチし、すかさずインスタントダブルスで逆のチャンネルにスイッチ。PC画面の波形を見ながら人力で半拍ずらしをした後、さらにその半分の1/4拍ずらしを行なっています。(因みにDJミキサーPioneer DJM-S9を使った半拍ずらしをもっと簡単&正確に行う方法についてはこちらの記事に書いてあります。)

続いてAitch & AJ Tracey”Rain”をメロディー部分から挿入。と同時に”Blow Ya Mind”の方はキューボタンでドラムブレイク部分に飛ばしています。このようなミックスを綺麗に聞かせるちょっとした気遣いは大事ですね。”Rain”にスイッチしたら同曲のコーラスの歌い出し「I Said “Say My Name”」を軽く擦ってから挿入。コーラスを4小説聞いたら再びコーラスの歌い出しに戻りループさせます。そこに先日ローリングストーン詩の表紙も飾ったMeegan Thee Stallionの新曲”Captain Hook”を頭のドラム部分からスクラッチを交えて乗せていきます。ポイントとしてはドラム部分を長めにかけて少し焦らしてからコーラス部分「Call that nigga Captain Hook」をカットインする点です。(ここまで小節や諸々のタイミングがフリースタイルっぽいので本人意図してやっているのか不明ですが)

次は同曲の歌い出し部分にカットインで戻りつつ「I Want His Daddy」のフレーズをループ。ピッチコントローラーでbpmを95まで上げていきます。そこに”悪いウサギ”ことBad Bunnyの”Yo Perreo Sola”をドラムから乗せていきます。さて、ここからが地味に難しいパートです!DJM-S9内蔵エフェクトをエコーモードにしエコーの繰り返す長さを最長の4BEAT(拍)に設定、そしてミキサー中央のツマミでエフェクトの強さを最大にします。そして”Yo Perreo Sola”側のエフェクトを4BEAT(拍)だけオンにします。そうすると半永久的にドラムが4BEAT(拍)の長さでループします。このループはミキサー内部で生成されているため、各チャンネルに関係なくループは鳴り続けます。つまり左右のターンテーブルの音を止めようがボリュームを最小にしようがループは鳴り続けるということです。(参考動画: DJ MANWELL)

ループしたドラムの上にフレーズ「Y Mi Dice Papi」を擦って挿入します。ここは「Daddy」と「Papi」をかけたワードプレイですね。ラストは同曲のコーラス部分をカットインして得意の半拍ずらし→1/4拍ずらしをしつつエコーをかけてフィニッシュ!

トラックリスト:

1. Lock ‘N’ Load – Blow Ya Mind – Dave Winnel Remix
2. Aitch and AJ Tracey – Rain
3. Bad Bunny – Yo Perreo Sola
4. Megan Thee Stallion – Captain Hook

いかがでしたでしょうか。「スクラッチ」「インスタントダブルス」「ループ」を多用した構成でしたね。特に「インスタントダブルス」はスクラッチをするDJだったらヘビロテの機能なのではないでしょうか。左右両方で同じように擦れればいいんですが…

DJ Kwestの FacebookInstagramMixcloud, Twitter.をフォロー。

関連: 最新&注目の楽曲 03/7

最新&注目の楽曲 03/7

Dave Winnel

Dave Winnel
Dave Winnel performing at The Argyle in Los Angeles on February 8, 2020. (Source: Facebook)

Megan Thee Stallion – Captain Hook
レーベルとの法律関係の問題後にヒューストンのラッパー、Megan Thee StallionがニューアルバムSugaを公開。

Bad Bunny – Yo Perreo Sola
Perreoスタイルでバズったプエルトリコのスーパースターの最新アルバムYHLQMDLGがリリース。

Aitch & AJ Tracey ft. Tay Keith – Rain
急上昇中の英国のラッパーがDrakeの“Nonstop”で有名になったプロデューサーを起用。

Lock ‘N’ Load – Blow Ya Mind – Dave Winnel Remix
シドニーのDJ/プロデューサーが1999年のDanceクラシックをBass House調にアップデート。


DJcityにて今週フューチャーした楽曲:

– Baby Bash ft. Frankie J – Suga Suga – Fresco Remix

DJcityのマストプレイKidd Spinが選曲しています。

関連: 最新&注目の楽曲 02/29

最新&注目の楽曲 02/29

Disclosure

Disclosure
Disclosure. (Source: Facebook)

Lady Gaga – Stupid Love
ポップスターであるLady Gagaの新曲。プロデュースにはBloodPopとTchami。

Lil Baby ft. Future – Live Off My Closet
アトランタ出身同士のコラボ楽曲。Lil Babyの新しいアルバム、My Turnに収録。

Disclosure – Get Close
DisclosureによるHouseの新曲。

Bryce Vine – Baby Girl
人気上昇中のBryce Vineによるグルービーなシングル。The NeptunesのChad Hugoプロデュース。


DJcityにて今週フューチャーした楽曲:

– Rihanna – Pon De Replay – Da Phonk & Rogerson Remix

DJcityのマストプレイKidd Spinが選曲しています。

関連: マストプレイ 4トラック 02/22

Popular