DopeOnigiriがDJ Jazzy Jeffのワークショップに参加して思ったこと Pt.2

Styles Davis and DJ Jazzy Jeff
Styles Davis and DJ Jazzy Jeff at Red Bull Music 3Style IX World Finals (Credit: Julian Melanson)

先日台湾の台北市で行われたRed Bull Music 3Style、大会期間中に行われていたワークショップにて、ホストを務めているDJcityのStyles Davis、また会場やLive配信の視聴者を中心に、DJ Jazzy JeffにQ&A形式のトークショーが行われました。

前回はJazzy Jeffの若い年齢での成功、そしてその経験から学んだ教訓について自分なりの感想を書かせていただきました。今回Jazzy Jeffは音楽を伝えるDJが音楽業界のテクノロジーの変化とどう向き合うべきかについて語っています。またそこで私、DJcity JapanDopeOnigiriがどう思ったのかを述べさせて頂きます。

今、DJ業界におけるテクノロジーの発展と同様で、音楽業界のテクノロジーも発展しています。SpotifyやApple Musicなどの利用が当たり前になった中、我々のような音楽を伝える側であるクラブDJの需要はなくなると思いますか?

Jazzy Jeff: DJの必要性がなくなることは本当に自分たち次第だと思う。俺はテクノロジーの進化に恐れないようにしているんだ。テクノロジーが進化し、会場の雰囲気を完璧に掴み、お客さんの求めているものが分かるとなるまではね。言い方を変えると、テクノロジーなんかに頼ってしまい、DJとしての自覚や取り組む意識を低くするのは良くないと思うんだ。自分がDJしている場所に対しての意識や音楽の移り変わりに対しての意識も低くしたらダメだ。もしそれをしてしまうと、自分の仕事は不必要なものになってしまうんだ。
昔、良いDJである友人が俺をゲストDJとして呼んでくれた時の話だ。少し早めに会場についたら現場ではDJミックスが垂れ流し、そしてその日オープンアップを担当しているはずの友人は外でタバコを吸ってたんだ。それを見て彼を叩いたね、お客さんはミックスを聴いてるだけで彼は仕事をしていなかったんだ。ただ怠けていたんだ、オープンアップのセットをしたくないからサボっていたんだよ。そこで俺は”お前は自分のしている行動がこのカルチャー、とその未来を滅茶苦茶にしていることを理解しているのか?もし、クラブのオーナーがDJブースを見えなくすると思いつきブースをガラス張りにし、適当な奴に安いギャラでDJミックスを掛けさせたらいいと言い出したらどうする。”と言ったよ。自分の仕事を大切にすることはすごい大事なことだ。自分の仕事を続けたいのであれば、自分を雇っている人たちに自分がどれだけ必要な存在であるかをアピールするべきなんだ。世の中にきちんとDJをするマシーンが存在しないし、DJが人々に与えるエモーショナルな気持ちを表現できるマシーンなんて存在しない。今ではアルゴリズムの技術でアルバムを1枚聴くと関連性のあるアルバムが10個表示されたりとかがある。でもそれがDJをする際にかけるべき曲やその順番を教えてくれるわけではない。新しい音楽を見つけるための新しいクールな技術だと思うし、そして自分たちとテクノロジーの戦いの終着点だと思うよ。

確かに、ここ数年で圧倒的にSpotifyやApple Musicなどのツールを利用したストリーミングサービスがメジャーになっていると思います。自分もSpotifyユーザーであり、多くのプレイリストを視聴して移動中などに音楽を聴く機会が増えました。尊敬するDJの人が”ここ最近SpotifyのプレイリストをなぞるようにDJで曲をかける人が増えたよね。”と言われた時に気付いた所でもありますが、自分はナイトクラブDJとしてSpotifyのプレイリストの曲を中心にDJする事を避けるように心がけてDJしています。しかし、傾向的に有名なプレイリストに入っている曲を立て続けにプレイするとフロアが盛り上がる場面もよく見られるのではないでしょうか。そのような場面では自分もそのようなプレイリストに頼っていると言わざるをえないと思います。

現在世界中どこにいても新しい情報を手に入れることができます。しかしDJは”人vs人”を基盤に存在する仕事だと考えます。テクノロジーや技術のみに頼ってしまっては、DJが音楽を使って人をエモーショナルな気持ちにさせることはできないです。しかし、テクノロジーや技術のおかげでプレイヤーとしての可能性は広がります。簡単に見えてすごく難しいことだと思いますが、自分のオリジナリティーを捨ててまでDJをする必要があるのか?と考えて見ると自分はないと考えますし、本気でDJをしている人に対しても失礼になりかねない行動なのではないでしょうか?

関連: DopeOnigiriがDJ Jazzy Jeffのワークショップに参加して思ったこと Pt.1

Popular

  • ARKHAMのLIL Jが”To Die”と”AKIRA”を公開

    東京を中心に活動するHip-Hopアーティスト集団のARKHAMからLIL Jが楽曲"To Die"と"AKIRA”をDJcityで公開してくれました。"To Die"はかなりハイエナジーな楽曲、"AKIRA"はベースを中心としたトラックにLIL Jのユニークなリリックがハマった楽曲となっており、双方...

  • マストプレイ 4トラック 08/17

    Gorgon City performs at Ravine in Atlanta, Georgia. (Credit: Fabian Fernandez) ROSALÍA & Ozuna - Yo x Ti, Tu x Mi 現在急上昇中のシンガーROSALÍAとラテン界のスーパースターがデ...

  • DJcity Top 50 – July 2019

    下のリストは2019年7月にDJcityにてダウンロード回数を元に集計したチャートです 1. French Montana ft. City Girls - Wiggle It 2. Chris Brown ft. Lil Wayne & Joyner Lucas - Need A Sta...

  • DJcity Podcast Mix: DJ MR. SYN

    北海道を拠点に活動するDJ MR. SYN。DJcity Top50のミキサーとして長年にわたり最新のヒットチャートミックスを提供してくれた彼は、DJcity Japan Takeoverでもヘッドライナーとして活躍中。今回彼が提供してくれた30分間のミックスは新譜のHip-Hopを中心に、元ネタ...

  • DJcity Trends 2019年8月

    DJcity Trendsとは世界中の影響力のあるDJにより選ばれた、新しく今後クラブで流行る可能性を持った楽曲です。 8月のDJcity Trendsはこちらから確認することができます。 今月は次のDJにより選ばれました: Kidd Spin, music director at...

  • 新規ログイン&ダウンロード方法

      ● 1. 入金完了後にお客様が登録されたメールアドレスにIDと仮パスワードが届きます。 ※以下、メールの内容です。   ● 2. DJcityログイン画面にアクセスし、ユーザーログインをします。 送信されてきた内容のIDと仮パスワードをログイン...

  • Weekly Hot Tuesday (Aug 13)

    大阪で絶大な影響力を持ち、日本を代表するDJ MINAMI。これまで大阪の主要な大箱で活動範囲を広げ、国内外問わず継続的に活動の幅を広げ続けている。現在はGIRAFFE、OWL、Ammona、GHOST ultra loungeにてレジデントをつとめる。その彼が現場目線でおすすめ新曲を毎週紹介。 ...

  • DJcity Top 50 July 2019 Mix by A4

    DJ 4RESTとACKOから成る二人組ユニット、A4が2019年7月のDJcity Top 50にランクインしている楽曲を元に組み上げたしたミックスを公開してくれました。Hip-Hop、Latin、House、Pop、そして後半にはA4がRemixした楽曲も収録されています。44楽曲をクイックに繋い...