DJカルチャー

DMCチャンピオンのMr. Switchがオーケストラとコラボしたターンテーブリズム演奏を披露

指揮者のGabriel ProkofievによるConcerto for Turntables and Orchestraが公開されました。今回はDMCチャンピオンのMr. Switchウラル・フィルハーモニー管弦楽団と演奏している様子が映されています。

2006年からスタートしたConcerto For Turntables & OrchestraはDJをバンドをリードする役目であるソリストとして起用するシリーズです。スクラッチ、フレージング、ビートジャグリング、メロディックなトーンプレイやドラムスクラッチなどの技術が重要になります。DJ Yodaが行った2007年の初パフォーマンスから現在に至るまで合計で75回ほど演奏されています。

アルバムのオーダーはこちらから。

関連: DJ Braceがオーケストラとコラボしたターンテーブリズム演奏を披露

The 20 PodcastにKidCutUpが出演

DJ/プロデューサーのKidCutUpDJ SpiderのThe 20 Podcastに出演しました。彼は世界的有名なシンガーソングライターであるP!nkの世界ツアーに同行しており、その経験を語りました。また自身が作るDJエディットについても語っています。

上記でインタビューを見ることができます。また様々なプラットフォームからも視聴可能です、

関連: The 20 PodcastにSpryteが出演

R.O.A.D PodcastにDJ Angie Vee, Bella Fiasco, Lady Shaが出演

先日、R.O.A.D Podcastではロサンゼルスに拠点を置くDJのAngie Vee, Bella Fiasco,そしてLady Shaが出演しました。出演者達は音楽的なDJプレイを行っていても男性DJと比べてそのようなセットを披露させてもらえる機会が少ない。また、すぐにヒット曲をプレイするようにと指示されると述べました。

またAngie VeeとBella FiascoはInstagram Liveを使ったキューレーションやマーケティングについて、Lady Shaは妊娠中に向き合ったDJとしての課題についてを語りました。

フルエピソードはこちらから。

関連:“R.O.A.D Podcast”にDJ Franzenが出演

Bad BunnyがLatinミュージックのアーバンアーティストとして初めてRolling Stoneの表紙に

Bad Bunny
Benito Antonio Martínez Ocasio, also known as Bad Bunny, photographed by Gabriela Berlingeri. (Source: Rolling Stone)

アルバム、LAS QUE NO IBAN A SALIR,を公開したBad Bunnyが先日Latinミュージックのアーバンアーティストとして初めて音楽や政治、大衆文化を扱うアメリカの大手雑誌、Rolling Stoneの表紙を飾るという歴史的快挙を成し遂げました。また、コロナウイルスによるパンデミック期間にリリースされたRolling Stoneの表紙を発表した初のアーティストともなります。

今回の記事はRolling StoneのLatinミュージック編集者であるSuzy Expositoによって行われました。本雑誌で初の全てラテン人プロデュースによる記事となります。他にもBad Bunnyの彼女で写真家であるGabriela Berilingeriや翻訳にAlex Douglas-Barreraなどが携わっています。

Bad BunnyのBeatsource, Facebook, Instagram, SoundCloud, Spotify, and Twitterをフォロー。

関連: Bad BunnyとTainyのコラボレーション作‘Callaita’の制作秘話

J Balvinによる#ColoresDJChallengeの勝者が発表


J Balvin. (Credit: Juan Pablo Celis)

J BalvinとUniversal Music Latin EntertainmentがDJcity Latino, Beatsourceと共同主催した#ColorsDJChallengeが行われました。60秒のルーティンと言う条件で行われた今回のDJチャレンジ、勝者はカナリア諸島を拠点に活動するJose Vieraが選ばれました。

下記で彼のルーティンを見ることができます。

関連: J Balvin, Universal Music Latin Entertainment, DJcity Latino, Beatsourceが#ColoresDJChallengeを発表

The 20 PodcastにSpryteが出演

今週のThe 20 PodcastのではベテランDJ /プロデューサーのSpryteが出演しました。彼は、ロックダウン中にテレビ、映画、ビデオゲームのライブストリーム用に音楽を制作することで収入を得たことについて語っています。 Spryteはまた、ターンテーブリストやBボーイとしての活動についてや、DJ AMの時代についても語りました。

上記でインタビューを見ることができます。また様々なプラットフォームからも視聴可能です、

関連: The 20 PodcastにKayperが出演

DJリレーチャレンジ”#DoItScratchChallenge”

先日、DJ HazimeDJ Wataraiが共同プロデュースで¥ellow BucksZeebraをフューチャーしHarlem Recordingsからリリースした楽曲“Do It”。ただいま様々なDJが、“Do It”のイントロを使ってのスクラッチチャレンジ“#DoItScratchChallenge”がInstagram上で行われています。

今回、DJ 4REST / DJ B=BALL / DJ FUMMY / DJ HAL / DJ KEKKE / DJ MITCH a.k.a Rocksta / DJ REN / DopeOnigiriなど何名ものDJが“#DoItScratchChallenge”に参加しています。それぞれのInstagramアカウントより動画を確認することが出来ます。
上記のDJを含めた全動画は、Instagramにて“#DoItScratchChallenge”を検索で見ることが出来ます。

興味がある方は、“Do It” イントロのスクラッチを自己流にアレンジしてSNSに投稿てみてはいかがでしょう。スキルはもちろん、ネタ選びにもセンスが問われる #DoItScratchChallenge を是非チェックしてみてください。

素材は、DJcitySoundcloudにてダウンロードが可能です。

関連: インタビュー: DJ HazimeとDJ Wataraiが共同プロデュース楽曲“Do It”について語る

DJ B=BALLがオンラインコースを開設

Red Bull 3Style JapanチャンピオンのタイトルホルダーでありCLUB PICCADILLYのレジデントである、DJ B=BALLが発起人としてエンターテイメントをオンラインで学べるサロンをローンチしました。その名もクラブピカデリー、プロのアーティストからエンターテイメントを学ぶでは、DJ B=BALLをはじめ、CLUB PICCADILLYでダンサーのディレクターとして活動するMayu、そしてレジデントDJの1人であるDJ RAYからZoomアプリを使いレッスンを受けることができるとのことです。

現在下記の3つのプログラムが予定されていて受講可能です。詳細等は下記のリンクより確認ください。
DTM Remix & Edit – Ableton Live by DJ B=BALL
DTM Masterclass – FL Studio by Ray
プロダンサーから学ぶボディメイクサロン by MAYU (Venom)

関連: DJ B=BALL : DJcity Japan Playlist

“R.O.A.D Podcast”にDJ Franzenが出演

Drai NightclubのレジデントであるDJ FranzenがR.O.A.D Podcastに出演しました。今回のインタビューではDrakeのプライベートパーティーでDJをした経験について語ってくれました。またラスベガスにスターがきた時に街がどう変わるのかについても述べています。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. PodcastのFacebook, Instagram, SoundCloud, Twitter, YouTubeをフォロー.

関連: “R.O.A.D Podcast”にShell Corporationが出演

SUNBURN Pool Loungeが“SUNBURN DJ Battle 2020”を開催、全世界のDJが対象


Four Color Zack performs at SUNBURN Pool Lounge. (Source: Gaslamp District Media)

サンディエゴにあるSUNBURN Pool Loungeが、“SUNBURN DJ Battle 2020”を発表しました。優勝者には航空券、ホテル、そしてSUNBURN Pool LoungeでのDJセットを披露する機会が与えられます。またラジオ、Sirius XMのPitbull Globalizationで放送されているSUNBURN Radioにてゲスト出演の枠を与えられます。

参加方法は自身がベストだと思う5分間のプールパーティーDJセットをInstagramのIGTVで公開することです。

タイトル欄には“参加DJ名 – #SUNBURNDJBattle,”、そして@sunburnpool, @therostermgmt をタグ付けして、本投稿も同時に行ってください。投稿後はこちらのエントリーページで情報をいれてからエントリーを行ってください。期限は5月7日まで。

残った上位10名は主催側から2回目となる5分間のDJセットをInstagramで公開するように案内のメールが送られます。2回目の提出期間は5月8日から13日までです。そこから2人のファイナリストが選出され、SUNBURNのInstagram Liveで対戦し、勝者が決まります。

コンテストは世界中のDJが対象です。詳細はこちらから。

関連: J Balvin, Universal Music Latin Entertainment, DJcity Latino, Beatsourceが#ColoresDJChallengeを発表

Popular