DJカルチャー

MikiDz Podcast: DJはギグの交換をするべき?

MikiDz Podcastの新しいエピソードではMikiWARDJ DainjazoneDJ RellがDJはギグの交換をするべきか(お互いを呼び合うべきか)?について話しています。またギグで女性と出会う際の落とし穴についても話題にしています。

MikiDz PodcastはApple PodcastMixcloudSpotifyから視聴が可能です。

関連:MikiDz Podcast: DJにエージェントは必要か?

R.O.A.D Podcast:今の時代、DJが楽曲をどのようにして広めていくか

今週のR.O.A.D PodcastではベテランのクラブDJであるElevenAyresをゲスト年手招き、この時代にDJが楽曲をどのようにして広めていくかについてR.O.A.D Podcastメンバーと語っています。

ホストを務めるDJ Crookedは今大人気の楽曲である、KoffeeToastを例に出し、「DJはみんなお互い協力して良い楽曲を広めるべきなんだ。自分はいつもInstagramなどのツールを使用して、良い楽曲がプレイされているパーティーの様子を投稿する。そして多くのフォロワーから楽曲について問い合わせが来るんだ。またそこから多くの人に広がっていく。影響力のある人にも伝わる可能性があるし、実際に自分の投稿から数時間後にレコードプールにその楽曲が上がったこともある。」とコメントしていました。またミックステープ制作、マッシュアップの歴史、DJが自分のパーティーをスタートさせる大切さについても語っています。

フルエピソードはこちらから。

MikiDz Podcast: DJにエージェントは必要か?

MikiDz Showでおなじみのメンバーが担当しているMikiDz Podcast。今回のエピソードではエージェントが必要なのかどうか、そしてソーシャルメディアでの礼儀についてを語っています。

ホストはお馴染みのMikiWARとDainjazone、そしてMikiDz ShowでオープンDJを担当しているDJ Rellが務めます。今後も世界で影響力のあるDJと共に様々なトピックに触れていく予定です。

関連:DJcityが”MikiDz Podcast”をスタート

R.O.A.D Podcast: 今年の夏に流行りそうな楽曲

今週のR.O.A.D Podcastでは出演しているレギュラーメンバー達が今年の夏に流行しそうな楽曲について語りました。メンバーはNicki Minajの新しいアルバム、Megatronについて、また最近話題となっているCipha SoundsとWizKidファンの間の論争についても取り上げています。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. PodcastのFacebookInstagramSoundCloudTwitter、and YouTubeをフォロー。

DJcityが”MikiDz Podcast”をスタート

MikiDz Showがスタートして10年が経ち、Jazzy JeffA-TrakCrazeなど様々なレジェンドが出演して来ました。また新世代の活躍しているDJであるFour Color ZackやJ.Espinosa、Miles Medinaも出演しています。

ホストはお馴染みのMikiWARとDainjazone、そしてMikiDz ShowでoオープンDJを担当しているDJ Rellが務めます。彼らが様々なトピックについてDJとしてどう動いているのかを語ります。

今回のエピソードでは前回ベガスで行われたDJcity LinkUpについて、そしてSpydaT.E.Kを迎えたMikiDz Showについて、そしてDJとしてのネットワーキングについて語っています。

今回のエピソードはMixcloudとSpotifyで視聴できます。

関連: SpydaT.E.KのMikiDz Showで披露したセット

DJ Yodaが自分に合わないアーティストの曲をプレイしないことで正直にいれることを語る

イギリスのベテランDJであるDJ YodaがR.O.A.D Podcastに出演しました。今回彼は自分に合わないアーティストの曲をプレイしないことが正直でいれると語りました。

Yodaは「Drakeは合わない為、彼の楽曲はプレイしない。自分にとってリアルでないものはプレイ出来ない。そもそもラップトップにDrakeの楽曲が入っていない。」と語っています。興味深いことに、UKのナイトクラブカルチャーでは、テーブルの為に指定された曲をかけるような指示もないとのことです。もしもリクエストをクラブ側から受けたら「自分は間違った場所にいるというアラートだ。」とも語っています。

またイギリスのシーンにおいてReggaeとDancehallの影響力やPioneer DJの製品に対してデザインを手伝っていることについても語りました。

フルエピソードはこちらから。

関連: Melo DがDJにおけるウエストコーストスタイルについて語る

DJ Jazzy JeffとWill Smithのリハーサル映像が公開

2017年DJ Jazzy JeffWill Smith a.k.a the Fresh Princeがおよそ20年ぶりに再びタッグとして活動を再開し、クロアチアやイギリスなどでパフォーマンスを行いました。今回はそのツアーのリハーサル映像が公開され、舞台裏での2人のコンビネーション抜群姿を見ることができます。

関連: ビデオ: DJ Jazzy Jeff、A-Trak、Crazeが”Drink Champs” Podcastに登場

R.O.A.D Podcast: なぜUK Hip-Hopがアメリカに入ってこないのか

ベテランのDJであるCipha Sounds、Roctakon、Steve1derがR.O.A.D Podcastに出演しました。彼らはUK Hip-Hopが何故アメリカで浸透しないのかについて語っています。

また、Lil JonとMac Dreの新しいシングル”Ain’t No Tellin”がベイエリアでどのような反応があるのかについても語っています。

今回のエピソード、フルバージョンはこちらから。

R.O.A.D. PodcastのFacebookInstagramSoundCloudTwitter、and YouTubeをフォロー。

関連: Boogie BlindがRoc RaidaについてR.O.A.D Podcastで語る

Grandmaster FlashがDJとして初めて“音楽のノーベル賞”といわれるポーラー音楽賞を受賞

Grandmaster Flash
Grandmaster Flash with the King of Sweden at the 2019 Polar Music Prize award ceremony in Stockholm. (Credit: Annika Berglund)

DJであり、Hip-Hopのパイオニアとしても知られているGrandmaster Flashが”音楽のノーベル賞”といわれるポーラー音楽賞を受賞しました。DJがこの賞を受賞するのは初めての事となります。

Grandmaster Flashの他に受賞したのはドイツのバイオリニストであるAnne-Sophie Mutter、そして音楽チャリティーをメインに活動する米国NPO法人、The Playing For Change Foundationです。受賞した人、団体はそれぞれ13万ドルをプライズとして受け取りました。

ポーラー音楽賞は1989年にABBAのマネージャーとして知られているStig Andersonが設立しました。当時彼はノーベル賞委員会に音楽賞を追加するようにお願いしましたが、却下されたため自身で賞を作りました。

Flashは賞を受け取り、「すべてのDJ、ラッパー、グラフィティアーティスト、ブレイクダンサーに敬意を表すよ。そもそも名前すらなかったものが、Pop、Rock、Jazz、Blues、Funk、Disco、R&Bからドラムブレイクなど様々なジャンルの部分を集めてできたHip-Hopと言うジャンル。昔から自分は複数の同じレコードを使用してその部分だけを何度もかけ続けたんだ。」とコメントしています。

De La SoulのDJ Maseoはセレモニーにて「Grandmaster Flashは科学者であり名演奏家でもあるんだ。何故ならターンテーブルやミキシングコンソールが楽器になり得ることを証明したからね。約40年後、1970年代半ばにサウスブロンクスの廃墟の中でグランドマスターフラッシュが生み出した音楽とHip-Hopと言うカルチャーは、アメリカを中心に今は世界中で最大の音楽ジャンルへと成長した。」とコメントしています。

Flashの他にこれまでポーラー音楽賞を受賞したアーティストはB.B. King、Bob Dylan、Chuck Berry、Dizzy Gillespie、Elton John、Led Zeppelin、Metallica、Paul McCartney、Pink Floyd、Quincy Jones、Ray Charles、Stevie Wonderなど世界的に有名なアーティストばかりです。

下記でポーラー賞の映像を見ることができます。またSpotifyのチャンネルもチェックしてみてください。

関連: Grandmaster Flash: テクノロジーは与えられたものであり、災いでもある

Melo DがDJにおけるウエストコーストスタイルについて語る

Beat JunkiesのクルーであるMelo Dが先日、R.O.A.D Podcastに出演しDJにおけるウエストコーストスタイルについて語りました。またイーストコーストのDJとの違いについても語っています。

さらに、Melo DはBeat JunkiesにおいてMelo Dの役割について、またBeat Junkiesの”Institute of Sound DJ School“について語りました。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. PodcastのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: Boogie BlindがRoc RaidaについてR.O.A.D Podcastで語る

Popular