DJカルチャー

R.O.A.D Podcast: Chris LandryとGoldfingerが出演

ニューヨークを拠点に活動するDJのChris LandryGold FingerR.O.A.D Podcastに出演しました。今回のトピックは先日他界したNYCのアイコンと言われるDJのFrankJugga氏についてメンバー達が各々エピソードを共有し、彼の人生を追悼しました。

またCrookedはアメリカ国内のクラブオーナーにインタビューを行い、コロナウイルスによるロックダウンがどのような影響を与えているのかについて問いました。

フルエピソードはこちらから。

関連: R.O.A.D Podcast: Buck Rodgersが出演

Beatportが24時間のライブストリーミングとチャリティーイベントを掛け合わせた’ReConnect’を発表

BeatportがTwitchとのパートナーシップによる24時間のグローバルDJマラソンであるReConnectの開催を発表。このストリーミングイベントの目的は、グローバルなコミュニティを統合するプラットフォームを提供すると同時に、チャリティー団体を支援することです。

日本時間3/28の午前5時から3/29の午後3時までTwitchで生放送予定。出演はCarl Cox, Bonobo, Nina Kraviz, GRiZ, RÜFÜS DU SOL, A-Trak, Nicole Moudaber, Chris Liebing Nora En Pureを含めた24のアーティスト達です。彼らは自身の家、またはスタジオから生放送で出演してくれます。BeatportはTwitchで再生された楽曲のトラックIDを表示するため、視聴者は聴いた音楽を購入でき、アーティストやレーベルコミュニティを直接サポートできます。Beatportは更に主要な業界パートナーと協力して、ライブイベント中にランダムに選ばれたリスナーにアーティストのグッズをプレゼントするとのこと。

Twitchのライブ配信中に視聴者は寄付をすることができます。その資金AFEM(Association For Electronic Music)によって管理され、前線で健康問題を管理する世界保健機関のCOVID-19連帯対応基金、またAFEMメンバーのCOVID-19困難基金として分配されます。

ライブストリーミングはこちらから。全ての視聴者へDJcityは心から感謝します。

関連: 世界で活躍する著名DJ達は今の状況とどう向き合うのか?

The 20 PodcastにDJ Amenが出演

DJ Amen
DJ Amen (Source: Instagram)

アメリカの西海岸で大きな影響力を持つDJ AmenがThe 20 Podcastに出演しました。ベイエリア出身の彼はロサンゼルスのHip-Hopラジオ、Real 92.3でミュージックディレクターを務め、NFLのチームであるSan Francisco 49ersのオフィシャルDJとしても活動しています。今回Amenはコロナウイルスによる外出禁止について、また自身が持つプラットフォームであるYoung Californiaについてなどを語っています。

下記でPodcastをフルで視聴できます。The 20 Podcastは全てのプラットフォームから視聴できます。

DJ AmenのFacebook, Instagram, Twitterをフォロー。

関連: The 20 PodcastにJayceeohが出演

Inside TurntablistsにFong Fongが出演


Fong Fong. (Source: Boom City)

イギリスを中心に活動するBoom Cityの番組、Inside TurntablistsFong Fongが出演しました。彼は2012年のDMC Onlineの世界チャンピオンです。

今回のエピソードではFong FongがDJ活動のスタートについて、名前の由来、そして彼の好きなビデオゲームについてなどを語りました。バトルDJとしての部分では現在、Fong Fong自身のYouTubeチャンネルにて彼のルーティンやプロデュース作品等が定期的に掲載されているとのことです。

関連: Inside TurntablistsにOslo Flowが出演

The 20 PodcastにJayceeohが出演

Jayceeoh
Jayceeoh at Academy LA (Source: Facebook)

DJ SpiderのThe 20 PodcastにてDJ/プロデューサーのJayceeohが出演しました。今回のエピソードはウェブカメラを使ったインタビュー形式となっています。Master of the Mixのチャンピオンでもある彼は、今回のPodcastで自宅でもDJ/プロデューサーができる事について、彼の作品であるSuper 7シリーズについて、またなぜプロデューサーとしての道を進んだのかなど、様々なことを語っています。

関連: The 20 PodcastにCrazeが出演

R.O.A.D Podcast: Buck Rodgersが出演

テキサスのオースティンを拠点に活動するDJ Buck RodgersR.O.A.D Podcastに出演しました。2018年にお壊れたGoldie AwardsではBeat Battle部門で優勝しています。今回のインタビューではフィンガードラムについて、またDJパフォーマンス中にオーディエンスとの繋がり方をZ-Tripを学んだと述べています。

R.O.A.D. PodcastのFacebook, Instagram, SoundCloud, Twitter, and YouTubeをフォロー。

関連: R.O.A.D Live Podcast: DJ中にトイレに行く必要がある場合どの曲をかけますか?

The 20 PodcastにCrazeが出演

DJ Spider and Craze
DJ Spider and Craze

今週のThe 20 PodcastにターンテーブリストとしてレジェンドであるCrazeが出演しました。今回彼はクラブプレイ中のスクラッチ、楽曲のリクエストへの対応、Drum and Bassについて語りました。

「クラブプレイでスクラッチするの要所要所で良い、もし長い時間をかけてスクラッチをするのであればかなりレベルの高いソロを行うべきだと思う。」とコメントしています。

下記でPodcastをフルで視聴できます。The 20 Podcastは全てのプラットフォームから視聴できます。

当エピソードでレビューされた楽曲:

Aitch & AJ Tracey ft. Tay Keith – Rain
Disclosure – Get Close
Young Franco ft. Pell – Juice
Kamaiyah ft. ‎J. Espinosa – Get Ratchet
Pop Smoke – Invincible
Bad Bunny ft. Jowell & Randy, Ñengo Flow – Safaera – Safaera

世界で活躍する著名DJ達は今の状況とどう向き合うのか?


Jazzy Jeff wears a Genre BNDR face mask. (Source: Genre BNDR)

ここ最近、急速に広がるコロナウイルスは世界の音楽コミュニティに影響を与え始めています。テキサス州オースティンで開催予定であったSXSWフェスティバルの中止、マイアミのUltra Music Festival中止、Red Bull 3Styleワールドファイナルの延期、フランスで開催予定であったTomorrowland Winterの中止など数々の大型イベントの開催が自粛されていますが、今後もたくさんのイベントやフェスなどに影響が出るのではないでしょうか。 DJcityは著名なDJと話をして、これらのキャンセルをどのように乗り越え、次のステップを検討しているのかを調べました。

Four Color Zack:

「音楽のイベントに限らず、人が集まるイベントや集会等のキャンセル数が徐々に増とえていくのではないでしょうか。おそらく時間の問題でしょう」とコメントしています。Four Color ZackはRed Bull 3Styleのワールドチャンピオンであり、来月モスクワにて開催予定であったRed Bull 3Styleワールドファイナルに参加予定でした。またコロナウイルスの影響で中国で行われる予定であったツアーもキャンセルになったとのことです。

Hedspin:

同じくRed Bull 3StyleワールドチャンピオンであるHedspinは上記に付け加え、「自分はここ10年ほど、年に2~3回アジアへのツアーを行なっています。今回の件で影響を受けているのは中国本土や香港で活動している自分のDJやプロモーターの友人です。ナイトクラブ等が閉まり、人々も外出しないため経済的なダメージを受けていると思います。」

ヨーロッパでのコロナウイルス拡散に関して、Hedspinはヨーロッパの市場についても懸念しています。「スイスは政府から、1000人以上が参加するすべてのイベントをキャンセルするか、さらに許可が下りるまで延期する必要があるという情報を受け取りました。この発表は、自分のヨーロッパのツアー日程にも影響します。」とコメントしています。

Dani Deahl:

DJ/プロデューサーのDani Deahlは自身のツイッターにて
「ミュージシャンは収入の大部分をツアーから得ています。コロナウイルスが原因でキャンセルされたフェスティバルとショーは、今年のインディーアーティストにとって大きな経済的損失になります。お気に入りのインディーアーティストをサポートするためにアーティストのグッズ等の商品を購入することを検討してください!。」とコメントしています。

DJ Spryte:

DJ/プロデューサーのSpryteは、「幸運なことに、ツアーDJ以外にも複数の収益源があります。ただ、もしこの事態が起こっていなければもっと地元でギグを調べたり、地元の会場と協力して音楽を何らかの形で提供したいと思っていました。現在起こっていることはすべて、2009年に発生した豚インフルエンザで起こったことと非常によく似ています。旅行のスケジュールがあまり影響を受けない部分は少し楽観的な見方をするように心がけています。ただ、全員が今の自体を把握しとかないといけないと考えています。」とコメントしています。

DJ Scene:

DJ Sceneは旅の移動などで実施していることを述べてくれました「自分はいつも消毒シートを何年も鞄の中に入れて持ち歩くようにしている。移動の際窓際の席に座る場合はテーブル、アームレスト、シートベルト、ヘッドレスト、そして壁なども拭くように心がけているんだ。共感してくれる人は多く、これまで人に何枚消毒シートを渡したか覚えていないよ。」

「今はDJmixなどに集中するのがいいと思う。音源、映像問わず、トレーニング中、ドライブ、家の掃除など人々は楽しめるコンテンツなのではないか。新しいコンテンツを見つけるにはいい機会なのかもしれない。Boiler Roomのセットはかなりいい例なのでは?」ともコメントしています。

今回のコロナウイルスで生じた問題や似たような状況が起きた場合に直面した時は早めの予防、対策を行うことが重要なのではないでしょうか。

関連: ヨーロッパのDJ/アーティストは2021年からUKにてイベント出演をする際はVisaが必要に

Red Bull 3StyleカナダファイナルはLYKXが勝利 


LYKX at the Red Bull 3Style National Final in Vancouver on Feb. 27. (Source: Abigail Stephenson / Red Bull Content Pool)

LYKXRed Bull 3Styleのカナダファイナルで勝利しました。

出場者である DJ PowerdogWalter DeansJoash CharlesDJ Invizible, Ash Lachhの5人に見事に勝利したLYKXはロシアで開催予定であるRed Bull 3Styleワールドファイナルへ進出します。(ワールドファイナルは4月20日〜28日までの開催予定でしたが、コロナウイルスの影響により開催が延期になりました。※日程は未定)

LYKXはモントリオールで活動するDJ/プロデューサーであり、カナダ大会で初の女性DJとして優勝を果たしました。

下記で彼女の優勝セットを視聴できます。

関連: Red Bull 3StyleチリファイナルはNavarroが勝利

ビデオ: “My DJcities with DJ Spryte”新エピソード

オープンフォーマットDJ/プロデューサーであるSpryte自身のVlogシリーズである、My DJcities with DJ Spryteの最新エピソードが公開されました。今回のエピソードではDJで遠征する際に必要なものを紹介しています。またナイトクラブのブッキングマネージャーとどのようなDJがブッキングされるのかについて語っています。

上記でフルエピソードを見ることができます。

関連: ビデオ: ツアーDJの様子を映した“My DJcities with DJ Spryte”

Popular