DJカルチャー

BeatsourceがSeratoと組み、Beatsource All-Starsというコンペティションを開催

Beatsource All-Stars Competition

BeatsourceがSeratoと組み、Beatsource All-Starsというコンペティションを開催します。世界中のDJがエントリーできる今回のコンペティションでは$1000ドルの賞金、そして2020年の12月23日に行われるSeratoのTwitchチャンネルからFour Color Zack、DJ Spider、DJ Diamond Kutsなどのレジェンド達と共にライブストリーミングでDJセットを披露できます。

エントリー方法:

1. Serato DJとBeatsource LINKを使った10分のDJセットの映像を撮影してください。音源はBeatsourceにある音源のみ使用可能です。

2. 完成したDJセットの映像をIGTVに投稿してください。投稿の際にはハッシュタグ#BeatsourceALlstars、そして@seratoと@beatsourceofficialのキャプションをつけてください。締め切りは2020年12月8日の17時までです。

審査方法:

Beatsourceが全てのエントリーを12月9日から確認します。そして12月16日に勝者を発表します。審査対象となるのはルーティンのクリエイティブさと流れによる雰囲気です。

優勝者へのプライズ:

・ Beatsource LINK Proの1年間のサブスクリプション
Serato DJ SuiteSerato Studioの永久ライセンス
Phase Ultimate, Phase専用のケース, スリップマット
Nomatic Travel Pack (リュック)
・ BeatsourceとSeratoの限定マーチャンダイズ

関連: Beatsource LINKがSerato DJにて利用可能に

DJ RENがリードマンちゃんねるの選曲術に出演

DJ LEADDJ MARTINリードマンちゃんねるのシリーズ企画、選曲術にRed Bull 3Style JapanチャンピオンのDJ RENが登場しました。 彼のクレートの管理はiTunesで年代別になっていることや、現場での選曲の展開方法、そしてキューポイントの付け方等について語ってくれています。又前半にはクラブプレイを想定したセット、そして後半にはトーンプレイのパフォーマンスが収録されています。

前半でDJ Renがパフォーマンスに使用している楽曲は:

Juice WRLD & Youngboy Never Broke Again – Bandit
JUICE WRLD & MARSHMELLO – COME & GO
A$AP Ferg – Plain Jane
JAY-Z – Dirt Off Your Shoulder
Drake ft. Lil Durk – Laugh Now Cry Later

関連: DJ 8MANが独自の選曲術、検索方法、そしてSERATOの使い方をリードマンちゃんねるで語る

DJ Hi-CがRed Spiderとの対談でDMCや現在のクラブシーン等について語る

説明不要のDMCワールドファイナル5連覇を成し遂げたデュオの一人、DJ Hi-C (ex Kireek)が、大阪のベテランレゲエ・サウンド、Red Spiderの番組レッドスパイダーのZUM ZUM Channelに出演し対談した動画が公開されました。

27分の対話の中では連覇したDMCについてや、スクラッチというテクニックのDJカルチャー内での位置付け、そして現在のクラブシーンについて語られています。後半ではDJ Hi-Cの視点からReggaeをどう見いるかについて語られていて、実際に彼はDancehallトラック、Sean PaulのGet Busyを用いて2005年のDMC JAPAN ファイナルでパフォーマンスしたことについても触れています。下記はその時の映像になります。

関連: DJ 8MANが独自の選曲術、検索方法、そしてSERATOの使い方をリードマンちゃんねるで語る

イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DJ MINAMI VS DJ B=BALL

DJcity JapanがGENRE BNDRのYouTubeチャンネルから、イントロ曲名当て対決番組である、「良〜く聞いてください、THE FAST AND THE KNOWLEDGEABLE」を公開しました。

前回の対決では見事DJ S.Uが勝利しています。今回の対戦では大阪を代表するDJ同士の対決となっており、DJ MINAMIDJ B=BALLが競います。

前線で活躍するナイトクラブDJ・MCの音楽知識をイントロクイズにて可視化したゲームであり、総勢16名がトーナメント形式で戦います。ルールは至ってシンプル。先に3問正解したDJ/MCが勝ち抜け。イントロクイズの問題となる楽曲は全てDJcityでダウンロード可能となっています。なお、今大会の司会はDJ 8manが務めています。

これまでの対戦動画
DJ KANJI vs DJ BRAIZE
DJ KEKKE vs MC MOGGY
4REST VS DJ ALAMAKI
DopeOnigiri VS DJ JOJO
DJ S.U VS BULL

今後も多くのDJ/MC達が対決して行きます。乞うご期待ください。

関連: イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DopeOnigiri VS DJ JOJO

Red Bullが2020年のRed Bull 3Style世界大会の中止を発表

Red Bullが10回目を迎えたDJの世界大会、Redbull 3Styleの中止を発表しました。この大会は世界中の予選を勝ち抜いた20名弱のDJ達が世界大会で競い、チャンピオンを決める大会です。

今年の4月にロシアのモスクワで開催予定であったワールドファイナルは世界中の状況からみて、数百人が一度に集まるナイトクラブにて満員の大会を主催できない事が決定的な理由です。また無観客、もしくわオンラインのみのDJコンペティションを行ったところで他に存在する数多くのストリーミングとの大きな差はなく、ユニークな内容ではありません。

今後もワールドファイナルが行われるなどの情報は公開されていません、しかし、Red Bull 3Styleは2020のナショナルファイナルをMixcloudにて掲載を考えているとのことです。

関連: 第10回目となるRed Bull 3Styleの開催が決定

イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DJ S.U VS BULL

DJcity JapanがGENRE BNDRのYouTubeチャンネルから、イントロ曲名当て対決番組である、「良〜く聞いてください、THE FAST AND THE KNOWLEDGEABLE」を公開しました。

前回の対決では見事DJ JOJOが勝利しています。今回の対戦ではDJ vs MCの対決カードとなっており、DJ S.UBULLが競います。

前線で活躍するナイトクラブDJ・MCの音楽知識をイントロクイズにて可視化したゲームであり、総勢16名がトーナメント形式で戦います。ルールは至ってシンプル。先に3問正解したDJ/MCが勝ち抜け。イントロクイズの問題となる楽曲は全てDJcityでダウンロード可能となっています。なお、今大会の司会はDJ 8manが務めています。

これまでの対戦動画
DJ KANJI vs DJ BRAIZE
DJ KEKKE vs MC MOGGY
4REST VS DJ ALAMAKI
DopeOnigiri VS DJ JOJO

今後も多くのDJ/MC達が対決して行きます。乞うご期待ください。

関連: イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DopeOnigiri VS DJ JOJO

DJ 8MANが独自の選曲術、検索方法、そしてSERATOの使い方をリードマンちゃんねるで語る

2度のRed Bull 3StyleのJapanチャンピオンの経歴を持つDJ 8MAN。その彼がDJ LEADDJ MARTINのYouTubeチャンネル、リードマンちゃんねるの企画である選曲術にゲストとして登場しました。このシリーズはこれまでに、DJ REVOLVERDJ KANGOもゲストとして出演しており、DJがどのよに選曲をしてミックスをしているか、またその選曲がつまったラップトップには楽曲がどの様に分けられて整理されているか等、DJのクリエイティビティーと仕事への取組姿勢を見ることができる内容です。

DJcityの企画としてイントロクイズ「良〜く聞いてください」(The First & The Knolegeable)のホストをつとめるDJ 8MANは楽曲とアーティストの名前を覚えることの重要性を訴えていますが、その必要性を駆使してパフォーマンスをする要因が今回語られています。ヘッドフォンを付けないでミックスをする事でも有名な彼がどうして曲をうまくミックスできる秘密がわかるかもしれません。

映像では自身のクレート内の選曲検索方法と検索ワード、キューポイントの付け方そして楽曲に限らず情報を深堀する方法等を語っています。

関連: イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DopeOnigiri VS DJ JOJO

イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DopeOnigiri VS DJ JOJO

DJcity JapanがGENRE BNDRのYouTubeチャンネルから、イントロ曲名当て対決番組である、「良〜く聞いてください、THE FAST AND THE KNOWLEDGEABLE」を公開しました。

前回の対決では見事DJ 4RESTが勝利していますが、今回の対戦ではDopeOnigiriとDJ JOJOの対戦となっています。

前線で活躍するナイトクラブDJ・MCの音楽知識をイントロクイズにて可視化したゲームであり、総勢16名がトーナメント形式で戦います。ルールは至ってシンプル。先に3問正解したDJ/MCが勝ち抜け。イントロクイズの問題となる楽曲は全てDJcityでダウンロード可能となっています。なお、今大会の司会はDJ 8manが務めています。

これまでの対戦動画
DJ KANJI vs DJ BRAIZE
DJ KEKKE vs MC MOGGY
4REST VS DJ ALAMAKI

今後も多くのDJ/MC達が対決して行きます。乞うご期待ください。

関連: イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DJ 4REST VS DJ ALAMAKI

Beatsource LINKがFlaunt Magazineに特集される


(Source: Beatsource)

Beatsource LINKSerato DJで使用できるようになり、DJ業界では注目を集めています。アメリカのファッションやカルチャーをテーマにしている人気雑誌のFlaunt Magazineも「DJ業界にもたらすデジタル革命」とBeatsource LINKがDJ達にとってゲームチェンジャーであることを記事にしています。

筆者であるShirely Ju氏のコメント

「オープンフォーマットを軸としたDJや音楽プロデューサーが音楽に直接アクセスできてDJプレイを可能にしたことにより、デジタル音楽ではかなり革命的なムーブメントが起きています。BeatsourceにはHip-Hop, Dance, Latin, Pop, R&B, Reggae & Dancehallなどバラエティ豊富なプレイリストがあります。初心者や趣味としてDJをしている人からナイトクラブのベテランDJまで幅広いレベルのDJが使用できます。LINKのテクノロジーを使うことですぐにSerato DJを使ってDJプレイが可能となりました。」

Flaunt Magazineに掲載されている本記事はこちらから。

関連: Beatsource LINKがSerato DJにて利用可能に

DJcity各国スタッフから聞いたDJ現場の状況


毎月DJcity Japan Top 50 Mixを手掛けるA4 (ACKO & 4REST)

世界各国で、パンデミックの影響によりナイトクラブが未だにオープンしていない国もたくさんあります。筆者もクラブDJとして活動していますが、コロナ前と比べてお客さんの入りはどのナイトクラブも以前より穏やかになっているのではないでしょうか。

そんな中欧米各国のスタッフと意見交換を行い、今どのようなスタイルでDJが活動しているのかを聞いてみました。

Thombs (DJcity Latino): ナイトクラブ営業は今のところ無し (コロンビア)。

Mista P (DJcity Italy): ナイトクラブは閉まっており、DJブースのあるレストランでのDJプレイが増えつつある。ラウンジミュージックやLatin、Popミュージックが主流になりつつある(イタリア)。

DJ Stresh (DJcity France): ルーフトップパーティーや野外のイベント、レストランなどでDJができるように。Afrobeatsが多くプレイされる(パリ、フランス)。

Gavin Francis (DJcity Europe): レストランのみ、ダウンテンポでChillミュージックのみ(オランダ)

DJ D-tale (DJcity DE): ゆったりとしたバーは営業。ドライブインコンサート、少人数かつソーシャルディスタンスを意識したコンサート。

アメリカでは地域によって、野外パーティーやプールパーティーを行っている場面がSNSでアップされているなどが有りますが、州によっては未だにそのような現場がない場所もたくさんあります。また各国で共通しているところは、自国の音楽をプレイするDJの割合が増えたという部分です。理由としては、ウイルス感染を抑えるためにお客さんを極力踊らせない、盛り上げない選曲のためとしての手段の1つ、海外旅行客が大幅に減少した、などの理由が考えられます。また、スラングとしても「のんびり」すると言う意味で使われるChillが含まれている「Chill Music」と言うワードも以前より聴く機会は増えたのではないでしょうか。

関連: Facebookがライブストリーミングの利用規約を明確に: DJコミュニティの次のステップとは?

Popular