DJカルチャー

【DJ MARTIN】渡米中に最もPLAYした曲


2007年から約7年間ニューヨークに渡米。その後シンガポールでも2年間活動し帰国。現在ではアメリカのエージェンシー「SKAM ARTIST」と契約するに至るまで、Up & downAvenueMarquee1OakPHD ROOFTOP、今や伝説となったPacha NYCなどマンハッタンにある数々の一流ナイトクラブでレジデントを務め、音楽に対してシビアなニューヨーカーから絶大な支持を集めるDJ MARTIN。そんな彼がニューヨーク在住中に最もPLAYした楽曲三選

Jay-Z – Public Service Announcement
MARTIN : 僕たち世代の王道Jay-Zはあまりにもヒット曲が多すぎて正直迷ったんですが、一番最初に出てきたのがこの曲です。自分自身もほぼ毎晩かけたし、現地のDJがこの曲をかけた時もフロアはいつでも沸いてました。新曲に限らずHIPHOPクラシックとして古い楽曲でも盛り上がり続けるNYでのJAY-Z人気はやっぱりすごいなと思わせてくれる1曲です。

Frankie Beverly & Maze – Before I Let Go
MARTIN : アメリカに住んでから発見した事がたくさんあるのですが、例えばこの曲でこんなにみんな踊るのかとか、この曲でこんなにみんな歌うのかとか。僕が選んだこの曲は、かけるとみんな大声で楽しそうに合唱する(サビだけとか、このパートのこの部分だけとかじゃなくてどこでフェーダーを切ってもみんな歌ってるイメージです)。アメリカではオープンからラストまで一晩1人でプレイする事も多かったので、この曲はパーティーの最後や、終盤に差し掛かる頃にプレイした一曲です。

French Montana ft Rick Ross, Drake & Lil Wayne – Pop That
MARTIN : この曲は上の2曲とは違って僕が実際に住んでいた時にリリースされ(当時の新曲)、今でもフロアをとても盛り上げる曲。国内外のクラブで何度もかけてきたし、クラブやラジオでも聞かない日はなかった。ダンサーではなくてもフロアにいた一般女性客のほとんどがtwerkingしていたアメリカらしい姿を今でも印象強く覚えています。この曲をリリース後French Montanaがライブをしたパーティーで自分もDJとして参加したのですが、あの日の盛り上がりと感動は今でも忘れません。

関連: 【DJ YAZZ】渡米中に最もPLAYした曲

【DJ YAZZ】渡米中に最もPLAYした曲

2014年から世界最大クラスの一流ナイトクラブが立ち並ぶラスベガスに単身渡米。全世界から様々な人種の観光客が訪れ、多種多様な音楽を求めらるとゆう土地柄から生まれたオープンフォーマットの本場を体感し、ダウンタウンにあるナイトクラブCOMMONWEALTHでのレジデントをはじめ、テキサスやカリフォルニア州等でのゲスト出演など、数多くの現場を経験してきたDJ YAZZ。そんな彼が渡米中の約7年間で最もPLAYした楽曲三選

Too $hort – Blow The Whistle
YAZZ : ベイエリアのレジェンドToo $hortの代表曲! 2006年のリリースですが未だにプライムタイムでよくかかり、「この曲まだこんなに盛り上がるんや!?」と渡米後に驚いたのを憶えています。“What’s my favorite word? B#tch”の”B#tch”のところをフェーダー切ってお客さんに歌わせるのがお決まり。西海岸では今でも鉄板の1曲!

2 Chainz ft. Kanye West – Birthday Song
YAZZ : 日本にいた頃からよくかけていたこの曲ですが、渡米後はその頻度が高くなりました!ベガスという土地柄、誕生日に友達みんなで他州から遊びに来る人達が多かったので、毎週末、多い時は一晩に2、3回Birthday Songを求めらました。50cent – In Da Club、Trap Beckham – Birthday B#tchなどもよくかけましたが、やっぱりこの曲が一番よくかけたかな〜と思います。

Mark Morrison – Return Of The Mack (C&J Street Mix)
YAZZ : 90’s R&Bのクラッシック!ダウンタウンのクラブで回す時は1晩1人で回すことが多かったので、オープンやクローズの時間帯はもちろん、プライムタイムでも流れを変える時などに90’sを挟んだりしていたので、その時によくかけていたのがこの曲!クラブ以外でも、バー、ラウンジ、レストランでDJすることも多かったので、その時にもによくかけてたし、リクエストされることも多かった1曲です。

関連: 【DJ SOULJAH】渡米中に最もPLAYした曲

【DJ SOULJAH】渡米中に最もPLAYした曲


1999年からニューヨークに在住し、マンハッタン最大級のクラブAVALONで毎週土曜日のレジデントDJや、エミネム主宰のラジオ番組「SHADE45」で日本人初となるゲストDJ を務めた他、ティンバランドを始めとするセレブのバースデー・パーティーのDJを歴任するなど、世界でもトップクラスのプロデューサーや 大御所DJ 達からもお墨付きの実力者DJ SOULJAH。そんな彼がニューヨーク在住中の12年間に最もPLAYした楽曲三選。

The Notorious B.I.G. – One More Chance (Stay With Me Remix)
SOULJAH : 最近だとMoneybagg Yo – Wockesha使いとしても人気のこちら。
Playした比率はBig PoppaやMo Money Mo Problems以上かな

Jay Z – Where I’m From
SOULJAH : Empire State of Mindと並ぶ出身地に強く拘るニューヨーカーのアンセム。「Who’s The Best MC’s ?」の問いの後に次曲へ

Nas – New York State Of Mind
SOULJAH : 実際会った中で1番覇王色を放っていた神の子ナズ
この曲はニューヨークでかけるとこれがまた格別なのよ

関連: 【DJ C2】DJとして最もPLAYした曲

【STEEZ Session 02】DJ YOU-KIのショートルーティン

Red Bull 3Styleの日本チャンピオンのDJ YOU-KIよりショートルーティンが届きました。数々のクリエティブなTonePlayに定評のある彼が今回も魅せてくれています。

サックス、ピアノ、​ヴォーカルと多彩な技術を誇るマルチミュージシャンでアフロビートの創始者の一人、Fela KutiのWater No Get Enemyのイントロ部分のブラスを、TonePlayでSouthern Hip-HopクラシックのC-Murder – Down For My Niggasを演奏する所からスタート。更にそこから同じブラスでTonePlayし、表現しているメロディーはCash Moneyの重鎮Big TymersのStill Fly。そして最後は、このStill Flyを大胆にサンプリングしたDon Toliver, Lil Durk & Latto –Fast Laneへと繋がれています。

C-Murder ft. Magic & Snoop Dogg – Dwon For My Nigas
Fela Kuti – Water Get No Enemy
Big Tymers – Still Fly
Don Toliver, Lil Durk & Latto – Fast Lane

関連: 【STEEZ Session 01】 YBがLemonadeをサンプリングしたパフォーマンス

【STEEZ Session 01】 YBがLemonadeをサンプリングしたパフォーマンス

EXCLUSIVEのルーティン動画を公開していく新企画「STEEZ」がスタートしました。
第1作品目はRed Bull 3Style ジャパンファイナリストの常連であり、Goldie AwardワールドファイナリストのYBからオリジナリティ溢れるルーティンが届きました。今回のパフォーマンスもラップトップを使用せず、USBメモリ1本とオールインワンDJシステムを基本セットアップとして演奏しています。後半には自身が考案し話題を呼んだテンポスライダーを使ったスクラッチが使われています

YBより「今までは既存の楽曲を使いルーティンを作るという感じでやっていましたが、まずは使うビートの製作から始まり、その作ったビートでDJルーティンを作り上げました。ルーティン動画を撮ることを終点に曲作りから始めたのでひとつのルーティンとしてはまとまりができたかなと感じました。楽曲はInternet Money & GunnaのLemonadeをサンプリングしてDAWで作ったもので、その作った楽曲をPioneer DJのXDJ-XZDJS-1000でアレンジしていると言った感じです。ネタ選びに関しましては、皆が知ってるクラブヒットの曲を大胆にサンプリングするという手段を選びました。」とのことです。

関連: YBによるテンポスライダーを使ったスクラッチ映像が公開

【Remix コンテスト】DJ HAZIME & DJ WATARAI ft. SIMON, week dudus & Young Dalu「Choose Life」

2021年6月23日にリリースされたDJ HAZIME & DJ WATARAI ft. SIMON, week dudus & Young Daluの『Choose Life Remix コンテスト』をローンチしました。

優勝者1名には今作のオフィシャルリミックスとしてHARLEM RECORDINGSよりリリースと豪華優勝賞品が贈呈されます。

今回協力していただいたのは、ジャパニーズウォッカを作る。そんな想いからスタートしたKeys & Bricks。ボトルデザインにも和の心を落とし込みつつ、世界でも認められるミニマムなデザインを採用し、一見すると日本酒のボトルのようですが、その中身は大吟醸でも純米酒でもなく、紛れもないウォッカ。それもマンゴー、レモン、シソ、スダチ、ユズの味付けがされた唯一無二のジャパニーズウォッカです。

更に協力していただたいのはDJやBEAT MAKERが御用達のオンラインショップのDirigentです。

DJ HAZIME & DJ WATARAI ft. SIMON, week dudus & Young Dalu – Choose Life

DJcityとKeys & Bricksより合計で10万円分のApple Storeギフトカード、そしてKeys & BricksのPremium Vodka

Dirigentより2万円分のお好きなプラグインを贈呈。
そして参加者全員に参加賞として同じくDirigentで使える10%OFFクーポンコードが提供されます。

<リミックスコンテストの詳細>

募集期間: 2021年7月7日(水)〜7月28日(水)23:59まで (締切ました)
発表: DJcityのSNSで8月02日(月)を予定しています

<プライズ>
最優秀賞(1名):
HARLEM RECORDINGSよりオフィシャルRemixとしてリリース

優勝賞品(1名):
DJcityとKeys & Bricksから10万円分のApple Storeギフトカード / Keys & Bricks Premium Vodka
Dirigentより2万円分のお好きなDAWプラグイン

参加賞:(参加者全員)
Dirigentオンラインショップで使える「10%引きクーポン」をプレゼント。

※詳細及び注意点

年齢制限二十歳以上
・お一人様一曲の応募とさせていただきます。
・本コンテストにかかる参加費、選考費はありません。
・応募はインターネット(PCから)のみとなります。
・第三者の権利を侵害するサンプリングや引用等は不可とします。
・リミックス音源の応募はご自身の責任のもと行ってください。利用規約を遵守し、万が一、第三者との間で問題が生じた場合は、弊社は一切の責任を負わないものとします。
・現在特定のプロダクションやレコードメーカーなどと専属、育成契約である方は、所属先の団体に参加可否を確認してください。
・お送りいただいた作品はDJcityレコードプールへ掲載する場合があります。

作品の提出はコチラから。ファイル転送サービス等をご利用いただき、リミックスファイルをお送りください。【募集を締め切りました】

関連: CHIMICHANGA feat. 田口 淳之介「I Wanna Be Your Man」のリミックスコンテスト優勝者が決定

【DJ C2】渡米中に最もPLAYした曲

ニューヨークでアーティストビザをDJとして取得し、TAO1OAK NYCをはじめMARQUEEAvenueUp&Downなど数々の一流ナイトクラブでのレジデント経験を持ち、LOUIS VUITTONやaddidas、McDonald’sなど大企業が開催するパーティーや、MTV AWARDのアフターパーティー、RihannaやDrake等の超一流アーティストをホストに迎えたクラブパーティーなどにも抜擢される実力者DJ C2。そんな彼が2003年から2018年まで15年間のニューヨーク渡米中に最もPLAYした楽曲三選

 

50 Cent – In Da Club 
C2 : この曲は自分が渡米した2003年頃にニューヨークのラジオ、MTV、クラブ、行き交う車の中など、ありとあらゆる場所でかかりまくっていた曲で、それから滞在していた2018年まで、常にかけていたとても思い入れの強い曲です。やはり海外でクラブは誕生日の時に友達を引き連れて派手に遊ぶ習慣がとても強く、毎日誰かの誕生日会が行われているようなイメージなので、まさにこの曲の歌詞がフィットしていて、「お前の誕生日みたいにパーティーするぜ、騒ぐぜ、飲むぜ!でも俺たちはお前の誕生日かどうかなんて、もうどうでもいいって感じでとにかくパーティーする!」って曲で、プロモーターも“誕生日のお客さんがボトルを開けたからこれを流せ”って感じで、とにかく一晩に何度もかける一曲でした。

ASAP Ferg ft ASAP Rocky, French Montana, Trinidad James & Schoolboy Q – Work (Remix) 
C2 : この曲はニューヨークの伝説的なナイトクラブGREEN HOUSEでレジデントをしてた時からずっとかけ続けてきた、いつどんな時も一気にフロアをぶち上げてくれる本当に色々な使い方のできる曲で重宝していました。イントロからミックスしても良し、イントロ終わりの“Hoo! Hoo! Hoo!”から入れても良しで、最初の“Baby”のところを縦フェーダーで切ってお客さんに歌わして、また“Hoo! Hoo! Hoo!”に戻して、さらにまた“Baby”で切って歌わして、すぐ次の曲に変えたり、次の“Ballin”の伸びるところをまた切って歌わして、次の曲を歌詞の通りにJim Jones – We fly Highや全然BPMや雰囲気の違う曲(その時々の旬な曲)に直ぐ変えたりする事で、BPMに囚われないプレイができるのでとても重宝していました。あまりにもかけ過ぎて飽きたのでFrench Montanaまでかける時もありますが、結構早く変えるように心がけていました。しかしながらTrinidad Jamesまでかけた覚えはあんまりないですw

112 ft. The Notorious B.I.G & Mase – Only You (Remix)
C2 : この曲は上記のような大型クラブ等でももちろんかけたのですが、大きい箱はやはり新譜メインなので、もっと小さいスローバックを一杯かけれる小規模クラブやバーで、クルーズ間際の深い時間に必ずといって良いほどかけていました。この曲はBIGGIE (The Notorius B.I.G)名義ではないのですが、ニューヨークのBIGGIE愛は凄まじいもので、客演の曲の中では1番好きだし盛り上がる曲です。もちろんこの曲のオリジナルもかけてましたが、特にリミックスのイントロからBIGGIEの歌い出しが大好きでひたすらかけていました。「何度も繰り返されるお前だけを愛してるんだ」という歌詞で、男女とも歌いながら踊るのが定番でしたね。ニューヨークではDJ一人で6時間回すとか普通なので、R&BやReggaeやReggaetonを上手く途中で入れていって、一晩の波を作り上げていくのにこの曲は外せない一曲でした。

関連: 【DJ BRAIZE】DJとして最もPLAYした曲

ABEMAのHip-Hopチャンネルにてドキュメンタリー映像「DeeJays’ Talk」の公開が決定

ABEMAのHip-HopチャンネルにてDJcity Japanが制作したドキュメンタリー映像「DeeJays’ Talk」の公開が決定しました。全国各地にて最前線で活躍する合計33名のDJに行った同時インタビューがいよいよ公に、シーンを築き上げてきたベテランから若手のプロDJが様々な質問やDJとしての活動、きっかけについてなどを語っています。当作品は2部に分かれてていてABEMAにてそれぞれ前半と後半に分かれて放送されます。全編に渡って33名のDJが、様々な質問に回答しているで前半と後半両方見逃せないです。

■7/11(日)21:00~22:00
DeeJays’ Talk 人気DJ達の”リアル” #1 by DJcity

視聴URL: https://bit.ly/2SEDaDy
■7/18(日)21:00~22:00
DeeJays’ Talk 人気DJ達の”リアル” #2 by DJcity

視聴URL: https://bit.ly/3A7wDlL

DJcity Japanの10周年と「DeeJays’ Talk」の作品公開に先駆けて、O.Z.Y.K.I.XがデザインしたTシャツの販売も決定いたしました。当作品に出演しているDJがデザインに盛り込まれた3種類のTシャツがGENRE BNDRサイトにて購入可能です。Tシャツのデザインは下段にてご覧ください。

今回の映像についてDJであり、そして音楽ライターの浦田威にプロローグを書いていただきました。

【浦田威】

世界のシーンを見渡すと、優れたDJとはトレンドを生み出したり地域に密着して文化的なコミュニティーを形成したり、またある時は斬新な楽器の演奏方法(ターンテーブリズム)を編み出したり、これまで光の当たらなかった過去の良質な音楽を掘り下げて広く世に知らしめるきっかけにもなるなど、直接的に楽器を演奏して楽曲を制作するギタリスト、ピアニスト、ドラマーなどに代表される狭義のいわゆる「ミュージシャン」たちや作曲家、作詞家たちとは異なる角度から音楽シーン、カルチャーを豊かにし、新たな価値観をもたらす貴重な存在です。

そして世界の高額所得者ランキングにも名前を連ねるような海外の著名DJたちを例に挙げるまでもなく、DJシーン、DJカルチャーが成熟している欧米の国々などではDJとは社会的にも認知されている立派な職業の一種なのですが、ここ日本ではDJカルチャーが正しくテレビ、メディアなどで伝えられる機会は稀で、いまだにDJの社会的地位は低く偏見に満ちた報道や記事を目にする事も少なくありません。

それでは、ここ日本で活動するDJとは欧米などDJカルチャーの成熟した国々の、社会的にも認められたDJに比べて劣っている存在なのでしょうか?

その答えはノーであると、長い歴史を持つ日本のクラブシーン、DJシーンに敬意を払い、共に協力し歩んできた私たちDJcity Japanは知っています。

本作品では地域に根差して数十年、音楽文化を育んできた熟練のクラブDJや世界的なコンペティションの優勝者、才能豊かなターンテーブリスト、新進気鋭のDJたちなどキャリア、年令を問わず私たちがピックアップした総勢33名の優れた日本のDJたちに密着し、誇張や装飾を廃したシンプルなインタビュー形式で「DJ」という職業を深く掘り下げています。

単に他人の音楽をかけるだけでなく、音楽にかけるマインドや技術の研鑽、社会との向き合い方、etc..

全編に渡ってDJならではの喜びや苦悩が余すことなく表現されている本作品の中からは、DJの知人がおられる方、DJのご家族、そしてもちろんDJご本人やこれからDJを志す方ならば共感できる部分がきっと見つかるはずです。そして、「DJとはテレビ、ドラマで見るようなドラッグ、暴力を助長するような反社会的で怪しい存在ではないのか?」といったDJそのものにステレオタイプな偏見をお持ちの方々でも、作品を鑑賞していただければ彼ら(彼女ら)DJが驚くほど音楽に対してピュアな情熱を注ぎ、世界と同時進行で豊かな音楽カルチャーの発展に寄与している重要な存在である。という事実がきっと伝わるはずです。

本ドキュメンタリー映像「DeeJays’ Talk」をきっかけに、日本の豊かな才能を持つDJたち、および素晴らしいDJカルチャーが少しでも多くの方々に認知されるきっかけになることを、願ってやみません。

CHAMP T

DJcity EAST T

DJcity WEST T

【DJ BRAIZE】DJとして最もPLAYした曲


様々なDJにとってのサクセスストーリーがある中、渋谷、新宿、六本木、銀座など首都圏の人気ナイトクラブから、必ずと言って良い程「レジデントDJ」として指名がかかるほど、絶大な信頼と支持を持つ実力者DJ BRAIZE。そんな彼が約20年間に渡るDJ人生の中で最もPLAYした楽曲三選。

DMX – Party Up
BRAIZE : 間違い無く自分のDJ人生で1番プレイした曲。DJを始めた頃に出た曲でレコードの頃からのお付き合い。最近亡くなってしまってさらにプレイの頻度も増えました。場所問わず必ず盛り上がる一曲。

Panjabi MC ft. Jay-Z – Beware Of The Boys (Remix)
BRAIZE : 上記同様、場所問わず盛り上がる一曲。これもレコードからのお付き合い。当時、このトラックには本当に衝撃を受けた。プレイし過ぎてレコードがすり減って頭のイントロでノイズが入ってたのを覚えています。

Beyonce ft. Jay-Z – Crazy In Love
BRAIZE : これもレコードから。発売当時、どうしても2枚使いしたかったから高かったプロモを2800円くらいで2枚買った記憶が(笑)。同じく今でも場所問わず盛り上がる一曲。

関連: 【DJ CAUJOON】DJとして最もPLAYした曲

【DJ CAUJOON】DJとして最もPLAYした曲


2000年、名古屋から日本全国へその名をとどろかせた伝説のNYスタイルパーティー「Contact High」 (ex. Lush The Underground = 現 eight nagoya)。5年以上にわたって名古屋Hip-Hopシーンの底力を見せつけ、時代を引率したこのパーティーをプロデュースしたDJ CAUJOONがContact Highで最もプレイした楽曲3選

Jay-Z – Jigga My Nigga
CAUJOON : 1999年にリリースされた前期Jay-Zの代表曲。当時のNo.1レーベルRoc-A-Fella Recordsメドレーの仕上げによくプレイしてましたね。Swizz Beatzの作る音の破壊力、インパクト大なイントロでフロアが爆発して、お客さん皆んなでサビを歌ったのは印象的でした。今では幾つかTwerkっぽいRemixも存在してるけど、やはりオリジナルが段違いにイケてる。

Fat Joe ft. Remy Ma – Lean Back
CAUJOON : 2004年リリースTerror Squadのマスターピース。Dopeな旋律とハードで跳ねたビートが名古屋シーンの好み。というか僕の好み(笑)。これもまたイントロから吹っ飛ばされたな 。基本2000年代前半の僕らは、イントロからカットイン映えする曲をどんなタイミングで、どんなストーリーでフロアに投げるのか?それとショートカットを積み重ねた一晩を通したバイブスのウネリみたいなモノを何より重視してプレイしてた。

50 Cent ft. Nate Dogg – 21 Questions
CAUJOON : セクシーさんな女性客がバーに集まってる時…かな(笑)。NY & LAなコラボ曲じゃあ指折りに大好き。マイクを持つ説明不要の2人の雰囲気が最高で、独創的なトラックのグルーブも最高。よくNYをはじめとした海外へプレイしに冒険してた頃、僕個人としての思い入れもやはり強い

関連: 【DJ ALAMAKI】DJとして最もPLAYした曲

Popular